FC2ブログ

「歩行者通行量」を目標にしてはいけない

 現在、内閣総理大臣による「認定」を受けた中心市街地活性化基本計画の“お約束による”フォローアップ作業の結果がネット上で公開されています。


 目下【都市経営】コーナーにおいて、いくつかの都市の作業結果を検証をしている最中ですが、:
途中にも関わらず「結論」が出てしまいました。
タイトルのとおりです。

 ご承知のとおり、認定基本計画には中心市街地活性化・商業活性化の目標達成状況を測る指標として「歩行者通行量」を設定しているものが多いのですが、次のような理由で「通行量」は目標にはなりません。

1.通行量の総和は、商業活性化の努力の成果を意味するものではない。
 活性化した=繁盛店が軒を連ねる商店街(例:巣鴨商店街・名古屋大須商店街など)では、とおりの通行量が多くそのほとんどがショッピング客ですが、他方、通行量というだけなら通勤者、居住者、非物販施設への来訪者なども立派にカウント対象ですから、通行量が多くなることが即・商業の活性化を反映しているとは言えません
参考:中心市街地の客相(歩行者)

2.通行量の増加が自動的に商業の活性化につながるものではない。

  ということですね。ちなみに通勤者の往復経路になっている通りなどは今でも結構な通行量でしょうが、適切な活性化策が講じられていなければ、普通の商店街と同様着実に空店舗は増えているはずでえす。
街区内に図書館・文化会館など公共集客施設が新設されれば、通行量は確保されますが、もちろん、だからといって隣接する商店街がバラ色かと言えばそんなことはぜんぜんありませんです。
事例多数。

 通行量を中心市街地・商業活性化の指標にすると、次のような弊害が生まれることが考えられます。

3.商業者の自助努力の目標にはなりにくい。

 各個店が「通行量の増大」をめざして頑張るというのはおかしな話ですからね。もちろん、そんなことを期待している基本計画は無いでしょうけど。
では、各個店は何を目標にどう頑張るべきか?
明示している基本計画を見たことがありますか?

 そもそも中心市街地活性化基本計画において、「個店の自助努力」はどう位置づけられているのか?
基本計画は、その目標達成に向けて、個々の店舗・商業施設に何を期待しているのか? 
商業者の自助努力と中心市街地活性化を直結させる取り組みはどう計画されているのか?
その実現度合いは何をもって測るのか・・・・?
といった重要課題、ほとんどの計画がスルーしています。
結果、「通行量」の増減に関係なく、既存個店・商業施設の劣化は着実に進行している、という事実はフォローアップ報告にどう反映しているのか?
異口同音に「目標は期間中に達成できる見込み」となっていますが、その時、既存商業施設群はどのような状況に陥っているか、想像してみなければならない。

 自力思考というプロセスを省略して、スキームに例示されているからというだけの理由で漫然と「歩行者通行量」などを指標にしていると、

4.「通行量の増加」が自己目的化してしまい、本来の活性化努力が向かうべき方向とは無関係に全事業が取り組まれてしまう可能性がある。

わけでありまして、少なくともフォローアップ報告の内容を見る限り、大勢としてはどうもそういう方向に逸脱しているのではないかと思われますが、皆さんのところは大丈夫ですか?

 冒頭書いたように、活性化した商店街では確かに通行量が多くなりますが、それはあくまで商店街が活性化事業に取り組んで「活性化した」結果、ショッピング客の増加・回遊の発生によるものであって、つまり、活性化が実現された結果としての通行量の増加であることを確認していただきたい。通行量を増やすためのあれこれの施策は「活性化を実現する」方法ではありません。

 さらに言えば、商業活性化のからみで通行量がハッキリ増加するのは、繁盛店がそこかしこに出現するようになってから。
活性化の取り組みの結果が通行量の変化としてカウント出来るようになるまでには、大分時間が掛かります。半年かも知れないし、2,3年かも知れません。
2,3年経っても通行量が増えない場合は、立地する個店の繁盛再生・活性化が実現されていないこと=施策は商業の活性化を実現できない、ということを意味します。
なにも計画期間の終了を待つまでもなく分かることです。
これから続々と認定後2年という節目を経過していくわけですが、大丈夫でしょうか?
何を根拠に「達成できる見通し」と胸が張れるのかな?

 都市が本気で・ほんとうの意味で・中心市街地の商業の活性化をめざすならば、「通行量の増加」などを目標にするのではなく、まっすぐ「繁盛店の増加」「商業集積としての活性化」をめざさなければならない。
劣化スパイラルに陥っている個店・商業集積の業績をV字逆転、繁盛再生を追求する施策に取り組むことが必要です。

 この場合、実践的な目標の達成度合いを測る指標は、計画した繁盛再生のための事業に参加する個店の数や、繁盛を実現した店舗数などとして設定しないと、商業者の自助努力の目標になりません。
目標の共有を土俵とする商業者・商店街の自助努力の組織化無くして商業の活性化を達成することはできません。

 ほとんどの都市のフォローアップ報告では「歩行者通行量の増加」について、目標数値が計画期間中に達成されるという見込みになっていますが、検証した限りでは現在の状況の彼方に何故達成できると見積もられるのか、何か抜本的に状況を改善する施策への着手が計画されているわけでもないようですが・・・。
不思議です。

 さらに、たとえ目標通行量が達成されたとしても、その時、街区内の各個店、商業施設はその通行量のお陰を蒙られる「体制」が出来ているか?
もちろんそんな仕組みはありません。

 結 論:

 百貨店以下、中心市街地所在の商業施設が軒並み劣化スパイラルに陥っているとき、「通行量を増やせば商業は活性化できる」というのはなんの根拠もない妄想です。
その根源は「商業はまちの花、通行量が増えれば商売は繁盛する」という藻谷説ですが、この説はそれこそ“根も葉もない”デタラメです。

 世間一般がしたがっている考え方だから、デタラメではないだろう、と思う人は、「商業の盛衰は通行量に依存する」という命題の根拠を自分で考えてみてください。

 自力思考をパスする人は、誰かが考えた・当今の商業活性化の常識隣っている・デタラメに基づいて行動することになります。
その結果、中心市街地の関係者すべてがそれぞれの目的を果たせず、いっそう劣化した状況の中で孤立を深めることになりかねません。
ちょっと想像力を働かせてみればすぐ分かることですね。

 ということで、中心市街地活性化への取り組みには「想像力」が不可欠、「通行量の増大」策を強化する前に、通行量が増えたら何がどうなるか、自分のアタマを使って想像してみるべきです。

 当サイト、「通行量増大」をもって商業活性化のための取り組みの目標とする「ものの見方・考え方」に対しては、これまでも異議を表明してきましたが、今回のフォローアップの検証作業によって、批判の正当性をあらためて確認しました。
これを機会に「通行量の増大」という似非目標に対しては、いっそう厳しく・ラディカルに批判して参りたいと思います。

 商店街活性化の取り組みにおいて「歩行者通行量の増大」は目標にはならないし、してはならない。
自分の頭で考えればたちまち分かることです。
自分の頭よりも空洞化した中心市街地界隈の「空気」を優先させると、その結果は基本計画の計画期間の終了時点で否が応でも突きつけられます。
そのとき、“あ、間違ってた”じゃ話になりません。

 ということで、これをもって集中して取り組んだ「通行量」関係の考察を終わります。常連の皆さんには当たり前すぎるお話しでしたが、フォローアップを見ればこのあたりが依然としてデファクトスタンダードになっていることが分かります。どう突破していくか、大きな課題です。

 もちろん、ご承知のとおり、当社が考える「達成すべき目標」はちゃんと提出しています。

すでに目標・指標とも「歩行者通行量」に設定している都市はどうすべきか?
【都市経営コーナー】以下で引き続き考えます。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ