FC2ブログ

レイアウト論

 人間に図柄として認知される情報はレイアウトされています。
私たちの視界を構成しているのはレイアウトそのものです。
私たちが認知する環境には所与のレイアウトがあり、私たちは環境に
おいてレイアウトを認知し、選択し、加工し、編集し、再構成します。
「生きる」ことで重要な位置を占める部分として「環境において選択する
こと」があるとすれば、レイアウト、レイアウト能力の優劣はよりよく
生きていくうえで重要な意味を持つことになります。
まずはレイアウトの意味を正しく理解することから。

 レイアウト、一個の単語に訳すのが難しい概念です。
視界、構図、デザイン、配置、構成、編集・・・・。
といろいろ考えられますが、いずれにしろ、よりよく生きるためには
不可欠の作業に関わる概念だということは間違いありません。

 小売業の店づくりなどでよく使われるレイアウトも同じ言葉。
【キラリ】におけるレイアウトの重要さは、ショッピング客の行動
(=AIDCA)環境における視界の重要性を考えれば説明の必要は
無いと思いますが如何でしょうか。

 最近のセミナーでは【レイアウト】は不可欠のキーワードになって
います。この言葉を新しい位置づけで導入したことで、講義全体が従来
以上に分かり易く、体系的になったようです。


 「見える・化」もついに行くところまで行きまして、昔、takeoが
勉強したことのあるモロモロを統一するときが来たということ、皆さん
には常日頃“教科書を執筆せよ”と勧められておりますが、ついにその
準備が終わったかも知れません。

 ここで述べている「レイアウト」に興味を持たれた人にお奨めの一冊、
佐々木正人『レイアウトの法則』春秋社

おっと、基本図書は別にありまして、
J・J・ギブソン『生態学的視覚論』サイエンス社
認知理論とともにレイアウトと密接に関わる【アフォーダンス】を把握
してください。
もっと突き詰めたい人には意外や意外
オルテガ・イ・ガセット『大衆の反逆』白水社
まで遡及されることもお奨めです。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ