FC2ブログ

04/07のツイートまとめ

quolaidbot

これまでの一過性イベントが効果が無かったのは、一過性だったからではなく、開催の目的=「各個店における【お試しショッピング】」がほとんど実現していないこと。イベントが悪いのでは無く、本音部分の取組の軽視がイベントをダメにしていた。原因が分かった以上、大きな改革が求められる。
04-07 21:44

#一過性イベント商店街が開催する一過性イベントの目的は、日ごろ商店街になじみのうすい地域居住者を広く招いてイベントを楽しんでもらい、ついでに、個店でお試しショッピングをしてもらうこと。ついで部分が本音部分。集客イベントの目標は、来街者の各個店へのお試しショッピングの実現。
04-07 21:40

自店の存続自体が安泰とは言えません。ずるずると落ちこんで廃業でもすることになったら、その分、活性化の課題が増えることになります。空き店舗対策としてもこれ以上空き店舗を増やすことは出来ません。苦境に陥っている個店にとって、【売れる売場づくり】はもっとも重要な経営課題です。
04-07 19:24

#一過性イベントさらにもう一つ、重大なテーマが。現在、商店街で営業中の個店の多くは構造的な業績不振に陥っており、早急な回復が課題になっていますが、これまでみてきたように、現下の経営環境に対応出来る【売場づくり】の方向と方法を持っていません。このままでは愛顧客増大どころか
04-07 19:21

キラリに取り組んでいる店主さんの所感です。商店街活性化に関心のある人、この動画は是非ご視聴を。 https://t.co/6ReSqnVaVy
04-07 18:15

#一過性イベント通行量もイベントも、恒常的賑わいに結び付けるには、個店の【売れる売場】づくりが必須課題。我々が推進する【キラリ輝く繁盛店づくり】、実践実証事例多数。前年対比127%を挙げた事例のご紹介 大分県佐伯市梅田家具店さんhttps://t.co/6ReSqnVaVy
04-07 18:05

既存中小個店群の【繁盛店】づくりの全面展開だということが確認されました。ご承知のとおり【繁盛店づくり】の方向と方法としては当社が全国商店街有志とともに作り上げてきた【キラリ輝く繁盛店づくり】という実証済みの方法が提供されています。後はあなたの街でどう取り組むのか、決断の時です。
04-07 15:38

王道である来街・販促イベントor通行量の増大、どちらを選択しても,両方と取り組んだとしても,最後は個店群の一つ一つの売場が充実していなければ、愛顧客としての定着は期待出来ず、恒常的な賑わいは実現されない。結局、商店街を活性化するのはこれまで活性化を実現して支援するはずだった
04-07 15:33

先に吟味した #商店街活性化の不都合な真実 でも数値目標に掲げられる「通行量の増大」から【恒常的賑わい】へと至る経路で【通行量の個店の愛顧客への転換】といく難問があり、実現するには【愛顧客生成装置】としての売場づくり、キラリ輝く繁盛店づくりの取組が不可欠であることが明らか、
04-07 15:30

他人にあれこれ言われたくない、今さらちょこっと手を入れたぐらいでどうなるものでも無いことは分かってるさ。といったあたりを突破して、【売れる売場づくり】に街を挙げて取り組むことが出来るかどうか。これが全国の商店街が直面しているのに、知らんぷりをしている活性化実現への究極の問題。
04-07 15:20

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ