FC2ブログ

商店街は本当に活性化出来るのか?

「先進事例」と言われる商店街をみてもどうもぴんと来ない。
我が商店街も取り組んではいるものの、いつまで経っても成果が
見えないが・・・
日本全国、多くの商店街が同じような状況に陥っています。

国の商店街でソフト・ハード、さまざまな事業に取り組まれて
いますが、取り組んでいる間も、商店街・組織・個店の活力は
向上するどころか、ますます衰えています。
本来なら結束して活性化を実現していくべき、街と組織と各個店
の間には【すきま風】が吹いており、街の老朽化、商店街活動の
マンネリ化、個店の活力の衰え、という「三重苦」は誰の目にも
明らか、このままじり貧傾向が改善されなければ、【再起不能】に
陥ることが懸念される事態になっています。
事業に取り組んでいる間も組織力の低下、活動の成果が実感
されず蓄積されないこと・・・、商店街活動に対する組織内部から
の不満不信も聞こえてきます。
このままでは組合の日常活動にも支障が生じてくる可能性も否定
出来ません。

商店街はなぜ活性化出来ないのか?
どうすれば活性化出来るのか?

 高度化事業を始め、これまで取り組んできたソフト・ハードさまざま
な事業はなぜ成果を挙げられなかったのか? 
その理由は既にハッキリしています。
それは、事業に取り組んだ結果が街に蓄積されていないからです。
街を買い物行き先として頻用してくれる〈得意客〉を増やすことが出来
なかった、ということです。なぜ、出来なかったのか?
この問題を放置したままでは商店街が活性化されることはありません。

 今、商店街が欲しいのは、街にいつも買い物に来てくれるお客であり、
通行量や空き店舗が無くなることではありません。
活性化の究極の目的は、商店街の得意客を増やし、各個店の業績を
向上させ、商店街の商業集積としての持続可能性を再生することですが、
商店街における買い物が各個店のシャッターの内側で行われる以上、
個店の買い物の場としての魅力を高めることは、優先順位の高い課題です。

  商店街活性化の成否は、活性化事業の結果が各個店の得意客づくり
にどう活かされているか、ということで決まります。活性化事業の成果は、
各個店の得意客の増加という形で蓄積されていく以外にありません。
 では個店の売場はどうなっているでしょうか?

 通行量が増えれば、入店客が増え、売上が増えて個店が潤い、街が
賑わう、というこのは逆立ちした考え方、絶対に実現出来ません。
本当は、各個店の「買い物の場」としての準備を整えた上で、集客事業
に取組み、来街したお客さんを各個店に案内する、買い物を楽しんで
もらって個店―商店街のフアン=得意客になって戴く、というのが本来
の活性化の取組です。
ところが、現実の取組では、個店の売場府づくりはプロである各個店の
オーナーが責任を持って取り組む、活性化事業の役割は来街者を
増やすこと、という役割分担が行われています。
しかし、既存個店に「店前通行量(イベント客)を入店させ、得意客に
変身させる〉という技術はありません。

商店街はこうすれば必ず活性化出来る!と
自力で実証しなければ現状は突破できない!

 ことここに至れば、“商店街活性化は可能である”、商店街立地の各
個店はこうすれば繁盛店に生まれ変わることが出来る、と実証すること
が必要です。
 まず、自店の繁盛実現を通じて商店街の将来に希望を持てる状況を
作り出すこと。
  店街の団結は“前向きの希望があるときにのみ、実現します。共有
する希望が無ければ、それぞれ自分だけの都合で行動してしまうことに
なりかねません。活性化に向けた結集の第一歩として“実証された希望”
の共有を目指しましょう。

今必要なことは
ちゃんと取り組めば、個店は繁盛し、街は賑わう
「活性化への道」があることを実証することです。

街が活性化した結果として個店が繁盛するのでは無く、繁盛する店が増える
ことが街のにぎわいを作りだし、活性化を実現するのです。
魅力的なイベントを企画しても人出は一過性に終わります。一過性の人出を
街の繁栄に結び付けるには、「買い物の場」として頻用できる売場が揃って
いることが不可欠です。

商店街活性化の可能性を実証するには、まず、個店の繁盛可能性を実証
しなければならない。
このごく当たり前のことを共有し、繁盛店の実現実証に取り組む事業を
スタートさせ無いと、いつまで経っても衰退趨勢から向け出せない、
やがて「再生不能ポイント」を通過してしまうのではないか?

皆さんの商店街、取り組まれている事業とその成果、反省などから見る限り
こういう心配は無さそうですね。

論理無き「活性化」からの離陸は

  全国の都市が取り組む商店街―中心市街地活性化に
論理が欠けていることは、我々が繰り返し指摘して、
方策を提起しているところです。

 ここで言う論理とは、
活性化とは街や地域がどうなることか?
なぜ必要か?
どうすれば実現出来るか?
誰の仕事か?
事業を取りまく環境はどうなっているか?
等々について、客観的に考えること。

 商店街活性化には【商店街活性化事業計画】、中心
市街地活性化には【中心市街地活性化基本計画】、
そして地方創生には【地方創生総合計画】が作られて
いますが、.作成にあたって上記のような計画の基本と
なる「論理」は、ほとんど検討されていません。

 その結果、計画され取り組まれる事業は、「活性化」
の実現に向けて論理的に考えられたシナリオの一部とし
てではなく、あたかもこれこそが「活性化実現の切り札」
であるかのような位置づけで登場しますが、ほとんど
効果を残せないまま終了、
次の事業が採用され、同じ経過をたどる、ということが
延々と繰り返されています。
この繰り返しは、巣鴨地蔵通り商店街などごく一部を
除いて全国全都市に共通する恐るべき問題。

  この様なことがなぜ起こっているのか?
あまりにも浅薄なものの見方・考え方が蔓延しています。
冒頭に述べた、「論理」を欠いた思いつきレベルの事業
を列挙して「プロジェクト」とするデタラメが罷り通り、
これを掣肘する機能が無い、ということですね。
事業に関係する各方面の顔ぶれを見れば、ことは商店街
や中心市街地活性化にとどまるものではありません。
今や日本列島の「問題解決システム」が十分機能しなく
なって
いるのでは無いか、ということが懸念されます。

 そうした懸念があるなかで、我々は、自らの使命とする
商店街活性化に取り組んでいるわけですが、あらためて
「主体の情況」を冷静に分析し、論理と戦略の再検討が不
可欠な段階に至っているようです。

 『中活法第五条』は、中心市街地活性化を地方公共団体
の責務としていますが、このことの意味を理解している関
係者がいるのか、いないのか。
この意味を理解するには、組織として「論理」を組み立て、
共有することが不可欠ですが、その作業が行われていない。
結果、責務とは名ばかり、依然として商業者組織の要望に
即して補助金を出すのが仕事だと考えている担当者が圧倒
的に多い。

  活性化の取り組みを活性化しなければならない、という
状況ですが、この閉塞を打開していく意欲とエネルギー、
能力はどこにあるのか、あなたはどう思いますか?

10/06のツイートまとめ

quolaidbot

RT @takeoquolaid: 我々が己に課す使命は、空洞化の趨勢に抗い商店街の賦活に貢献すること。
10-06 22:02

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ