FC2ブログ

『基本的な方針』を理解する

 『中心市街地の活性化を図るための基本的な方針』(平成18年9月8日・閣議決定)のことです。これを理解せずに中心市街地活性化のスキームを理解することは出来ません。

 中心市街地活性化について云々するにあたっては、「法(新・旧)」を消化しておくことはもちろんですが、同時に『基本的な方針』について、理解しておくことが不可欠です。
理解していなくても「認定」は得られるかも知れませんが、活性化を実現することは出来ません。

 『基本的な方針』を理解するには、前もって適切な商業理論を装備しておくことが必要です。理論についてのキャップライト理論では、誰もがアタマの中に装備している理論のをライトに対象を観察し理解するとしています。 この理論を信じようと信じまいと、人は理論(知識)無しでは対象を理解することが出来ません。
“先入観無しにものごとをありのままに見る”というのは,人間にとって不可能ですね。
 
 『基本的な方針』もまた知識抜きでは、まったく理解できない代物でありまして、特に「小売商業」に関する知識が無い人がこれを読む場む場合、スラスラと読み下すことになんの造作も要らないかも知れませんが、目的である中心市街地活性化、その肝となる商業・商店街活性化の実現を前提とするなら、スラスラ読み下せばOKということにはならないわけです。

 だからといってその読み解きに必要な前提知識を今からそれぞれが構築するというのも難儀な話ですから、当社的読み解きを提供します。
ご存じの方も多いのですが、これは先に【都市経営コーナー】で行った作業です。
既に《過去ログ》に収納されており、サイト内検索でもヒットしなくなっていますので、あらためて紹介しておきましょう。

①『基本的な方針を読む』

②『基本的な方針を読む (2)』

③『基本的な方針を読む (3)』

④『基本的な方針を読む』 (4)

⑤『基本的な方針を読む』 (5)

⑥『基本的な方針を読む』 (6)

⑦『基本的な方針を読む』 (7)

⑧『基本的な方針を読む』(まとめ)

メ インテーマである商業の活性化を中心に、総論と推進体制について考察しています。
これで、『基本的な方針』全文をはるかに超えるボリュームになっていると思いますが、専門家として取り組もうとすれば、この程度の読み解きをして、関係者にレクチュアするというのは当然の話。余りにも当たり前すぎてこれまで話に出ませんでしたが、実際には基本計画作成プロセスでの議論や活性化協議会の会合においてこれが説明されることは殆ど無かったようです。これは商業についてきちんとした理論的な理解を持っていないと、実効ある基本計画作りに役立つような読み方は出来ません。

 ということで、今さらながらの作業ですが読破されることをお奨めします。
特に、タウンマネージャー業務の担当者は肩書きの如何に関わらず、①自分できっちり理解する のみならず、②関係者にしっかりレクチュア、理解の共有を実現することが肝要です。実現しないといつまで経っても先に進めません。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ