FC2ブログ

08/08のツイートまとめ

quolaidbot

営利事業としての小売業の定義①消費財を②他から調達&/or自ら製造して③最終消費者に提供するために設営するのが店舗=POP(売買接点)
08-08 22:21

すべて小売店は、品揃え・提供方法・提供環境という3つの構成要素をもって成立する。例外はない。構成のあり方を「業容」という。小売理論の基礎。
08-08 21:18

セブンイレブンは理論無しで今も成長中ですが、それにはちゃんと理由がある。それは商店街には無い条件なので、皆さんは「理論」を装備しないと繁盛を実現することは出来ない。
08-08 19:46

通行量が少なくなる一方の商店街で、何とか繁盛したい、という一念でいろいろ工夫した結果、誰も入ってこない陳腐な店になってしまった。
08-08 19:43

セブンイレブンは、やり方次第では商店街で繁盛できる、ことを全国津々浦々で実証しています。さあ、みなさん、自店を繁盛させましょう! うちは繁盛してますよ、と。セブンは出来る、あなたの店も、やって出来ないはずは無い。
08-08 19:41

今どき商店街立地で売場が劣化している個店の売場、新規投資不要、半年間で長期低落傾向から反転させる、売上・客数アップを実現する、という取組は、理論無しでは出来ないと思います。SWOTとかオンリーワンとか、ぽっぷ、DMの書き方、販促のやり方等々、「手練手管」で出来ることでは無い。
08-08 16:57

今でこそ、「キラリ輝く繁盛店づくり」の実証事例はたくさんありますが、キラリのスタート時点では、事例ゼロ、でした。先行事例ゼロの手法で自店の改革を決断、着手した店主さん達、何を根拠に決断されたかといえば『理論』です。他にありません。この理論に自分の商売を賭ける、という決断。
08-08 16:50

商店街活性化、各個店の売場の不具合を論理的に指摘して、店主さんに納得したうえで改善に取り組んでもらう、という喫緊の課題からスタート、商業集積としてのデスティネーションの再構築を実現する、という『活性化への道」をびしっと指導出来る人は少いでしょうね。
08-08 16:44

商店街活性化の喫緊のテーマは、各個店が「吸い込まれるようにお客が入ってくる店」に変わること。難しそうだが理論を踏まえて取り組むと簡単に変えられる。成功事例が欲しい人は→http://t.co/gfRv2MIN3B 100店を越える実証、全て店主自ら写真付きで説明されています。
08-08 16:36

来街者を増やすのは組合の仕事、増えた通行量を個店のお客にするのは個店の仕事、みんな商売のプロなんだから、とはイベントに取り組む組合執行部の立場ですが、みごとなポジショントーク、おっしゃるご本人の店も「通行量を個店の客に」出来ていないはず。
08-08 16:29

続きを読む

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ