FC2ブログ

09/13のツイートまとめ

quolaidbot

ネットでは「商店街活性化・三種の神器」を推奨する記事が増えているような。3年5年続けべしと言うのですが、続けたら何がどう変わるのか? ホントに繁盛を目指すなら、色物ではなく、「店づくり=得意客生成システム」づくりに集中すべきです。
09-13 12:47

する取組を支援するのですから。補助事業に取り組むにあたっては、活性化の実現していくシナリオを持っていることが大前提です。
09-13 12:40

商店街活性化に取り組む皆さん、補助事業にどんなに上手に取り組んでもそれだけでは街を活性化することは出来ませんよ。提供されている補助制度全部使ってもダメ。なぜか?補助制度には「活性化への道」のシナリオが無いからです。これは無くて当たり前、補助事業は、シナリオの特定の段階をクリア
09-13 12:38

@quolaidbot 商店街活性化関係の計画だけではなく、中心市街地活性化基本計画も同様のレベル。我が国のプロのプランニングのレベルはその程度だということは知っておいた方がよいかと。
09-13 08:30

現有能力のままで商店街が活性化されることはないので、計画には必ず「技術の向上」のための取組を計画しないといけない。計画されていない計画はその時点でアウト。
09-13 08:21

そもそも支援する専門家を含めて「計画を作る技術」がありませんから。プロのプランナーという触れ込みでもやりたい事業、やれる事業を羅列すればそれが計画だと思うレベル。
09-13 08:18

技術抜きで計画とか目標とか作っても作ってみただけに終わるのは当然のこと。商店街の計画は技術の向上や店づくりの改善などを必要としないレベル事業のばかり、だから買い物客の満足実現ー得意客の増加にはつながらない。
09-13 07:26

#生成機構 コンセプトの店づくりコントロール機能。ブレイクダウンで三点セット。
09-13 07:19

#生成機構 POPの構成要素は、①品揃え ②提供方法 ③環境 の三つ。この組み合わせの最適化が生成を左右する。セブンイレブンを考えてみて。
09-13 07:17

#生成機構 得意客生成の場所は主として店内、POPである。POPのしつらえが生成を左右する。
09-13 07:15

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ