FC2ブログ

自慢と自満

 高水度自慢率漸増の法則。
①水商売とは、喫茶店、ビアホール、居酒屋、レストラン、料亭、スナック、バー、クラブ、キャバレーなどの総称である。
②水商売には「水(みず)度」というものがあり、それは①の順所で高くなっていく。
③水度が高くなっていくにしたがって、そこで交わされる会話の自慢度が高くなる。

ドーダとは何か?
ドーダとは自慢である
人に誇りうるものである
と同時に、人に羨まれるものである

 自称西荻窪学派―ドーダ学の鼻祖・東海林さだお氏は、“社会はドーダで成り立っている”ことを喝破しています。
:東海林さだお『もっとコロッケな日本語を』文春文庫
ドーダ=“どんなもんだい”です。

 創唱者のフィールドワークについては、上記の本を求めていただくとして。

“ドーダ理論は世界最強のグランドセオリーだ”という惹句を引っさげて登場したのが『百貨店を発明した夫婦』でおなじみの鹿島茂さん。
“ドーダとは自己愛に源を発するすべての表現行為である”
という「加上的・方法としてのドーダ」を駆使して幕末~明治初期のあれこれを解明しています。

鹿島茂『ドーダの近代史』朝日出版社

“社会がドーダで成り立っている”ならばそこから“歴史はドーダで説明できる”は地続きです。

①水戸藩はなぜ尊皇攘夷派を輩出したか
③大政奉還~江戸開城をめぐる徳川慶喜VS西郷隆盛の死闘
④西郷隆盛の変身と西南の役
を軸に、当時の情勢・経緯を解明しています。
もちろん、話は登場人物相互のドーダのやり取りです。

 中でも出色なのが江戸無血開城に至る駆け引きでありまして、これはご承知のとおり、西郷VS勝海舟による頂上会談で決着しますが、これに先立って勝との共同謀議をもって山岡鉄舟が静岡に赴き、西郷と直談判をします。これが首尾にいったからこそ、西郷・勝会談に至るわけですが、疑問は“はて、山岡は何を材料に西郷を説得したのだろうか?ということですね。
 山岡は勝から書簡を預かっておりまして、もちろん、この書簡が大きな役割を果たすわけですが、そこには何が書かれていたか? 
表見、大したことは書かれていないのですが実は・・・。 

 和平の条件などを書き連ねた書簡を送れば直談判にこぎ着けられる、という状況ではなかったのでありまして、では何が西郷の方針を転換させたのか。謎です。
というか、この謎をモノの見事に解明してしまったのが、恐るべし、ドーダ学、一体山岡鉄舟の駿府行きは何だったのか?
鹿島流による解明は読んでからのお楽しみ。

 方法論的ドーダ学による西郷の後半生の分析にもうならされます。幕末、テロリストの親玉だった西郷が戦争末期から「人間が変わった」のはなぜか?
そこには実は山岡鉄舟との静岡における談判の体験が大きな影響を及ぼしているのだ・・・。

 ということで、興味が湧いた人は是非、『ドーダの近代史』をば。

 さて、ドーダ学によれば人間の表出行為はすべて“ドーダ”、“どんなもんだ”である、ということで“人間は自己愛の塊だから隙あらばドーダしたいと考えている”というのがドーダ理論のエッセンスです。
遠く異朝をとぶらへば(ドーダ!)、これはヴェブレンの「顕示的消費」に連なっていることはすぐ分かる。

 社会・歴史学方法論としてのドーダ理論、その解釈力は歴史法則主義、民族主義、家族主義といった既存のグランドセオリーに勝るとも劣るものではありません。

 で、いよいよここからが本論でありまして。

 わが「ラグジュアリィ」は「ドーダ」なのか、それともドーダ(自慢)ではない、周囲にはお構いなしの純粋自己満足(自満)というジャンルが有るのか無いのか。
ということで、興味のある人は是非、どこかに意見をどうぞ。

業容の進化発展は基礎体力の強化から

 「通行量の増大」を目指す取り組みが、商店街活性化の実現に結果を出せないことが明らかになるにつれて、これからますます“こうすれば商店は繁盛する”といった提言が増えてくることが予想されます。(増えてこない=従来どおりの通行量増大策に終始するようではあまりにも進歩がない!)

 「こうすれば」ということで提言される「繁盛への道」、それがどういう方向&方法であるにせよ、自力中心で取り組むことが必須条件であることは間違いありません。

 そうしますと問題は、はたして自分・自店は「こうすれば」と提言されている「繁盛への道」を歩いていくために必要な「基礎体力」を持っているだろうか?
ということですね。
もちろん、これは単に各個店が自問すべき問題であるとともに、中心市街地・商店街活性化に取り組む関係各方面も“いったいうちのまちの商業者の基礎体力はどうなっているのか、「活性化実現の方向と方法」を実践していくだけの基礎体力を持っているだろうか?”ということは、当然のことながら自問してみなければならない。

 答えは決まり切っておりまして、
自問:基礎体力を持っているか?
自答:持っていない
ということですね。
イヤ持っている、という人はその基礎体力は商店街・個店のどこにどのように実証されているか、きちんと説明すべき。
説明不能ならそれは単なる希望的観測、です。

 したがって「活性化実現の方向と方法」の提言は、「道」を示すと同時に、道を歩いていくための「基礎体力」を強化向上する方法も併せて提案しなければならない。
早い話。「店前通行量を増やす」という方針を掲げるなら増えた通行量を自店のお客に転化させる仕組みを考え・実現する「基礎体力」をどう装備するか、という問題を避けて通ることは出来ません。
出来ますか?

 さらに。 
「活性化への道」は正しい道を選択すればそれでOKというモノでありません。お客のニーズはどんどん変化していきますから、これに対応し続けるためには(そうしないと持続的繁盛は出来ません)、売場は変容を続けなければならない。
「基礎体力」は、“売場に必要な進化発展を実現していく能力”という「応用」が効かないと本物ではありません。

 提案される「繁盛店づくりの方向と方法」、本物かどうかを見分けるカギは、「繁盛実例」の有無だけではなく、将来にわたって自力進化を保証する・応用可能な基礎体力とそれを使いこなす能力の涵養という課題があることを示し、かつ、取り組みのなかでその能力を確保している方法を持っているかどうか。

 第一に、そういう問題があるのだということを自覚しているかどうか?
第二に、問題にとりくんでいく方法が納得出来るか?

 「基礎体力」という概念は繁盛店づくりに不可欠ですが、他ではあまり使われておりません。
使わなくてもいいのですが、要は、「必要な能力を装備する必要性と装備する方法」が提案されているかどうか、ということです。

常連各位にとっては今さら言うまでもないことですが、
①基礎体力をめぐる議論はほとんど行われていない
②たまに見かける論議も的を得ていない
という状況であり、このまま行けば基礎体力無しで冬のエベレストに登るようなもの、滑落・凍死お望み次第。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ