FC2ブログ

イオンモールとは何者であるか

 商店街を活性化しなくては、と思ったとたん、まず考えなければ
ならないことは、「郊外のショッピングセンターをどう見るべきか」
ということです。一口にショッピングセンターといっても、その業容は
多種多様、それぞれ標的にしている消費購買行動も異なります。
商店街の活性化に取り組む、とは郊外に多種多様に展開する各種の
小売商業類型の狙いをきちんと把握し、それらとの営業上の位置関係を
しっかり考えた上で施策を講じることになります。
たとえば、このところ流行している一店逸品、百縁商店街、まちゼミ
などの販売促進に取り組むことが郊外の諸集積にどのような影響を
与えることが出来るのか? 百縁商店街などは百均が繁盛しているのを
見て、商店街の核として誘致したいが来てくれそうも無い、それなら
自分たちで代替品を創ろう、というのりで始まったのだそうですが、
その前にやるべきだったのは、なぜ百均は商売として成立するのか?
ちゃんと勉強してみることでした。言うまでも無く、百均の皮相的な
物まねと百均の業容とは月とすっぽんほど違います。
これを無視して、百縁は販促効果があるから、とどんどん開催回数を
増やしたらどうなるか、考えて見たら分かりますね。

 今どき効果的な販売促進をやりたかったら、郊外型商業の業容を
理解し、その販促手口が業容から導き出されていることを理解し、
自分たちの商売には関係の無い、やろうとしても出来ない・やっても
効果の挙がらない手法だということを理解しなければならない。

 いささか本論からずれました。
商店街活性化の課題、その第一は郊外型小売業の正体を見極めること。
ここではその代表として“ショッピングモール”を取り上げます。
我が業界に於いては、ショッピングモールは「蒙昧語」でありまして、
業界でも学会でも(当社を除き)定義されておりません。
ここで定義を説明してもいいのですが、手間が掛かりすぎるので、
ショッピングモール=御地の近くにある「イオンモール」だと理解
すること。
イオンモールとは何であるか=ショッピングモールとはなんであるか、
ですね。以下の言説にについては、ぜひ、あなたの生活圏内に立地して
いる「イオンモール」を思い浮かべながら検討してください。

 商業集積を観察するときに重要なことは、視点を定めること。
商業集積を見る場合は、あたかもそれが一個の小売店舗であるかのように
観察すること。一個の規模がとてつもなく大きな小売店という視点で
その業容すなわち、品揃え(テナントミックス)、サービス(販売・
購買促進)・空間環境をチェックする。チェックの視点は、もちろん
「標的客相」ですが、今日は客相関係は割愛します。
興味のある人は過去記事を探索してください。

〇イオンモールのテナントミックス(店揃え)の特徴
 中小個店の「品揃え」は、集積でとらえれば「集積に参加している
個々の店舗の品揃えの総体」です。イオンモールのテナントミックス=
モール全体の品揃え、です。これを把握するとモールがターゲットに
している「客相」が分かります。たぶんイオンはこの「客相」を自覚して
いないのですが。

以下の考察は:
掲示板【理論創発】で続けます。興味のある方はどうぞ。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ