FC2ブログ

おかざき商人塾#5.6講

第5講 接客サービス・購買支援
第6講 ショッピングモール視察

 臨店指導の合間に、再開発ビルシビックのテナント5店を訪問、指導しました。いずれも婦人ファッション、いずれも松坂屋の閉店に伴い、同店から移転してきたお店です。

 共通する悩みは、新旧立地の店前を通る客相の違い。
当ビルには、従来からのテナントと中心市街地から撤退した松坂屋など大型商業施設からの移転組の混成、ビル全体としてのターゲットは定まっておりません。百貨店客相と量販店客相と雑居物販ビル客相・・・。
“中小小売業の競争力の根幹”である“業種揃え・店揃えの最適化”は望むべくもありません。

 あれこれと愚痴の材料には事欠きませんが、自助努力をもって繁盛を作り出す以外に選択肢はありません。まずは各店が自助努力をもって愛顧客を増やすこと=キラリ輝く繁盛店への変身に取り組み、点から線・面へ、取り組みを普及させていく以外に活路はありません。
幸いなことに5店舗は2階フォロアーの半分を占めており、集積効果を実現出来る条件を持っています。

 短時間の提案でしたが、各店ともよく理解されました。
店頭の指導についても納得、さっそく着手されるところが多く、やがてスタートする本格的な取り組みが待たれます。

 夕方からイオンモール岡崎のストアクリニック。
終了後、懇親会を兼ねた反省会。皆さん、いろいろと収穫があったようです。特に、“自分らしく”と“人並み”の使い分けについては、あらためて自分の日頃のライフスタイルに照らして納得されたようで、店づくりにいっそう確信が深まったことと思います。

 消費購買行動のセルフ化には、当時の商店街の接客の陳腐化も影響していると考えられますが、以来、セルフ愛好客相は“あるべき接客”、“接客らしい接客”を体験したことが無いかも知れません。接客=陳腐な昔ながらの売り方・買わせ方、という認識があるのかも。

 これを払拭することも繁盛店づくり・商人塾や個店経営研修事業の大きな課題です。

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ