タウンマネジメントと「5つの階段」

中活法の枠組みで中心市街地=都市旧中心部の商業街区の活性化は、
当該街区内の商業集積を一個のショッピングモールとして再構築する
ことと定義され、その取組はタウンマネジメントと称されることになり
ました。(中活法及びTMOマニュアル参照)

 この取組を成功させるにはスタート時点(基本計画作成段階)で次の
課題を解決しておくことが必要でした。

1.街区ぐるみで転換をめざすショッピングモールとはどのような商業
機能を担うのか?(標的客相、テナントミックス、サービスミックス、
提供環境など)を明らかにしておくこと

2.現状からモールとしての再構築が軌道に乗るまでの道筋を描くこと

3.2を実現して行くために必要な知識・技術を見積もり、獲得する
方法を確立すること

 この3項目が実現しないと、モールとしての再構築を目指すタウン
マネジメントは出来ません。

 ところが、作成された基本計画で3項目について所要の作業を行う
ことを計画している都市はこれまで一個もありません。
これでは活性化が実現出来ないのも当然です。
活性化を推進する条件が整えられていないのですから。

 当社は活性化への道を“キラリ輝く繁盛店づくり”が牽引する商店街
活性化への道”としてこの間、全国有志の皆さんと協働して来ました。

 しかし、具体的なタウンマネジメントについては、各中心市街地、
商店街の現状を踏まえ、個別具体的な状況に即して計画することとして
特段そのシナリオを提唱することはしてきませんでした。
キラリを終了しなければ次の段階について云々しても無意味ですし、
一方、キラリを終了したところは、“次は何をなすべきか”当然当社に
諮問があり、あらためて包括的な協働体制を構築することになると考え
たからです。ところが実際はそうはなりませんでした。

 多くの都市が(活性化への道を学んでいたにも関わらず)、単年度の
キラリ終了をもって、活性化実現への道を構築し終えた、後は商業者が
その道を歩いてくだけ、という予想外の判断をする都市があり、その結果、
取組は進捗するどころか初年度の成果から退化してしまう事例も現れ
ました。これではならじ。

 ということで、登場したのが“5つの階段”です。
中心市街地、商店街の活性化=ショッピングモールへの転換を軌道に
載せる取組=転換過程の計画―統制をタウンマネジメントととらえ、
実践していく― その具体的なあり方が中活法制定以来はじめて登場
したわけです。

 今年度のキラリは、スタート直後からこの取組は“5つの階段”の
第一段、軌道に乗るための5つの階段の第一段階だと言うことを名言
しての取組になっています。
したがって、終了時点の目標も、第二段階に上っていく準備が完全に
出来上がっていることという、これまでのキラリと比べると様変わりの
課題に取り組みます。

 実際の取組はどうなるのか、キラリを終了している都市・商店街が
次に目指すべき「第2段」とはどのような課題か?

 9月のセミナーでその全貌を明らかsにするとともに、既に取組に
着手している都市からその実態を報告していただきます。

 中心市街地のタウンマネジメントとは“転換のマネジメント”、どこへ
向かってどう転換していくのか、論理と戦略が無いとマネジメントは
不可能です。

セミナー案内 発送します。

 昨日の記事、セミナー“商店街活性化への5つの階段”いかがでしたか?

 今年、当社はこれまでの取組蓄積を踏まえ、さらに一段高いレベルを
目指します。
それが“5つの階段”です。
 この階段には当社これまでの実践の結果がすべて蓄積されています。

 キラリは、点から線、線から面への取組の拡大を目指します。
逆に言えば、線~面への取組の普及がなければ商店街活性化という上位
目的を達成することは出来ません。
それどころか、せっかくのキラリ先駆者の取組もいつの間にかもとの
木阿弥になってしまうことも心配されます。
楽したい、考えなくて済むなら考えたく無い、というのは万人共通の
生き方ですからね。

 なるべく楽をしたい、というなかでキラリを続け、広げていく、その
行く手に商店街~都市の活性化=持続可能性を実現する、という夢を
追求するには、関係各方面の「夢の共有」が不可欠、それも単に出来ると
いいねといったレベルではなく、こうすれば実現できる、というレベルで
共有しなければならない。

 セミナーはそのための数少ない機会です。
お誘い合わせの上ご利用ください。
福岡市での開催ということで、経費がかかる方もあると思いますが、
他には無い機会です。万障お繰り合わせください。

 セミナーの案内、本日、メール添付で九州をはじめ全国の都市の関係
部課宛に送ります。

 万一、届かなかったところはご一報ください。
折り返しお送りします。

公開セミナー 「商店街活性化への5つの階段」 ご案内

商店街が自力主体で実現可能な“活性化への道”を描いてみると
①イベントなどで商店街に人を呼ぶ
②集まった人がショッピングを楽しむ
③ショッピング客が得意客になり恒常的に来街する
④イベントのたびに①~③が実現し、得意客が着実に増え、商店街が賑わう
⑤商店街が賑わうようになり、空地空店舗への新規出店が増える
⑥これまで不可能だった新規事業に取り組める、さらに集客力が強まる
⑦商店街の商業集積としての持続可能性が高まる

如何ですか。商店街関係者なら誰もが実現したい「活性化への道」ですね。

しかし、現在取り組まれている集客イベントは単発・一過性に止まっており、
その成果が蓄積されて恒常的な賑わい実現に至る道は実現されず、企画
自体も年々陳腐化しています。
本気で商店街活性化を目指すなら、同じ水準の事業を繰り返すパターンから
脱却し、取組を継続することで成果が蓄積され、繁盛する店が軒を連ねる
商店街(商業集積)へと移行していく取組に転換すること、上記の①~⑦を
実現して行くことが必要です。

このセミナーは、①「商店街活性化の論理と戦略」、②中活法のスキームの
解説という当社従来の提案に加え、新しい試みとして、イベントなどの実施で
繁盛する個店が増え、恒常的に賑わう商店街を実現する「商店街活性化への
5つの階段」を提案します。
現状からスタートして活性化の軌道に乗るまでを5段階に区分し、それぞれの
段階に於いて取組む事業内容を明らかにし、成功に必要な条件整備について
提案するものです。


   『商店街活性化への5つの階段』

第一段 有志による「キラリ輝く繁盛店づくり(以下「キラリ」)」可能性の実証

第二段 「キラリ」の拡張・・・商店街に「2割以上」の繁盛店を実現

第三段 実行計画(ソフト・ハード)の作成(見直し)、推進体制の再構築

第四段 本格始動(繁盛店づくりの全面展開、空地空店舗活用、

第五段 全面展開(商業集積としての再構築の計画的な推進)

 (※各段階は、前段階の補完及び後段階の準備を含む)


セミナーは“キラリ輝く商店街づくり”を核に「活性化への5つの階段」を上って
いくための基本となる「理論と実践」について関係者が共有し、取組を再構築
する唯一の機会です。

※「キラリ」はすでに全国各地で取組まれており、成果が上がっています。
 当社ホームページ ― 『キラリ輝く繁盛店づくり成果報告会動画集』 で確認
してください。


 セミナー開催要領

◆テーマ:『「キラリ」が牽引する商店街活性化への5つの階段』

◆日 時:平成26年9月25日(木)13:00~17:00

◆場 所:福岡県中小企業振興センター302会議室
      (福岡市東区JR吉塚駅前)

◆主 催:有限会社クオールエイド

◆講 師:武 雄 信 夫 (当社代表、キラリ輝く繁盛店づくり提唱者)

◆参加料:3,000円
       (但し同一都市から複数参加の場合二人目から@1,000円

◆申込み:別紙「参加申込み書」によりメール添付(推奨)又はファックス

※なお、セミナーでは「賑わい(補助金)事業」を活用して「第二段」を実践中の
 自治体の担当者さんに“恒常的な賑わい創出”を報告していただく予定です。


※商店街活性化とは、商店街商業集積としての持続可能性を再構築すること”
 その成否は活性化の取組で実際に
 ①“繁盛店を輩出す る”
 ②“点から線、線から面へ”
 と展開していくことにか かっています。
 繁盛店づくりの「方向と方法」及び「段階的な展 開要領」 を関係各方面が共有
 してはじめて“シャッターの外側”の各種事業の成果が街に定着する基礎が作ら
 れます。
※『キラリ輝く繁盛店づくり』は、商店街活性化の全面的な展開を牽引する取組、
 既に全国 各地で実践されています。今回のセミ ナーは各地の成果を踏まえた
 「スタートから軌道に乗るまで」5段階の取組を提案するもの、御市関係各方面の
 担当者が同時に受講されると、御市における“商店街活性化の5つの階段”実現
 の基礎が共有されます。

 
 有限会社クオールエイド
 〒843-0022 武雄市武雄町武雄5598 
 mail:info@quolaid.com
 ホームページ:http://www.quolaid.com/

 申込みは:http://www.quolaid.com/kokuchi/2014-09semina.pdf
 からどうぞ。

商店街活性化への5つの階段

 商店街活性化とは、商店街現状ありのままからスタートして
「商業集積としての持続可能性」を作り上げるまでの取組全体を
指しています。劣化している持続可能性の再構築に必要な各般の
取組を段階的、漸進的、計画的に一歩一歩積み上げていくのが
活性化を実現していく道ですね。

 この"道"は、商店街を活性化する、といえば当然の道筋ですが、
ご承知のとおり、活性化を定義し、実現の方向と方法を提唱して
いるのは、本邦唯一クオールエイドだけです。
このことは何を意味するのか?
我が国が現在―未来に向けてとんでもない危機的状況にあることを
象徴しており、商店街を活性化する方向と方法が分からないまま、
漫然と活性化に取り組む、というパターンは商店街だけに限られた
特殊な問題ではなく、日本列島全体を覆っている"問題解決"の
一大欠陥であると考えられます。

 問題は根深く大きいのですが、まず隗より始めよ、我々は自身の
仕事を通じて、それを成功させる道筋に於いて全体の改善発達に
寄与していきたいと思います。

 さて、当社が提唱する商店街活性化への道、その第一歩はご承知
のとおり、「キラリ」としておなじみ、「お客に見える店づくり」
です。
既に全国で50以上の都市、商店街で実践されています。

 しかし、もちろん「キラリ」の取組は商店街活性化実現への
第一歩の踏み出し、そこから"活性化の実現"まではまだ相当の
道のりがあります。
この道程については、都市・商店街の問題状況に応じて個別に
構築するという方向で支援指導してきましたが、なかなか次の
段階に円滑に上がっていく取組が実現できません。
なかには"キラリ"が一段落すればそれでお終い、後は希望者が
あればキラリ会に参加させれば良い、という甘い考えの商店街も
ありまして、こういう姿勢でいると間違いなく街は“加上主義”
に逆戻りします。キラリがその批判してやまない“加上”に仲間
入りすることになってしまいます。

 これではならじ、当社はこのたび、“活性化への道”の道筋を
「商店街活性化への5つの階段」
と名づけ、その普及を目指すことになりました。
キラリのスタート時点で明確にその最終目標を共有し、取組を
常に“次の段階のための準備”と位置づけることで、いっそうの
成果を挙げ、かつ、ノウハウの蓄積、意欲の持続を目指すもの
です。

 上述の通り、.これまでは、キラリに取り組み成果を挙げ、
キラリ会を立ち上げて取組が軌道に乗っている商店街に個別に
「次の段階」として提案することを考えていましたが、それよりも
スタート時点で取組の全体像として"5つの階段"を理解していた
方が取組みやすい、成果も上がりやすい、ということで、今年度
からのキラリは5つの階段の第一段目という位置づけで取り組む
ことにしました。
終了したら引き続き2段、3段と上っていくわけです。

 新しい“活性化への道”の具体的な内容を、9月に開催する
商店街活性化セミナーで提案します。

 これまで明文化していなかった、“商店街活性化を軌道に乗せる
5段階、最短5年間で実現する商店街活性化"の段階毎のテーマと
具体的な取組み方を詳しく説明します。
 
 我々が提案する「道」において、活性化計画の作成は、第3段階
の取組のテーマです。
常識では計画作成は初年度の仕事ですが、初年度は知識も技術も
未熟、計画を立てたりそれを推進する能力は備わっていません
から、まずはキラリ=可能性の実証―拡散を推進しながら計画
作成―実践に必要な能力を獲得し、第2段階までに能力を確保して
計画作成に取組む、といわれてみれば当然の作法、コロンブスの
卵、です。

 各段階の事業はもちろん、それをクリアすることが次の段階の
取組を成功させる能力を修得するプロセスでもあります。
第一段階をクリアしないと第2段階の取組は出来ません。
各段階をクリアするたびに、次の課題・テーマに取り組む知識や技術
が修得され、遅疑のチャレンジへの武器となるわけです。

 商店街活性化とはこれまでの商店街のあり方を革新するのです
から、これまでのような一過性の事業の繰り返しではいつまで
かかっても不可能です。
取組を進めるにつれて取り組む課題も未知の領域へ向かうことに
なり、もちろん、技術・知識も格段の向上が必要です。
さらに、この道程は、やがて努力が実るときが来る、それまで
苦しくてもがんばろう、といった貧相な精神主義では無く、キラリ
で既にご承知のとおり、取組に着手するとたちまち売上・客数
増という成果が現れ、知識・技術が進歩していく、という優れ
もの、毎日の仕事を楽しみながら活性化への道を進むことが出来
ます。
活性化の定義からして、これは当然こうでなければならない話。

 商店街活性化は、目標(活性化の定義)を明確にさだめ、その
実現を段階的に推進する、という姿勢が不可欠、このことは中活法
のスキームにも明示されています。

 従来の取組="加上主義"ではこの点に目をつぶっていたわけで、
何年取り組んでも活性化に1ミリも近づけなかったのは、このことが
理解されず、手を打たれていなかったからです。

 当社これまでの指導経験の集大成として、特にキラリを突破口
とする「活性化への5つの階段」を全面展開する9月のセミナー
をお楽しみに。
 

商店街活性化セミナー ご案内

 予告していた標記のセミナーを次のとおり開催します。

1.テーマ
 『キラリ輝く繁盛店づくりが牽引する商店街活性化への道』

2.日 時:平成26年9月25日(木)13:00~17:00

3.場 所:福岡県中小企業振興センター302会議室
      (福岡市東区JR吉塚駅前)

4.講 師:武 雄 信 夫
(当社代表、キラリ輝く繁盛店づくり提唱者)

5.参加料:3,000円
  (但し同一都市から複数参加の場合二人目から@1,000円

 例年開催していますが、もちろん内容は毎年の実践の成果を
踏まえて改善に次ぐ改善をしています。
特に本年は、賑わい補助金の趣旨に基づき
 “一過性のイベントを活用して恒常的な賑わいを生成する” 
具体的な取組を提案します。

初年度:有志によるお客に見える店づくり
2年度:商店街の2割の個店を繁盛させる得意客づくり
3年度:全面展開
という計画的・実践的な取組です。

 商店街を本気で活性化を目指すなら、従来のように2,3年に
一度施策メニューを見直し、名称だけ変えた似たりよったりの
事業を一からやりなおすというパターンの繰返しは許されません。

 セミナーでは、「キラリ」を実践中の自治体の担当者による
“恒常的な賑わい創出実践の構築”について報告していただく
予定です。

 商店街の現状を率直にみれば、もはや事業メニューから恣意的に
選択して取り組んでいみる、上手くいかなかったらやり直す、
という従来的な安易な方法は許されません。

 商店街は活性化実現への最後の機会を迎えており、ここで適切
な“方向と方法”を選択出来なければ、商店街が“買い物の場”
として再生することは出来ないと思います。

 商店街の現状ありのままで直ちに着手、活性化実現までのシナリオを
各段階の取組方について具体的にイメージ出来る方向と方法を今すぐ
選択することが必要です。

 セミナーで提案するのは、上記の要件を備えた唯一の活性化への道、
行政を中心に商工会議所(会)の担当者、商店街のリーダー各位が同時に
受講されることで御地への導入への道を切り開くことができます。

最後の機会」と考えて取り組まれることをお奨めします。

※お問い合わせは、メールでどうぞ
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ