FC2ブログ

自己実現風評

社会学方面では「自己実現予言」という言葉がありまして、あることを予言したことで関係各方面がその予言を踏まえた行動を取るようになり、結果として予言が実現してしまう・・・、ということですね。

 話題は「デフレ」。
一昨日でしたか、「副総理・戦略担当」大臣さんが「デフレに入った」と宣い、メディアが大きく報じました。
他方、「デフレ対応の責任者」と目されている日銀総裁は、“価格の持続的下落をデフレと定義すれば、現在はデフレにちがないないが・・・”と歯切れが悪いこと。

 デフレ=持続的な価格下落という定義はいつだれが言いだしたことか?

 持続的な価格下落の要因にはあれこれと異なる原因があり得るのでありまして、“いかなる原因であれ、価格が下落すればそれはデフレだ”というのは、街なかに立っている三色のものは全部交通信号だ、というくらいひどいデタラメでありまして、価格下落なら即デフレ、デフレといえば流動性の不足、日銀は金利を下げよ、というのはあまりといえばあまりな短絡です。

 今日の「デフレ論議」のレベルは「風評」の域でありまして、自らを「古典派(つまり昔開発され・流通した理論)」を名乗って恥じない自力思考省略の「経済学徒」の面々の“価格下落と聞けばデフレと答える”昭和初期の流行歌的レトリック似すぎないのですが、恐ろしいことに、「価格下落」にデフレのレッテルが貼られると、これが社会を席巻、戦術としての価格下落のはずが、もはや誰も逆らうことの出来ない趨勢としての価格下落に変わってしまう。

 つい先ごろのデフレ騒動は、マックの低価格路線が引き金を引いたものでした。

 デフレといえば、その大元は「需要不足」、これまでどおりにものが売れていかない、という事態を指します。
公共投資で人為的に需要を喚起、「乗数効果」によって所得を増やし、消費ー需要を拡大する、というのがケインズさんの手法でした。当時はホントに物を買おうにもお金が無い、という状況が合ったわけです。

 今日起こっている需要不足に起因する売り上げ不振への対策として展開されている「低価格路線」をデフレと勘違い、「デフレ襲来」と騒ぎ立てる人は、マック騒動からどういう教訓を得たのか。
鶏は三歩歩くとすっかり忘れる、といいますがホントに忘れるのは鶏では無さそうです。

 デフレとはなにか?
突き詰めて考えていくと、経済学の至らなさ、というか、いまどき自らを「古典派」「新古典派」と色づけして恥じない皆さんの至らなさを痛感することになります。

 言うまでもなく、デフレ風評は「一億総中流・ラグジュアリィニーズへの対応」という日本経済・起死回生の方向に鋭く対立するものでありまして、これはもう有志各位は断固として反対し、実際の行動に於いて対案を出していかなければならない。

「個店経営研修事業」はとんでもない状況において取り組まれるわけですが、環境変化の三点セットをきちんと理解したうえで、ラグジュアリィ局面への提案という路線からぶれないように、参加者は覚悟を決めて取り組むことが肝要です。

デフレ論議は、【理論創発】で行います。

「個店経営研修事業」のお奨め

 ご存じ㈱全国商店街支援センターが実施する、“商店街活性化の核となる「キラリ輝く繁盛店」づくり”事業です。

 実施の要件は、
○同一or隣接する商店街で最少催行参加者5名を確保すること
たったこれだけです。
そうそう必要経費は各人参加料として一万円をセンターに支払うこと。
これで「キラリ輝く繁盛店」への変身が出来るわけですから取り組まない法はありません。ただし、「キラリ輝く繁盛店」はクオールエイド流の専門用語ですから、実現の方向と方法、当社は持っていますが他は分かりません(笑

 当社は目下三個所で取り組まれている当事業を支援しています。スタートしたばかりですが、既に目標達成のめどは立っています。スタート以前には分からなかったことが、すっきりしています。
 当初はクオールエイド流商人塾の取り組みを補完補強できればと思って、商人塾に取り組んだ経験のあるところに限って(ポスト商人塾)支援するつもりでしたが、実際に事業がスタートしてみるとこれは商人塾の後でももちろんOKですが、商人塾未開催のところが商人塾の「試行」として取り組むのもいいことが分かってきました。
プレ商人塾、ですね。

 この事業の取り組みは、
全体研修 スタートと総括の2回
臨店研修 合計4回
その他、通信(ファックス)研修3回、臨店研修と時を同じく開催される参加店会議4回という都合3カ月強の取り組みとなるカリキュラムですが、当社は、参加各店について終了段階の売り上げを前年同月対比で10%(状況では20%)アップする、という統一目標を達成する方向と方法を開発、既に実施段階に入っています。

 一店逸品とか百縁商店街ではどうも、と考えておられる皆さん、この際当事業への取り組みを検討してみられては如何ですか?
なんの準備もないままで取り組んで3カ月後には前年同月対比10~20%の売り上げアップ、それも
①お金を掛けず
②販促・バーゲンは禁止
③粗利率はキープ
という条件の下で達成します。
ウソみたいな話ですがホントです。

 事業の公募期間はとっくに過ぎているようですが、熱意があればなんとかなるかも知れません。
当社のキャパもOKです。
是非検討してください。
善は急げ、支援センターへのさっそくのお問い合わせをお奨めします。
㈱全国商店街支援センター:
http://www.syoutengai-shien.com/support/outline.html
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ