FC2ブログ

活性化論議の低調 さ

 内閣府のフォローアップ事業の総括が6月末に報告されて以来、中心市街地活性化をめぐる議論はどうなっているか?

 ふと思いついてチェックしてみましたが、寂として声無し。
報告をあげた各都市においても、報告したらそれで一件落着、通常業務を整斉と進めるだけ、というスタンスのようです。
せっかく年に一度の報告をまとめる機会ですから、これを機会に改めて“中心市街地の活性化、本当にこの路線でいいのか?”ということまで含めて議論を進化させて欲しいものですが・・・。

 と思いつつ、あらためて考えてみれば、もともと、中心市街地・商店街活性化をめぐる「公共討論の場」はどこにも設定されておらず、全国・全都市共通の政策課題であると銘打たれているにも関わらず、総理大臣がそれぞれの都市の計画を直接認定する、という仕組みまで有りながら、取り組みは各都市ごとに孤立しており、その実体は外からは伺い知ることが出来ない。支援に当たるシンクタンクその他も固有の立場を公開していない、という奇妙な状況が続いています。

 一人、当サイトだけがシャカリキになって、あ~でもない、こ~でもないとぼやいているだけ、という状況が旧・整備改善活性化法当時からずうっと続いています。

 この際、関係各方面は、関係者が集い、議論し、ヒントを得る交流の場を提供することをお考えになったらどうでしょうか。
㈱全国商店街支援センターさんなど如何ですか?

論議が低調な理由はいろいろあると思いますが、ここで提起したいのは、論議の前提となる「理論」が装備されていないと言うこと。一般に「社会問題」は、“みれば分かる”というものではありません。適切なキャップライトを装着し、そのスイッチをONにしてはじめて「問題」が理解され、そのイメージが脳内に定着します。

 イメージが定着することではじめて問題及びその周辺の状況が理解され、「伝達可能」になります。
議論が成立するためには、
1.問題が理解され、イメージとして脳内に定着している
2.問題情況がイメージを中心に整理されている
ということがないと、議論=言葉によるキャッチボール、は起こりようがありません。

 活性化をめぐる議論が低調な理由の一端は、まさにこの“問題が関係者の脳内に「イメージ」として定着されていない”ということにあるのではないか?

(※ 人がある対象に対して持つイメージは、脳内・理論作業を経てはじめて形成される、「理論的産物」です。なにやら、非理論的・感覚的なレベルの話だというニュアンスで語られることが多いのですが、本当は主体の全経験を踏まえた理論的存在です。早い話、あなたが理解していないことについてイメージを持つことが出来ますか?)

 というように思いついて周囲を見回すと、もっと大きな「地域主権」というテーマもありますね。
はて、中心市街地活性化程度の問題に手こずり、議論さえ出来ない状況の都市が「地域主権」に取り組む?
その結果は容易に想像できるのではないでしょうか。

 当社のご提案:
 地域主権が日程に上る前に、「中心市街地活性化」の再構築に取り組むこと。
これを軌道に乗せることが出来れば、「地域主権」への展望が開けます。軌道に乗せられないまま、主権問題に乗り移ると状況がさらにぐちゃぐちゃになるだけです。
問題は、生活環境単位、経済単位としての都市を如何に経営するか、ということ。その体制が構築されなければお金の新しい・有効な使い方はどこからも出てきません。

 スタートは、活性化をめぐる論議を活発にことから。
単に「公共討論の場」を設けるだけでは不十分、議論に必要な理論及びそのイメージ化という作業をどう進めるか、このあたりについての考察・検討が必要のような。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ