FC2ブログ

看板倒れの中心市街地活性化

 中心市街地活性化フォーラムといえば、毎年、全国各地で取り組まれていますが、案内などを見ると、先進事例のレポートと各地のリーダーさんたちの取り組みで得た教訓の発表というい内容のことが多いようです。

 いうまでもなく、先進事例も教訓も“そのとおりにやれば上手く行く”というものではありません。

 旧法当時から数えれば10年にも及ぶ「先進事例」における取り組みの成果を、10年間、まったく取り組みを前進させられなかったところがマネしようと思ってもマネできるはずがない。
先方で成功事例として結実しているのは10年に及ぶ営々とした取り組みの蓄積ですから、これまで各種事業に一過・単発で取り組んできた都市が右から左に追従できるはずがない。
うちでは出来ない、と嘆息するくらいが関の山です。

 この期に及んで軽々に「先進事例に学ぶ」などということは考えないほうがよろしい 活性化フォーラムといえば、セミナーと先進事例視察がセットで企画されることが多いようですが、今ごろになって“先進事例(有ったとして)に学ぶ”というのは遅すぎです。

旧法当時から数えれば10年にも及ぶ「先進事例」における取り組みの成果を、10年間、まったく取り組みを前進させられなかったところがにわかにマネをしようと思ってもできるはずがない。
先方で成功事例として結実しているのは10年に及ぶ営々とした取り組みの蓄積ですから、これまで各種事業に一過・単発で取り組んできた都市が右から左に追従できるはずがない。
うちでは出来ない、と嘆息するくらいが関の山です。

 この期に及んで軽々に「先進事例に学ぶ」などということは考えないほうがよろしい。

 そもそも。
反省しなければならないのは、わが都市は、中心市街地活性化という課題に取り組み、これを着実に推進していく基礎体力を関係各方面が持っていただろうか、ということでありまして。

 あらためて考えてみますと、関係各方面、支援にあたる専門家方を含めて必要な能力を持っていなかった、だから取り組みが上手く行かなかったのだと総括しなければならない。

 ちゃんとしたプランナーなら、「都市の現有能力」を勘案しつつ、分相応の「活性化への道」を描きあげる能力を持っているわけですが、あいにく、これまで中心市街地に出没しているプランナーさんたちは等身大のシナリオを描くのに必要な能力を持っていませんでしたし、都市内部にはプランナーの力量を看破する能力がなかったということで、無い無い尽くしの取り組みだったわけです。

 計画は、関係者の基礎体力の力量に見合った中味になっていないと動きません。
実効ある基本計画を作るためには計画作成に先だって、我が中心市街地活性化の推進に動員可能な基礎体力・経営資源についてちゃんと棚卸ししておかなければならない。もちろん、その結果は基本計画の根拠として計画内に記載しておかなければならない。我が中心市街地の「問題情況」というわけです。
しかし、残念ながら、取り組みに動員可能及び推進のプロセスで調達可能な基礎体力&経営資源についてきちんと記載している基本計画は一つもありません。

 さて、基礎体力の状況に関わらず、中心市街地活性化に取り組み、実現可能だということにするには、“住む人来る人を増やせば街は活性化できる”という通行量原理主義はまたとない根拠になります。
何しろ、商店街の現状、個店の力量などとは無関係にひたすら「住む人・来る人」を増やせば、その結果として商店街は活性化する」、ということですから、めんどくさい状況分析などはそっちのけで「人出増加作戦」に集中すればよろしい。

 通行量原理主義を採用している基本計画が多いのは、そういう利便性が動機になっているのかも知れません。
実際のところは、なぁ~んも考えずに作った、ということでしょうけど。

 ということで、中心市街地活性化、これまで上手く行っていないところは、従来の計画、取り組みの延長上で実現できるということはありません。
これは声を大にしていっておかなければならない。
新法も中心命題である「商店街活性化事業」を“商店街を活性化するために取り組む人出を増やすための事業”と考えていたのでは、従来の路線の取り組みに補助率が上がっただけ、ということになりかねません。

 商店街の通行量と物販個店の賑わいとの間には、因果関係はおろか、相関関係もありませんからね、いつまでも“商業はまちの花”などというガセネタに踊っていると、他ならぬあなた自身の商売が立ちゆかなくなってしまいます。

 商店街の皆さんは、それぞれ上位計画である基本計画の進捗状況に関わらず、自らの店・まちの活性化(=商売繁盛)をほんとうに実現できる方向と方法を見つけ出し、自分たちの自助努力でその道を歩き始めなければならない。

 ぼけっと付いていったあげく、“間違っていた”と誰もが気づく段階になって、その間違いに真っ先に代償を払うことになるのは、他ならぬ商業者の皆さんですからね。

 ということで、中心市街地活性化の再構築は、
“中心市街地に「商店街・ショッピングの場」を再構築する
”という一点に集中した取り組みにすることが不可欠です。
もちろん、「ショッピングの場の再構築」は、マンション建設やイベント事業などが束になっても叶わない大事業です。
この大事業を one of them として取り扱ったのがこれまでの活性化の間違いでした。

 繰り返しになりますが、繁昌する商店街を再現する=ショッピングの場の再構築は、他の仕事と掛け持ちで取り組めるほど生やさしい仕事ではないということに気づかないと、中心市街地活性化という大看板は早晩朽ち果ててしまうことになります。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ