「活性化」の真偽を分かつもの

★中心市街地活性化法付則

第二条 政府はこの法律の施行後五年を経過した場合において、この法律の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果について所要の措置を講じるものとする。

 改正されたのが平成十八年でしたから、来年が五年目、果たして見直しはどうなるのか?

 昨年度のフォローアップの結果はまだ発表されていないようですが、各認定基本計画の進展/当該街区の情況はどう総括されているのでしょうか。この期に及んでもやはり“順調に進展しており、目標は達成可能である”という見通しが根拠もなく報告される、というのはあってはならないことだと思いますが。
まさか、ですよね。

 目標である商店街の来訪者・通行量の現状及び招来見積がどうなっているにせよ、商店街を構成する個店群の業容の劣化、したがって業績の低迷下落という趨勢が止まっていない、それどころかほとんどの中心市街地でさらに加速中であることは間違いありません。

 何しろ、これまで商店街を追いつめた元凶と目されてきた大型ショッピングセンターをはじめとする郊外型商業さえも
「陳腐化」の波に呑みこまれようとしています。
事態をまじめに見るならば、来年度、法律の見直しは必至です。

 とするならば、これに備えて、
①これまでの取り組みを総括する
②新しいパラダイムに則ったスキーム作りに着手する
というのが今年度特に注力しなければならない仕事ではないでしょうか。

 この取り組みは上記のように、①これまでの総括~②新しい取り組みの方針 という流れで取り組むべきと考えられがちですが、実際は、そうではありません。
新しい方針が決まらないとこれまでの総括は出来ません。

“富士山に登らないと山頂からの眺望は見ることが出来ません。”
大事なことですからキモに銘じておきましょう。

 「総括」に取り組むには、
①商店街という都市機能の基本は何か
②今、それはどうなっているか
③活性化するためには何が必要か
といった「取り組みの基本中の基本」についてあらためて「視点」を作り、そこから現状を見る、ということが大切です。

 この「視点」は、これまでの取り組みをどう反省してもそこからは出てきませんからご注意。
「視点」が変わらないままではいくら「総括」しても、“総括が必要になっている情況”から脱出する方策は見えてきません。
“富士山に登らないとその頂上からの景観は見られない”
多くの都市が取り組んできた「診断助言事業」なども例外ではありません。いくら専門家を導入してもその「視点」が基本計画と同水準なら、出てくる「提言」も同じレベル。

 考えて見れば、“もはや商業活性化施策だけでは中心市街地は活性化できない”という総括に基づいて改正された中活法のスキームによる取り組みも、これまで取り組まれてきた商業活性化施策が“周辺事業”である、という視点を欠いたため旧法のレベルを突破することが出来ないままです。
(一部、新たな視点を獲得、突破を目指している事例もあるようですが)

 さて、標題について。
商店街・中心市街地活性化の真偽を分かつものはなにか?

 簡単でありまして。
“活性化の取り組みが必要な情況が改善されているか?、改善に向かっているか?”を見ればよい。
それはどこに現れるか?

 もちろん、活性化しなければならない状況に陥っている商店街、そこに立地する各個店の店主の表情に現れる。いうまでもありません。

 商店街が活性化に向かっているかどうか。
その成果は各個店のたたずまい、とりわけ店主の「顔」に出ます。
取り組みについて、本音のところが知りたかったら、二、三店、店主さんに話を聞いてみればよろしい。聞ける雰囲気があればの話ですが。
  
 本当に商店街活性化、商業の振興を実現したかったら、一日、一刻も早く「通行量神話」から脱却すること。
商店主の顔を見れば、通行量などに一喜一憂しているときではないことが分かるはずですが・・・、目を逸らしていませんか?

 活性化の取り組みの真偽を分かつもの。
それは“今までの取り組みの「至らなさ」がどう総括されているか”ということです。
どう「至らな」かったか、ということがちゃんと認識されていないと「本物の・使い物になる活性化」にはほど遠い。

セミナー後の動き

 商店街活性化セミナー(4月24日)からいろいろと新しい動きが始まりました。

 四日市商店街にはさっそく視察の申込みが。
繁盛店づくりに取り組んでいる商店街にとって、視察に来てもらうのは大変有り難いことです。「漸進的転換」に新しい試行を加える良いきっかけになりますし、評価を受けると励みになります。
“視察はお願いしてでも来てもらう”というのが指導部の姿勢でなければならない。もちろん、視察終了後は反省会をば。

 セミナーにお誘い合わせのうえ参加された皆さんは、それぞれ、現場に「繁盛店づくり」が必要だという問題意識を持っておられる人ばかり。持ち場に帰ってからの活動情況についてお知らせをいただいています。
これまで考えていたことを実践していくめどが立ったので本格的に着手するという人。これから関係各方面に一石を投じていく人など問題情況によりさまざまですが、“商店街活性化は繁盛店づくりから”という流れは、間違いなく本流になっていくと思われます。
もちろん、関係者がその確信に基づいて的確に行動したら、の話です。

 当社、これまで以上に積極果敢にお手伝いをして参ります。
メールでの質疑など気楽にどうぞ。なんの負担も発生いたしませんので。

 ※セミナーの模様、写真をアップしました

 ハンディカムも録画しました。takeoの講義部分だけ頒布します。ご希望の方はメールでどうぞ。

みんなで渡れば怖くない?

『田中良紹の「国会探検」』
“みんなで渡れば怖くない”
マスメディアの報道習性について。
「特落ち」さえしなければ良いという習性から、でしょうか「情報評価」がデタラメ。

引用スタート***********
1.この国のメディアは何の根拠もなく政治家や要人の話を信用する。
2.ジャーナリズムとか言って偉ぶっているため、所詮は裏取引の道具に利用されている事を知らない。
引用終わり*****************

 知ってても。みんなで渡れば怖くない。
 
 ひるがえってわが商店街活性化も“どうせどこも成功しないのだから”という思いこみから、他の可能性を探すという努力は放棄して、“みんな一緒の失敗なら”と「先進事例」採用に突っ走る・・・・・。

 しかし、行政はそうはいきません。
取り組めば取り組むほど、空洞化度合いはひどくなるばかり・・・。
“どこも一緒”とはいうものの、“うちの商店街をなんとかしなくては”は、うちが独自で取り組み、なんとしても成功させなければならない政策課題のはずです。

意識変エルナ、店変エヨ。(何ちゃってコトバにご用心)

 商人塾の合い言葉です。

商店街・中心市街地活性化の取組で必ず飛びかうのが「意識改革」という言葉。
いろいろ・いろいろ話し合った挙げ句、“やはり意識改革に取り組まないとダメだ”と誰かがつぶやき、そうだそうだとなって会議の幕が下ろされる・・・。
日本中の商店街・中心市街地で年から年中繰り返される光景です。

■何ちゃって語・意識改革
 最近セミナーなどに参加された人はご存じ、当社最近採用の用語に「何ちゃって語」というのがあります。表見、重要な専門用語のように見え、使う人もいかにもそういう態度で語りますが、“それってホントはどういう意味?”と詮索すると、アーラ不思議、たちまち中味が伴っていないことがだれの眼にも明らかになります。
コンセプト、戦略、活性化、商業集積、タウンマネジメント・・・ みんなそうですね。

 こういう言葉に呪縛され、自力思考を失わないことが大事です。
どうしたらよいか? 
とっておきの方法がありまして、こういう言葉を聞いたらその後に“なんちゃって”とくっつけてみること。“コンセプト(なんちゃって)”、“総括(なんちゃって)”というように(笑
 ちなみに「何ちゃって語」が飛びかう会話がbuzz word ですね。


 “意識改革”も立派?に「何ちゃって語」でありまして、
意識改革とは何を意味しているのか?
何のために行うのか?
どうしたら改革されるのか?
どうしたら“改革された”と分かるのか?
その後に続く作業は何か?
その作業は「意識改革」が先行しないと不可能か?
などなど、関連する疑問を列挙してみますと、ついつい“な~んちゃって”といいたくなる。

■意識改革と繁盛店づくり
“意識変エルナ・店変エヨ”
商人塾など当社と協働の取組で「意識改革」という言葉がでてくるのは、この文脈においてのみでありまして、私見では意識改革は商売繁盛の敵、である(笑
ホンキで「意識改革」とやらに取り組んでいる商店街は、日本全国どこを探してもただの一個所も無いはずです。取組はないが“意識改革しなくては”という「合意形成」をしてそこで立ち止まっている商店街はたくさんある。

 商人塾には“繁盛が課題になっているお店は繁盛することが出来ない”という言葉もありまして、だって、繁盛できるならとっくに実現してるはずでしょ。
ということで、繁盛していない・繁盛できないお店・店主さんが「意識改革」すれば、何が・何故・出来るようになるのか? どうしてそんなことが言えるのか?

 ということで、わが商人塾では開講当日からさっそく「店変エヨ」に取り組みます。
意識を云々する前に行動を変える。理論修得に先立って店を変える。
形が変わらないと中味は変わりません。
お店が変わりはじめて、はじめて理論が理解できる。
“コンセプトが出来たら”などと言っている間は、変わることはありません。

 最初は“コンセプト、コンセプト”といっていた人も次第にいわなくなり、ふと見るとお店はどんどん変わっている、というのも良くあることです。

 意識と行動、良く鶏が先か卵が先か、と例えられます。
これはもう、「行動が先」に決まっています。行動して結果が確認されてはじめて「ものの見方・考え方」が変わるのです。
商人塾、最初の行動は“店頭に立て、通りの反対側からファサードを観察せよ、不具合を発見し改善せよ”。
意識を変えたりする時間はありません。

 ここからスタートして「漸進的・動的平衡」的業容転換に取り組んでいくのが繁盛店づくり、行動しながら、行動を通じて「ものの見方・考え方」が変わっていきます。

 ということで。
皆さん、何ちゃってコトバにはくれぐれもご用心、感染予防策は聞くたびに「何ちゃって」と胸中深くつぶやくこと(笑

富士山に登らないとそこからの眺望は味わえない

 商店街・中心市街地活性化の取り組み、停滞久しいところ、「見直し」の必要性が言われ、「総括」が叫ばれています。

 “各般の事業に長いこと取り組んでいるのにどうして成功しないのか?”
このままではダメ、取り組みを見直して「真性・活性化への道」を創造しなければならない、ということですね。

 ところが、やっかいな問題がありまして。
一般に、「見直し」・「総括」という類の作業は、やろうと思えば右から左、すらすら所期の成果を出せるというものではありません。

 それもそのはず:
“これまでなんの疑問も感じることなく事業に取り組んできたアタマ・ものの見方・考え方で、事業の問題点を発見できるだろうか?”
ということです。

 富士山の頂上からの景色が見たかったら、その頂上に自分の足で立たなければならない。
登りもせずにあ~でもない、こ~でもないと想像ばかりしていてもも始まりません。

 物事の停滞や失敗を乗り越えるために行う「総括」にはそれを成功させる「視点」が必要です。
総括が必要になっている事業になんの疑問も感じることなく取り組んできた「ものの見方・考え方」で、これまでの取り組みの不具合を徹底分析、新しい方法と方向を発見する作業のスタートにする、というのは、もっともらしい言い方ですが、ほとんど不可能です。

 「総括」は、新しい「方法と方向」を確保し、その視点をわがものにした後、はじめて有効な作業成果が得られます。
まずはあれこれ考える前に、「立ち位置」を変えなければならない。
象徴的には「通行量増加」から「繁盛店づくり」へ。

 方法と方向を選択しなおすと“これまでの取り組みの不毛性”に否応なく気付くことになります。
アタマ=ものの見方・考え方が従来通りなら、総括の結果はせいぜい、「先進事例こと珍奇事例の導入」といったレベルで終わります。

 いうまでもなく、全国的に紹介される先進事例のほとんどは「イベント」であり、商店街活性化の実現という目標に照らせば、あるべき取組を遅滞させることはあっても一歩でも前進させる効能はありません。
一店逸品とか百円商店街とかはイベントです。

 視点、視角が変わらないと「ものの見え方」は変わりません。
何時になったら有効な総括が可能になる視点・視座の構築をはじめますか?

POP、AIDCA、AIDMA

POPはポップ広告ではありませんからね。

point of purchase:購買時点=売買接点=ある視点でまとめられている売場のこと。

すべて買われていく商品は、売買接点を経由します。
この接点で選択されるかどうかが、各商品アイテムの使命成就を左右します。POPにおけるショッパー(ショッピング客)のアイテム選定行動は、AIDCAですね。古くて新しい言葉。
毎度のことながら、AIDCAプロセスを最初から最後までクリアしたアイテムだけが、数多のライバルの中から選抜購入されます。

 このとき、“ライバル”は同じPOPを構成するアイテムたちだけではありません。流動性を狙うライバルはお店の外にこそひしめいているのです。最強の敵・ラストボスは“何も買わずにお金を取っておく”という選択肢。プロセス中「C」段階のライバルは「店外」にあり。

 “商品は貨幣に恋をする、しかし、その恋路はなめらかではない”(マルクス『資本論』第一編)

 AIDMAも重要。
回遊中にファサード~店内を通りから一瞥、AIDプロセスをクリアして“今度入ってみよう”と脳内ショッピングマップ上に搭載されないと「初回・おためし来店」は実現しません。

 POP理論。
昨日のセミナーで紹介しました。
休憩中の話題では“コロンブスの卵”という評価をいただきました。
POPを軽視すると商売になりません。

売場=POP
個店=POPミックス
商店街=POPコンプレックス
です。

商店街、商業集積の「回遊性」とは、あるショッパーからみたPOPがその商業集積にどれくらいあるかと言うこと。
特定のショッパーにとってのPOPは店舗の枠を超えて集積のあちらこちらに存在する。その間の回遊が「回遊その一」。

回遊=ショッピング=買い物・下見・冷やかし・暇つぶし・好奇
ショッパーは面白そうなら回遊します。
ショッパーをバイヤーに変身させるのがPOPの作り込み。
ですね。

POP、繁盛店づくりには不可欠の視点だと思います。
皆さんも体系を是非追求してください。

「通行量」大好きの皆さんへ。
“何でもいいから住む人・来る人を増やす”路線で頑張っている人は、「住む人・来る人」にAIDMA~入店~AIDCAが成立するまでの「ストーリー」を思い描き、晴れて「お買いあげ」いただくまでの各プロセスにおいて“必要な条件”を考えてみてください。

“住む人来る人を増やす”と「アイテムお買いあげ」を結びつけるには何が必要か?
たまには自分の「アタマ」を使って考えないと“宝の持ち腐れ”で終わるかも、ですね。

セミナー無事終了しました。

   商店街活性化セミナー
  “キラリ輝く繁盛店づくり”
  必ず実現できる方法と方向

日 時:本日午後13時~17時
場 所:電気ビル本館(福岡市中央区渡辺通)
参加者:28名
主 催:㈲クオールエイド
協 力:商店街活性化支援専門家協議会(準)
次 第:
開 会
講義1:13:00~13:40
    『どういう状態になったら商店街が活性化したと
     言えるのか』
     四日市商店街振興組合理事長 安部敏雄氏
※繁盛店を作りだしていく取り組み無くして商店街の活性化は実現できない、ということを実践リーダーもお立場から強く提案してくださいました。

講義2:13:50~16:00
    『キラリ繁盛店づくり』
     ㈲クオールエイド代表 武雄信夫

※【商店街起死回生】コーナーでフォローします。

質 疑:16:10~17:00
    ㈱全国商店街支援センター  野田良輔 氏(個人参加)
    四日市商店街振興組合理事長 安部敏雄 氏
    福岡県中小企業支援センター 立石修 氏
    ㈲クオールエイド      武雄信夫

※繁盛店づくり、小売業の経営革新などに取り組んだおられる人たちに、“これからはじめる繁盛店づくり”のスタートについて語っていただき、質疑を行いました。
活発な質疑が行われ、「繁盛店づくり」という課題が本当に大きくクローズアップされてきていることを実感しました。

 ご参加の皆さん、長時間の受講本当にお疲れさまでした。
明日からの執務に少しでもお役に立つことを念じております。

商店街活性化研究会のご案内

 商店街活性化関係の皆さまへ

           商店街活性化セミナーのご案内


 商店街・中心市街地活性化のスタートであり、同時にゴールとなるのは、商店街が“繁盛店が軒を連ねるショッピングゾーン”へと再生することです。
「住む人・来る人を増やす」、「通行量を増やす」、「イベントに取り組む」、「賑わいを創りだす」、「一店逸品」、「百円商店街」等々、これまで取り組まれてきたすべての「商店街活性化事業」の最終目的もここにあることは言うまでもありません。
しかしながら、ご承知のとおり、これまで試みられたさまざまの取り組みのほとんどが成果を出すことが出来ないまま、いたずらに時間だけが過ぎています。

 こうした中で、昨年制定された『地域商店街活性化法』を枠組みとする取り組みは、「個店レベルでの繁盛実現」からスタートし、点から線、線から面への展開によって、商店街を「繁盛店が軒を連ねるショッピングゾーン」として再生することを目指すものが多くなっています。
既にご承知の「個店経営研修事業」などはその典型です。昨年度は全国20個所の商店街が取り組まれ、画期的な成果を挙げました。今年度はいっそう充実した施策が計画されていることと思われます。

 しかし、現実には困った問題がありまして、“商店街活性化は既存個店の繁盛実現から”という基本方針については、誰もが両手をあげて賛成するものの、では具体的にどういう方法でどの方向に向かって取り組みを推進すればよいのかということについては、ほとんどの組織が確固とした方針を立てるには至っていないと思われます。

  “商店街活性化は既存個店の繁盛実現から”という正しい方針を掲げても、“ではどんな方法・方向で如何に取り組んで行けば商店街から繁盛店を輩出できるのか”ということは別問題です。
現在既に関係者が意識しているか否かに関わらず、実効を追求する取り組みは“既存個店の繁盛実現の方向と方法”を確立しなければならない、という課題に直面しています。

 ご案内するセミナーは、このような問題に直面しておられる関係方面の担当者各位に対して、“有志個店の繁盛づくりから再出発する商店街活性化”の方法と方向を提案するものです。
提案する内容は、クオールエイド社が商人塾や個店経営研修事業などに取り組まれる商店街の皆さんと共に作り上げてきたオリジナル、採用された各地の商店街で成功事例が多く報告されています。

 セミナーに参加されると、商店街の活性化は何故繁盛店づくりからスタートしなければならないか、具体的な取り組み事例も交えて“これなら自分たちでも取り組める”と納得される方法と方向が分かります。さっそくにも商店街をはじめ関係方面に自信を持って提案していただける内容です。

 お誘い合わせの上ご参加くださいませ。

 平成22年4月5日 

                       ㈲クオールエイド   

                       代表取締役 武 雄 信 夫 

----------------------------------------------------------

          商店街活性化セミナー開催要領
 

1.目 的:
  
  隘路に陥っている既成路線から脱却、“商店街活性化=本当に繁盛する個店が軒を連ねる商店街の再生という、
 誰が・どこから見てもまっとうな取り組みを実現するための「方向と方法」を分かりやすく提案し、各商店街の
 取り組みの「起死回生」への資とする。

2.主 催:有限会社クオールエイド
  協 賛:商店街活性化支援専門家協議会(*3)
後 援:実務指導機関等(依頼中)

3.開催要領
(1)名 称:商店街活性化の核となるキラリ輝く繁盛店づくり・必ず実現出来る方向と方法」
(2)日 時:平成22年4月24日(土)午後1時~5時
(3)場 所:福岡市電気ビル(中央区渡辺通二丁目九電本館B2階)
(4)参加者:自治体・商工会議所・まちづくり会社等の商店街活性化担当者、商店街リーダー、各方面の指導者・
  専門家など 募集:50名
(5)参加料:3,000円(資料代・会場借り上げ料)

4.プログラム
■演 題1:商店街が直面する課題
       講 師:宇佐市四日市商店街振興組合理事長 阿部敏雄(*1)
■演 題2:商店街活性化の論理と戦略(キラリ繁盛店づくりから線~面の展開へ)
       講 師:㈲クオールエイド代表 武雄信夫(*2)  
■パネルディスカッション:「新しい取り組み、どう切り開くか」
       参加者:指導機関の実務担当者等(交渉中)

5.問い合わせ・申込み:メールでどうぞinfo@quolaid.com  
  ㈲クオールエイド 〒843-0022 武雄市武雄町大字武雄5598
           TEL 0954-20-1170 FAX 0954-20-1141
     URL http://www.quolaid.com/
------------------------------------------------------------------
(*1)安 部 敏 雄
  大分県宇佐市四日市商店街振興組合理事長。
  当組合は、『地域商店街活性化法』に基づく「商店街活性化基本計画」認定第一号。
  ㈱全国商店街支援センターが展開した「個店経営研修事業」にチャレンジ、全国最短51日間の取組をもって繁盛  店を続出させた。 

(*2)武 雄 信 夫
  有限会社クオールエイド代表取締役
  商店街活性化の方向と方法=「面的活性化の核となる繁盛店=キラリ繁盛店」理論の創発者。加えて最近は小売
  業 =需給・売買接点という視点から業容改革を推進するPOP理論を開発。全国各地で「キラリ繁盛店づくり=  商人塾」や「個店経営研修事業」の講師を務め、成果を挙げている。URL http://www.quolaid.com/

(*3)商店街活性化支援専門家協議会
  九州地区を拠点に商店街活性化に取り組んでいる専門家の緩やかな連携です。
  このセミナーをバックアップしていただいています。

活性化の再スタートは、「方法と方向の共有」から

 商店街活性化、取り組みのリセットが待った無しとなっています。
従来同様の取り組みを漫然と継続していたのでは活性化は不可能であることはもちろん、関係者のストレスはたまる一方です。

 新しい取り組みが必要であることは関係各方面に一致していると思いますが、問題は、要求されている「新しい取り組み」の内容です。
後先も考えず“他では取り組まれているがうちではまだ取り組んだことがない”取り組みを導入するなどというのはもってのほかです。

 採用すべきは、“これが上手く行けば商店街は間違いなく活性化する”と確信を持てる方法と方向を採用することですが、条件があります。
商業者がそれぞれ“自分の商売の命運を賭けて取り組むに値する方法と方向”としての採用を決意する、その判断をくだすために必要な条件が提供できること、です。
商店街のみならず、既存小売業のほとんどが苦況にあえぐ今日、“にもかかわらず、商店街はこうすれば活性化できる”という方法と方向を獲得し関係各方面がそれを共有することが喫緊の課題です。

 関係各方面、特に行政・商工会議所(&まちづくり会社)・商店街組織の三(四)者が活性化実現の「方法と方向」について共有しなければならない。それぞれ役割は異なりますが、“別個に進んで共通目的の達成を実現する”には方法と方向の共有は不可欠です。
 
 これまでの取り組みではほとんど意識されなかった「方法と方向」およびその共有ですが、これが基盤となっていなければ個別事業と最終目的との関連に確信が持てないはずです。取り組んでいる人たちが確信を持っていない事業に他からの理解・協力を期待することはだんだん難しくなります。

 ご案内中の「商店街活性化セミナー」は、以上のような問題提起に賛同される皆さんが「方法と方向の共有」の実現に取り組んでいく最初の一歩となるものです。
趣旨をしっかりご検討いただき、御市関係各方面お誘い合わせてご参加されますよう、あらためてご案内いたします。

※「商店街活性化セミナー」のご案内:

繁盛店づくり 点から線~面への展開

 ㈱全国商店街支援センターの「個店経営研修事業」を検討した人はご承知のとおり、22年度の同事業は、商店街活性化の実現に向けて;
①商店街は立地する店舗の一割が
②繁盛への道を構築すれば
③その波及によって活性化へ向かう
という仮説を立て、その実践として企画されています。
「キラリ輝く繁盛店づくり」とは、この仮説に基づいて取り組まれる実践なのです。

 問題は、この仮説の推進を担保する「繁盛店づくりの論理と実践手法」が開発されているか、ということです。個店の繁盛支援からスタートする取り組みは「繁盛が他店に波及していく=繁盛伝播」について理論的に解明しておくことが不可欠です。

 「通行量」には、増加した(するとして)来街者を如何にして個店の入店客にするかという課題がありますが、他方「繁盛店」にも先行実現した個店の繁盛(するとして)を如何にして他店に波及するか、という課題があるわけです。
これに対する明確な答えが用意されていないと、せっかくの「繁盛伝播の期待=商店街活性化の実現」は期待のまま終わってしまうかも知れません。
公的支援を個店のシャッターの内側だけに終始するのか、という批判への対応も難しい。

 当社的活性化への道;
①有志が先行して“商店街立地の中小小売店の繁盛の可能性”を実証する。
②実証とは“繁盛店はその気になれば誰でも実現できる”ことの実証である。
③繁盛店が増えるにつれてショッピング客の「回遊」が促進される
④繁盛店と回遊の増加は、取り組みが遅れている店舗のチャレンジを喚起する
ということです。既にご承知のとおり。

 主張の背景には当社独自の小売業理論があります。
具体的な内容は今度のセミナーでご披露しますが、われわれは、まず小売業の機能を「需要と供給の結合(POP機能)」ととらえ、実在する店舗・施設を「POP複合としての個店業容・商業集積」ととらえることからスタートします。

 この理解を基礎にすることではじめて「商業集積」がショッピング客に提供する機能、「テナントミックス」が本当に意味していること、などが分かります。
逆に言えば、従来の「小売商業論」では商業集積やテナントミックスの機能は説明できず、なぜそれを充実させるのか、あるいは充実させるとは具体的に何を意味するのか、といったことは理解できず説明不能です。
こういうレベルの「理論」に基づく取り組みではいくら店舗面積を拡げ、テナントを増やしても集積効果を発揮することが出来ません。

 「繁盛店づくり」はその趣旨から、取り組みによって実現した個店の繁盛がどんどん伝播して点から線、線から面へと拡がって行くことが不可欠です。
そのためには、あらかじめ「繁盛店づくり」に繁盛伝播を可能とする条件が備えられていなければならない。
どういう条件をど揃えればよいのか?
 今回のセミナーでは、本邦初、その内容を公開します。

 いうまでもありませんが。
当社提供の商人塾およびtakeoが担当した「個店経営研修事業」はすべて上記の趣旨・条件をもって取り組まれており、ご承知のとおり、取り組みからは確実に繁盛店が続出しています。

 商店街活性化の実現に不可欠の「繁盛店づくり」と「繁盛伝播」に平行して取り組めるのは当社が提唱する小売理論だけ、繰り返しますが、今回のセミナーでははじめてそれを公開します。

 活性化の道筋を理解しているのといないのとでは、取り組みの成功度合いが著しく違います。

 この機会に是非「活性化への道」を修得、御地の取り組みに活用してください。

4月24日 於:福岡市天神
まだ間に合います。

★新スレッドのご紹介:
【商店街活性化コーナー】
「動的商店街診断のお奨め」


診断抜きで活性化計画を立てようとしていませんか?
だめですよ~。

通行量から繁盛店への〈見方・考え方の大転換〉

 多くの中心市街地活性化基本計画では、商業活性化の取り組みの目標として「通行量の増加」が掲げられています。(新法(「地域商店街活性化法」)に基づく商店街活性化基本計画でもおおむね踏襲されているようです。)

 基本計画は毎年その進展状況について“フォローアップ”を行い、結果を国に報告することになっています。昨年3月にはそれが集約されて発表されました(21年度分はまだ発表されていないようです)。
ファろーアップの報告をみますと、多くの都市が“計画は順調に進捗している”“やや遅れているが期間中に目標を達成する見込みである”と自己評価しています。目標=通行量の増加ですから、報告は“通行量増加を達成できる”と考えているわけです。

 一方、商店街をみますと、百貨店の撤退をはじめ中小店舗の撤退、空地空店舗の増加や営業店舗の業績の悪化など、「活性化の進展」とはほど遠い状況となっています。
このことは何を意味しているか?
結論だけ申しあげれば、「通行量の増大」を目指して取り組まれてきた〈周辺事業(簡単にいえばシャッターの外側の事業)〉だけでは商店街の活性化は実現できない、それどころか如何にまじめに周辺事業に取り組み、着々と目標達成に接近してたとしても、劣化・空洞化の進展をとどめることは出来ない。
これがこれまでの取り組みで明らかになった冷厳な事実です。

 考えてみればこれは当然のことでありまして、小売・サービス業の集積という商店街が担っている社会的機能は、消費材・サービスの提供ですから、提供している商品・サービスの内容が現在の消費生活のニーズにマッチしていなければ、どんなに周辺機能が整備されていても、人々は出掛けてきて買い物をする気にはなれません。買って・持ち帰り・生活を豊かにするために用いる材料が提供されていてはじめて個店・商店街が買い物行き先として選択されるのです。
繁盛店とはお客から見てそういう店づくりを実現し、提供していると評価される店舗のことです。

 “もはや周辺事業だけでは商店街は活性化できない、基本に帰って個店の繁盛を目指すべきだ”という声が次第に高く大きくなっています。
長きにわたって孤軍奮闘、一貫して“商店街は物販機能、ものが売れてなんぼ”まずは“売れる個店を揃えるべき”と主張してきた当社にとって主張が陽の目を見る一歩前に来ている、という感じもします。中には“やっとあんたたちの時代が来たね”とねぎらっていただくこともあります。
日ごろ気に掛けていただいてるのはまことに有り難いことですが、もちろん、手放しで喜べる状況ではありません。
「通行量から繁盛店づくりへの転換〉は簡単なことでは無いのです。

 これまで“商店街は通行量があってなんぼの街、通行量がすべてを解決する”と考えていた人たちが、“これからは繁盛店づくりだ”と主張を変えたからと言って、おいそれと繁盛店を作れるものではありません。
あらためて考えてみるまでもなく、みんなで周辺事業に取り組んでいる最中も、個々のシャッターの内側ではなんとか売り上げを確保したいと一生懸命の努力が払われていたはずです。これまでの周辺事業の取り組みは「個店の自助努力+周辺事業」の二人三脚で取り組まれて来ました。一店逸品、百円商店街、その他集客イベントなどはその典型です。

 しかし、この二人三脚は効果を発揮しないまま、今後、事態が好転するという展望もないまま、続けられています。期待に反して周辺事業の成果を個店のシャッターの内側に波及させることはできません。何故か?
個店シャッターの内側には、「周辺事業」の成果を活用する基礎体力が備わっていなかったのです。(したがって、多くの基本計画の自己評価通りに計画修了時に「目標通行量」が実現したとしても、それが「繁盛する個店が立ち並ぶ商店街」を保証するかといえばそんなことはありません)

 これは極めて重大なことでありまして、ここに至って取り組みの優先順位を「繁盛店づくり」へ転換しようとするならば、まず第一に「ものごとの見方・考え方」を根本的に転換しなければならない。“商店街は通行量次第”という考えを了解し、信じていたアタマの中をそのままで「繁盛店」をつくることは出来ません。
 実際にこれまで各個店がトライしてきた結果を視て・考えれば誰にでも分かることではないでしょうか。

 この時期、“商店街という立地において、既存個店を繁盛させる”という目標を設定し、これを実現しようと考えるなら、まず、新しい「ものごとの見方・考え方」に立つことが不可欠です。“他には無い商品、サービスを提供する”“それぞれのお店の特長を生かす”等と言った「きれいごと」を掲げれば実現出来るというものではありません。
いくら「自店だけにしかない商品」「お店の特長」をアピールしてもそれがお客がショッピングに求めていることをマッチしていなければ、商売の足しにはなりません。
 つまり、こういう提案が出てくること自体、商売繁盛とはほど遠い「ものごとの見方・考え方」に支配されている、と考えなければならない。

 「通行量から繁盛店へ」という方向転換にホンキで取り組もうとするなら、まずはこれまで「通行量」を信じて疑わなかった小売商業・商店街についての「見方・考え方」を変えなければならない。
単に知識として“もう通行量ではない”と思うだけではなく、事業主体の「立場」を変えなければ繁盛店づくりに必要な「知恵」をだすことはできません。
必要な知恵が出てくるようになるレベルで「ものごとの見方・考え方」を変えるにはそれなりの工夫が必要であり、「通行量」一辺倒からの転換には相当の努力が必要であることは容易に想像できることと思います。

 ということで。
4月24日開催する「商店街活性化セミナー」では、このあたりについて突っ込んだ提案を行います。

 「通行量理論」の市場性喪失は今や秒読み段階に入っています。 
大勢が“これからは通行量ではなく繁盛店づくりだ”となったとき、それを指導するポジションにある・あるいはあろうとするあなたは、適切な“繁盛店づくりの方法と方向”を提示し、取り組みの先頭に立たなければならないのだ、ということを考えればこの機会を見逃すわけにはいきません。

 まだ席はあるか、というおたずねがありますが、大丈夫です。
ご承知のとおり、まだ「繁盛店づくり」についての理解が切迫していない状況での開催ですから、十分間に合います。
十分間に合うのはセミナーへの出席、これを逃すと「繁盛店づくり」というニーズねの対応には間に合わないかも知れません。

『商店街活性化公開セミナー』ご案内
まだ間に合います。

個店経営研修事業・参加者の所感

 このほどアップしました。

大分県宇佐市四日市商店街振興組合の取り組み

参加者の所感:
事業終了後の業績も好調とのことです。

組合理事長さんの総括:
(要拡大)
安部理事長さんには4月24日のセミナーで商店街リーダーとしての立場からお話しをいただきます。

商店街活性化への新しい視座

(視座は読んで字の如く、「視る位置」です。ものごと(問題)はどっから視るかによってコロッと変わります。問題が変われば、当然、解答・処置も変わります。)

 商店街活性化、ホンキで実現しようと思うならば、「実現できる」と確信が持てる位置に立たなければならない。“白紙の状態で観察する”とか、“情報を全部集めてから考える”というのは、真っ赤なウソ・出来ない相談、ホンキで考えていないことの自白に等しい。

「商店街活性化」とはもうちょっと具体的にいえばどういうことか?

 まずは、‘商店街’と‘活性化’それぞれ分けて考えてみましょう。

①商店街:
あれこれの商店街ではなく、商店街と名の付く商店街、ぜ~んぶ無条件で。
 ということは、所在商圏の人口規模とか、業種業態の構成とか、駐車場やアーケードなどの有無・状態とか、各個店の業容とか、通行量とか、非物販の集客施設の有無とか、モロモロの条件はひとまずカッコに入れておいて、“商店街であれば活性化の対象になる”すべての商店街は活性化できる、ということですね。「商店街」というだけで“活性化できる可能性がある”と言える「視座」に立つ、ということです。

②活性化:
何らかの原因・理由で衰退している機能を蘇らせること。

 つまり、商店街活性化とは、劣化~空洞化の趨勢にある商店街の機能(小売・サービス機能)を本来の機能を果たせるように蘇らせる(賦活)こと、です。

 今現在、小売・サービス機能の集積としての商店街機能はどうなっているか?

 陳腐化~劣化~空洞化という「消滅へのスパイラル」のまっただ中ですね。
①立地する店舗の業容の陳腐化、施設の老朽化
②街区設備の老朽化
③通行量の激減
が、どんどん進んでいます。
これが活性化の取り組みをスタートさせる位置ですね。
これを反転、“繁盛する小売・サービス業が軒を連ねる街区”を蘇らせることが商店街活性化です。

 これまでの取り組みは、①についての施策を講じないまま、もっぱら②、③についてさまざまな事業に取り組んできました。その結果、何がどうなったか?

 「小売・サービス業の集積」として提供すべき「ショッピング機能」の空洞化は進展するばかりです。それもそのはず、集積の基本機能である小売・サービス機能の陳腐化~劣化をくい止め、反転させる取り組みはもっぱら「個店の仕事」として省みられることは無かったし、そもそも個店が陳腐化しているのは経営者の力量の反映でしょうから、“個店の仕事”などと逃げることなく問題を正視し対策を講じるべきだったのです。

 ということで、商店街活性化、気を取り直し(笑、命運を賭ける意気込みで取り組むべきは「個店レベルの活性化」です。繁盛店を作りだし、商店街活性化の可能性を実証し、取り組みを拡大し、銭から面へ機能を賦活させていく、これが商店街活性化のメイン・真っ正面の仕事です。
その「核」であり「スタート」に位置するのが「繁盛店づくり」という取り組みです。

 繁盛店とは:
①これまでの趨勢からは想像も出来なかった業績の向上を無理せず実現する
②成長を持続する
 売り上げの続伸・業容の拡大・多角化
 老朽化している施設・設備の更新
 事業承継者の確保
③資産価値の上昇
④隣近所への効果の波及
⑤その他
などなどを自店の業績によって実現するお店のことです。

 繁盛実現に取り組んでいく条件:
①業種・業態は無関係
②業容も無関係
③お金は掛けない・掛からない
④「経営技術」のレベルなどもちろん関係ない
どれか一つでも引っかかると他店のモデルになりません。

 さらに、取り組みは
①コンセプトや計画は作らない(作れない人もいるだろう)
②毎日の仕事の片手間で取り組める(当然ですね))
③着手するとすぐに効果が現れる(客数・売り上げアップ)
④やればやるほど成果が挙がる(半年とか一年後とか言われてもね)
⑤楽しくて、人にも教えたくなる(誰でもやれば出来る、という確信が無いとダメ)
ということでないと、「商店街活性化」の条件に合った繁盛店づくりとは言えません。

 今どき、“商店街活性化はやはり個店が原点だ”“繁盛店を創りだすことが商店街活性化の原点だ”というのは簡単ですが、ホンキで取り組む場合は、ここまで述べてきたような条件をクリアしなければなららない。
それとも、何か一つでも“これは関係ないだろう”という条件がありましたか?

 もちろん、「一店逸品」やその他「お店の特徴を活用する」など個別個店の特有の条件を活かすというのはダメですからね。
“誰でも・どこでも、その気になって取り組めばきっと繁盛する”ということが「商店街活性化」へとつらなる繁盛店づくりの条件です。

 さて、冒頭の問題に立ち返りますと。
「商店街活性化の視座」とは、以上述べてきたような条件について、
“まったくその通り”と肯定したうえで、
“こうすれば商店街は活性化できる”
という「方法と方向」のことだということが了解されたことと思います。

 この視座を得るにはどうすればよいか?
いくら個別商店街の「成功事例」、「失敗事例」”を集めても無駄です。
“視座を得るためには視座に立たなければならない”という原則があります。

 富士山頂上の景観を堪能したかったら、山頂という視座に立たなければならない。
「商店街活性化」の可能性は、それを可能とする「視座・方法と方向」を理解してはじめて確信を持つことが出来る、という性格をもっていることなのです。
ただし、先述のとおり、こちらの視座は富士山のようにコツコツ登っていけばたどり着ける、というものではありません。さあ、どうすれば手にはいるでしょうか?

 ご案内中の商店街活性化セミナーは、以上のような問題意識のもと、「商店街活性化の可能性」について提案するもの、従来の類似テーマのセミナーとは大きく異なっていることはご想像のとおりです。
特に「商店街活性化」の指導・支援を職務とする皆さんを対象に絞った内容構成となっています。

 国の支援施策も「実効性」についての評価がさらに厳しくなります。
ホンキで活性化を実現したい、とお考えのあなたとあなたの仲間にとって、このゼミナーを代替出来る機会はありません。お誘い合わせのうえご参加されることをあらためてお奨めする次第です。

商店街活性化セミナーの特徴

 ご案内中のセミナーの内容について、少々説明しておきます。

今回のセミナーは、従来当社が「営業」として提供している“キラリ繁盛店づくり”など、実務レベルの話ではありません。
商業者の皆さんが取り組む“キラリ繁盛店づくり”の取り組みを立ち上げ、その後の展開を指導支援する立場=行政、会議所、まちづくり会社などの実務担当者各位、さらに外部から指導支援にあたる「専門家」がその職責を果たすために必要な理論・ノウハウを提供することがこのセミナーの目標です。

 当社にとってセミナー開催の目的は二つ。
その第一は、「通行量増大から繁盛店づくりへ」取り組みの潮目は明らかに変わってきましたが、「繁盛店のつくり方」それも商店街全体の「繁盛実現」を担保する、先駆的繁盛店づくりの方法と方向は誰も明らかにしておりません。ましてその指導支援の借り方など・・・。

 これまで当社の社内限りとなっていた指導者のための理論・ノウハウを提供することで、「通行量から繁盛店づくりへ」という転換を加速させること。
そのためには関係各方面が「繁盛商店街への道」を組織化する理論を装備することが不可欠ですからね。

第二に。
 取り組みの支援指導にあたる「専門家」が極めて不足しています。皆さんは当社以外に“通行量から繁盛店づくりへ”という趨勢を牽引あるいは後押しする「理論・ノウハウ」を公開している専門家をご存じですか?
この時期、「理論・ノウハウ」を社外秘安堵と考えているようではその「理論・ノウハウ」の中味に?が付きます。
どんどん開放して、実効ある指導支援が出来る専門家を増やさなければならない。

 ということで、今回のセミナーは以上のような趣旨に賛同される方にとって参加しやすい仕組み・九州管内からなら日帰り可能な日程としています。

 お誘い合わせのうえご参加ください。
出来れば、同一都市から関係各方面の実務担当者さんが連れ立って参加されることを強くお奨めします。
このセミナーを契機として御地の「商店街活性化」の取り組みが“コペルニクス的転回”を実現出来ますように。
今後、従来的取り組みをいくら重ねてもその結果は火を見るより明らかです。

商店街活性化支援専門家協議会(仮称)

 という組織を立ち上げようという機運がありまして、takeoはその発起人の末席を汚しております。

 皆さん既にご承知のとおり、商店街活性化・中心市街地活性化の成否を左右するのは「商業機能の活性化」です。
法律を読めば一目瞭然。
取り組みには外部から「学識経験者」「専門家」が招聘され、専門的知識・技術を提供して取り組みを支援しています。

 ところが、傍から見て気になるのは、支援のために招聘している専門家に「商業系」の人がほとんど見あたらない、ということ。
商業・商店街活性化がメインの課題となる基本計画の作成などに商業系の専門家を外部から招聘している例はほとんど無いと思いますが如何でしょうか。

 商業のことならプロである商業者が地元にたくさんいるからわざわざお金を出して外部から呼ぶ必要はない、ということかも知れません。だがしかし。「商業のプロ」が「商業活性化のプロ」とは限りません。特に現在のように、業種業態・立地や規模を問わず、ほとんどの小売業が業績不振に陥り、なんとか活性化しようと懸命の努力をしているにも関わらず、なかなか好転できないという状況において、商店街の皆さんだけが「商業活性化のプロ」的業務を自分たちで果たすことが出来る、その結果、街・個店は繁盛を取り戻す、というのはなかなか想像しにくいことではあります。

 商業の活性化を目指す基本計画の作成に「商業系の専門家」は参加していない、という事実はちゃんと確認しておきましょう。

 さて昨年来、いよいよ“個店の魅力づくり”、“繁盛店づくり”という課題がクローズアップされてきました。
元来、補助・支援制度というのは、商業者の皆さんが当然個人、あるいは集団で取り組むべき仕事にしっかり取り組んでいる、ということを前提に、それだけでは不足する領域・レベルについて支援する、というものです。シャッターの外側の支援は、シャッターの内側については個々の経営によって顧客目線でしっかり店づくりが出来ている、という前提にたって行われています。
「住む人・来る人を増やす」取り組みなどはその典型です。

 ところが。
ある個店の業績が低迷する、悪化の一途を辿るという状況に陥っている場合、当該個店の経営のありかたに問題がある、という場合が多いことは否定できません。
お客のニーズの変化や競争の変化を的確に把握して、対応策を講じる、というのはこれまでの経営経験だけでは難しい。

 これまで個店経営者の責任とされてきた“繁盛店づくり”が商店街活性化の成否を左右する重要課題と考えられるようになってきました。すなわち、商店街を活性化するためには、これまで「聖域」と見なされてきた個店のシャッターの内側の改革改善が不可欠であり、これに取り組むためには外部からの支援が必要だ、ということが徐々に認識されてきました。
商業系の専門家の出番です。

 ところが。
商業系の専門家、学識経験者やコンサルタントで“商店街立地の個店を繁盛させる”それも“商店街全体の活性化を牽引する方向で”という課題への取り組みを指導支援する・出来る・専門家が不足しています。
何故か?
答は簡単でありまして、これまで「商店街活性化」の取り組みに商業系の専門家は必要と見なされていなかったから。

 商業系でおよびが掛かるとすれば、せいぜい、支援制度に詳しく申請手続きの代行が出来るというスキルどまり。繁盛店づくりの支援などだれも期待していませんでしたから、専門家が登場するはず
もなく、今ごろになって探しても“どこにもいない”という次第。

参照:『これから表面化する大問題』
http://quolaid.blog13.fc2.com/blog-entry-1305.html

 今や、「繁盛店づくり」を支援指導するスキルを持った専門家がいない、圧倒的に不足している、ということは関係者の間では問題になっているようです。なって当然ですね。

 大きくクローズアップされてきた「繁盛店づくり」ですが、商店街立地での繁盛の可能性を実証し・取り組みを拡大していく、“点から線、線から面への波及”を担保する繁盛店づくりを指導・支援する指導者の確保、育成が急務になっています。
これから関係各方面で対応されることと思いますが、商業活性化の支援を事業機会としている専門家にとって、これは新しい「事業機会」でもあります。求められているスキルを修得、磨きを掛ければ「引く手あまた」ということもあり得ます。

 タイトルの専門家協議会(仮称)は、以上のような状況見積をもって、スキルアップを目指す「専門家(というか商業・商店街活性化に取り組みたい有志)」の自己・相互啓発の機会・場としての立ち上げを目指しています。
興味のある方はメールでどうぞ。

 今日は午後から第一回の発起人会です。

商店街活性化セミナーについて

 次のとおり、開催が決定しました。

次のとおり、これまであまり例のない勉強会になると思います。

1.商店街活性化の「本命」と見なされる「個店レベルの繁盛」を実現する「論理とシナリオ」を提供する。

2.実際に取り組まれた商店街のリーダーから
(1)商店街活性化の根本問題
(2)活性化実現の展望
について、忌憚のない「生の声」を発表していただきます。
さらに

3.新しい商業支援のあり方
について、関係機関の担当者から説明していただきます。
(目下交渉中)

 会場では以上を踏まえて、
4.パネル・ディスカッション
 “現状ただいま・見てのとおり”からスタートして取り組みを軌道に乗せるまでの取り組みについて、実務指導者・担当者によるディスカッションと質疑を行います。

 従来、活性化フォーラムなどでありがちだった「通り一遍」とはまったく異なる「実務向き」の内容を目指します。

 御地商店街活性化に関わる皆さん、お誘い合わせの上、にぎにぎしく(笑 参加ください。

★★ 掲示板へどうぞ ★★

 当セミナーについての議論は【商店街起死回生】で行っています。

★各地商人塾の皆さん:
【合同掲示板】でも取り上げています。関係各方面に対するセミナーへの参加の勧誘方よろしくお願いします。

これから表面化する大問題

 地域商店街活性化法の施行以来、“商店街活性化は繁盛店づくりから”という、これまで細い傍流だった言説が日増しに勢力を増しています。特に新法の枠組みで仕事をしてきた人たちの一部、主力メンバーではコンセンサスとなっているようです。

 他方、“商店街活性化は通行量の増加から”と提唱し、その取り組みを実践してきた取り組みは、その「目に見える結果」として“話にならない”ことが明らかとなっています。
もはや「信用失墜」といっても過言ではないでしょう。

 今年度はいよいよ“キラリ輝く繁盛店づくり”が「運動」として全国的に“だれの眼にも明らかになる”質と規模で拡大していく情勢を作りだしていかなければならない。
商店街は「機が熟するまで待つ」などという悠長なことが言えるような状況ではありませんから、内から外から、方法と方向の選択を迫らなければならない。

 というか、近年の取り組みの成果が報告されるにつれて、大勢がそちらになびくことは間違いありません。
このとき問題になるのが、
①適切な「方法と方向」を選択すること
②適切な指導者を採用すること
です。

 実際に取り組んでみると、特に
“適切な指導者を確保する”という課題が大変な難問であることに否応なく気付きます。(というか、気付かないと大変です。)
いうまでもなく、①が出来れば自分たちだけで「活性化への道」を構築できるかといえば、これは大変難しい。皆さんが想像する以上に難しい。

 しかるべき専門家に指導支援を受けることが不可欠ですが、問題は「適切な専門家」が圧倒的に不足していること。
少なくとも、業界を歩いている人で「適切」な人はホントに少ないと思います。
試みに、「商業活性化・専門家」などで検索を掛けてみましょう。
「商店街活性化への道」「方法と方向」を提唱しているものがどれくらいいますか?
提唱さえしていないのに実務を指導出来るわけがないのでありまして(もちろん、提唱しているからといって実務指導が出来るとは限りませんが)、そういう眼で業界を見渡すという作業もたまには必要です。

 問題は、点から線、線から面への展開を理論・実践の両面にわたって指導できる専門家が少ないこと。
大急ぎで育成・確保しなければならないのですが、その任に当たるべき役所などでもその準備が出来ていないかも知れません。

 各地の商店街は、
①やっぱ個店が頑張らないと活性化事業の成果は挙がらない。
②既存個店の繁盛づくりが喫緊の課題だ。
③波及効果をもつ「繁盛店づくりの方法と方向」を装備すべき。
その上で
④“適性を備えた指導者”を確保せよ。
という問題に直面しているわけですが、以上、簡単に分析したように、
④“適性を備えた指導者”を確保せよ。
は、具体的に指名して確保しなければなりません。
これが、
「これから表面化する大問題」です。
適格者が少ないため「奪い合い」になるかも知れません。

 このような状況に鑑み、当社は「指導者の育成」にも注力します。ご案内中のセミナーはその一環です。  

「商店街活性化」の視座

(視座は読んで字の如く、「視る位置」です。ものごと(問題)はどっから視るかによってコロッと変わります。問題が変われば、当然、解答・処置も変わります。)

1.商店街活性化とは何がどうなることか

 商店街活性化、ホンキで実現しようと思うならば、「実現できる」と確信が持てる位置に立たなければならない。“白紙の状態で観察する”とか、“情報を全部集めてから考える”というのは、真っ赤なウソ・出来ない相談、ホンキで考えていないことの自白に等しい。

「商店街活性化」とはもうちょっと具体的にいえばどういうことか?

 まずは、‘商店街’と‘活性化’それぞれ分けて考えてみましょう。

①商店街:
あれこれの商店街ではなく、商店街と名の付く商店街、ぜ~んぶ無条件で。
 ということは、所在商圏の人口規模とか、業種業態の構成とか、駐車場やアーケードなどの有無・状態とか、各個店の業容とか、通行量とか、非物販の集客施設の有無とか、モロモロの条件はひとまずカッコに入れておいて、“商店街であれば活性化の対象になる”すべての商店街は活性化できる、ということですね。「商店街」というだけで“活性化できる可能性がある”と言える「視座」に立つ、ということです。

②活性化:
何らかの原因・理由で衰退している機能を蘇らせること。

 つまり、商店街活性化とは、劣化~空洞化の趨勢にある商店街の機能(小売・サービス機能)を本来の機能を果たせるように蘇らせる(賦活)こと、です。

 今現在、小売・サービス機能の集積としての商店街機能はどうなっているか?

 陳腐化~劣化~空洞化という「消滅へのスパイラル」のまっただ中ですね。
①立地する店舗の業容の陳腐化、施設の老朽化
②街区設備の老朽化
③通行量の激減
が、どんどん進んでいます。
これが活性化の取り組みをスタートさせる位置ですね。
これを反転、“繁盛する小売・サービス業が軒を連ねる街区”を蘇らせることが商店街活性化です。

2.商店街活性化の眼目

 これまでの取り組みは、①についての施策を講じないまま、もっぱら②、③についてさまざまな事業に取り組んできました。その結果、何がどうなったか?

 「小売・サービス業の集積」として提供すべき「ショッピング機能」の空洞化は進展するばかりです。それもそのはず、集積の基本機能である小売・サービス機能の陳腐化~劣化をくい止め、反転させる取り組みはもっぱら「個店の仕事」として省みられることは無かったし、そもそも個店が陳腐化しているのは経営者の力量の反映でしょうから、“個店の仕事”などと逃げることなく問題を正視し対策を講じるべきだったのです。

 ということで、商店街活性化、気を取り直し(笑、命運を賭ける意気込みで取り組むべきは「個店レベルの活性化」です。繁盛店を作りだし、商店街活性化の可能性を実証し、取り組みを拡大し、銭から面へ機能を賦活させていく、これが商店街活性化のメイン・真っ正面の仕事です。
その「核」であり「スタート」に位置するのが「繁盛店づくり」という取り組みです。

 繁盛店とは:
①これまでの趨勢からは想像も出来なかった業績の向上を無理せず実現する
②成長を持続する
 売り上げの続伸・業容の拡大・多角化
 老朽化している施設・設備の更新
 事業承継者の確保
③資産価値の上昇
④隣近所への効果の波及
⑤その他
などなどを自店の業績によって実現するお店のことです。

 繁盛実現に取り組んでいく条件:
①業種・業態は無関係
②業容も無関係
③お金は掛けない・掛からない
④「経営技術」のレベルなどもちろん関係ない
どれか一つでも引っかかると他店のモデルになりません。

 さらに、取り組みは
①コンセプトや計画は作らない(作れない人もいるだろう)
②毎日の仕事の片手間で取り組める(当然ですね))
③着手するとすぐに効果が現れる(客数・売り上げアップ)
④やればやるほど成果が挙がる(半年とか一年後とか言われてもね)
⑤楽しくて、人にも教えたくなる(誰でもやれば出来る、という確信が無いとダメ)
ということでないと、「商店街活性化」の条件に合った繁盛店づくりとは言えません。

 今どき、“商店街活性化はやはり個店が原点だ”“繁盛店を創りだすことが商店街活性化の原点だ”というのは簡単ですが、ホンキで取り組む場合は、ここまで述べてきたような条件をクリアしなければなららない。
それとも、何か一つでも“これは関係ないだろう”という条件がありましたか?

 もちろん、「一店逸品」やその他「お店の特徴を活用する」など個別個店の特有の条件を活かすというのはダメですからね。
“誰でも・どこでも、その気になって取り組めばきっと繁盛する”ということが「商店街活性化」へとつらなる繁盛店づくりの条件です。

3.「商店街活性化」を展望する視座の確保

 さて、冒頭の問題に立ち返りますと。
「商店街活性化の視座」とは、以上述べてきたような条件について、
“まったくその通り”と肯定したうえで、
“こうすれば商店街は活性化できる”
という「方法と方向」のことだということが了解されたことと思います。

 この視座を得るにはどうすればよいか?
いくら個別商店街の「成功事例」、「失敗事例」”を集めても無駄です。
“視座を得るためには視座に立たなければならない”という原則があります。

 富士山頂上の景観を堪能したかったら、山頂という視座に立たなければならない。
「商店街活性化」の可能性は、それを可能とする「視座・方法と方向」を理解してはじめて確信を持つことが出来る、という性格をもっていることなのです。
ただし、先述のとおり、こちらの視座は富士山のようにコツコツ登っていけばたどり着ける、というものではありません。さあ、どうすれば手にはいるでしょうか?

 ご案内中の商店街活性化セミナーは、以上のような問題意識のもと、「商店街活性化の可能性」について提案するもの、従来の類似テーマのセミナーとは大きく異なっていることはご想像のとおりです。
特に「商店街活性化」の指導・支援を職務とする皆さんを対象に絞った内容構成となっています。

 長文最後まで読み通していただき、あなたの問題意識に敬意を表します。
当社はこのような視座を提供し、協働を呼びかけていますが、もし、これが気に入らない人は、別の道、それもわれわれが提唱する「方法と方向」に勝るとも劣らない視座を確保しなければならない。
そうですよね。どちらを選択するかはご自由ですが、その間も商店街の窮状はいや増すばかり、ここはまず“提案されている方法と方向を半年ばかり試行してみる”というのは如何でしょうか。
半年やって成果が挙がらなかったら、それから別の道を探索してもいいのではないでしょうか。
ということで、まずはセミナーを体験してください。

 国の支援施策も「実効性」についての評価がさらに厳しくなります。
ホンキで活性化を実現したい、とお考えのあなたとあなたの仲間にとって、このゼミナーを代替出来る機会はありません。お誘い合わせのうえご参加されることをあらためてお奨めする次第です。

個店研修事業 参加者の所感

 大分県宇佐市四日市商店街振興組合の取り組み。
 全国最短・51日間という猛スピードで取り組まれた「個店経営研修事業」、所期の成果をあげて終了しましたが、このほど発行された組合機関紙4月号に参加者の所感が掲載されましたので許可を得て転載します。

引用スタート***************************

『キラリ繁盛店づくり 個店経営研修事業を受けて』
                  親玉本舗 渡邊貴美

 一月も十日を過ぎ、お正月気分も抜けて店の売り上げも徐々に寂しくなってきた頃でした。振興組合の安部理事長より「コンサルタントの先生を招いて、商店街を元気にする、という取り組みがあるので参加してみないか」という話がありました。

 早速、その先生にお会いしてお話を伺ったところ、安部理事長や県の振興局の熱心な働きかけのおかげで、今回、13,000商店街のなかでわずか20商店街のひとつに四日市商店街が選ばれて、この研修事業に参加できること、そして[既に取り組みをはじめている商店街では、良い結果が必ず出ていること、取り組みの原則として、①お金を掛けない ②計画を立てない ③出来ることから少しずつ ④ダメならやり直す ⑤売り上げは絶対に落とさない、を守ってやる”とのことでした。店の売り上げをなんとか回復させたいと考えていたおりでしたので、先生のお話にとても魅力を感じて、是非にと参加させていただくことにしました。

 すぐに研修はスタートしました。しかも3月9日の最終日までに何らかの結果を出すことを目標にする、というので、勉強会では先生の教えてくださる繁盛の秘訣や理論を一言も聞き漏らすまいと必死でノートを取りました。実際に店を見て細かく指導をしてもらう臨店研修では、とにかく言われたことはすべて実行してみました。実行してみると、すぐにお客さんの反応がありました。
お客さんが、気持ちよさそうに店内でお茶を飲み、次いでの商品をあれこれとたくさん買って行かれるのです。
 前日の勉強会で先生が言われたことが、実際に目の前で起きたのでこの方法に間違いないのだと確信しました。

 勉強会はひとまず終わりましたたが、自分で問題点を見つけ、変えていく方法を教えていただきましたので、これからはお客さんの反応を見て、自ら仮説と試行を繰り返して取り組みを続けていくことが出来ます。

 「一体どんな風に変わったの?」という商店街の皆さまの目もとてもいい刺激に感じています。
 これから、一生懸命店と自分自身を磨いて、本当に“キラリ輝く繁盛店”になるように取り組みを続けていきたいと思います。そして、是非、たくさんのお店に参加していただいて、四日市商店街が、“キラリ輝く商店街”になればいいなと思います。

引用終わり*********************
参 照

年末以来、菓子業界は落ち込みが激しいと聞きますが、当店は順調だそうです。
メインの通りからちょっと入った立地なので、それを活かした業容を心掛けておられます。

 機関紙・『門前町だより」にはこれからも事業に参加された皆さんの所感が掲載されるとのこと、楽しみです。

 同紙一面は安部理事長さんの『商店街活性化の中味を考える』と題する論文です。

ちなみに安部理事長さんには24日のセミナーで講師をお願いしています。

※ 商店街活性化の中核課題、「通行量」から「繁盛店」へと確実に流れが変わっています。
あなたの・あなたのまちの立ち位置はどこですか?

新年度 先陣を切るのは韮崎市

 今さら言うまでもないことですが、商店街・中心市街地活性化の取り組みは、事業計画に載っている事業に整斉と取り組めば万事OKというものではありません。
同時並行で取り組むべき有形・無形の仕事があるのでありまして、まあ、そういう取り組みにまで目配り気配りが出来てはじめて「活性化への道」を歩んでいると胸を張ることが出来ます。

 新年度の取り組み、トップでスタートするのは山梨県韮崎市中心商店街の皆さんのようです。
韮崎市商工会主催による「商人塾・アップスケール編」へのチャレンジを中核にタウンマネジメントの漸進的試行に着手されます。

 商人塾:
 昨年度取り組まれた第一期商人塾&個店経営研修事業の成果を踏まえて、「経営革新」に取り組みます。
小売業の経営革新といえば、販売方法の革新(Webとか)、新商品の導入などが主だったと思いますが、もちろん、そんなものは革新でも何でもありません。

 新しい取り組みは、POP理論を基礎に自店の業容をあらためて総括するととともに、あるべき姿を素描、ボトムアップとトップダウンの「往還作業」で業容三点セットのあらましを設計、計画的に実現していきます。

 今年度の取り組みには「計画」が登場します。
基礎体力の次は計画であり、計画にはもちろん各種の「数値」が付き物です。
今年の勉強でははじめて「経営数値」について学びます。

 もちろん、従来的・静態的な経営分析などとはまったく趣をことにする・「回転」「流通」を軸にしたお話し、“経営の数字ってこういう意味だったのか!”とあらためて心の底から納得できる理論をもとに「経営計画」作成~実行を目指します。

 他都市の具体的な取り組みはまだ目鼻が付いていないこの時期、いちはやくスタートすれば、後半には次年度の取組に向けた準備が可能になります。中期的に連続する取り組みはこうでなくちゃ。

 タウンマネジメント: 
 商人塾と平行して、組織の活性化、サティ跡の活用、タウンマネジメント会社の立ち上げ準備と盛りだくさんの仕事が待ちかまえています。
さらに支援センターや甲府商人塾との連係なども。
推進員さんの本領発揮が期待されます。

 「タウンマネジメント元年」ともいうべき今年度、「問題解決」を堪能する中からマネジメントの基礎体力を確保してください。

情報評価という問題

 ふと思いついて検索してみました。
「情報評価」

 ごらんの通りでありまして、ストレートに“情報を評価する”という業務についての情報は少ないようです。
業界を問わず、仕事をしていてこれを伴わないことは皆無のはずですが“どういうワケか”まったくと言っていいほど論じられていません。
これは、情報化社会などという流布言説とはまったく異なるレベルでとんでもない欠陥が生まれていることを意味しています。

 情報の処理にあたっては、第一に、そもそも“この情報は使いものになるのかどうか?”を判定しなければならないのですが、どんな方法で判定するのか?
ということですね。

 “通行量を増やすと商店街は繁昌する”という情報を“日本一とまで評価される専門家”からもらったとします。
この情報が「使いもの」になるにはどのような評価にパスしなければならないでしょうか?
何しろ、我が商店街の繁盛再生に向けた取り組みの中心に据える、わがまちの将来を賭けた取り組みですから、出来るだけ後で“信じて取り組んでみたがダメだった”ということにはなりたくないものです。

 商店街活性化関係の皆さん、こういう情報を得たとき、あなたは何を用いてその評価を行っていますか?

 情報化社会とかIT革命とか言われるようになって顕著になったいるのは「情報劣化」ということです。
ちょっと自分のアタマを使って考えればすぐデタラメと分かることが、思考=評価プロセスを省略した対応によって受容される。
これが数代続くと、話は「既成事実」化してしまい、誰も疑問を抱かなくなる。たまに?と思う人がいても多勢に無勢だったりする。

 異議を唱えるには、根本の“情報をどう評価するか”というところまで遡及しなければならなかったりします。
面倒だし、なれていない人には右から左というわけには行かないかも知れません。
 その点、「大勢」に随従している人はなんの苦労もありませんからね。もちろん、苦労のないことが成功を約束するとはかぎりません。

 情報評価、あらためて考えてみるのもいいかも知れません。
サイトの【理論創発】掲示板ピッタリのテーマですね。

合意形成の根本は

 商店街、中心市街地活性化に限らず、何かといえば「合意形成」ということが唱えられていますが。

 そもそも合意形成とは何か? 何のためにやるのか?
やるのとやらないのとでは何がどう違ってくるのか?
といったことについてはあまり問題になっていないようです。
なんというか、「ものの本」にちらっと書いてあったので“そうか、会議を開いて「異議なし」”と唱和するんだ”と了解、さっそく開催、たちまち了解。
それもそのはず、なんの異議も出るはずのないメンバーでの合意事項です。

 「合意」というからには、“いろいろと意見もあるところ、じっくり話し合って一本の道を作り上げていく”ということですからね。いろんな意見≒いろんな立場・利害と考えれば議論が沸騰して当たり前、開催たちまち合意というのは“毒にも薬にもならないが、どうせならやらないよりやった方がまし”補助金もあることだし、といった程度のことではないのか。
したがって、いくら満場一致でなんど合意を形成しても活性化の実現にはつながらない。

 合意形成とは、「基本的課題」についての合意でないと意味がありません。商店街活性化・中心市街活性化について考えてみましょう。(以下両者をまとめて「中心市街地活性化」とします。)

 中心市街地活性化の取り組みにおいてはご承知のとおり、何かといえば必ず「合意形成」という段階が準備されています。
 中心市街地活性化基本計画の作成・変更~事業活動のフォローアップなど。

 しかし、本当の合意形成は、基本計画作成過程で行わないと意味がありません。

 あるべき合意とは

1.中心市街地活性化の必要性
2.中心市街地活性化の論理的可能性
3.中心市街地活性化の戦略的実現性

以上3点が決まれば基本計画の骨格は決まりです。
スタート時点で3点について関係各方面がしっかり共有しなければならない。共有しないと何が起こるか?

 今現在、各地の取り組みで起こっていることが起こります。
フォローアップの自己評価=②
“取り組みの進捗状況は予定通りであり、目標達成可能と見込まれる”という認識ですが、その根拠はありません。
まして、最上位目的である商業活性化の目標である「通行量の増大」については、上記3項目とはなんの関係もなく設定された「根拠無き先行事例への追随」ですから推して知るべし。

 さて、
三項目についての合意形成とは、三項目の「解」を共有すること。そのためにはもちろん理論的な作業が必要です。

※合意形成は、まず大きく「目標達成」の見取り図をえがき、これを関係者が了解すること。
中心市街地活性化のような「一回性のビッグイシュー」で、かつ関係者も多い問題の場合、この合意形成は必須課題です。
基本計画の作成・見なおしを担当する人は、このあたり、きちんと理解して取り組むことが必要です。

四者体制はどこへ行く

 四者体制?なんのこっちゃ、と思う人もいるかも知れませんが、四者体制とは:
行政、商工会議所(商工会)、まちづくり会社、商店街組織で構成される、実際にまちづくり=商店街活性化を推進していく体制です。ちなみに、活性化協議会は実働部隊では無いので体制には入りません。

 この四者体制が問題でありまして、これはもう旧法時代から一貫して、効果的な体制をつくっている例はきわめて少ないと思います。

 社会学方面には“組織化された無秩序”という有名な言葉がありますが、同じ土俵に上がっているがガチで相撲を取りたい人、おつきあいで仕方なく回しをつけている人、土俵には上がっているもののなるべくなら降りたい人、もともとまったくその気がない人、などなどを十把一からげ、回しをつけさせて土俵に上げている、という状態ですね。

 傍から見るとなるほど、相撲を取りたい人が集まっているように見えますが、実際はグダグダでありまして、こういうグループが“これからの土俵界は如何にあるべきか”などというテーマで話し合ってもみんなが納得して自分のこととして取り組める方針は出せないでしょうね。

 四者体制もまったく同じです。

 “組織化された無秩序”、その典型は開戦前の御前会議などですね。しかるべき役職の人が組織されていますが、目的・目標~政略が共有化されておらず(つまり、組織としての秩序が成立していない)、情報評価もてんでばらばら。
予算処置が出来ていることから整斉と話が進んでいく。

 四者体制もまったく同様でありまして、「四者体制」がなぜ必要か、といえばもちろん、中心市街地活性化の取り組み・実現にその組織利害が大きく掛かっているからですが、では、「中心市街地活性化」推進の「方法と方向」について共有されているかといえば、まったく議論したことすらないというのが実態ですから、体制とは名ばかり、有名無実の存在です。というか、そもそも「四者体制」とか当サイト以外では誰も問題にしていないという大問題があります。

 皆さんは四者体制?もっと関係各方面が集まっている活性化協議会があるではないか?とお考えかも知れませんがこれは協議機関、実働は出来ません。協議会が実施期間として機能しているというのは真っ赤なウソでありまして、実際にはその事務局が動いているに過ぎない。つまり、事務局でやれる事業しかやっていない、ということです。
補助事業やイベントの庶務事項の取り扱い。

 肝心カナメの「中心市街地に立地する小売商業機能の活性化」という課題には手も足も出ません。

 この課題については、もっとも先進的なところでようやくその必要性を発見、構築に着手が始まった、という段階です。
時とところ、登場人物の妙によってはなかなか難しい問題ですが、発見・解決しないと肝心カナメが達成できません。

タウンマネージャーはどこへへいく

 第四弾。

 昨日もタウンマネージャーさんから離任挨拶のメールをいただきました。
どうもここに来て、各地の中心市街地、取り組んでいる問題とそれに対する関係者の認識の乖離に起因する問題が一挙に噴出してきた感ですね。

 当サイトの視点からすれば、「どこへ行く」シリーズで素描している中心市街地の右往左往は、いわば“当然の成り行き”でありまして、だからいったじゃないの、と言いたいところですが、言ったからといって何がどうなることでも無し。
 気を取り直して前進あるのみですが。

 そもそもタウンマネージャーとは何だったのか?
廃止したところも・入れ換えるところも・継続中のところも・あらためて検討してみるべきです。

 ということで。

『タウンマネジャーのための中心市街地活性化の理論的基礎』

『専門家を選定する基礎体力』

『タウンマネージャー検定』

サイト内検索を掛けるとまだまだ出てきます。

 このような話題については、右から左に解が出てこないと中心市街地活性化は夢のまた夢、ですからね。自分たちだけでは出来ないからタウンマネージャーを確保するわけですが、ハッキリ選定の基準が間違っています。

 基準が間違っているということは、タウンマネージャーに活躍してもらう土俵を用意していない、ということですから、タウンマネージャー個々の力量とは無関係にタウンマネージャー的業務を遂行できる体制が無かったし、今も無いし、これから・・さあどうでしょうか。

 タウンマネージャーさんたちへ。

大事なことは、招聘された時点で『基本計画』をチェック、“[この計画+自分の力量+アルファ]で事業は成功する”と自分が確信をもつこと。
これが出来なければ、どんなに能力が高く、難しい資格を持っていてもタウンマネージャーはつとまりません。失格です。

 全国・全業種業態の小売業が不振に陥っているとき、中心商店街をいまいちど「買い物の場」として再生させるのがタウンマネージャーの正面任務ですから、そのつもりでしっかり頑張ってください。

基本計画はどこへ行く

 第三弾。

 ご承知のとおり、新中活法のスキームでは認定基本計画の実施状況について、首相官邸・中心市街地活性化本部に報告することになっています。

前回の報告:

各都市の報告:

 ほとんどが“取り組みの進捗状況は予定通りであり、目標達成可能と見込まれる”と自己評価しているようですが、“あれから一年”事態はどうなっているでしょうか?
さらに深刻化していることは云ってみなくても分かる。

 昨年度の報告に対する当社の所感:
『基本計画の実施状況の報告について』

 ホント、このまま進んだのでは:

これでこの世はお終いだ
これでこの世はお終いだ
バーンと終わらずメソメソと。

ということになりかねません。

 実施状況の報告を終わったところもこれから提出するところも、いい加減な作文では済まされない時期になっていますから。
参 照:

まちづくり会社はどこへ行く

どこへ行くシリーズ第一弾へ追加。

 今年は3カ年継続の補助金の期限で、これを原資にタウンマネージャーを配置してきた都市で異変が起きています。
異変というのは他でもありません。“金の切れ目が縁の切れ目”ということかどうか、タウンマネージャーを廃止するケースが見られますね。
当社おつきあい中のところも3月限りで職務そのものを廃絶とか。
他からもいろいろ情報が入ってきます。

 アッと驚かされますね。
そもそも何のために設置したタウンマネージャーだったのか?
設置の目的は達成されたのか?
ということでありまして、万一、このまま存続しても成果が見込まれない、ということだったりすると一大事です。
だって、成果の挙がらないまま荏苒設置を続けてきた人たちがこれまでどおり、方針やら戦略やらを云々するわけですから。

 これからはタウンマージャー抜きでまちづくり会社を運営することになりますが、中心市街地の活性化実現の成算はあるのでしょうか。

 補助事業を継続するには、新法の認定を受けなければならない、そのためにはまちづくり会社を作らなくては、ということで作られた会社は認定から一年も経たないうちに開店休業城状態となっているはずです。
基本計画に仕事が計画されていませんから当然といえば当然のことですね。

 タウンマネージャー制度の廃止を契機に会社の活性化を図る、という方策が打ち出されているのかいないのか。
もちろん、方策など皆無なわけですが・・・。

 ところで、みなさんの街ではまちづくり会社と商店街組織の関係はどうなっていますか?
まさか、お互い“敬して遠ざける”関係では無いでしょうね(笑
まちづくり会社のほうはそれでもいいかも知れませんが、商店街の方はそうはいきません。商店街活性化をダシにあれこれ事業に手を出してみたものの、“何でこんなことをまちづくり会社がやるわけ?”といった事業がほとんど。
肝心のテナントミックス=業種揃え・店揃えの最適化の取り組みなどは、ぜんぜんまったく、紙の上にさえありません。

 やっかいなのは、これが先行・存続しているばっかりに、新しい行動的な組織が作れない、ということ。
悩んでいる人も少なくないと思います。

 会社を含む、「中心市街地活性化・総出直し」が必要な時期ですが、たぶん、皆さんは“なるほど”と思っても何からどう手をつけたら良いやら、さっぱり分からない、というのが実態です。

 “どうにかしたい”とせっぱ詰まっている人は、何はともあれ、ますはとりあえず、当社の門を叩いてみられることをお奨めします。

心機一転・中心市街地活性化への道

 何処も同じ、挫折寸前の中心市街地活性化ですが、かくてはならじ、新年度はあらためて「中心市街地活性化への道」を追求して参ります。

1.基本計画の作成、見直し 特に「商業の活性化」のための事業の再構成(点から線、線から面への展開)

2.1に基づく「活性化への道」シナリオの作成

3.所要のスキルの確保(商業者、指導者など)

4.組織の活性化(商業者組織・中活協ほか)

5.上記を担保する理論の共有

 という問題領域の全体にわたって「あるべき取り組み」を提唱します。

 商人塾や個店経営研修事業など全国各地で取り組んだ「キラリ輝く繁盛店づくり」の支援を通じて、このところ、格段に進化した理論・ノウハウを全面的に活用する、分かりやすく・取り組みやすい「活性化への道」です。

 【都市経営コーナー】でスタートします。
関係の皆さんは是非ご参加ください。

※とりあえず、過去記事で基礎体力を補強するというのは如何でしょうか。

『基本計画を作り直す』

□商業理論なき商業活性化

 中心市街地活性化の最大目的は、そこに立地する商店街・商業機能の活性化であることはいうまでもありません。近年、“中心市街地は商店街だけではない”などというトンチンカンをいう人がいますが、寝言ですね。寝言で現実にあたろうとすれば失敗するに決まっています。
こういう人は、中心市街地活性化法及び基本的な方針などは一度も目を通したことのない人たちです。
まず基本文書をしっかり読んで見ること。

 改正された法では商業地である中心市街地における商業機能以外の施設・機能の整備が課題に取り上げられていますが、その根拠は“もはや商店街の活性化は商業施策だけでは実現できない”という旧法時代の総括から、“中心市街地・商店街の活性化は住む人来る人を増やすことから”という方向へなんの根拠もないまま、取り組みが曲がってしまった、というだけのことです。
コンパクト生血作りとか少子高齢化への対応などは、中心市街地限りのことではありません。
もう一度「法」第二条「中心市街地の定義」をチェックしてみるべき。
 中心市街地活性化の主眼は「商店街活性化」であることは、「法」を読みこれまでの経緯を振り返ればぎもんのよちはありません。

 さて問題は、日本全国、関係各方面がシャカリキになって、大枚をつぎ込んで取り組んでいるのに、どうして“中活法のスキームでの取り組みで商店街が活性化した”という事例が報告されないのか?

 答えははっきりしておりまして、「商店街活性化」とかけ声を掛ける人たちが、「商業理論」を装備していない、商業についてほとんど無知同然の人たちが寄ってたかって「商店街活性化」をいじくり回している、というところにいつまで経っても成功事例が報告されない根本的な理由があります。

 他の理由ならいろいろ打つ手もあるでしょうが、“必要な知識を持っていない”状態のままお金さえ使えばなんとかなる、ということはゼッタイに無いのです。
そもそも、百貨店やショッピングセンターでさえ業績不振・劣化スパイラルに陥っている時、中心市街地・商店街だけが理論無し・人さえ集めればなんとかなる、といった安易な思いつきに終始することが許されるのか?

 ということでありまして。
中心市街地、商店街、ホントにホント、活性化したかったらまずは「適切な」商業理論を装備すること。
この課題をスルーして事業が成功すると思ったら大間違いです。

 以下は、サイト【都市経営】コーナーで。

支援スキルを修得する機会

(承前)

 「キラリ輝く専門店」
点から線、線から面へと普及拡大することで、空地空店舗の活用他周辺事業の効能効果と相まって、商店街・中心市街地活性化実現の成否を左右する“遅れて登場した主役”です。

 繁盛の実現は、
①商店街立地の中小独立自営小売店
②業種・規模・業績不問
③資金や計画立案能力など不要
④まじめに取り組めば繁盛するようになる
ということが基本です。
あれこれ条件を付けると条件から外れる店は置いてけぼりということになり、すなわち、線から面への展開は出来ません。

 もちろん、商店街の現有能力だけで取り組んでも実現は無理ですから、専門家の支援を仰ぐことになります。
ここからが大問題。

 これまでの専門家といえば、
第一に基本計画作成を支援する都市計画の専門家
第二に補助事業の申請書作成を支援する専門家
が主で、プラス第三に「先進事例」の実務にあたった人、という陣容です。
「個店を繁盛させる」というテーマで支援に入った経験のある人は極めて限られています。それも上記①~④という条件で、来るものは拒まず、全部繁盛させようという取り組みを支援した、支援できるという専門家はほとんどいないのではないか。
大問題ですね。

 新年度以降、“商店街立地の繁盛可能性を実証する”という重要な使命を帯びて、商人塾や個店経営研修事業など「繁盛店づくり」に取り組む商店街、中心市街地が増えることが予想されますが、問題は“指導を担当させる専門家をどう確保するか”ということです。ホントに少ないですからね。

 事業の成否を左右するのは担当者次第、特に適任の専門家の指導を得られるかどうかということが大きな別れ道です。
何らかの資格を持っていたり、登録制度に登録していれば誰でも同じ能力を持っている、というものではありません。
特に、上記4項目の条件をクリアする支援が出来る人は、何度も言うようですが、本当に少ないのです。それとも、あなた、誰か思い当たる人がいますか?

 ということで、喫緊の課題は「キラリ輝く繁盛店づくり」を支援・指導する専門家の確保、育成です。
どんどん輩出しないと間に合いません。他でも取り組まれるかも知れませんが、当社は独自に短期集中のセミナーでスキル修得の機会を提供します。

 折しも年度が替わって当分は開店休業の所もあると思いますので、実務に就いている人も参加できると思います。

 会場は福岡市内、期日は連休前後を予定しています。
興味のある人はメールをどうぞ。
身近に候補者がありましたら、セミナー開催について教えてあげてください。
関係各方面みんなのためだと思いますので。

臼杵市中央通り商店街とその周辺

 お約束の写真アップです。

商店街の業容は「買い回り型商店街」です。

 大友宗麟による臼杵城築城以来の城下町の中心部に位置する商店街は、旧八町大路と称される城下第一の繁華街でした。
いま、臼杵市中心市街地活性化の成否を直接右するプロジェクトとして商店街のショッピングの場としての再生が取り組まれています。ご覧のとおり、景観やストリートファニチュアは整備済み、「来街目的」となる個々の売り場(POP)を力一杯、改革していく取り組みがスタートしたところです。

再掲「商店街の活気と活性化」

 『認定・中心市街地活性化基本計画』フォローアップの時期となりました。目標数値の達成状況はどうなっているのか?
追々発表されることと思います。

 さて、当サイトでは商店街の活性化とは街ぐるみで商業集積として繁盛すること、すなわち通りに繁盛店が軒を連ねることだ、と創業以来主張していることは、当サイトご贔屓の皆さんにはご知いただいているところです。

 この意味を外したところで、活性化や活気や賑わいなどを云々しても、商業集積である商店街の活性化にはつながりません。

 2001年当時、当社はこのことを次のように主張しています。
「商店街の活性化と活気」

同じ記事を2008年1月、ブログでも紹介しました

 多くの都市・中心市街地・商店街でこのような情況を打開しないまま、旧態依然たる「周辺事業」の取り組みが続けられており、したがって、街の空洞化も着実に進みっぱなし、というのが大方の街に共通する現状ですが、あなたのまちでは如何ですか。

 商店街活性化をめぐる問題情況、あなたのまちでは変わってきているでしょうか?

 このところ、当欄で報告することが多くなっている個店経営研修事業や商人塾など、従来型の活性化事業に止まらず、それらの事業を本当に効果あらしめるための不可欠の事業として「繁盛店づくり」に真っ正面から取り組む商店街、中心市街地が増えてきました。

 当サイトが、上記URLの記事を再掲するのは、これが最後になるよう、最善の努力をして参る所存です。
皆さんも是非頑張ってください。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ