FC2ブログ

商店街活性化とは街がどうなることか?

 あまり議論されませんが、「活性化事業の目的は街をどうすることか?」決めておかないと目標にたどり着くことが出来ません。これまでの事業が事業終了後に成果を残せなかったのは、活性化が定義されていないからです。

「商店街活性化」を商店街を持続させる、という意味で使うなら、活性化事業は、商店街の商業集積としての役割を持続させるために取り組む事業です。事業内容は、商業集積としての機能を復活させることが中心、買い物客を集めるのはその後の話です。

買い物の場である「個店の売り場」は、人が集まれば買い物をしてくれる、という条件(品ぞろえ・接客・環境)が整っているでしょうか。基本中の基本である「売り場の改善」の必要は無いでしょうか?
商店街活性化=買い物の場としての再生と考えれば避けられない検討課題です。

個店の売り場がきちんと出来ていれば、問題は集客方法であり、販売促進の取組ですが、売り場に不具合があるとすればまずそれを改善することが先決です。商店街の各個店の売り場の様子は如何でしょうか?
特に、あなたの売り場はどうですか?

売り場がきちんと出来ているお店は、きっと繁盛しているはずです。
なぜそう言えるか?
今現在小売業は、業種業態を問わず、お客が消費購買行動に期待している売り場づくりが出来ていません。したがってお客は、条件を作っている一部の店に集中します。そういう店が今どきの繁盛店です

お客の消費購買行動の期待に応える店づくり・売り場づくりが出来ている店が販売促進に取り組むとお客が集まり、集まったお客がお得意さんになってくれます。当お店は繁盛します。
一方、店づくりが不十分な店が集客に取り組んでもお客は増えません。たとえ一見客は作れても得意客はつくれません。

商店街活性化の究極の目的は、商店街を「いつもの買い物行き先」として使ってくれるお客=得意客を増やすことです。得意客を増やさないかぎり、商店街の活性化は実現出来ません。商店街のお得意さん=個店のお得意さんですから、まず個店がお得意さんが増えるような店づくりを実現しなければならない。

商店街活性化を突き詰めて考えると、その課題、実現を目指す目標は「立地する各個店のお得意さんを増やすこと、そのためには各個店がお得意さんが増える店づくりを実現すること」となります。
商店街ではあまり共有されていない目標ですが、これを達成しないと商店街活性化は実現しません。

活性化の根本は、①「商店街が活性化すれば個店が繁盛する」では無くて、②「繁盛する個店を増やすことが商店街を活性化する」でなければならない。これまでの常識は①でしたが、本当に商店街の活性化・自店の繁盛を目指す取り組みは②であるべき。街に買い物に来るお客の立場で考えれば明らかです。

01/09のツイートまとめ

quolaidbot

商店街が活性化されている状態とは、①街が買い物客で恒常的に賑わっている②個店多くは設備への再投資が可能な業績を挙げている➂その結果、空き店舗問題、後継者問題などが解消されて..「商店街活性化とは街がどうなることか?」 https://t.co/n69OES8jRq
01-09 20:07

@tg_editor 効果が出るような企画・取組になっていないからだと思います。@C_Kozakura 不活性状態から活性化状態へ移行しなければならない、という課題があります。「商店街活性化とは街がどうなることか?」 https://t.co/Jy3iROTIwq
01-09 20:04

中心市街地に人が集まって生活しただけではにぎわい、活気は生まれません。マンションが林立している街区を想像してください。商店街活性化とはショッピングゾーンとしてのにぎわいの再構築..「商店街活性化とは街がどうなることか?」 https://t.co/DgGmIG0VHc
01-09 13:08

「商店街活性化とは街がどうなることか?」をトゥギャりました。 https://t.co/pysL0nm2NQ
01-09 07:25

#商店街活性化定義たかが商店街、されど商店街、でありまして。商店街活性化の現状を笑うものは地方創生の挫折に泣く、ということです。これが皆さんの住む都市を含む日本列島の問題状況の典型的な露出であることが改めて確認されたことと思います。何をなすべきか?は「パート2」で。
01-09 07:05

#商店街活性化定義繰り返されようとしています。地方創生とは都市にそのような状況が起こることか?都市の持続可能性をどう維持・再構築するか? という真の課題ではなく、人口減少、少子高齢化等への対症療法が繰り返されている。その結末は「商店街活性化」を見れば容易に想像できるところ。
01-09 07:00

#商店街活性化あまり普及しません。慣れ親しんでいるレベルの活性化事業の居心地がいいのでしょうか。その間も商店街の持続可能性は確実に劣化しているのですが…。長くなりました。以上が「商店街活性化」の現状とその原因の素描です。やばい話ですね。さらに、「地方創生」でも全く同じことが
01-09 06:56

#商店街活性化定義商店街はなぜ活性化できないか?商店街活性化とは街がどうなることか、定義をしないまま、対症療法的に、先行事例を模倣して目先の変わった「事業」を繰り返していることがその原因です。我々はこの状況を脱却するため、活性化の定義、実現の方向と方法を提唱していますが、
01-09 06:53

#商店街活性化定義本来なら指導支援に当たる専門家、学識経験者といわれる人たちが提案しなければいけないことですが、この人たちの多くは商店街の取り組みに伴走するだけ、その問題点を指摘し、改善を提案するという腕力・意欲は発揮したくないようです。ということで。
01-09 06:49

#商店街活性化定義その理由ははっきりしています。いつまで取り組んでも「商店街活性化」が実現しないのは、商店街活性とは街がどうなることか定義されておらず、個別事業が目指すべき目的・目標が不明確なまま取り組まれており、さらに誰もそのことを指摘しないことが原因です。
01-09 06:46

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ