FC2ブログ

中心市街地活性化の真実

 中心市街地活性化法 第一条:中心市街地活性化とは、当該街区に
おける都市機能の増進と経済活力の向上。

その目標はどのあたりに設定すべきか?
第二条
中心市街地の要件から。
一号=集積、二号=趨勢、三号=波及効果。二号要件に注目。
"経済活力の維持に支障が生じ、または生じるおそれがあること。"

 活性化の目標は、経済活力の維持に支障が生じ”ている状態=
衰退趨勢からの脱却、すなわち持続可能性の再構築です。
この目標は、他で代替することは出来ません。
この目標を的確に理解していないと、全ての取り組みは目的を
達成することは出来ません。やがて経済活力を維持することが
出来なくなり中心市街地は都市の中心では無くなります。
中心部がになっている都市機能が衰退すると都市全体の経済活力を
維持することが難しくなります。(資金循環の崩壊)

中心市街地活性化の目標は、衰退趨勢から脱却、持続可能性を構築
すること。分かり易い目標ですね。

次に、中心市街地・商業街区(商店街)の活性化について。
こちらも活性化=「都市機能の増進と経済活力の向上」ときちんと、
一点の曇りも無く、押さえておくこと。

商業街区の活性化=衰退趨勢から脱却、持続可能性の再構築。
中核となる都市機能は小売商業だから、衰退趨勢にある小売商業
機能を活性化=持続可能性を再構築する。
経済活力の向上=小売商業機能の活性化。

というあたりが中心市街地=都市中心の商業街区の活性化の中身、
法律をちゃんと読めば何の紛れもありませんね。

数値目標もこの流れで設定します。
「一体的推進の目標」に合致する数値化できる目標を組み立て
られればの話ですが。

実際の基本計画ではどのような目標が設定されているか?
ぜひ、手近の計画をチェックしてみましょう。
"持続可能性の回復"などとはまったく関係の無い文言が踊って
いるはずです。
総じて都市経営という領域における問題解決のスキルは極めて
低いレベルにあるようです。
ポスト工業社会という人類が経験したことの無い環境に一番先頭で
直面している我が国の経済・社会をどう維持していくのか、という
大きな課題の中核に位置する都市経営―中心市街地活性化ですが
全国的な迷走ぶりを見ますと、一日も早く「成功モデル」を実現
することが喫緊の課題であることがひしひしと感じられるのでは
ないでしょうか。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ