FC2ブログ

脱成長経済時代の構想力

 “今日の日本の経済の最大の問題は、グローバルなスタンダードに合わせて競争力を如何に回復するかという点にあるのではなく、いずれに低成長、人口減少、高齢化、消費意欲の減退を甘受せざるを得ないという条件のもとで、いかなる形で「生の確かさ」、生活の確実な基盤を構想し、そこへ向けてどのような経済的な条件を整えていくか、という点にこそ求められるべきであろう。
 グローバリズムにいかなる形で対応し、あるいはいかなる形で距離をとるか、日本型経済をどうするかという問題は、あくまでそれと連動した事柄なのである。
 だからたとえば規制緩和、自由な競争市場が全面的に正しいという議論はほとんど意味を持たない。規制緩和が必要な領域もあればむしろ規制強化、強力な行政権限が必要な領域もあるということであろう。それを見極めることは、この低成長経済の中での社会生活の構想、国家についてのビジョンをある程度もっておかねばならないのである。”
(佐伯啓思『ケインズの予言(PHP新書1999年)』P206)

 “百年に一度の暴風雨”をバブルの崩壊によるものと見るのは今日多くの人に一致していますが、ではバブルはなぜ崩壊したのか、イヤ、そもそもバブルはなぜ発生したのか、ということを突き詰めると、起きているのは暴風雨ではなく地核変動ではないか。
 というか、単に質の悪い不景気が続いているのだとか、そうではなくて百年に一度という規模の不況だとか、見方はいろいろ出来ますが、引用したような条件のもとで地域経営を構想していくにあたっては、当ブログが日頃主張しているように日本の経済社会は「地核変動」のさなかにあり、われわれが的確に対応することを迫られているのは、この「地核変動」期を新しい地平に向けて如何に上手に乗り切っていくか、という視点が不可欠です。

 当ブログではめざすべき方向を「時間堪能型社会」と定義していますが、特に「中心市街地活性化法」のスキームを活用して中心市街地~都市全域の活性化に取り組もうとする人口20万規模程度以下の多くの都市にとって、都市経営の全方位的な努力の一体的な推進によって取り組む課題を「時間堪能型社会への対応の推進」とすることは、疲弊する都市経済、混迷する都市経営を再構築する唯一の方向ではないかと考えられます。

 ご承知のとおり、当サイトのキャッチフレーズは、“中心市街地活性化の成否は自立的都市経営の試金石”ということです。
都市経営がめざすべき方向をどう定めるかということは、当面,都市経営上の最重要なテーマです。
テーマの設定を間違うと解決不能なコンフリクトが多面・多重的に発生し、経営不能に落ちって行くというのがこの規模の都市の見やすい将来ではないでしょうか。
 
 中心市街地・商店街活性化のテーマを「ラグジュアリィ・ニーズに対応するショッピングゾーンの構築」と掲げることは、広域商圏において将来にわたって事業機会を確保するという目的を達成するためですが、それは同時に都市が総力を挙げて対応しなければならない「時間堪能型社会への移行」という課題への試行という側面を持っています。

 一般に都市再生の取り組みの中核を担うのは地域中小企業者であり、もちろん、その有力なグループの一つが「中心市街地活性化法」のスキームを活用しながら個店・商店街・中心市街地の活性化に取り組む中心商店街・独立自営商業者です。

 というように考えますと、現在の中心市街地活性化の取り組みに欠けているのは、「転換期」という時代の性格を見据え、地核変動期・脱成長経済時代の生活はどこをめざすべきか、どこをめざそうとしているか、その兆候はどこに現れているかということを見極め、対応の方向と方法を構想する、というもっとも基本的なことです。

 わが商人塾では早くからこの方向と方法を提唱し、共鳴する皆さんと実践しているところです。さいわい、このような時期においても塾生の皆さんの業績は好調のようです。
中心市街地活性化、今必要なのはあれこれの施策に取り組むことではなく、その基盤となる中心市街地が進むべき方向と方法を定めることであり、その延長上にはもちろん、都市自体が新しい時代における安定・安心・安全を確保していく方向と方法を構想する、という課題への大きな貢献があると思います。


※冒頭で引用した佐伯さんの本は以前も紹介したところですが“幻想のグローバル資本主義”というテーマで書かれた新書二冊セットの下巻です。上巻『アダムスミスの誤算』と合わせてご一読をお奨めします。 

総会の季節が終わって

 関係各方面の総会が終了し、いよいよ各種団体、本格的なお仕事の季節がやって参りましたが、新年度の事業計画はどうなっているでしょうか。

 事業計画、基本方針の枕ことばは“百年に一度の大暴風雨”に的確に対応する、と決まっていますが、いつものことながら「何をもって百年に一度と見ているのか」という肝心要についてはどう説明されているのか。枕ことばだけで本文無しでは(商店街の活性化同様)打つ手は見えていないはずです。
この時期、各団体の去就は組織の内外から注視されており、もちろんそのまなざしは一昔前とは雲泥の差です。

 という時期において、“適切に対応する”はずの事業計画の中味は、「昨年度の事業+国の補正予算の受け皿」という、まあ、端的に言って“従来どおりの事業感覚、お仕事感覚で百年に一度にたち向かおう、ということではお話になりません。
ですよね?

 もちろん、中には補正予算を奇貨としてホンキで「百年対策」に取り組もうとする組織団体もあるはずでありまして、当社にも商人塾のオファーが来たりしているところですが、こういうところは例外中の例外ではないでしょうか。

 「百年に一度」という状況に、“ここ二、三十年ばかり取り組んできたがほとんど成果を挙げられなかった”レベルの事業で立ち向かおうとしているところがほとんどではないか、というのが当社の見立でありまして、それも状況と取り組みのミスマッチ(これはやむを得ない点もある)があることを自覚さえしないまま、旧態依然の一年を繰り返そうとしている・・・。

 中心市街地活性化関連でこのところ掲げられるスローガンを見ますと、
○賑わいを創出する
○住む人来る人を増大する
○コンパクトシティをめざす
○アクセル&ブレーキを活用する
○所有と利用の分離を進める
などなど盛りだくさんです。
中にはいつの間にか誰も口にしなくなったものもちらほら。

 本当のところ、これらのスローガンは進行する「百年に一度」への対応策として打ち出されていなければもの役には立たないですが(百年に一度=リーマン破綻ではない)、実際のところは、まさか中心市街地活性化は「百年に一度」への適切な対応として取り組まないと効果を挙げられない、ということなど思いもよらないまま、もっぱら表見、スローガンに合致しているかのような事業に取り組んできたものでした。

 そもそも。
上記のようなスローガンとは無関係の条件にある各種施設、百貨店やショッピングセンターなども「百年に一度」に遭遇してのたうち回っている時代に、「スローガン+既存パターンの事業」で結果が挙げられるはずがありません。
いずれも、上記のスローガンに関わることのうち、自分で出来ることにはすべて取り組んでいますからね。

 最新スローガンは、「所有と利用の分離」ですが、ご存じのとおり、これは高松市丸亀町商店街が「成功事例」とされているようです。
(当事者の名誉のために言っておきますと、同商店街の皆さんは「成功事例」とはけして思っていないそうです)
“所有と利用の分離”で成功した事例があるならうちでも取り組んでみようか、商店街ぐるみでは難しいが空店舗が集まっている一角ならなんとかなる、ということで藪から棒に「空地空店舗を集約して商業施設を作る」という路線が出てきたりしています。

 丸亀町商店街の取り組みについて、詳細は【都市経営】コーナーで検討中ですからそちらを参看していただくとして、丸亀町の事例をもって“これからは所有と利用の分離だ”などとはしゃいでいるのは誰か?
という興味深い疑問がありまして、はしゃいでいるのは従来から活性化に取り組み、挫折を繰り返してきたにもかかわらず、なんの総括も行えないまま十年一日、支援施策が変わるたびにいちはやく飛びつき、つまみ食いしてきた人たち、です。

 一部スローガンを弄んでいる人を除けば、“空地空店舗を集約して商業(集客)施設を新設すれば街は活性化できる”と考えている人はほとんどいないと思いますが、それでも声の大きな人たちによって“商店街活性化のため、商業者のため”に取り組もうとされているのが中味不問の「所有と利用の分離」です。

「所有と利用の分離」とは、不動産の活用法のこと、それ以上でも以下でもありません。この手法を使って何を作れば街の活性化を牽引できるか、というの「所有と利用の分離」以前にしっかり考えておかなければならない問題です。
あのですね、百貨店、ファッションビルが撤退する中心市街地にですね、これから立地して成立する、なおかつ中心市街地全体の繁盛の核となるという力を持った商業施設とはどういう内容を持っていればよいのか?
考えてみたことがありますか?

 何にどう使うか、というレベルで成功する可能性の高い企画を用意しないまま、空地空店舗を集約してハコを作ろうというのではお話になりません。
いったい、これまで各地の事例をどう見ているのか、ということで暗澹となりますね。

 こういう話の「合意形成」などに時間とお金を掛けるよりも“今すぐ売り上げを好転させなければならない”各個店のせっぱ詰まった状況を打破することが先決だと思いますが。

 この時期、大型空店舗やら空地やらをなんとかすることで「集客核」を再建、その集客力をもって商店街を活性化するという路線は、「所有と利用の分離」という言葉さえ使われませんでしたが、全国各地でさんざん採用され、ことごとく挫折していることをお忘れなきよう。
中心市街地への大型施設の建設はなぜ失敗するか?
その理由及び代替策が分からない関係者には当社が用意している「勉強会」をどうぞ。

 おっと、勉強会の開催そのものに難色が示されるわけですか。
さて、どうすれば突破出来るのか?
突破しないことには新年度も旧年度同様の一年間になってしまうことはまちがいありませんが・・・。
というあたりの状況は、都市によって、組織によって異なりますのでまずはメールでお問い合わせをば。

中心市街街地活性化関連のブログを読む

 ちょっと巡回してみましたが、オフィシャルなものはほとんど停止状態ですね。
協議会の立ち上げ~認定までは行進されているものの、その後はぷっつり、というケースが多いようです。

 第一年度の総括は「順調に進展」となっていますが、関連のサイト、ブログからはほとんどその状況を伺うことは出来ません。
基本計画の見直しも済んだ、数値目標も設定したが、それがどうした、結局なんの役にも立たなかった・・・、というのが現状ではないかと。

 定額給付金~商品券という流れに乗っては見たものの、なんの成果も見られませんね。
このままでは、これまで以上に劣化スパイラル下降が加速することは間違いありません。
活性化への道は唯一、実際に繁盛店への転換に取り組み、成功事例をどんどん作っていくという「王道」を歩む以外にありません。

この期に及んでまだ、他に道があると思っている人はいないと思いますがどうでしょうか。

「ブログ 中心市街地活性化」で検索してご覧なさい。
取り組みが行き詰まっているのは御地だけではないことが今さらながらですが確認することができます。

確認するのはいいとして、その後“な~んだ、うちだけじゃなくてどこも一緒か、あ~良かった”などと胸をなで下ろしたりして。

個人版も散見されますが、本当の問題=基礎体力の不足・体力向上という課題の指摘、提言というテーマに取り組んでいる例は、今回見た限り、皆無でした。
この問題への取り組みは、「選択」ではなく「必須」なのですが、問題があるということにすら気づかれていない、というのが有志ブログを含む関係各方面の基礎体力の現状、この延長上に活性化が実現することはゼッタイにありませんが、さて、どうするべきでしょうか。

理論の不在

(昨日の続き)
 
 数十年にわたって取り組まれている商店街活性化の際だっている特徴を一つだけ挙げるとすれば、「理論の不在」ということです。

 “店あまり・もの余り”という経営環境において、劣化スパういラルに陥っている/陥る蓋然性が高いとみられる商店街(もの不足・店不足時代の一番商店街)を活性化しようということですから、全盛時代のノウハウの繰り返しではどうにもならない。
全盛時代と現在とでは①広域商圏の住民の性格・消費購買行動、②商圏内外における競争の状況などがまったく異なるのですから、変化の実態~趨勢についてしっかり熟知した上で、“環境の変化をプラスにする”方向をみつけ、実践していくことが不可欠です。

 もちろん、環境の変化を理解し、活性化実現の方向を定め、実践を積み重ねていくためには「理論」が不可欠です。
今や商店街を活性化したかったら、もちろん、従来の経験はまったく役に立たないし、よその真似をしようにも成功事例もありません。否が応でも、理論を装備して、理論に基づいて状況を分析し、「活性化実現への道」を構想し、実現のための実践を積み重ねて行かなければならない。

 当たり前すぎて、書いていてイヤになるくらいですが、この当たり前のことがほとんど実行されていないのが全国各都市で取り組まれている「商店街活性化」の実相です。
Web上で「商店街活性化」、「中心市街地活性化」を検索しますと何十万というヒットがあります。
だがしかし! “理論の装備が必要だ”というほんとうに取り組むべき課題を指摘しているのは当サイト及びブログquolaid.comだけ、ここに商店街活性化が何十年取り組んでも成功しない根本的な理由があるわけです。

 前人未踏の課題への取り組みにおいて、依拠する理論を持たないということは何を意味するか?
○地域の生活・消費購買行動の変化を理解できない
○商店街を脅かす新商業集積の意味、存在意義も分からない
という状況で
○商店街全盛時代から取り組んでいる販促活動に取り組んでいる
ということですから、どうにもならないのは当たり前。
商店街が活性化できない最大の原因は、関係者が“勉強しない”というところにあり、もちろん“勉強しないといけないということが分からない”ということが最奥の原因です。

 これは当事者である商業者に限ったことではありません。
取り組みをその任務の一環とする関係各方面、取り組みを支援する専門家さんたち、みんな理論を装備しておらす、その必要性に思い当たってさえいない、ということは上記のとおり、Webをちょっと見渡せばすぐ分かります。

 昨日も書いたように、ボツボツ「勉強しなくちゃ」という機運が出てきましたが、まだまだ不十分。このままでは“事業に取り組みながら空洞化が進み、事業に取り組みながら立ち枯れていく”商店街・中心市街地が多くなることは確実です。

 状況がここに至ってもなお、従来どおりの施策に取り組むことをもって「活性化している」という人のほうが圧倒的に多いわけで、
心ここにあらざれば聴けども聞こえず、視れども見えず
「法」改正で出された新スキームも「認定」を得るための手練手管の前に、従来のスキームと同じ命運を辿ろうとしています。

 さて。
takeoがもっとも危惧しているのは、中心市街地関係各方面において、“この時期に活性化に取り組むためには理論が必要だ、理論を装備しなければいけない”という声がまったく挙がらない、ということです。
この期に及んでも無理論・無方針で方向が定まらないまま、各種事業の取り組みだけが二十年、三十年前とおなじように繰り返されているわけで、まあ、活性化できずに挫滅するのはそれぞれの選んだところ、それで良しかも知れませんがなけなしの公金を使うわけですから、成果を挙げないと中心市街地以外に対して顔向けが出来ないのでは、と考えるのは要らぬお世話でしょうかね。

 理論装備の不可欠性、支援指導する側で提唱しているのは当社だけ、という現状をどう思いますか?

クオールエイド コケの一念

 平成10年、旧中心市街地活性化法の施行以来、当社は一貫して中心市街地・商店街活性化の支援を一枚看板にしています。
ご承知のとおり。

 「法」施行以前の取り組みでは、商店街を一個の商業集積と見立てて活性化をめざす、という方向が確立されないまま、よく言えば先行事例等の調査に基づき、悪く言えば行き当たりばったりに、豊富に提供されている施策の中から前後の脈絡にきで「つまみ食い」する、というパターンに終始したために多様な事業に取り組んだにも関わらず、活性化実現の方向を定着させることが出来ませんでした。
「法」施行の段階でそれまでの取り組みは行き詰まっていたのです。

 「法」の制定によって画期的・体系的なスキームが提供されたことで、“これで一挙に活性化への道が拓ける”と考えたのもつかの間、全国的に従来とほとんど変わらない姿勢で事業の「つまみ食い」が行われてきました。
19年度「法」が改正され、基本計画認定制度が敷かれた後も、相変わらずです。

 この間、TMO、活性化協議会が設立され、取り組みの方向もコンパクトシティとか、アクセルとブレーキとか、所有と利用の分離とか、いろいろなテーマが出てきましたが、肝心要の“それらの事業を駆使して中心市街地の商業・商店街をどう変革するのか”ということについては依然としてほとんど問題意識として浮上していません。
恐るべし、全空洞化している中心市街地の商業を活性化するためには、どういう商業機能を分担すればよいのか”ということを考えている取り組みは全国的にほとんどありません。
「成功事例」と言われている都市でも“ショッピングセンター全盛時代、中心市街地の商業が活性化するにはどのような機能に特化すべきか”という問題意識を掲げて取り組んでいる事例は、恐るべし、ただの一個所もありません。

 こういうことがなぜまかり通るのか?
答えは決まっておりまして、関係者が「商業理論」を装備しないまま、いわば世間の常識程度の知識で仕事にあたっているから、です。取り組みから「商業理論」が見事に欠落しています。

 当サイト常連各位、先刻承知のとおり、当社は一貫してこの時代に中心市街地・商店街の活性化を実現したかったら、まず、なにはさておき「商業理論」を修得しなければならないと提案し、当サイト上で微力ながら「試作」を提供しています。
今、あらためて考えてみるまでもなく、この期に及んでもなお、「商業理論の必要性」はほとんど自覚されておりません。認定基本計画を見ましても“この計画はきちんと商業理論を前提にして作られている”と評価されるものは、さて幾つあるでしょうか。言わぬが花。

 さて、当社の提唱する「中心市街地活性化への道」については、おかげを持ちまして徐々に賛同者が増えており、とくに中心市街地に繁盛店を実現して活性化の現実性を実証する、ということで取り組みを提案している「商人塾」については、年々取り組まれるところが増えています。
しかし残念なことに、この取り組みは「商業理論の修得」という狙いもあるにも関わらず、商業者以外の関係者の参加が得られず、結果、繁盛店は実現するものの商業理論の共有を軸とする推進体制の再構築という課題への取り組みには至らないケースが多い。
とくに、TMOおよび活性化協議の会事務局担当者については、業務の一環としての取り組みを期待していますが、残念ながら“商業者に勉強させている”というスタンスのケースもあります。

 結局、受講した商業者は街のほんとうの意味での活性化の実現に革新を持ち、取り組みの継続・拡大をめざしますが、関係各方面の意欲は今ひとつ盛り上がりません。
“商人塾に効果があることは認めるが、次回は地元のコンサルタントで取り組む”という案が出てきたりするとか。

 当社的「中心市街地活性化への道」が、中心市街地活性化の推進に関わる関係各方面によって「中心市街地活性化を実現するための基幹的事業」という位置づけをしている都市は、これまでのところわずか一個所だけ、というのが現状です。

 これではならじ、でありまして、今年度は是非とも「中心市街地活性化への道」を再構築するという課題に取り組む基本中の基本の事業という位置づけでの取り組みとなるよう、全力を傾注して参りたいとおもいます。
目下、取り組みを企画中の皆さん、当社の思いのあるところをご理解いただき、隘路打開に向けた協働を構築して参りましょう。

 商人塾は開催すればそれでOKではありません。
中心市街地活性化の推進の中核である「商業者の自助努力とその組織化」を実現する基本中の基本となる仕事であることをあらためてキモに銘じて邁進致しましょう。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ