FC2ブログ

「核」とか「回遊拠点」とか

 中心市街地活性化基本計画・商業の活性化の章ではおなじみの「専門用語」ですが、そもそも核、核店舗とはなんのことか、「回遊」とはだれのどういう行動を指しているのか、その意味するところはきちんと理解されているのかどうか。 これは100パーセント理解されていないと断言できますね。
認定基本計画を見る限り。

 大型集客施設であれば何でも「核」、街を歩いている人は通勤途上でも散歩でも宅配業務従事中でもすべて、「回遊」である。
核とはすなわち人が集まるところでその目的は不問、したがって、「回遊拠点」とは人が集散するところ、という、支援・指導者を始め関係各方面こぞっての「暗黙のご了解」があり、これに基づいて開設されるのが中心市街地の大型集客施設ですが、特に商業施設については、核・回遊拠点としての機能・中心市街地活性化の戦略兵器としての役割を果たすどころか、ミイラ取りがミイラになってしまいつつある事例も少なくないようです。

 どうしてこんなことが起こるのか?

 その理由は簡単でありまして、関係者の誰一人として「核」や「回遊」など商業系の専門用語の意味を吟味・理解しないまま、「雰囲気」で使っていた、というお粗末。
「核」、「核店舗」という用語は、書魚業関係でもきちんと説明できる人は少ないと思います。百貨店やGMSが核を務めていた次代はおわり、もはや旧核店舗業態に各機能を果たすちからはありません。
そういう時代環境において「核」や「回遊」を云々するならその前に核や回遊が登場する理論を理解してかないとダメです。専門用語は、らしい場面でらしく使えば良い、というものではない、
きっちり理解して使わないと目的を果たすことができません。
中心市街地活性化の先行事例で“「核」を作ったつもりがお荷物を作ってしまった”という結果になっているのは、使っているコトバを理解していなかったため、ということが多いのです。

 目下、【都市経営】において、青森市中心市街地活性化の牽引車として期待されていたアウガについて、三度目の考察をしているところですが、今回は類似の挫折に直面しつつある他都市の参考となるレベルでの検討を行っています。
今まさに問題に直面している方、興味のある方はご参加ください。

 それにしても作業をしていてあらためて確認させられるのは、中心市街地に出没される「専門家」の非専門家ぶりですね。
彼らの言説にリードされた計画が取組を失敗させ、その失敗を見抜くことが出来ずに「成功事例」と喧伝する専門家がその誤りと助長・拡販しているわけです。
役に立たない、むしろ取り組みを誤った方向に導くたぐいの言説については厳しく批判し、淘汰していくことが必要だと思う次第ですが、みなさんはいかがですか。
「仲良きことは美しきかな」という言葉がありますが、仲良くしていた結果が中心市街地の惨状をもたらしたのだ、と考えれば不毛な言説は断固淘汰しなければならないとあらためて痛感します。

 当社がやらなければいけない仕事でもないわけで、顰蹙を買う向きもあることでしょうが、先行・成功事例を実現するためにはやむを得ませんね。
実践の失敗を防ぐには、失敗に導く理論を前もって淘汰しなければならない。みなさんも是非心がけてください。
といっても心優しい皆さんには思いもよらないことかも知れませんのでW、不肖めが軟弱な心に鞭うって取り組んでいるところ、皆さんにおかれては、是非とも「好きこのんでやっているわけではない」というあたりにご賢察を賜りますよう。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ