FC2ブログ

渋谷新宿百貨店巡り

 朝九時韮崎出発。
新宿で高島屋、丸井、伊勢丹、アルコットを視察。
渋谷に移って東急、西武を見ました。
一押しの東急本店には久しぶりで行きましたが、takeo的にはその業容は群を抜いています。ただし、賑わいは芳しくありません。
ギャルの街渋谷、ギャルの殿堂109の奥という立地も影響しているわけですが、自ら撒いた種かもですね。

 西武のほうが明らかに賑わっていましたが、両百貨店を比較しながら思い出せる人はお分かりのように、土地柄が東急向きではないということでしょう。

 経路の109もチェック、凋落ぶりをこの眼で確認しました。
夏物セールで全館3~5割引、しょっぱなの土曜日、天候晴れ、午後1時現在で「賑わい」はありませんでした。
世代交代の時を迎えたのかも知れません。

新宿方面は、どうしようもないですね。
高島屋さんでは、男子社員がクリアランスセールの呼び込みをしていましたが、聞くに堪えません。ジャスコとの差違はハンドマイク使用の有無だけ、声の張り上げた方、アピールの内容などまったくおんなじ。

 百貨店の業態としての低迷は、何処も同じですが、特に中活法のスキームで中心市街地活性化に取り組む規模の都市にとって百貨店の活性化は取り組みの柱の一つですが、ご承知のとおり、殆ど取り組まれておりません。
“百貨店が活性化に取り組むといっている”ことを頼りにしている向きもあるようですが、「取り組む」といったからといって成果を上げることは出来ない、ということでは百貨店も商店街の中商商店と同様でありまして、百貨店企業の経験・ノウハウではどうにもならないのが「地核変動」ですから、中心市街地・ショッピングコンプレックスの重要な構成員として一体的な取り組みを構築することが必要ですが、このことについて問題意識を持ち、百貨店活性化の方向と方法について提言を持っている基本計画は皆無です。

 タウンマネージャーさんのウデの見せ所であり、“百貨店活性化との一体的取り組みの必要性”に鑑み、基本計画の所要個所の見直しに取り組むというのは、狙い目だと思います。
既製の基本計画による活性化を請け負ってしまっているマネージャーさんにとって、基本計画を「自分色」にする絶好の機会だと思います。

 もっとも、「自分色」をちゃんと持っている人にとってのことですが。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ