都市商業振興ビジョンの策定

 当サイトは、ご承知のとおり、商店街―時場小売商業の活性化
(事業機会の再構築)に本気で取り組む人にとって、不可欠の課題
及びその取り組み方についての理論、実務両面に渡る知見を関係
各方面に提案することを任務としています。
実際に都市経営の実務に役立てるためにはあらかじめ整理整頓
しなければならないことが山積していると思いますが、一点突破
全面展開、まずは取り組みやすい分野、課題から着手するというの
も一法です。

 標記については、あまり聞き慣れないかも知れませんが、都市に
立地する小売商業特に地場小売業の活性化にどう取り組んでいくか、
その必要性と活性化実現の方法と方向を明らかにして、関係各方面
が共有、業務遂行の指針とすることで協働の成果を挙げ、もって
都市の所得循環再構築の鍵となる地場小売業の活性化、持続可能な
小売商業集積の再構築を目的に作成するものです。

 商業集積多様化・乱立時代の地場小売商業活性化ビジョン。

 作成にあたっては、もちろん最新・最強の知見を総動員しなけれ
ばならない。
都市内外、広域に立地する多種多様な商業集積の性格を見極め、
それらが都市における生活において果たす機能を分析、都市が
これから拡充すべき商業機能を明らかにし、その担い手として
地場小売業を指定し、所要の能力を確保していくために必要な施策
を計画的・段階的に推進する。中心市街地活性化、住宅地、集落
地区など地域特性に対応する商業機能を定め、その持続可能な
あり方,実現の方法と方向を構想します。

 既存の中心市街地活性化活性化基本計画の作成に動員した知識・
技術のレベルでは取り組めない課題です。
というか、このビジョンを作成することであらためて中心市街地
活性化の可能性も展望することが可能になります。

 当社は長年にわたってビジョン作成の必要性を提唱しています。
時に作成に向けて動き始めた都市もありましたが、実働には至り
ませんでした。
中には“それはTMOの仕事だ”となって、もとよりTMOに
その能力があるはずも無く,あえなく予算の浪費に終わったという
ケースもあるようです。
餅は餅屋、能力が伴わないと出来ることも出来なくなる。

 当社、新年度の事業の柱の一つは、この商業振興ビジョンや
中心市街地活性化基本計画作成などプランニング業務の支援に
定めています。このところ、キラリ主体に取り組んでいますが、
当社の得意分野はプランニング、それも事業主体の事業推進能力を
確保しつつ計画を作成するという、都市経営にとって不可欠の要求
水準を満たしうる手法をもって支援、プランが出来上がった
暁には
それを推進していくために必要な諸能力が都市内に出来上がって
いるというのが当社流計画作成支援です。

 予算作成の最終段階、仕様書原案が出来上がれば状況が大きく
進展します。都市経営上不可欠の課題への全国に先駆けた取り組み
が離陸直前です。

“商業集積多様化時代”の商店街活性化

 今日は終日、キラリ、イチゴ、人材育成と続く講義のテキスト作成でした。
当社の講義の特徴は同じテーマの講義でもほぼ毎回改善されること。
今回は「商店街活性化」の新しい定義をば:
①商業集積多様化時代に
②分担可能な商業機能を定義し
③既存個店の繁盛再生の取り組みを核に
④集積として再構築すること
というようにしてみました。

 「商業集積多様化時代」は、新しいキーワードです。
大店法緩和以降、それまでは考えられなかった新しい業態、商業集積が蔟出しました。その結果、消費購買行動が多様化し、両者の相互作用でさらに多様化が進展しています。
 この多様化の進展が,商店街に対応可能なラグジュアリィニーズという新しい事業機会をもたらしているわけですね。

 これからの商店街活性化は、
①商業集積多様化時代において
②商店街が自助努力で獲得可能なポジションを定義し
③漸進的に実現していく
方法と方向を明らかにしないとただの“業績不振に陥った集積が漫然と
取り組む販売促進”に止まります。
 大方の商店街活性化の取り組みは全部このレベルですね。

日本の商店街空洞化と闘い勝利する!

 今日のタイトルは、当社が想定する当社自身の事業機会です。
もちろんこれは事業機会ですから,当社がこの闘イの主役という訳
では無く、全国商店街有志、とりわけ地場・中小・独立・自営
商業者の闘い・勝利に貢献することが当社の【所期貢献】である
という意味です。

 全国の商店街はなぜ空洞化したのか?
その理由は、ハッキリしておりまして、活性化の取り組みが成功
していないから,ですね。活性化が必要な商店街が活性化出来
なければ空洞化がさらに進むのは当たり前。

 活性化とは何か? 存続の危機に直面している商店街に施策を
講じてその存続を維持確保すること。
したがって、活性化出来なければ衰退、空洞化していくというのが
活性化が必要な商店街の行く末です。

 なぜ成功しないのか? なぜ失敗したの?
失敗はどの時点から始まっているのか?

見極めなければ,真性・活性化への道を見いだし、軌道を転換する
ことは出来ません。

 平成元年(時期不明確)、中小商業活性化基金が設置され、
いわゆる「基金事業」が発足して以来、今日にいたるまでずうっと、
活性化の取り組みは成功していません。
なぜ成功しなかったのか、その理由は、当時にさかのぼります。

 商店街活性化が全国商店街共通の課題となったのは、平成元年、
大店法が緩和された時以来です。
大店法の緩和~大型店の出店既成がほとんど有名無実となり、
商店街に立地する中小商業者は厳しい・自力で対応できない競争に
直面することになりました。

 この影響を出来るだけ小さくして商店街=中小小売業業者の事業
機会を確保することが大店法緩和の条件であり、中小商業者多数が
立地する商業集積=商店街の存続基盤を維持することを目的に設置
されたのが【中小小売商業活性化基金】でした。
 この制度のスタートをもって、全国の商店街が一斉に【商店街
活性化】という課題を共有し活性化策を講じることになり
ました。
すなわち、商店街活性化とは大型店の出店攻勢に抗して既存商店街
の事業機会を再構築することを目指す取り組みの創唱だったのです。

 重要なことは、制度としての商店街活性化が大店法緩和=大型店
対策としてスタートしたということ。このことはいくら強調しても
強調しすぎることはありません。
資本・組織等の競争力で優位に立つ大型店に伍して事業機会を維持
するための取り組みを支援することを目的に設定されたのがこの
基金です。

 制度としての商店街活性化が成立,全国の商店街に瞬く間に波及
したのはこの基金を活用して作成された【商店街活性化構想】が
発端でした。この構想は、大店法緩和~予測される大型店との競争
激化に対応するための方策を定め、「高度化事業」をはじめとする
施策を活用してその存続基盤を構築することを目的に作られたのです。

 したがって、大型店との戦略的な位置関係を主体的に定め、
その位置を確保するという効果的な『構想』を作るためには、
出店が予想される大型店(郊外型ショッピングモールその他)の
商業集積としての特性及び経済機能としての特性を適切に理解した
上で、対策を講じることが必要でした。

 しかし、当時、ショッピングモールをはじめとするSCその他の
新業態大型店の特徴を理解し、これと『棲み分け』することで自分
たちの存続基盤を確立する、というあるべき構想を作成した商店街
はきわめて限られていました。
(当社が知る限り、佐賀県武雄市の中心商店街を構成する,松原・
本町両商店街のみでした。旧中活法の制定で『武雄市中心市街地
活性化基本計画』に継承された両商店街の活性化構想の結末に
ついては、あらためて報告することがあろうかと思います。)

 さて、全国各地で順次作成された『商店街活性化構想」は、
大型店との競争の武器となることは出来ませんでした。
上述のとおり、新しく登場してくる競争相手の性格を見極めることが
出来ず、適切な対応手段を講じることが出来なかったからです。
ここから活性化の「迷走」が始まります。

 活性化構想の失敗を“もはや商店街は単独では活性化出来ない”
と総括して、制定されたのが旧・中活法=『中心市街地における
市街地の整備改善及び商業等の活性化を一体的に推進するための
法律』ですね。

以下長くなるので掲示板【都市経営・入門編】に移行します。

なお、この記事は大変重要なので御市関係各方面等へぜひご紹介
ください。

キラリ輝く繁盛店づくり 試行版のお奨め

 キラリ輝く繁盛店づくり、はじめから事業として取り組むにはハードルが高い、と感じておられる皆さんのために。

 当社は、試行版を提供しています。

―キラリ輝く繁盛店づくり“試行版”のご提案―

 お金を掛けず、短期間の取り組みで,誰でも「繁盛店への道」を切り開くことが出来る。
 当社が開発、全国各地で取り組まれている方法を思考してみませんか。

 商店街活性化とは、空洞化に悩む商店街を“存続可能”にすることです。
そのためには、まず、立地している個々のお店が存続可能になる=繁盛することが不可欠ですが、これまでのレベルの取り組みでは既存個店の繁盛実現は不可能です。
 当社は、全国の有志商店街の皆さんとの協働で、お金を掛けず、すぐに出来ることからはじめて短期間で繁盛店への道を切り開く方法を確立しました。
既に大分県、山梨県、福岡市などで取り組まれ、成果を挙げている画期的な方法です。

 このたび、「キラリ輝く繁盛店づくり」を広く普及させることを目的として、“試行版”を作成しましたのでご案内いたします。
商店街活性化は、地元に入ってきた所得を地域内で循環させ,新しい当市へ結びつけるという「循環型地域経済」を再構築する上でも不可欠の課題です。
この機会にぜひ試行に取り組まれ、商店街活性化への確実な方法と方向を獲得してください。


―キラリ輝く繁盛店づくり・試行版 実施要領―

1.趣 旨
 商店街活性化の真の目的=商業集積としての持続可能性を再構築するためには、既存の個店群から「繁盛実現の可能性」を実証する有志が出現し、ノウハウを確立して商店街全体へ波及させていくことが不可欠です。
 この課題への取り組みを当社は、「キラリ輝く繁盛店づくり」と名づけ、繁盛店づくりを点から線、線から面へと拡大して行くことで商店街活性化の取り組みのメインストリームとして取り組まれることを提案しています。既に各地で大きな成果を挙げており、取り組みが拡大しています。

 しかし、一方では取り組み自体がこれまでに例を見ない内容であるため、採用にハードルが高いという声が聞かれるのも事実です。
このたび提案する「試行版」は、このような状況にある皆さんに気軽に
体験してもらい、その方法と方向、実効性について確認された後、あらためて
本格的な取り組みに向けた同意形成に進むためのステップとして活用していただく
という趣旨で提案するものです。 
  
2,実施内容
(1)講 義
  ①テーマ:
   講 義『商店街活性化を牽引するキラリ輝く繁盛店づくり』 3時間
  ②内 容
   〇商店街活性化、実現への方法と方向
   〇今、商店街が活性化可能なこれだけの理由がある
   〇キラリ輝く繁盛店づくり・10原則
    お金は掛けない、計画は立てない等
   〇お客に見える店づくり 「見える・化」三段活用
   〇明日から着手する繁盛店への道
   ※先行事例をPDFで多数紹介します。

(2)臨店指導:
  ①内 容
   〇有志個店に対する臨店指導 5~10店舗 1店舗あたり約1時間  
  ②実施要領
   〇取り組みを希望される有志個店を訪問、納得してすぐに着手出来る課題を現場で指摘、改善策を
    提案します。 
   〇業種やお店の規模を問わず、誰でも取り組めて成果を得られる提案です。

3.所要経費(当社向け)
(1)謝 金:15万円 (1泊2日 16時間)
(2)旅 費:〇交通費:JR九州武雄温泉駅発着 実費 
     〇宿 泊:@10,000円
 ※経費負担が厳しい場合は、別途、支援施策を併用した開催をお奨めします。
 ※詳しくはメールでお問い合わせください。

4.受託期間
 平成25年1月~3月

以上―

 キラリ理論のエッセンスと臨店指導を実地に体験、評価できる機会として提供します。キラリの本事業は、県や市町村、指導団体等の共催で取り組まれる事例が増えています。
しかし、現場を担当されている人から、ぜひ取り組んで見たいが,関係各方面と問題意識が共有出来ていないため、予算が確保出来ず、実現のめどが立たない、という声も寄せられています。

 ご承知のとおり、当社は“キラリ輝く繁盛店づくり”は真の意味での商店街活性化の王道だと確信しており、その普及は当社の存在理由であると考えています。

 つきましては、このたび「キラリ輝く繁盛店づくり・試行版」について、簡単かつ最小限の経費負担で試行したいただくシステムを提供することしたものです。
商店街の皆さんが“物は試し、やってみるか”と合意されれば、障碍無く実現出来る方法です。

 興味のある方はメールでお問い合わせください。

 なお、この間当社とおつきあいのある皆様には別途ご案内する予定ですが、あらかじめ、資料請求いただくと有り難いです。

 よろしくご検討ください。

「キラリ」から「イチゴ」への跳躍

 当社流商店街活性化への道の中核を担うのはご承知のとおり、“キラリ輝く繁盛店づくり”ですが、いうまでも無く“キラリ”は活性化実現の可能性を実証する第一歩でありまして、キラリ参加店の初年度の実績実現だけで“活性化に成功しつつある”ということにはなりません。

 個店レベルでは。
「キラリ」で繁盛店への道を確信したら,次の段階は「イチゴ(3年以内に売上規模を1.5倍にする)」への挑戦です。イチゴ段階は、キラリの延長(=繁盛5原則や見える・化)の取り組みでは達成出来ません。
「繁盛5原則」はスタート時点限りの方法であり、見える・化」は大変重要な経営技術の一環ですが、これさえ実行すれば持続可能な経営が実現するというものではありません。

 「所期貢献」を定義し、トップダウンで店づくり三点セットを構想し、現状と照合して問題点を体系的に掌握、改革改善に計画的に取り組んではじめて「イチゴ」に接近することが出来ます。

 キラリ段階の成功体験でイチゴへの道を切り開いて往くことは、不可能ではありませんが大変難しい。これまでに成功した人(3点セットの店づくりの改革に取り組みながらキラリの伝搬をする)は、3年間キラリ事業に欠かさず参加するなど、他では考えられない取り組みをされています。

 イチゴが達成されないと、これからキラリに参加してくる(参加を勧誘する)仲間を増やし、成果を挙げながら取り組みを拡げていくことは出来ません。
このことは、点から線への展開の取り組みを考えてみればすぐ分かることですが、一部では、キラリ即イチゴ、仲間を増やして自分達が指導していけば万事上手くいくと思っている人たちもいますが、さて、どうでしょうか。

 当社はあらかじめそういう単純な発想が出てこないよう、留意しながら取り組みを進めてきたつもりでしたが・・・。

 キラリで勉強は終わった、と思っている人は,もう一度テキストを読み返していただきたい。
イチゴへの道にはあなたが理解していないことがたくさんあることにあらためて気づくはずです。

商店街活性化ー持続可能性の核心は顧客の創造

 商店街活性化とは空洞化への道をたどりつつある商店街に所要の施策群を体系的・計画的に施すことにより、商業集積としての商店街を存続可能とする諸条件を作り上げることです。

 一般に商業集積が存続するためには,不断に顧客を創造し続けることが必要です。ショッピング行き先として顧客から受けられない、お客の愛顧を得られない商業集積は,中長期的には存続することが出来ません。

 商業集積は存続するためには顧客を創造し続けなければならない。しかし、愛顧客といえども、そのニーズは日々新たなり、ショッピング行き先の陳腐化を許すものではありません。陳腐と評価したとたん、店離れ、新しいショッピング先の探索が始まります。

 商業集積が顧客を創造し続けるためには、“新陳代謝”が必要です。商品・品揃えが変わり、サービスが変わり、売り場が変わり、常にテナントミックスの最適化が追求すれている・・・、これが持続可能性を持っている商業集積の態様です。

 こんにち、商店街立地の多くのお店は、来店客数の連続的な減少という負のスパイラルに陥っています。ご承知のとおり。
その根本原因は、現代的な消費購買行動に対応して売り場ミックスを改革することが出来ないところにあります。
この原因は多くの個店・商店街に共通しており(集客イベントで活性化を実現できると考えている商店街はすべて)、さらに、困ったことに多くの関係者はこのことを理解していません。
商店街ぐるみでの売り場のお客とのミスマッチが生じているのに、そのことに気づかず、その結果間違った活性化策に取り組んでいる、というのが全国ほとんどの商店街が陥っている隘路です。

 商店街活性化とは商店街の商業集積としての存続可能性を再構築すること、個店~街ぐるみの新陳代謝を可能にし、ショッピング客の再評価を獲得すること、一言で言えば“顧客の創造”ですが、実現するには個店・テナントミックス・街全体の“存続可能性の実現”を共通の目的とする取り組み再構築が必要です。

 「商業集積としての持続可能性」という目標に想到していない皆さんがこの可能性を実現していく道筋を構想し、実践を構築していくことは大変困難ですが、それはいうまでもなく商店街活性化という問題解決の困難そのものであり、他に安易な道はありません。
採用すべき方法と方向としては、ウエブ上で見る限り、当社が提唱する「キラリ輝く繁盛店づくり」以外には見当たりません。
キラリの提唱に共感される皆さんは、一日も早く実践への道を切り開いていください。

 当社は、多くの商店街が実践に至る経緯を支援していますが、右から左にスタートできたところはありませんし、行政の担当者さんがその気にならずにスタートできた例もきわめて少ない。まずは最前線を担う担当者さんがその気になることが大切です。
最近では視察を歓迎しているキラリもありますから、関係者うち揃って視察するというのも“百聞は一見に如かず”効果的かも知れません。

 実際の取り組みはまず個店レベルの顧客創造から、「キラリ」はその第一歩、「イチゴ」はその第二歩です。
今現在「キラリ」に取り組まれている皆さんは成果発表会まで折り返しを過ぎた時点ですが、着実に成果を挙げています。12月~1月には相次いで発表会が開催される予定、その模様は逐次当サイトで公開できると思います。

 ご質問その他お気軽にメールでどうぞ。

商店街活性化への疑問 5+1

 業界(笑)に新規参入したての人なら抱いて当然の疑問。

その1 四半世紀にわたって取り組まれているのになぜ活性化出来ないのか? 出来ないどころか空洞化はますますひどくなっているようだが・・・。

その2 商店街の活性化って本当に出来るのだろうか? 全国各地、さまざまな条件のもとで取り組まれているのに成功事例が極端に少ないが・・・。

その3 商店街活性化はなぜ必要なのだろうか? 商店街が空洞化して困っている買い物客は少ないようだが・・・。

その4 そもそも商店街活性化とは商店街がどうなることだろうか? ネットで検索しても定義されていないようだが・・・。

その5 商店街活性化は誰の仕事なのか? 中活法では中心市街地の活性化は自治体の責務とされているが・・・。

 というような疑問はあって当然ですが、先輩諸氏の言動にはまったくそれが感じられない。ただ、シュクシュクと補助金を流すだけ、というところもけして少なくありません。
ネットで検索すると、ご承知のとおり当サイトを除けば,これまでの取り組みに対する疑問はほとんど語られていません。

 したがって、次の疑問も湧いてきます。

その6 どうして商店街活性化の取り組みはこんな様相になっているのだろうか? 毎年行われている「行政評価」(事業仕分け)における指摘は個別の取り組みには反映されないのか・・・。

注:経済産業省 平成24年度「行政事業レビュー」
「戦略的中心市街地商業等活性化支援事業補助金について」

 これらの疑問に答えるには、これまでの商店街活性化の取り組みの総括とあるべき活性化の方法と方向、そもそもなぜ商店街活性化は必要か、といった根本的部分について明確な考えを持っていることが不可欠です。

 これらの疑問が提起されていない状況は何を意味するのか? これらの疑問が論議さえされていないのは、これまで活性化に取り組んだ来た皆さんは、根本部分についてしっかりした考えを持っていない、それどころか考えが必要だということさえ分からないまま,活性化事業に取り組んでいる、という状況にあるのでは無いか?
という疑問さえ出てきますね。

 さて、ということで疑問山積の新規参入の皆さんのために、商店街活性化に関する疑問5+1に対する回答を考えてみます。

掲示板【商店街起死回生】 

キラリ輝く繁盛店づくり、年中無休の取り組み

 キラリ輝く繁盛店づくり、目下、7つの商店街・都市で取り組まれており、これからさらに3個所でレベルアップ事業がスタートします。
取組中のところはいずれも意慾旺盛、着実に成果が現れており、近隣のお店への伝播も見られます。

 点から線、線から面への繁盛伝播を目的とするキラリの課題は、事業が終わった後に明らかになります。

 自分達の力で実証した「活性化への道」、実践したお店はそれを確実に「店づくり」に定着させること。後に続く有志店舗の実践を支援すること。
一言でいえば、キラリの実践を深化させ、点から線、線から面へ拡充していくという本来の取り組みを日々の商いのなかに定着させること。

 事業として取り組んだ初年度のキラリ、次年度からは日々の営業活動として,それも拡充的に取り組まなければならない。可能性は実証したが、『コンセプト主導の店づくり』はまだこれから。所要の座学と臨店が必要ですが、限られた時間と期間で取り組むわけですから、キラリの履修者の中から指導者を選抜育成してその後でじっくり取り組むということにはなりません。

 指導者を確保することは重要な課題ですが、一方、実際の繁盛店づくり~商店街活性化を具体的に推進拡大していくことはそれ以上に重要です。
商店街の現状は自前の指導者が育つのを待ってくれるとは限りません。

 自分の店でキラリを実践できた人が他のお店にその実践を伝えることが出来るとは限りません。目に見えるレベルの「見える・化」は指導出来ても、商売全体の見える・化の指導は出来ないかも知れません。これは、まちづくり会社などの関係者でも同じことが言えます。

 お奨めは、キラリ輝く繁盛店の取り組み―座学と臨店―を拡充しながら,そのプロセスで指導者を育成する、という方法です。

 キラリの取り組み、初年度は「キラリ輝く繁盛店づくり事業」で約半年の取り組みですが、2年目からは「通年無休」の取り組みにすることが必要です。半年間取り組んで後の半年は自主取り組みの繰り返しでは効果が挙がりません。
キラリは進むか退くか、現状維持はありません。

 初年度は半信半疑という状況だったこともあり、時間を区切っての取り組みでしたが、2年目からは通年で間断の無い店づくりへのチャレンジにしなければならない。
しかも、惰性に流れないよう、メリハリのある取り組みにしていくこと。

 キラリ輝く繁盛店づくり、成果を挙げた商店街・都市は2年目(あるいは新年度)の取り組みとして、「通年・不断のキラリ輝く繁盛店づくり」を計画すべきです。
お客さんは事業計画などに関係なく,日々、来店してショッピング、その都度店づくりをチェックしています。そのたびにお金を払って「学習」しているお客さんに張り合って「ショッピングの場」を提供し続けるには「日々・不断」のキラリ実践が不可欠です。

 キラリの取り組みを中断するとお店は間違いなく退化します。
そのうち、キラリの5原則、10原則なども次第に薄れてしまい、「見えない」お店に逆戻りする可能性も否定出来ません。

 次年度をスタートに「通年・不断の取り組み」をお奨めします。キラリにゴールはありませんが、実顕店が輩出して街全体の主流を形成し、指導者=タウンマネジメント担当者が確保出来るまでおそらく3年位は要すると思います。
キラリを導入して所期の成果を得た商店街・都市は取り組みを強化、「3年間、通年不断のキラリ輝く繁盛店づくり」を目指すべきです。

 2年目の取り組み、参加者の負担=努力を1年目よりも軽減するようでは話になりません。初年度の取り組みはキラリの導入編、ラグジュアリィショップへの転換は2年目からが本番です。
皆さんご承知のこととは思いますが念のため。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ