FC2ブログ

計画的・不可逆的・段階的

 中心市街地・商店街活性化推進の基本的な条件ですね。
どなたも異論は無いと思います。

 ところが、実際に取り組まれているのは、
1.計画とは名ばかり、いかにもそれらしい事業群が並べてあるだけ。
2.相互の連関も考えたいない一過性の事業を堂々巡りに繰り返し、
3.目標を立てずしたがって道筋も無いまま、いかにもそれらしい
事業が繰り返されている。
1.目標・方向と方法を定めないまま
2.どこに向かうという行く先の無い
3.堂々巡りを繰り返している
4.その間も空洞化は進むばかり
というところが実態ですね。
日本中ほとんど例外は無いと思います。

 どうしてこういうことになっているのか? 
答えは簡単、取組方を勉強しないまま、やみくもに取り組んで
いるから。
他に理由はありません。

「今さら」という気持ちかも知れませんが、一度はしっかり勉強して
「商店街活性化実現の方向と方法」を都市に定着させること。
これから日増しに重要になってくる「域内資金循環の再構築」
の取組にとっても大事です。
ちなみに資金循環のカギを握っているのは、「地場小売業」です。
消費プロセスに入った資金をもう一度地元の所得に変換するには
「地場小売業」が買い物行き先として活性化することが不可欠、
地場の各種産業が革新に成功し、いくら稼いでも消費購買行動の
向かう先が「非地場小売業(チェーン店、通販など)」に傾斜すれば、
資金循環は実現出来ず、都市の持続可能性の実現は夢物語に
終ります。
地場小売業者が集積する商店街の活性化は、都市の持続(再投資)
可能性の再構築という大目標にとって不可欠の課題です。
(いつも申し上げているとおり)

 さてご承知のとおり、中活法のスキームで都市が作成している
『中心市街地活性化基本計画』には、「一体的推進の目標」が
掲げられています。
これは、
1.当該都市の中心市街地が
2.計画期間中に
3.実現を目指す中心市街地のあるべき姿
のことです。
 つまり、「一体的推進の目標」とは、
“これを達成すれば,中心市街地は活性化の実現に向けて、不可逆的
な軌道に乗る”
という具体的に実現出来る、実現のための下位目標を設定することを
担保している「目標」でなければならない。

 計画に織り込まれるソフト・ハードの各種事業は、この目標を
達成するために必要な事業群、目標達成に向けて相互に関連して
いる個別事業であり、これらを上手に組み合わせ、相乗効果を
発揮しないと“目標”を実現することは出来ません。

 ところが。
実際の基本計画に記載されている事業群は、もっぱら従来の経験や、
先行事例の模倣というレベルで採用されており、一体的推進の
目標から演繹的にブレイクダウンして企画されていないため、
その結果、いくら事業群に取り組んでもその結果としてどこにも
行けない,空洞化は進展するばかり、という現状が生じているわけ
です。

 界隈ではこのところ、PDCとかPDSとかが唱えられています。
活性化を目指すには、計画し、実践し、結果を評価する、という
実践プロセスを踏まなければならない、というわけです。
しかし、このプロセスを機能させるには導入する前にやっておく
べきことがある。
 「問題解決過程における計画の役割」をちゃんと理解しておくこと。

 基本計画に基づいて取り組まれている各地の中心市街地活性化の
現状は、中心市街地活性化という問題を解決するについて作成する
基本計画の役割を理解しないまま、見よう見まねで計画を作った、
ということに起因しています。
さらに言えば、そういうレベルで計画を作るのは、こと中心市街地
活性化関係に限らず、当該都市(列島全体)「“問題解決
能力」
がその程度でしか無い、ということを証しているとも考えられ、
もしそうであれば、都市経営全般に赤信号が点滅します。

 あらためて中活法のスキームを理解しなければなりませんが、
そのうえで計画を見直すには、商業理論、計画に関する基礎知識、
問題解決論等々を事前に準備しておかなければならない。
もちろん、都市経営の実力から見て,これらの理論を確保することは
都市全体にとって喫緊の課題です。

 ということで。
商店街・中心市街地活性化を推進するにあたっては、適切な
計画
を持つことが重要であり、計画を立てるには事前に所要の知識・
技術を準備しなければならない。毎度申し上げているところですが
理解されているでしょうか?

 本当に“今さら”というレベルの話ですが、取組を成功させる
ためには不可欠の条件、しっかり取り組んでいただきたい。

 当社が提供するその機会、第一段階が今月26日に開催する
セミナーです。
『商店街活性化への5つの階段』
http://www.quolaid.com/kokuchi/2014-09semina.pdf

 都市の関係各方面のリーダー、担当者さんが揃って受講され、
そうか、そうだったのか、と納得されると以降の取組に不可欠の
基礎条件(問題と解決の方向と方法の共有)が実現されます。

 困難な条件もあろうかとお察ししますが、万障を乗り越えて
この機会を活用してください。

 上記の課題について、セミナーでは“計画論から段階的実践”
まで分かり易く説明します。
特にキラリ輝く繁盛店づくりからスタートする実践は、取り組み
やすく、地場小売業者をはじめ関係各方面を巻き込みやすい方法
です。

 ご承知のとおり、日本列島内で同様の勉強機会は他には提供
されていません。
勉強せずに商店街を活性化する、というのは不可能、出来ない相談
です。広域商圏に立地する各種商業施設は激しい競争に対応する
ため、日々勉強し仮説―試行に取り組んでおり、その結果、消費
―購買行動もどんどんバージョンアップしています。

 ひとり、商店街だけが20年、30年前から続く“販売促進”
の繰り返しで済ませられるわけが無い、というのはコロンブスの
卵、ですね。

一体的推進の目標

中活法に基づいて作られる中心市街地活性化基本計画には“一体的推進の目標」を定めることが定められています。

一体的推進の目標とは何か?

中心市街地(*) 活性化を実現するため、計画期間(*2)中を通じて、ソフト・ハード両面に渡るさまざまな事業に一体的に取り組むことを通じて実現を目指すこと。
そのために掲げるのが一体的推進の目標です。
(*1)中心市街地:都市の中心部の商業街区のこと(法第2条1,2号要件参照)
(*2)計画期間:一般に5年間

逆に言えば、基本計画に記載されている各種の事業は、この「一体的推進の目標」を実現するための手段ということになります。
計画している事業群を整斉と実施すれば、その結果として「一体的推進の目標」が達成される。その結果、計画期間中に実現を目指していた中心市街地活性化が実現するわけです。

このように考えると、「一体的推進の目標」の重要性があらためて確認されます。
一体的推進の目標とは、
1.基本計画を作成して
2.5年間のスパンで
3.中心市街地に実現を目指す目標
のことです。したがってこの目標は、
1.中心市街地の永続的な存続可能性の構築につながること
2.計画期間中に実現出来ること
3.取り組むべき事業を示せること
などの特性を持っていることが必要です。
上位目的の実現にとって「手段」としての適格性を持ち、具体的に取り組む事業群を手段として設計―推進して実現する「目的」に求められる具体性、実現可能性を持っていなければならない。

ところが。
実際に作られている基本計画に掲げられている「一体的推進の目標」は、取組の導きとなる機能を持っていないように見受けられます。

何とも抽象的な「人々が交流する街」といった文言と、通行量の増加率という具体的な数値目標が混在している基本計画が多い。
通行量の増加率という具体的な数値目標もそれが上位目的達成の手段として掲げられる以上、手段としての適格性を持っていなければならない。

通行量を増加させれば目的である中心市街地の活性化が実現できるとする根拠はどこにあるのか?
ということですね。
やみくもに通行量さえ実現すれば活性化するということなら、通行量が増えそうなことをあれこれ企画すればよろしい。
しかし、その前に通行量が増えれば中心市街地は活性化する、という関係を論理的に明らかにしなければならない。
その結果、増えるべき通行量の中味が問題にあるかも知れません。

いずれにせよ、取り組むべき事業とその内容を決定するのが「一体的推進の目標」だということに疑問の余地はありません。
問題は、それが取り組むべき事業群とそれらが達成すべき目標を決定する、上位目的としての具体性と全体を一体的に管理する総合性・抽象性を持っているかどうか、ということ。

実際の取組では、「一体的推進の目標」のうち、意識されているのは「数値目標」だけですね。
それも数値目標を達成すれば、中心市街地の何がどうなるのか、ということについてはほとんど確認されていません。

あらためて、「計画」とは何か、何のために作るのか、ということが問われなければならないでのはないか。
「計画」をきちんと理解しないと、「地方再生」も中心市街地活性化と同じ轍を踏むことになるのでは無いか。
心配されるところです。

なにしろ我が国にはどこをみても
計画とは何か
なぜ計画が必要か
優れた計画が具備すべき要件は
といった、計画作成に先立って理解してお0かなければならない・「計画に関する知識」を専門的に研究開発するところが(大学を含め)どこにもありません。
由々しいことです。

計画作成を担当する人は、あらためて“計画に関する知識”の在庫を点検してください。
中心市街地―商店街活性化関係に限れば、当サイト内にはわれわれが作成した計画作成に関する知識・ノウハウを相当量貯えていますので利用してください。

掲示板「商店街起死回生」
「都市経営入門」

基本計画の作り方など実践的なノウハウもたくさん。
過去ログも含めると数千ページという分量です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ