FC2ブログ

理論無き実践は「自滅への道」

 商店街活性化。
商売繁盛には店前通行量を増やすことがカギだ、ということで、市街地の整備改善から始まって「都市機能の増進」「住む人来る人を増やす」といった施策に取り組まれてきたわけですが、それらの施策は
“商業を活性化するためにはこれらの施策が必要だ”ということがきちんと論証されていたかといえば、そんなことはありません。
すべての「活性化策」がまったく、何の説明もなく、「商業活性化策」であるというタイトルだけ、説明抜きで計画され・取り組まれてきたわけです。今現在も取り組まれています。

 商店街が空洞化したのは何故か?
きちんと説明しなければならない。
 どうすれば活性化できるか?
施策を講じるにあたっては、“この施策に取り組めば商店街は活性化できる”ことをきちんと説明しなければならない。

 既存の中心市街地活性化基本計画でこのような条件を満たしているものはありません。
どうしてそう断言できるか?
「説明」するためには「小売商業の一般論」が必要不可欠ですが、既存の全基本計画は「理論抜き」で作られていますからね。

 さて、キラリ輝く繁盛店づくり、いうまでもなく個店経営研修事業のテーマです。
商店街立地の中小小売業のうち、繁盛したい!という意欲を持っているものを
・業種業態不問
・企業形態不問
・店舗規模不問
その他モロモロの特性は一切不問、この方法と方向で取り組めば繁盛を実現することが可能であり、かつ、これまた意欲さえあれば仲間の店の繁盛づくりのお手本になる。
というのが「キラリ繁盛店」です。

 これを作るには、「小売商業の一般理論」を修得することが不可欠です。上記一連の条件において繁盛を実現する・追随参加してくる他店のお手本になる、という条件を果たすには理論は絶対不可欠です。
takeoが講師を務めるところでは、臨店指導と相まって理論講習を実施しています。理論を共有しておかないと「臨店指導」は出来ませんからね。

 もし、理論抜き・表面的な「店いじり」で繁盛が実現できる、その成果を商店街に拡散することが出来る、という人はその根拠を参加者に説明しなければならない。
キラリ繁盛店づくりは、参加個店の繁盛だけではなく、「繁盛する方法」の商店街への普及~商店街活性化の突破口です。

 「理論」抜きで“街ぐるみ繁盛への道”を構想できるものかどうか、一度じっくり考えてみてください。
“業種業態を問わず、百縁に取り組めば商売繁盛”などの没理論の取り組みは、取り組んでいる間中、「理論修得」のチャンスをものにできません。
いつまで取り組んでも「繁盛への道」には至らない「商店街自滅への道」です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ