FC2ブログ

「代筆業」に明日はない

 「都市計画」関係のプランニングを業とする人たち。
特に、商業活性化、中心市街地活性化に関するプランニングの支援にあたる人たち(以下「プランナー」)の多くは、都市計画の上位概念・都市経営や商業に関する知識に乏しく、事業主体の基礎体力・経営資源の現状を基礎に活性化実現への「方法と方向」・「シナリオ」を構想・提案するという任務を果たすことが出来ない、という致命的なスキルレベルにあることがこれから急速に暴露されることになります。

 従来、プランナーが担当してきた商店街・中心市街地活性化の取り組みにおける業務とは、事業主体・関係者が思いつくあれこれの事業案を中活法・基本計画のフォームに配置すること、配置するにあたって案を「専門用語」を用いて書き換えること、でした。なんのことはない、代筆業ですね。

 先日も書いたところですが、このようなプランナーさんたちの仕事ぶりに対して不平不満を開陳する事業主体が多くなっているのではないか、というのが当社近年の感触です。

 上述のとおり、従来、活性化に関する計画は、補助制度を活用するための要件整備、“補助金申請の添付書類としての上位計画”という位置づけで作られていました。
作りたい施設がある・補助制度を活用したい、基本計画を作らないと利用出来ない、それ作れ、というわけです。
プランナー選定の基準は、これまでに基本計画を何本作ったか、ということ、作成業務経歴が豊富=補助制度を活用できるノウハウを蓄積しているから、ということでした。

 けして“「活性化の方法と方向」についての蓄積が豊富”ということでは無かったですよね。
何しろ、施設を作れば来街者が増え・通行量が増え・街は活性化する、という思惑でしたから、プランナーへの期待は「補助制度が利用しやすい計画を作ること”でよかったのです。

 集客施設を作り、街区の設備・景観を整備すれば来街者が増える、来街者が増えれば売り上げが増える、という思いこみですから「商業機能の活性化」「業種揃え・店揃えの最適化」などという基本概念は立て前だけ、「補助制度の活用」さえOKなら自動的に街は活性化する・・・。
もちろん、プランナーは「基本概念」についてなんの知識も持ち合わせていませんし、その必要性すら感じて小間せんでしたが、それでOKだった・・・。

 ところが。
今や、“通行量がすべてを癒す”、“街を活性化したかったら通行量を増やせ、そのためには何でもいいから集客施設を建設せよ”というプランナーさんたちお得意の「活性化への道」は全国至る所(計画された数だけ)で挫折しており、それに伴い、プランナーの基礎体力を疑う声が高まりつつあります。

 従来の取り組みの全国各地ので挫折を踏まえた事業主体は、これから“繁盛する中心市街地”の実現を目指して計画の見直しに取り組みむわけですが、この時、発生するプランニング業務に従来的「業務経歴」を誇るプランナーさんたち、もっぱら代筆能力を売り物にしてきた彼らの出る幕はありません。
業務を委託するには所要能力と基礎体力の間のギャップが大きすぎ、とても発注する気になれない、という事業主体が増えてくることは確実です。

 このギャップに気付いたプランナー、個人&組織は、既に新しい能力の確保に勤しんでいます。
しかし、残念なことにこういう傾向はまだまだ少数、大勢は旧態依然、相変わらず施設を作って人を集めることが活性化だ、という思いこみから一歩も抜け出せないまま、その頭のなかには、活性化は依然として「施設を作ること」=土木建設プロジェクトという図式が牢固として居座っています。

 プランナーさんたちが、“活性化とは土木建築プロジェクトのことではない”と気付く日が来るのでしょうか。
気付いても気付かない振りをして従来的プランニングに終始する人もありそうです。それというのも本当の「活性化への道」を構想するとなると、従来培ってきた彼らの基礎体力では如何ともし難い問題の解決法をを提案しなければならなくなるが、もちろん、彼らには手も足も出ませんから。

 それでもしばらくは事業機会にありつけることでしょう。
なんといっても適切な支援スキルが圧倒的に不足していますし、事業主体の中にも「旧態依然」という人たちがいることも事実ですから。

 しかし。
 明日にも新しい「実践可能な活性化への道」を提案するプランナーが現れる可能性が生まれています。
既存のプランニング業界の異端児か、はたまた異業界からの参入か、いずれにしろ。問題情況と既存の基礎体力にギャップがあるとき、それは新しい事業機会を意味することはマーケティングの常識、誰もやらなきゃ俺がやる、という支援スキルが登場するのは時間の問題です。
 必要な理論的な基礎は、既に当サイトなどが提唱しています。

 いったん、こういうスキルが登場して「活性化への道」を提案、実現へのチャレンジが始まり、成果が可視化されてくると、これまでの代筆業的プランニングへの需要はお終いですからね。

 ということで。
活性化のプラニングを業とする皆さんにはこれまでとは様変わりした事業領域の情景が眼前しています。これはしかるべきキャップランプを装備していないと見えない情景かも知れず、皆さんには“見れども見えぬ”情景かも知れません。

 が、いずれにせよ、従来的・代筆業的プランニングスキルが通用する時代は終了間近です。ひょっとして終了しないと肝心の事業主体の方が危ういことになりかねません。

 プランナーさんたちを含む関係各方面、みんなで、一刻も早く「代筆業」が淘汰される環境を作り出す、代筆業が成立する土壌を変える、という仕事に取り組まないと、肝心の活性化すべき対象そのものに後がありません。

 新しいプランニングのプロセスは同時に「代筆業」を淘汰していくプロセスになることが不可欠です。
新しい問題情況に、事業主体、プランナー、その他関係各方面の対応姿勢が問われています。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ