FC2ブログ

キラリの発展と掲示板の活用

 キラリ輝く繁盛店づくり。

直接の目的・目に見える目的は、
①チャレンジする個店の繁盛実現
②可能性を実証して商店街活性化の方向転換
③地場小売商業の事業機会の再構築
であり、地方公共団体以下の関係各方面が重点的に取組むべき重点課題の
ひとつです。

さらに。
①国産消費財業界(製・流・販)の活性化
②国内中小機械メ-カーの市場再生
というすぐには見えない効能効果ももちろん視野に入っています。

目下、取組の核となっているのは
①大分県「商店街魅力ある店づくり支援事業」
②福岡市「商店街活性化 核店舗創出事業」
他にも単独で取り組む市町があります。
さらに今年度は新しく取り組む県・市が予定されています。
新年度は、これまでの成果を踏まえて定着と発展に尽力します。

 取組の「核」になるのは、実践される皆さんの意欲から産み出される
成果とそれをもとにした交流です。

 よどむ水は腐ってしまうように、キラリの取組もひとときの成果に
満足してしまうとあっという間に陳腐化してしまいます。
一度は慣行軌道から降りても、新しい道を切り開くことを怠っていると、
いつの間にかかっての「慣行店舗」に舞い戻ってしまうことになります。
そうなると大変、一度はキラリと輝いたのに、元の姿、いえそれ以上に
ひどい店舗に転落してしまう可能性にいつも直面していると覚悟して
おかなくてはならない。

 これは、推進体制の現状がどうなっていようと、各個店が自分の商売
繁盛を持続させるため,必ず心がけておかなければならないこと。
言うまでも無く、皆さんが日頃心がけておられるところです。

 しかし一方、ときは「迷い」が起こることもあると思います。
キラリの仲間の協力でクリアしていくことが理想ですが、なかなか難しい
こともあると思います。
当社がすぐに相談に乗れる情況があるといいのですが、そういう環境に
ないキラリ会も存在しますし、キラリ会もない、孤立している、という
人も少なくありません。

 新年度、当社は「掲示板」の機能を強化して、キラリの皆さん、個店、
商店街、キラリ会の「問題解決」に貢献する場としての役割を果たす
ことにしました。
手始めに、当ホームページに常設している掲示板を全面解放、皆さんの
問題解決、交流の場として活用、個店の繁盛とキラリの発展に役立て
たいと思います。

それそれの掲示板のURLと「役割」は次のとおり。

入り口
交流ルーム:話題は何でもご自由に


目指せ!繁盛店:キラリ個店の取組、時点の出来事などを中心に


商店街起死回生:商店街活性化について何でも・いろいろ

都市経営入門:中心市街地活性化、行政の商店街活性化の取り組みなど


理論創発:商業理論、経営理論その他


ぜひ活用してください。

あなたの活用から始まり、やがて全国各地の仲間が活用するようになり、
皆さん協働で作る大きな「収穫の場」となっていくとすばらしいですね。
当社も(最近掲示板はサボりがちでしたが)新年度から心機一転、
皆さんとおつきあいするとともに、皆さんに役立つ記事をどんどん
書いていきたいと思います。

キラリの仲間、商店街その他関係各方面への掲示板の新たな趣旨の告知も
よろしくお願いします。 

イベントとその目的を繋ぐもの

 目下募集中の「商店街活性化事業(にぎわい補助金)」関連です。

 あらためてまずその概要を:

□補助金の趣旨:

①商店街(街区)等において実施する
②集客効果、需要喚起に効果のある取り組みであって,商店街の
 〇恒常的な集客力向上や販売力向上が見込まれるイベント等
③また、こうしたイベントの効果を最大化し、持続させるなど、
 〇商店街組織の体質強化に資する地域住民のニーズ調査、研修事業、
  情報マ発信マップ作成等

□補助の対象となるのは

①取り組むことで
②商店街全体として
③恒常的な来街者数の増大又は売上げの向上 
を実現する企画。

※「恒常的」ということに注目。
これは,当該事業(イベント等)に取り組んだ結果、歩行者通行量。
売上高・空き店舗数等の目標を達成した後、元の水準に戻らない、
という意味でしょう。
これまでありがちだった“イベント開催期間は人出が多いが、
終わってしまうと元の木阿弥”というのはダメ、取組を「踏み台」
にして一段高いレベルの商店街を実現しなさい、というのが
この補助金の趣旨です。

 この条件をクリしてはじめて、「にぎわい補助金」がにぎわい
の実現につながります。
どうすればつなげることができるのか?

 これがこの記事のテーマ、「イベントとその目的をつなぐもの」
の意味するところです。

 イベントに取り組むとその期間中の来街者が増えます。
ここまでは皆さん繰り返し取り組んで「腕に覚え」があるところ、
問題はその「続き」にあります。

「にぎわい」を実現するには:

①イベントで来街客が増える
 これに自信あり、でしょうが、その次はどうでしょうか。

②来街客が個店売場を訪れ、ショッピングを楽しむ
 大事なことです。来街者が増えても個々のお店の売場を体験して
もらわないことには「ショッピングを楽しむ」は実現しません。
ちなみにショッピングとは:
〇買い物
〇下 見
〇暇つぶし
〇気晴らし
など、個店(売場)にお客が期待する「お店のなかで出来ること」
ですね。

もうひとつ、「店づくり」とは:
個店の
〇品揃え
〇接客など提供方法(接客、POP広告など)
〇店舗―売場のしつらえ(レイアウト、陳列など)
の全体のこと、この全体がお客のショッピング目的に合わせること。

 イベントで大事なことは、各個店がその「店づくり」を如何に
上手にお客にアピールするか。
もちろん、アピールする前にアピールすればお客がショッピング
してみたい、と思わせる店づくりをしておくことが条件です。

③ショッピングを楽しんで帰り、ショッピング結果に満足する
 来店してショッピングを楽しみ、買いあげた商品を持ち帰って
使う、その結果に満足する、ということ。
ショッピングの究極の目的は、生活をいっそう充実させる、堪能
するというところにありますから、結果の「満足」は不可欠です。

④また行ってみたい、行ってみようと考える。
 ショッピング結果に満足すると、次のショッピング機会にも
ぜひあの店に行こう、となるのは自然な成り行き。
イベントが終わった後もこのお客の行動は続くことになり、
客数・売上げアップが実現します。
こういうお店がどんどん増えていくこと、これが商店街イベント
究極の目的です。

 イベントの目的はイベントを開催することだけで達成されるか?
いよいよ問題は核心に迫ってきました。

 もっと具体的に考えていくと、問題は:

①業績が低迷している各個店は
②イベントの効果で来街した見込み客を入店させ
③ショッピングを楽しませ,満足させる店づくりが出来ているか?
ということ。
 これがきちんと出来ていないと、来街者の増加が個店入店客の
増加につながりません。

 逆に言えば。
イベント来街客が個店のショッピング客にならないのはなぜか?
ということであり、上の論理からすると問題は、

①イベントが「ショッピング客」を集客する企画になっていない
②各個店がイベント来街客にとってショッピングの魅力をアピール
出来ない
のいずれか。

 商店街のイベントですから、見込み客の集客はOKと考えれば、
問題は個店の魅力アピールが不十分だということになります。

 イベントを成功させるために取り組む課題が見えてきました。
「イベントを成功させるには、各個店の魅力アピールをすること」
ですね。

 つまり、今どきの潜在顧客の消費購買行動にあった店づくり:
①品揃え
②提供方法
③提供環境
の最適化を実現し、店前遊歩客(イベント来街客)にアピール
すること。
 アピールの内容は、一目見たお客が入店してショッピングして
みたくなる、というレベルでないと意味がありません。
これが「イベントとその目的をつなぐもの」の正体です。

 イベントの目的を達成する、イベントを成功させるには、
個店が
しっかり「店づくり」に取組、それをとおりに向かってアピール
すること。
これがイベント成功の唯一の方法です。

 商店街にとって,古くて新しい、もっとも解決が難しい「個店・
シャッターの内側の改革」こそがイベント成功のたった
ひとつの「カギ」なのです。既に皆さんご承知のとおり。
 この問題については従来、
①来街客をショッピング客にするのは各個店の仕事
②店主は商売のプロだから出来るはず
ということで処理されてきましたが、とんでもない話です。
“商売のプロなら通行量を売上げに転化できる”
なら、商店街の空洞化はこれほどひどくはなっていませんよ。

 ということで。
「商店街活性化事業(にぎわい補助金)」を成功させたかったら、
成功への条件である「各個店のショッピング行き先としての条件を
整える=店づくりの改革改善に、組織を挙げて取り組む、という
姿勢・実践が伴わないと、いくら通行量〇〇%、売上げ〇〇%
アップと数値目標を掲げても達成されることはなく、結局、
“イベントを実施することでその究極の目的である商店街活性化を
実現する”
というイベントの趣旨は実現出来ないことになります。

 このジレンマから脱却する方法は唯一、「にぎわいづくり」の
イベント企画に「キラリ輝く繁盛店づくり」を組み込むこと。
そのスタートが
「キラリ輝く繁盛店づくり・試行版」への挑戦です。
イベントの本格的な取組に先行してその成功を担保する方法の実験
として如何ですか。

※※商店街活性化担当の皆さんへお願い。※※

 イベントを推進している商店街にはおそらく当社が提唱する
「商店街活性化への道」は知られていないと思います。

 商店街の現状に満足している関係者は一人もいないはず、しかし、
現時点で「活性化への道」を確信して事業に取り組んでいる人は
極めて少数であり、“いたしかたなく”、目的達成とのつながりに
疑問を感じながら慣行路線を歩み続けている人たち、商店街も
無きにしもあらず。

 機会があればぜひ当記事をご紹介下さい。

商店街立地の繁盛店づくり

 昨日youtubeにアップした「キラリ輝く繁盛店づくり」
各地の成果報告会、如何でしたか?

キラリ輝く繁盛店づくり、

1.取り組んでもらいたい人は:
①業種・業態を問わず、
②現在の業績を問わず、
③経験年数なども不問、
④店を繁盛させたいという意欲のある方

2.取組の内容は:

①お金を掛けず(改装、販促などは一切禁止)
②計画は立てず(財務分析不要)
③すぐ着手出来ることから少しずつ変えていく
④効果が無ければやり直す
⑤お客の立場で考える
という簡単な方法です。
(⑤は難しそうですがすぐに慣れます)

3.期待される成果は:
①常連客の評価が良くなり来店頻度が増える
②滞留時間が長くなり、回遊が多くなる
③新規のお客が入ってくるようになる
④これらの結果,お店の評価が向上し売上げ・粗利が増えていく
⑤店主をはじめみんなが元気になり、商売の持続性に自信が持てる
というものです。
取り組んでおられる皆さんは、これを「キラリ輝く繁盛店づくり」と
呼んでいます(以下「キラリ」)。

(各地の「成果報告会」で確認してください。)

 商店街全体で取り組まれている「活性化事業」の成果がなかなか
上がらない、蓄積されないのは、各個店の売場が(お客から見て)
買い物の場としての整備が不十分だからです。
「キラリ」に取り組むと、商店街の販促活動の成果が各個店の
業績向上として実現します。
これこそ商店街活動の究極の目的ですね。

 商店街の各個店、なぜ繁盛しないのか、もちろん、その原因は
競争の激化をはじめさまざまの要因が重なっています。
中でも大きな問題は、各個店が日夜続けている「業績向上努力」
の方向と方法が間違っている、というところにあります。
業績を回復させたい、向上させたい、という努力・創意工夫が
逆にお店の魅力を減退させています。

 繁盛は、ただ頑張りさえすれば実現するものではありません。
正しい努力、永続出来る努力だけが「繁盛店」を約束します。

 当社が提唱する「キラリ」は、今現在、唯一の繁盛実現の取組
です。

 「商店街活性化」に取り組む役割を担う皆さん、あらためて
活性化の実現には「各個店の売場の改革=繁盛実現」が不可欠で
あること、個店売場の改革と街の活性化は「車の両輪」であること
を肝に銘じて「個店売場の改革」に着手しようではありませんか。

キラリ・試行版のお奨め
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ