FC2ブログ

暗黙のご了解

「暗黙のご了解」
 定義:ある特定の集団、組織のメンバーにとって「当たり前」と見なされて
いること。
 あまりにも当然のことなのでいまさらその内容について疑ったり、議論する
ことさえはばかられるようなことがら。

 商店街における「暗黙のご了解」は、「商店街活性化とは活性化事業に取り
組むことである」ということ。
 変な話だが、商店街活性化とは商店街が活性化することではなく、 「その
ための事業」とされている事業に「取り組むこと」なのである。ホントに不思議
な話であるが、商店街の現状を理解するには、そう考える他はない。

1.商店街活性化とは商店街がどうなることをいうのか、当社をのぞき誰も
定義していない。(我々を除き)

2.活性化事業への取り組みはしょっちゅう、至る所で行われているが、活性
  化に成功した、という話はほとんどない。

3.いい加減、「活性化事業の取り組み方はおかしいのではないか」という声
  が挙がりそうなものだが全然気配がない。

4.今日も活性化事業への取り組みが行われており、明日からはまた新しい
  活性化への取り組みがスタートすることだろう。

 という状況から考えられるのは、上述のとおり、「商店街活性化とは、活性化
事業に取り組むことである」という暗黙のご了解があると考えれば納得がいく。

 このような、ふと我に返って考えれば何とも信じられない暗黙のご了解、どう
して発生するのだろうか?
 それにはちゃんとした訳がある。

 活性化事業がスターとしたころ、事業の目的は街区内に進出してきた大型店
への対抗策だった。アーケード、カラー舗装、イベント、スタンプ事業等々、活性
化事業の定番はすべて大型店の施設、販促の見よう見まねで「規模のメリット」
に集団で対抗する、という立て前で始められたものである。

 結果的にこれらの事業は大型店対策にはならなかったが、隣接する商店街と
の域内競合の武器としては効果があり、大型店の核的機能も大きくはたらいて、
結果的に地域一番商店街の位置に着くことが出来た。
 つまり、このころ、商店街活性化を目的に活性化事業に取り組めば商店街に
その効果が現れたことから、商店街活性化=活性化事業に取り組むことという
短絡的理解が暗黙のご了解として成立したのである。

 暗黙のご了解の恐ろしいところは、暗黙のご了解がたしかに成立する条件が
消滅した後も、暗黙のご了解だけは人々の心の中に生き残り、肝心要の状況
で「暗黙のご了解」として猛威を振るうことである。

 今日、活性化事業に取り組めば取り組んだだけ成果が得られる、という条件
はとっくの昔に消滅している。対抗しようとした域内の大型店はすでに郊外型
SCの前に敗退し、活性化事業で蹴散らして地域一番商店街の位置に着いた
隣接商店街はとっくの昔に消滅してしまっている。

 つまり、いまや活性化事業が事業として効果を挙げられた条件はすっかり
無くなっているのである。

 にもかかわらず、暗黙のご了解のもと今日も明日も事業が続けられている。
いい加減で「活性化事業では活性化は出来ない」という声が挙がって良さそう
なものであり、一声上がればたちまち活性化事業はおじゃんになってしまうの
だが、寂として声無し。何故か?

 もはや、誰も活性化事業に何の期待も期待もしていないからである。
 組合執行部とは商店街の店主のうち、商店街のお世話をすることになって
いる人たちのことであり、それ以上でも以下でもない。
 執行部を押し上げている商店主の皆さんは「商店街で商売をしている以上、
出来るだけ事業などのおつきあいはしていかなきゃ」という考えであり、自店
の活性化=売り場としての活性化にその事業が貢献するなどということは
ハナから全く期待していない。

 ということで、暗黙のご了解のもと、誰も何にも期待していない活性化事業
が今日も明日も取り組まれる・・・。
 これこそが「暗黙のご了解」の恐るべき結果である。

という、しょ~も無い情景を見るのは飽き飽きしていますので、活性化事業
の垂れ流しか、「得意客生成機構」の革新か、断固として選択をしなくては、
と考える今日この頃です。

国の活性化施策の泣きどころ

 商店街―中心市街地活性化については、言うまでも無く、日本国の
一大プロジェクトです。
高度化事業を中核に数十年にわたって展開されている、中小小売商業
の振興、その集積としての商店街の活性化ですが、ご承知のとおり、
なかなか成功事例が出ません。
提供されている個別の補助事業については、成功(あるいは竣工)事例
が続出しますが、その結果、商店街が活性化した、商業集積としての
持続可能性の再構築に成功した、成功しつつある、という上位レベルの
成功事例はなかなか現れない。

  商店街という一般に衰退趨勢に陥っている「商業集積類型」が、単発
的な施策で起死回生する、ということは絶対に無い、と断言することが
出来ます。(その理由はまた今度)

 商店街が再生するためには、再生へのシナリオを描き、ロードマップを
作成し、事業に取組みその成果を一個一個積み上げていかなければ
ならない。
商業施設における活性化の取組の成果と言えば「顧客の増加」。
新しい顧客を創造することが、「活性化」の目的、新しい顧客が増加する
趨勢が確立してはじめて「活性化」に成功しつつある、というわけです。

活性化の取組は、段階的、漸進的であり、かつ、成果が蓄積されて
行かなければならない。
これは大鉄則です。

従来の取組では、「顧客の創造」はプロである個店の仕事とされています。
行政の施策は、個店レベルでは対応出来ない(顧客創造のための)条件
整備、ということになっています。
街区の整備、組織活動に対する支援など。

期待した成果が挙がりません。
支援を続けている間も商店街の景況は回復するどころか、衰退趨勢は
一向に好転する気配が無い。
施策が「顧客創造」に結びついていないからです。

なぜか?
上述したように、商店街の活性化は、「顧客の増加」によって実現される
ものですが、実際には基本的に個々のお店の「お得意さんの増加」を
通じて、その集大成として実現するものです。
活性化が実現できないということは、とりもなおさず、提供され、取り組ま
れている各種事業が「個店のお得意さんの増加」につながっていないこと
を意味します。
なぜつながらないのか?

答えはたった一つ。
お店が「お得意さんを増やす」「顧客創造の場」としての機能を失っている
からです。
ここを無視していくら「条件整備」に取り組んでも、条件を」活用する機能
が劣化していたのではどうにもなりません。

街なか居住の提供、公共交通の整備、コミュニティ機能の新設、賑わい
イベント等々 条件整備は進みますが、肝心の「顧客創造機能」が旧態
以前のままでは商業集積としての再生=恒常的なにぎわい創出は出来
ません。

商店街―中心市街地活性化の施策が、個別事業は成功しながら全体
の成功に結びつかないのは、肝心カナメの「顧客創造機能」である個店
群の売場がその機能を発揮出来ないから。
理由はハッキリしています。

さらに、その機能を活性化する方法・ノウハウも分かっています。
我々が推進する
「キラリ輝く繁盛店づくり」、「商店街活性化への5つの階段」
こそが今現在、その気になりさえすれば今日にも獲得出来る活性化
への道です。

商店街は本当に活性化出るのか?
可能性実証キャンペーン、これからいよいよ本番です。、


「行政主導・主役は商業者」 の意味するところ

 国が推進する商店街―中心市街地活性化は、中心市街地活性化法
第5.6条による体制で推進することになっています。
第5条:中心市街地活性化は地方公共団体の責務である
第6条:事業者は地方公共団体が取り組む中心市街地活性化に協力
     すること。
「行政主導・主役は商業者」ですね。
スッキリしていますが、その分、実効ある取り組みにしていくのは難しい。

 中活法に基づいて『中心市街地活性化基本計画』を作成し、事業を
推進する責務を負う地方自治体ですが、実際に現場を持っているわけ
ではありません。
志を共にする「事業者」に自分のことととして取り組んでもらわなければ
ならない。

一方、事業者は自分の仕事があるわけで、日々の業務に取り組み
ながら「協力」することになります。
この協力の成果如何に自分の事業の将来が掛かっている、と頭では
分かっているものの、ホントにそちらに集中すれば明るい明日が約束
されているのかどうか、はなはだ疑問です。

 他方、我々のように都市の取り組みを支援するビジネスにとって大変な
ことは、この取組はどうすれば動くのか? ということ。
活性化実現の方向と方法を提案するわけですが、いったい誰にどう提案
すればよいのか?
行政? 商業者? 商工会議所?
それとも・・・?

 なかなか難しい問題があります。
加えて、国を始め各方面からさまざまな「活性化実現の方法」(「方向」は
無いのですが)が提案されています。
特に、国及び外郭団体からは「助成制度」を活用する人的サービスも
行われている。
そうしたなかで、活性化実現の方向と方法を提唱する―商品として売り
込んでいく、というのは並大抵のことではありません。

 問題状況は厳しく、ニーズはたくさんあるのに、取り組む人が少ないの
にはちゃんと事情があるわけです。
趨勢的には、もはや商店街活性化は「不可能」ではないか。

 そうしたなかで、それでも何とか頑張りたい、頑張らなくちゃ、と考えて
いる人にどうリンクしていくか、というのはなかなか難しい。
DMを出したくらいではどうなることでもありません。

 ということで、目下、立場を問わず、商店街活性化を実現したい、と
いう志を持つ人との新しい出会いを作るべく、キャンペーンに取り組
んでいるところです。
とりあえず、DMを自治体、商店街振興組合、商工会議所当てにだし
ました。これは、「世の中にはこういう考え方があり、既に実践して
いる人たちがいますよ"というご紹介。
これからがいよいよ"本番"の取組です。

 「行政主導、主役は商業者」中を取り持つのはコンサルタント、という
のがスタート時点の状況かも知れません。

09/09のツイートまとめ

quolaidbot

『農のマーケティング』今は昔、生-流-生マーケティングというモデルをば。いい線行ったところでVC本部の察知するところとなり、横やりが入ってぼしゃったことがありました。http://t.co/FMPTB9aFcM
09-09 22:43

商店街活性化はなぜ必要か? 「コミュニティの担い手」を重視すれば当然「三種の神器」に赴くだろうし、「域内資金循環の担い手」を採れば目指すは「商業集積としての再構築」となる。施策の特徴は、前者は加上、後者は移行となり、倶に天を戴かぬw鋏状相反。
09-09 22:07

全国頑張る地場商業者ご紹介#1 ミヤケ模型(釧路市)http://t.co/4J06j0CU7p全国商圏に通販も展開中。
09-09 19:16

商店街の定義:【主に地場の中小企業者が営む小売店、飲食店、サービス業などが連袂、公道沿いに形成されている商業集積】考察:http://t.co/bFdG9ogyy8商店街も活性化も定義無しで取り組まれる商店街活性化とかありでしょうか?
09-09 19:10

注:POP (Point Of Purchase) 一般には「購買意志決定時点」。我々は、「売買接点」。店舗 ― カテゴリー ― 売場 ― 棚 というようにフォーカスしてゆく。
09-09 18:49

小売業のイノベーションは、既存のPOPと顧客の関係を観察し、その情景からインスピレーションを得て創造される。
09-09 18:23

さらに言えば、近年、三大欠陥を内包する商店街の問題状況はいっそう深刻になっているような。3~5年前に比べて「問題意識、取組の内容、成果」の劣化がさらに進んでいるのではないかと。
09-09 16:17

商店街活性化の中心命題は、既存個店群が「店づくりの革新(イノベーション)」を実現することです。外見的にはこれまでのお店の延長でありながら、対応する消費購買ニーズがまだ小売業界では認知されていないことが特徴。キラリで繁盛しているお店は、皆さんイノベーションに取り組んでいます。
09-09 16:12

商店街活性化の三大欠陥は、1.中活法のスキームを理解していないこと。2.活性化の推進に不可欠の「商業理論」を装備していないこと。3.活性化を牽引する「経済活力」としての個店の繁盛実現が主要事業に位置づけられていないこと。主柱三本が立っていないのだから活性化出来るわけが無い。
09-09 13:36

もう一つ。中心市街地≒都市中心部商業街区の活性化の基本方向は “一個のモールに見立てた再構築” ですが、そのココロは「再構築」ではなく、新しい商業集積を構築すること。リノベーションでは無くイノベーションだということ。商店街活性化は「リノベ」では不可能です。
09-09 13:31

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ