FC2ブログ

今日の・・・

■今日のyoutube
ロリーナ・マッケニート Dance of wolves


■今日の対談
西部邁vs柄谷行人『恐慌・国家・資本主義』中央公論5月号
惹句:全世界を覆う経済危機のただ中でわれわれは何を志向すべきなのか。
保守主義を標榜する西部邁氏とアソシエーショニズムを唱える柄谷行人氏。この稀代の論客が状況論から経済理論、そして未来世界のイメージまで語り合った初の対論。
*********** 引用終わり ****************

 一読の価値あり、状況の全体を把握する助けになります。
望むらくは恐慌と不況の違いや貨幣フェチシズムへのいっそうの突っ込みが欲しかった。
はじめての対談だそうですが、意気投合しています。
そういう時代になっているわけですが、最後に柄谷さんが“・・・この当たり前の発言が極めて特殊だと見なされている”と言っておりますが、ここにとんでもない問題があるわけです。

 対談ですからいろいろと無いものねだりがしたくなりますが、物足りない人は:
佐伯啓思「幻想のグローバル資本主義」
(上)『アダムスミスの誤算』PHP新書 1999年
(下)『ケインズの予言』同上 1999年

ちなみにこの対談については、

■今日のブログ:
文芸評論家山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』 
で取り上げられています。
山崎さんにそそられたら【理論創発】で取り上げるかも、です。

■今日の新書:
田中弘『時価会計不況』新潮新書 2003年
米国金融機関の回復が報じられいますが、その背景には“時価会計の緩和”があるわけです。
田中さんは、「時価会計」の会計制度としての致命的な問題点を指摘し警鐘を鳴らしている人です。わが国の企業会計が「時価会計」を採用した経緯を辿り厳しく批判しています。

もともと、企業会計は「トンデモ」ですからね。
金子利男『会計の悲劇』文化出版局
金子さんの業績を踏まえていれば、学界挙げて時価会計の迷妄に雪崩をうつことは無かったかも知れません。
残念ながら金子さんの業績は、未だにほとんど顧みられません。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ