FC2ブログ

商店街・中心市街地活性化の政治経済的意義

 全国各地、ほとんどの市町村で民間~行政挙げて取り組まれていますが、その意義はなにか? とりわけ政治経済的な意義はどこになるのか、ということについてはあまり語られていないようです。
おっとその前に、そもそも商店街活性化とは商店街がどうなることを意味するのか、ということについての共通理解もないという現状を考えれば、むべなるかな、という気もします。

 だがしかし、長年に渡って展開してきた取組について「見直し」が必要になっている今日、従来のような“うちでは特段なにも考えないで事業をしているが、全国共通の取組、きっと他ではちゃんと考えて取り組んでいるのだろう”といった思いこみでの取組からはこの際、キッパリと絶縁しなければならない。

 これは都市の行政をはじめとする関係者に限らす、これまでの取組を支援してきた「専門家」にも共通する戒めです。だって、専門家が問題情況をしっかり理解していて、適切に指導すれば、全国津々浦々にいたる取組のほとんど全部が見直しが必要になるという事態は起こらなかったはずですから。

 見直しにあたっては、あらためて、今まで考えたことの無かった「商店街活性化の政治的・経済的な意義」について、しっかり理論を構築しておかなければならない。
「見直す」と言ったとたん、“どうしてまたしても商店街か”とか“今度は成功する、という保証を示せ”といった疑問・要望が寄せられることは明白ですから。

 商店街活性化。
端的にいえば、商店街の「買い物の場」としての賑わいを、その全盛期とはまるで異なる条件の下であらためて作り出そうということです。“買い物の場として商店街を再生する”これが商店街活性化の簡単な定義、紛れようがないですね。

 これに取り組み、実現することがなぜ行政の政策課題になるのか?
一説では過去に投資したインフラを活かすため、だそうですが、何のことやら、成算のない逐次的投資をいくら続けてもお金と時間の無駄に終わることは全国各地でイヤというほど経験済み、もっとちゃんとした・前向きの・意義がないと話になりません。

 民主党は「地域主権」というなんだか生煮え的スローガンを掲げていますが、地域主権=都市の自律的経営と考えたとき、商店街・中心市街地活性化は、なぜ喫緊に成果を挙げるべき課題と位置づけられるのか?

 中心市街地活性化の理論的・政策的必要性について。
ちゃんと理論武装しておかないと、せっかく計画の見なおしヲ思い立っても従来の計画と表紙を変えるだけになってしまいかねません。

 皆さん、キッチリ装備してくださいね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ