FC2ブログ

アンテナショップ・よろ~や(大分県宇佐市)

 大分県宇佐市四日市商店街振興組合の事業です。
http://blog.goo.ne.jp/usamatidukuri/e/a66ad5240d076849f0b1df0da8113f7e

 地域商店街活性化法にもとづく商店街活性化基本計画を作成、商店街活性化策の一環として取り組まれています。
ちなみに、ご承知のとおり、この法律において「商店街活性化事業」とは“商店街の通行量を増加させるための事業”と定義されています。

 つまり、アンテナショップよろーやは、「法」の趣旨からいけば“四日市商店街の活性化=通行量の増加”を目的に設置されたことになりますが、実際にはそんなことはないのでありまして。
アンテナショップですから、営業活動を通じて
①既存地域産品の市場性を確認する
②新規地域産品の市場性をテストする
③地域産品を地域内外に宣伝する
といった任務を果たすことが期待されています。
もちろん、営業経費も自前で確保することが原則ですし。

 施設設置の目的は、 
上位目的=商店街の通行量の増加
実際の目的=施設の維持運営
ということで、
これを達成し続けるためには、
設置目的を追求しながら、営利事業体としての経営を維持する 
ということを実現しなければならない。

 この手の施設を企画する場合にもっとも重要なことは、営利事業としての存続を実現する、ということです。
営利事業として成り立つ=来店客数・売り上げがそのレベルに達するということは、「通行量の増加」という上位目的にとっても不可欠ですからね。ときどき、“通行量の増加が目的だから、収益性は低くても仕方がない”といった言い訳をする人がいますが、とんでもないことです。自店の経費を賄うだけの売り上げが作れない店舗が「アンテナショップ」機能とか、ましてや「商店街の通行量の増加」などに貢献できるはずがないのでありまして、万一、読者においてそのような認識をお持ちの関係者がいらっしゃったら猛省してください(笑

 さて、アンテナショップ・よろーやさん。
四日市商店街振興組合が目下取り組んでおられる「個店経営研修事業」に参加、その最先頭に立って「キラリ繁昌」の実現を目指して奮闘中です。
責任者である金光事務局長さんの参加店会議における報告によれば、スタート直後にもかかわらず、既に顕著な成果が挙がっているそうです。

 キラリ繁盛店づくり、最初の成果は“方法と方向が分かればなんとかなる”ことがスタッフ全員に共有されること。そうすれば、見る目が変わり、問題を発見する力が変わり、解答を考え実行する力が変わります。お店がどんどん変わり、同時に「意欲」が増し、「基礎体力」が増強され、「方法と方向」がより的確になっていく、という「プラスのスパイラル」が発動します。

 四日市商店街振興組合では、「門前町だより」と題する機関紙が定期発行されています。商店街では珍しいことですね。
最新号によろーやと個店経営研修事業について、理事長さんが書かれています


 次の研修は再来週の月・火、各参加店の業容と皆さんの「三脚構造」、どれだけ変わっているか、わくわくしています。


 商店街活性化事業の一環として取り組まれる「よろーや」的事業(「街の駅」とか「地産地消施設」とか)を成功させるには何が必要か?

 久しぶりに【商店街起死回生】コーナーで考えてみたいと思います。課題を持っている人は参加してください。

海外メディアの『報道の5原則』

週刊上杉隆
 http://diamond.jp/series/uesugi/10111/?page=2

引用スタート****************
たとえば、原口大臣はツイッター上で、海外メディアの「報道の5原則」をつぶやき、記者クラブメディアを牽制している。

 原則1「推定無罪の原則」(最初から有罪であるよう印象づける報道はしないこと)

 原則2「公正な報道」(検察の発表だけをたれ流すのでなく巻き込まれた人や弁護人の考えを平等に報道すること)

 原則3「人権を配慮した報道」(他の先進国並みに捜査権の乱用を防ぐため、検察・警察の逮捕権、家宅捜索権の行使には、正当な理由があるかを取材、報道すること)

 原則4「真実の報道」(自主取材は自主取材として、検察・警察の情報は、あくまでも検察・警察の情報である旨を明記すること)

 原則5「客観報道」(問題の歴史的経緯・背景、問題の全体構図、相関関係、別の視点などをきちんと報道すること)

http://twitter.com/kharaguchi
引用終わり******************

 

商店街賦活の論理と戦略

 かってtakeoが書いた冊子のタイトルです。
今朝起きて机の上を見ますと、あら不思議、載っていました(笑

 目次立ては次のとおり。

問題の所在
Ⅰ 商店街賦活の論理
Ⅱ パラダイムの転換
Ⅲ 商店街のパターンランゲージ
Ⅳ 街のイメージとデザイン

 冊子発行の目的は、
“・・・・、第一に商店街の再興に取り組もうとする人たちが、その前提となる「賦活のための構想の策定」に必要な共通の認識を作り上げるためのたたき台を提示することを目的にしています。
 さらに、厳しい環境にあって「構想づくり」だけに3年も5年も掛かっていては変化に対応できません。最長2カ年で「情況認識」、「賦活の構想」の作成、個店の転換の方向の決定をすべてやり遂げ、平行して個店の転換のための技術の開発を行うことを可能にする「戦略」を提起します。”
ということでした。

 今、ざっと読み返してみると、「論理」についてはおおむね妥当ですが、「戦略」が弱い。というか、“キラリ繁盛店”、“店から線、面への展開”といった現在メインになっている実践段階についてはほとんど触れておりません。

 当時は、「商店街活性化構想」をどう作るべきか、という問題意識が強く、戦略については「構想」でそれぞれ展開すればよい、と考えていたのかもしれません。
当時、商店街活性化構想といえば、街区の整備と高度化事業、イベントと相場が決まっていましたから、それに対する批判も書いています。これは今でも結構通用する内容です。

 問題は当時も今も、論理と戦略をどう普及させるか、ということ。こんなところにも“「中味さえ適切なら必ず売れる」ということはない”という「市場原理」が貫徹しているわけです。

 全体として表現はしゃちほこばっており、これでは誰も食指が動かないだろうな、と我ながら反省しきり。
 しばらくたって、「繁盛店づくり」について執筆することになった出版社の人と“学校の教科書じゃ無いんだから”と言い合ったことなどもを思い出しました。

 さて、「商店街活性化の論理と戦略」については、最近、実務を担当されている人たちから一冊にまとめたらどうかというリクエストをいただくことが間々あります。また個店レベルの「キラリ繁盛店づくり、必ず成功する方法と方向」についてもお誘いを受けながら、着手出来ずにいます。
「論理と戦略」と「繁盛店づくり」は、商店街活性化に取り組んでいくにあたっての「車の両輪」、たまたま、というか、昔の冊子を手にしたので、あらためてこれを契機にスタートしようかしらん、などと考えた早朝のひととき、今午前六時をまわったところです。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ