FC2ブログ

03/02のツイートまとめ

quolaidbot

@mihatsuikutoshi そうですか。私もモールに行くのは勉強か、服のリフォームくらいですね。ところで商店街の活性化、成算ありそうですか? 最近相当悲観的になっているのですがw
03-02 22:18

@mihatsuikutoshi そんなこと思ったこと無いですよ(^_^)
03-02 21:39

おやw https://t.co/EfxWeVPv2O
03-02 21:35

TL 追っかけても活性化論議をしている人はごくわずか、どこの国の話?といった風情の「商店街便り」が多い。わーわー言ってるわれわれは少数派w
03-02 19:14

商店街を活性化する、という目標を掲げている商店街は今何をなすべきか?街のにぎわいの基礎である個店の繁盛を実現すること、これに尽きるのではないでしょうか。個店は、現状から反転、繁盛を実現していく方法を持っていません。商店街は、組織の総力を挙げてこの問題に取り組むべきです。
03-02 17:37

しかし、「通行量を得意客に転化する技術」は本当に存在するのでしょうか?その技術を使えば、本当に店前通行量が得意客に変化してくれる?そんな技術があるわけがありません。結局、商店街はあるはずの無い技術を前提に「通行量増加→商店街活性化の実現」というシナリオを描いているのです。
03-02 17:04

という「役割分担」が可能であるかのように「立て前」が語られていること。しかし、実際には通行量をお客に転換する技術が無いとするなら、その技術を早急に装備しなければならない。そうしないと通行量の増加を活性化に結び付けられない。いま、全国多くの商店街の状況はこうなっているはずです。
03-02 16:59

から個店の得意客になる人が増え、街は活性化に近づいているはず、しかし実際はそうはなっていませんから、個店にはそういう力は備わっていないと判断されます。全国的に実現出来ていないところです。問題は、実現出来ないことが分かっているのに、イベントは組合、集まった人をお客にするのは個店
03-02 16:55

キモの問題は、果たして個々のお店がイベント来街者などで増えた「店前通行量」を自店の入店客―得意客に変える技術を持っているだろうか?ということです。これは「持っていない」ことが既に明らかになっていると思います。持っているとすれば、何年も取り組まれて来た集客イベントにおいて来街者
03-02 16:49

商店街活性化で取り組まれている「通行量の増加」の本当の目的は、「通行量を個店に入店させ得意客にする」ことです。通行量を増やすのはお金も掛かり、人手も必要、個店では出来無いから組織が対応する、増えた通行量をお客にするのは個店のしごと。通行量=最終ゴールでは無い。よろしいですね。
03-02 15:48

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ