FC2ブログ

中心市街地活性化の理路

 中心市街地活性化法の枠組みによる中心市街地(都市の商業街区およびそれに機能的・空間的に密接するする街区)の活性化に取り組もうとずるなら、当然のことですが、現状からスタートしてあるべき中心市街地の情景に至るシナリオを描かなければならない。

 シナリオを書くに当たっては、二つの種類の知識が必要です。

第一に、シナリオを作成することに関する知識。
第二に、“中心市街地活性化を実現するために必要な知識。

第一のジャンルの知識についてはひとまず措くとして、今日考えるのは後者について。

 思いつくままに列挙してみると、
小売業に関する理論
都市経営に関する知識
推進組織の編成・運営に関する知識
マーケティングに関する知識
等々が不可欠です。(他にもありますが、ひとまず)

中心市街地活性化基本計画は、これらの理論・知識を駆使して作られていなければならないのですが、果たして実態は堂でしょうか。
一読明らかなように、ほとんどの都市の計画は、これらの知識を装備しないレベルで作られています。著名なシンクタンクなどが支援して作られた計画にも理論が駆使された形跡はありません。

 必須の知識、理論を欠いた状態で作られた計画は何をもたらしているか?
言うまでもなく、“成果なき事業履歴”です。
成果があがないばかりか、事業に取り組んだ結果、新たに皆生の困難な問題が発生しているというケースも少なくありません。
大規模空地・空店舗を活用して集客核を創出する、という趣旨で取り組まれた事業とか。

 上記のような知識を持たないまま取り組まれてきた中心市街地活性化の頓挫が明らかになったいま、なにをなすべきか?

 という課題があるわけですが、理論なき取り組みに終始してきた皆さんにはいつまでたってもそのことがわからないようです。
理論的な根拠を欠いた、シナリオのないままたてられる砂上の楼閣に屋上屋を重ねるような事業が“先進事例”と位置づけられ、それらの取り組みのリーダーたちが先駆者としてもてはやされるという情景は一日も早くおしまいにしたいものです。
少なくとも「うちのまちの敷居はまたがせないぞ、というくらいの気概がないと大仕事は成就できませんよ。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ