FC2ブログ

商店街活性化、はじめに計画ありき?

 活性化と言えば、まず「計画を作る」ことからスタートするのが常識になっています。
これは間違い。

 活性化を実現するには、関係各方面、特に最終目的である“各個店~街ぐるみ繁盛”実現の担い手
である個店・店主の頑張りが不可欠です。
それも、単にがんばれよいというものでは無く、活性化を実現する方向でがんばらなければならない。
即ち、活性化計画を進めていく方向でがんばってもらうわけですが、問題はここから。

活性化計画を実現していく、あるいは活性化計画に掲げられた事業の成果を自店の店内に実現して
行く力を持っているかどうか、と言うことですね。この力が無いとせっかくの事業の成果が挙がらない、
商店街の中に蓄積されない、ということになります。

 計画を立てるのは結構ですが、問題はその計画をきちんと実行し、成果を積み上げていくために必
要な能力が商店街(個店)に既に準備されているかどうか、と言うことですね。
さらに考えれば、こういう力を持っている個店なら既に自力中心で努力を重ね、繁盛を実現しているので
はないか、とも考えられます。
考え合わせると、商店街活性化は、計画を立てる前に計画に取り組んでいく能力を作ることを優先する、
あるいは、計画の第1番目に「能力向上のための事業」を掲げなければならない、ということになります。

 この計画は、商店街の皆さんが自分たちだけの力で作れる計画ではありません。
1.活性化にはどういう力が必要か
2.自分対に不足している力は何か
3.どうしたら手に入れられるか
しっかり考えて適切な答えを出し、力を手に入れなければならない。
計画作りはそのあと、自分たちに計画を実行できる力がついたことを確認してからです。

 商店街活性化の成否は、活性化に取り組む商業者の力量に依存しているのであって、商店街活性化は、
街が活性化して商業者が助かる、という話ではありません。
商業者が自分の商売かわいさを原点に頑張ってこそ商店街は活性化するのであって、けしてその逆では
ありません。

 そこで問題は前に述べたとおり、商業者が活性化事業の成果を自店の繁盛実現に結びつける技術を
持っているかどうか、と言うこと。
これは、これまで取り組んできた各種事業、特に“集客イベント”の総括としてハッキリ共有されていると
思います。
来街者が増えてもそれを自店の顧客にするノウハウ=能力を持っていないのが商店街立地の商業者の
皆さん。全国共通、例外はありません。

 皆さんが計画を作れば必ず、「事業の結果、個店が助かる」ことを期待した計画になるはずです。
本当は真逆、個店が頑張れば街が活性化する、のですから、助けてもらいたい一心で作った計画で街・
個店がよくなることはありません。
全国の商店街で数十年にわたって繰り返して来たパターン、もう一回取り組んでみる価値はありません。
この時期に取り組むべきは、繁盛店づくりが最優先、自店の繁盛を実現出来ない商業者が参画して作る
計画で街を活性化出来ることは無い、と肝に銘じて新年度の取組をスタートするべきです。

商店街活性化の「論理と戦略」

商店街活性化の取組が始まってほぼ半世紀経っていますが、現在ほど厳しい時期は無かったと思います。
いっそう気合いを入れた取組が必要になっています。
もちろん、単に気合いを入れて取り組めば良い、というものでは無く、どうすれば活性化出来るのか、きちんと「理屈」にあった取り組みをしないと努力が空回りします。
活性化に取り組むには理屈=理論が不潔です。

そこで、当欄今日のテーマは、既に皆さんお馴染みの「論理と戦略」です。
商店街活性化の論理とは:
〇商店街活性化とは街がどうなることか?
〇何故活性化しなければいけないのか?
〇どうすれば活性化出来るのか?
〇商店街組織、商店主、地主、行政、中間団体等関係者が多いが、それぞれの役割は何か?
といった、活性化に取り組むにあたっては当然関係者が共有しておかなければならない「理屈」です。
必要不可欠の理屈ですから、誰でもどこでも持っていなければならないのですが、実際のところ、これをちゃんと考え、整理して提供しているのは当社だけです。
商店街活性化を支援する立場の人は学識経験者、シンクタンク、コンサルタントなど様々の立場・肩書きを持った人がたくさんいますが、常住のような「疑問」に答えられる裡倫を持っているのは当社だけ、ということですからビックリですよね。
上記のような疑問に対する回答をようしていない人たちが指導するわけですから、活性化が実現できないのも無理はありません。

もう1つ「戦略」とは:
一言でいえば、活性化を実現していく筋道、「シナリオ」のことです。
大事業ですから、着手する前に、活性化の目標を立て、自分たちの力でその目標に到達するために取り組むべき仕事、入手すべき条件、仕事の順序など、大まかな筋道を立てることが必要です。この筋道が「戦略」です。
もちろん、「戦略」を提案しているのも当社だけですね。
(「キラリ輝く繁盛店づくり」が検診する「商店街活性化への5つの階段」が戦略です)

当社以外に誰も提案していないということは、
“理屈とシナリオ抜きでも商店街かは活性化出来る”と考えているのか、
“そんなことは考えたことも無い”人たちが活性化の指導支援に当たっている、と言うことですね。
そういうことで本当に活性化ができるのかどうか、出来るならとっくの昔に成功しているはずですが・・・。

 我々が日ごろお付き合いのある自治体や商店街では「論理と戦略の必要性」は、「キラリ」の勉強会などで常々強調していますが、それでも皆さん十分理解されているとは限りません。
さらに、役員交代や人事異動があると、「共有」が薄まってきます。
“商店街活性化には「論理と戦略」が不可欠である”
“我々の取組を導くのは「キラリ・5つの階段」だ”
と言うことは、ことあるごとに確認することが必要です。

 4月のセミナーでは、自治体の担当者さんを対象に“論理と戦略”を説明しました。
今月29日のセミナーでは、自治体・商店街・商工会議所の担当者さんを対象に、「キラリ・見える化」の導入要領を提案します。
このような順序立てた取組が出来るのも当社が“論理と戦略”を組み立てているから。
国内に同じような勉強をする機会はどこにも・誰からも提供されていません。

 思わず余計な方に話がそれましたが、商店街活性化の取り組みに「論理と戦略」が不可欠、それももちろん、国が提唱する「中心市街地活性化法の枠組み」で活性化に取り組んでいく皆さんの取組の「論理と戦略」を組み立てるための「知識と技術」に裏付けられたものであることが必要ですから、
論理と戦略のバックには、商業理論、計画論、問題解決論などの「理論」が無いと優れた「論理と戦略」を作ることが出来ません。もちろん、我々は必要な「理論」をちゃんと持っています。

 商業活性化界隈でこういう話をする=問題意識を持っているのは当社だけです。
「論理と戦略」が必要だ、と思う人は、当社との「連携の道」の構築を目指されることをお奨めします。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ