FC2ブログ

05/09のツイートまとめ

quolaidbot

理論的な説明とは、見ればされにでも分かる対象AとBの違いを、聞いたことも無い専門用語を使って明らかにすること。例えば、コンビニエンスストアとスーパーマーケット、分かりにくい対象同士の違いも理論があれば分別出来る。例:しまむらとユニクロ。百貨店と駅上モール。
05-09 23:04

イベントが一過性で何が悪い。一過性イベントで集めたお客を街の得意客にするのはイベントの責任では無く、実際に「ショッピングの場」を作り・提供している個店の仕事。売れる売場づくりにチャレンジ、繁盛を実現してはじめて本当のプライドが湧き上がってくる。
05-09 22:09

キラリ輝く繁盛店づくり、お試しコース: https://t.co/m2mnzdKgZz1.業種業態を問わず、2.現在の業績を問わず、3.お金を掛けず、誰でもこうすれば自店の繁盛を実現出来る!(この3条件で無いと街ぐるみの活性化はできません)
05-09 18:18

以上、「商店街ぐるみで取り組む課題」であるという合意を作り上げられるかどうかが商店街の将来を左右します。合意さえできれば、店づくり・売場づくりの実践については、当社が提供し、既に成功事例が輩出している【キラリ輝く繁盛店づくり】を採用すれば、すぐに着手することが可能です。
05-09 18:10

店づくり・売場づくりが出来れば、イベントのたびにお客が増える、お得意さんが増える、商店街全体のお客さんが次第に増えていく、というプラスのスパイラルが始まります。これが、正真正銘・商店街活性化への道。商店街を挙げて取り組む店づくり・売場づくりこそが商店街活性化実現の唯一の道です。
05-09 17:59

イベント来街者が思わず入って見たくなる店・売場づくり。個店・売場の問題だが、個店に任せておけば実現する、という問題では無い(ここが重要)。個店に任せておいて解決するならとっくに解決しているはずです。個店だけでは解決出来ない「個店の売場づくり」にどうと取り組むか、という問題。
05-09 17:55

イベント目的で来街した人たちをどうすれば個店のお客に出来るか、個店のお客に出来れば回遊―商店街を買い回るお客にすることが出来ます。イベント客から個店のお客へ。この転換に成功することが商店街活性化の最大の課題です。しかし、この課題を個店の問題だからと個店に任せることは出来ません。
05-09 17:48

この点、商店街の執行部は、人を集めるのはイベントの役割、集めた人を自店のお客にするのは個店のしごと、と明快です。おっしゃる通り。しかし、ここから先が難しい。「みんな商売のプロだから出来るはず」とおっしゃるがそうはいきません。言っている人のお店のお客さんも増えていないはずです。
05-09 17:44

イベントなどに取り組んで来街者を出来るだけ増やす=商店街のしごと来街者を自店に誘引し、店内回遊を促し、あれこれ買い上げてもらう=個店のしごとと区分すると、個店のしごと・課題がはっきりします。【イベント来街者が入店したてみたくなる店(売場)を作り、アピールすること】ですね。
05-09 16:09

問題は、正しく確定すると解決するのはそれほど難しく無いことが多い。商店街活性化の場合、問題はシャッターの外側で取り組む事業の成果を「個店の客数アップ」として実現すること。解答はどうなるでしょうか?
05-09 16:03

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ