FC2ブログ

商店街活性化の方法は色々あるか?

商店街活性化の方法は色々ある、とは東京方面の常識のようですが、本当にそうでしょうか。
われわれは、機会がある度に「商店街活性化5つの階段」、「キラリ輝く繁盛店づくり、点から線、線から面への展開」を提案視していますが、帰ってくる言葉は「活性化の方法は色々ある」という一言w
確かにいろいろな取組が試されていますが、いろいろな方法で活性化に成功した、という報告はありませんね。

 一方、商店街が陳腐化し、空洞化し、現在の状況に陥った大きな原因は、非商店街的・郊外型小売業の進出です。
新しく登場した郊外型小売業にお客を吸引されたのが商店街空洞化の最大の要因であることは、全国どこの商店街でも共通しており、したがって、商店街活性化の課題は、非商店街小売業、特に郊外型商業集積にどう対応するか、ということを避けるわけにはいきません。
(多くの商店街の活性化事業は、あたかもその商圏内には、郊外型商業施設は一個も存在しないかのような態度で活性化事業に取り組んでいますが)

  この課題へ対応するにあたって、“方法が色々ある” というのは本当でしょうか?
言い換えれば、郊外型商業との競合で商店街が生き残る方法は色々ある、ということですが本当でしょうか?

 “色々ある” といいながら実際に取り組まれているのは、三種の神器こと販売促進、コミュニティ事業、空き店舗対策と決まり切っています。さらに、それらの内容も商店街凋落の最大要因=郊外型商業への対応という性格をまったく持っていないレベルの内容ばかりです。
こういうパターン化された事業に取組ながら、活性化の方法は色々ある、というのはおかしな話。というか、実際は郊外型商業との対応などまったく考えていないことの証左では無いか?
“色々ある” というのは今さら他の方法、とりわけ個店に店づくりの改革を迫るような取組は不可能だ、という思い込みに基づく拒絶反応かも。

  中活法の基本方針では、中小小売商業者(われわれのいう個店経営者)の競争力の根幹は業種揃え・店揃えの最適化とされており、さらに平成10年発刊の『中心市街地活性化対策の実務(旧・通商産業省)』では、まちを一個のショッピングモールに見立てて再構築する(タウンマネジメント)ことが提唱されています。(これはまだ活きていることを確認済み)

 ここでは、商店街活性化の方法はただ一つ、商業集積としての再構築=業種揃え・店揃えの最適化が高らかに提唱されているのですが、このところの施策を見ると、本当に「色々ある」というのか、いろいろやってみる、というのかスキームからは相当ずれているように思われますが如何でしょうか。
結局、商店街(中心市街地)活性化の論理がきちんと構築されていないため、制度発足当時の担当者のスキームに掛けた思いが継承されず、法改正を経て、"色々ある" というところに落ち着いたのだったとしたら物寂しい話ですね。、

岡崎市商人塾 成果報告会

「まちゼミ発祥の地」といわれる愛知県岡崎市の中心商店街、実は「キラリ輝く繁盛店づくり」に22~24年の間取り組まれています。
岡崎市商人塾成果報告会動画

現在、岡崎市の商店街は、【まちゼミ】に参加する店舗が70-店舗以上という盛況を見せているそうです。
そのリーダーさんたちは、【まちゼミ】と並行して【おかざき商人塾】に参加した卒業生が多いとのことです。
つまり、【まちゼミ】発祥の地としょうする岡崎市に於いて、【まちゼミ】に取り組んで成果を挙げ、運動のリーダーになっているのは、3年にわたっって岡崎市が実施された【おかざき商人塾(「キラリ輝く繁盛店づくり」)】に取り組んできた店が多い、ということです。商人塾の受講者からは、【まちゼミ】に参加して受講者は集まっても売上には結びつかなかったのが【商人塾】に参加してキラリを実践したら売上アップが実現した、という声はよく聞きました。
岡崎市以外ではまったく知られていないことですね。

 このことは、何を物語っているのか?
【まちゼミ】で繁盛したければ、【まちゼミ】の取組だけでは効果が挙がらない、ということではないのか。
きちんと店づくりに取り組んでいない店がいきなり【まちゼミ】に取り組んだからといって成果は得られませんよ、ということですね。
これは、【一店逸品】、【100円商店街」などにも共通して指摘できること、「ショッピングを楽しめる売り場」を提供していない個店経営が、目先の変わった販売促進で売場に人を集めても、顧客生成―繁盛を実現することは出来ません。
商店街でお客を集めれば売れるようになる―という路線は破産した、次は個店に人を集めたら売れるようになる、ということでしょうが,どっこい、人を集めるだけではゼッタイに売上は実現出来ません。、

 ネットで検索するとと、【まちゼミ】のやり方は:
①年に3~4回実施する
②一回あたりの参加者は5~6名
③販売はしない
ということで、さらに
④効果が出るまで時間が掛かる、3年は続けたい
⑤固定客になってくれるのは参加者の2割くらい
だそうです。

 主導している人が行っているこの条件をもとに〈効果〉を計算すると
参加者5名✕開催年4回✕3年✕20%=12
つまり年間で12名の顧客が確保出来ることになります。
一回でも一年でも無い、3年間取り組んで12名のお得意さんが増える・・・・

 こういう事業を“商店街活性化の切り札”というのはどう考えてもおかしな話ですね。

 【おかざき商人塾】に参加して自店の繁盛への道を切り開いた諸君は、どうして「キラリ輝く繁盛店づくり」こそが繁盛への道だ、と自店の実績を根拠にいわないのか?
商店街にはいろいろつきあいがあって・・、ということでしょうかねぇ。

 ということで、【モデル店】を訪問する機会があったら、「商人塾の効果は々だったんですか?」と聞いてみること。

10/14のツイートまとめ

quolaidbot

セミナー予告(11月25日)第2弾 http://t.co/GLmajekUI0
10-14 21:05

多くの商店街が抜き差しならない状況に陥っていることは、関係者なら周知の事実ですが対策は講じられない。執行部vs執行部の運営に面従腹背の組合員vs非組合員という相互不満の構図。打開するには「繁盛への道」が不可欠ですが、そこまで気が回る執行部は少ない。
10-14 12:07

一説に「まちゼミ発祥の地」といわれる愛知県岡崎市の中心商店街ですが、実は「キラリ輝く繁盛店づくり」に22~24年の間取り組まれています。岡崎市商人塾成果報告会動画https://t.co/dJd9WQBrPE「まちゼミ」のリーダーさんたちは商人塾参加者が多いとのこと。
10-14 00:12

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ