FC2ブログ

フランクリンの十三徳

 マックス・ヴェーバーが根拠も示さず、「資本主義の精神」と持ち上げた?ベンジャミン・フランクリンが説く成功への十三の徳。

1.節度 頭が鈍くなるまで食べるな、酩酊するまで飲むな
2.沈黙 他の人あるいはお前に役立つことだけを語れ。無意味な雑談を避けよ。
3.整頓 すべての事物にその場所を持たせ、お前の仕事のあらゆる部分にその時間を持たせよ。
4.決断 お前がしなければならないことを事項するべく計画せよ。お前が企画したことを間違いなく実施せよ。
5.節制 他の人あるいはお前自身に善事を行うこと以外に支出をするな。これは浪費するなということだ。
6.勤勉 時間を失うな。常に有益なことに取り組め。すべての無用な活動はやめよ。
7.公正 けして有害な虚偽を用いてはならない。無邪気に正しく考えよ。そしてお前が語るときはそのように語れ。
8.正義 お前が不正を行うか、あるいはお前の義務である善事を怠ることによって、何人をも害してはならない。
9.中庸 極端を避けよ。お前にそれ阿がたいすると考えられる以上に侮辱を強く感じ、あるいは悪くとってはならない。
10.清潔 肉体、衣服あるいは住居内の不潔を我慢してはならない。
11.心の安定 小事についてあるいは通常の不幸あるいは不可避の災難について、不安になってはならない。
12.貞潔 性交は健康あるいは子孫を残すためにのみ行なえ。けして愚鈍になるほど、体が悪くなるほど、あるいはお前自身あるいは他人の心の平和や名声をおびやかすほど、これに耽溺してはならない。
13.謙虚 イエスとソクラテスを手本にせよ。
(引用:ゾンバルト『ブルジョワ 近代経済人の精神史』中央公論社 1990)

ということで、拳拳服膺されている人もあることでしょう。

 しかるべき人たちから信用を得るためには、という〈処世術〉ですね。一部プロテスタント宗派でも同じようなライフスタイルを追求するのですが、それはひとえに「神に選ばれた存在」であることを顕現するためです。

 初期資本主義に不可欠だった「信用」を得るため?フランクリンが推奨するライフスタイルと、別の動機からするプロテスタントのライフスタイルとの「親近性」をもって、資本主義はプロテスタントから生まれた、とするのが「ヴェーバー学派」の主張です。
 
 ご承知のとおり、米国では「人生を成功するの法」を説くというジャンルがありまして、takeoはほとんど無縁ですが、なにかの拍子で一冊だけ読んだことがあります。
ロバート・J・リンガー『複眼の論理』三笠書房
これはお奨め。古書店にあるようです。

上記、ゾンバルトの本はお薦めです。Y5,300と高めですが定額給付金でどうぞ。理屈抜き?で面白く、すらすら読めます。ヴェーバーなどとは大違い。学術書の第一要件はスラスラ読めることだとtakeoは確信しています。
買って後悔することありません。

ゾンバルトはこれから社会学の新しいアプローチを導く存在として一挙に復権するはずです。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ