FC2ブログ

繁盛店への道を阻む?商店街&中心市街地活性化

 点から線、線から面への展開。
商店街、既存店の一割が繁盛するようになれば商業集積としての機能は下げ止まり、反転活性化に向かう基礎が出来るのではないか。
個店経営研修事業が実証しようとしている仮説です。

 これまでの商店街・中心市街地活性化の取り組みと大きく異なるのは、非物販の集客機能(ソフト・ハード)の設置や施設の整備など「周辺事業」に熱心に取り組むことで、その結果として個店が繁盛する、という仮説というか思いこみからきれいさっぱり足を洗っている、ということです。

 小売業というのは、いうまでもなく、“売れてなんぼ”でありまして、小売店が集積する商店街もまた「繁盛する店が軒を連ねる」情景があってはじめて商店街としての機能を果たしているわけでありまして、商店街をはじめ商業機能が集積する中心市街地も右に同じ、小売業・サービス業が繁盛してはじめて中心市街地活性化の実現であります。

 従って、○○事業に取り組むにあたっては、まず、イの一番に①①この事業に取り組むことで既存の小売・サービス業にどのような影響が期待できるか?
②事業の成果を「小売・サービス業の繁盛」に結びつけるには何をどうしたらよいか?
ということをしっかり考え、必要な施策を講じなければならない。

 今どき、これさえやれば当該街区の小売・サービス業は全部活性化する、という事業はありませんからね。
(それとも皆さんが取り組んでおられる一過性の事業はそんな効能効果をもっているとでも?)
事業の結果を「活性化の推進」に貢献させるには、“当該事業に平行して取り組むべき事業ミックス”、シナリオを作成し・事業化しなければならない。(余りにも当たり前すぎて書くのが恥ずかしいレベルのことですが、書かないといけない現実がありますので。っほんと、部外者には知られたくないことですよね)

 単独・一過性の事業のあれこれに取り組めば本当に商店街、そこに立地する小売サービス業は活性化=売り上げアップを実現できるのか? 長きにわたって取り組んできたそれらの事業の成果として繁盛する個店が増えることがあったでしょうか?

 ということでありまして、もし、いくら事業に取り組んでもその結果として繁盛店が続出する、という結果を生むことが出来ないのなら、それは商店街活性化事業としては羊頭狗肉といわれても仕方がないのではないか?
そういう事業に取り組むことであたかも商店街活性化に真剣に取り組んでいるかのようなジェスチュアは、もはや通用いたしません。
ウソだと思うなら、事業を見つめる商業者の顔を見てごらん。

 ということで、なまじっか「活性化」と冠の付いた・活性化をもたらすことの出来ない事業に取り組んでもらうと、その間中、本当の繁盛店づくりがスポイルされてしまいかねません。
百縁商店街とか。一店逸品とか。
なけなしの資金をドブに捨て、貴重な時間を無為に流してしまう事業に取り組む暇はありませんから。
商店街、活性化に向かうのか、それともズルズルと挫滅していくのか、二つに一つ、でありまして二、三年経ってからやっぱ間違っていた、などと気付いても後の祭り、その時街は 屍累々、ですからね。

 商店街活性化とは、繁盛するお店が軒を連ねること、他の意味は通用いたしません。活性化事業の評価にあたっては、その事業に取り組めば、本当に・間違いなく、商店街に繁盛店が軒を連ねる情景が生まれるのか否か、眉につばを付けながらしっかり検討することが必要です。
「人通りが増えれば繁盛する」などというのは、何の根拠もない思いつきですからね。そういう事業には“なぜそう言えるのか?”と聴いてみることが大切です。そしてその説明に納得できたら取り組めばよいし、納得できなかったら納得できる事業を探せばよろしい。商店街活性化事業の結果は、良きにつけ、悪しきにつけ、商店街立地の個店の命運として現れるのですからね。 
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ