FC2ブログ

繁盛店vs“キラリ輝く繁盛店”

 両者は明白に異なる概念でありまして、特に商店街活性化の関係者にあってこのことを十分理解しないまま混同するととんでもないことになります。皆さんすでにご承知のとおりですが、中には十分理解しておられない関係者・支援専門家も散見されますのであらためて説明しておきます。

繁盛店(以下「A」)とは:
 個店の業容・規模・立地・人材など、固有の条件を活かすことで顧客の支持を得ている、または得ようとしている小売店

キラリ輝く繁盛店(以下「B」)とは:
 個店の業種業態・規模・立地・業績などに関係なく、“商店街に立地する中小小売店はこうすれば繁盛できる”という方法と方向を理解し、採用した結果、繁盛しているもしくは繁盛への道を歩み始めている小売店

 如何ですか。両者の違い、はっきりしていますよね?
前者は商売の中身で繁盛を実現しているのに対して、後者は商売の「あるべきかたち」の実現を目指す、すなわち“形式”から入ります。内容と形式、この違いは大きい。

 商店街全体の活性化を上位目的として取り組まれるキラリ輝く繁盛店づくりは、
“商店街立地の中小小売店は、こうすれば繁盛できる”
と「繁盛への道」を提唱し、実践を指導支援します。
つまり、業種業態、企業規模、店舗面積、業績、人的能力などに関係なく、“繁盛への道”を歩くことが出来る、というわけです。これはきわめて画期的なことです。

 オンリーワンを目指す、他にはない商品を売る、一店逸品、店主の個性を売る、等々、これまで流布している「商売内容」を問題にする、「いかにも」な取り組みとは違います。その気にさえなれば誰でも繁盛店になれる、これが「キラリ輝く繁盛店”なのです。

 なぜ、こんなことがいえるのか?
実際に取り組んだ人たちの中から繁盛店が続出していますが、キラリ輝く繁盛店づくりはどうして人々をその気にさせるのか?

 といった話は、長くなりますのでまたそのうち。

なお、目下のところ、“キラリ輝く繁盛店づくり”を指導支援する専門家はきわめて限られており、家計各方面ではその確保が喫緊の課題になっています。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ