FC2ブログ

商業活性化アドバイザー業務

先日、基本計画関連の事業についての協議に参加しました。
メンバーは、組合の役員さん方、まちづくり推進室の担当者さん、&タウンマネージャーさん。

 議題は、
①活性化を目指して商店街が進むべき方向と方法の確認
②街区内の再開発事業の内容と組合の参画
③アーケード問題
④空店舗活用を推進する上での課題と対応
と盛りだくさんでした。

 皆さん、商人塾に参加されており、「活性化の方向と方法」・「店から線、線から面への展開」・「中心市街地のテナントミックス」などについて骨格は共有されているので、総論部分はOK、実務部分の課題についての協議もスムースでした。
関係者が理論を共有している強みをつくづく感じさせられる会議でした。

終了後、街区の各個店を訪問、ヒアリングを行いました。
組合の役割もこれまでとは天と地ほども変わりまして、組合員の皆さんが、希望を持って前向きの店舗経営に取り組んでいける条件を作りだしていくこと。
各種事業はその一環という位置づけでないと相乗効果を発揮することが出来ません。

 認定基本計画に取り組みながら成果がいまいち、というところはあらためて「総論」段階の「詰め」をやり直すことが必要かも知れません。「今さら、そこまで遡及する時間はない」と思われるかも知れませんが、このまま進んだとして一体、何がどうなるというのか。 

 点から線、線から面へと取り組みを拡大していくにあたって商店街組織が果たす役割、街区内への集客施設を施設する事業における役割など、商店街活性化の推進における組織の役割は不可欠ですが、残念なことに、既存の基本計画ではそのような位置づけが為されておらず、したがって組織の活性化・能力の拡充という課題への取り組みもほとんど計画されておりません。

 そういうレベルの基本計画を作り、「商売繁盛」には爪の先ほどもタッチできない事業に取り組んでいるところが「先進事例」ともてはやされているわけですが、いい加減にしていただきたい。
中には全国的に事例を紹介して回っているタウンマネージャーもあるようですが、いったい自分がになっている取り組みが本当に活性化を実現しつつあるのか・そうでないのか、という評価も出来ないレベルでよくまあ、そんなことができるもの、と感心させられます。
もっとも、そのあたりの分別が付かないからこそ、「成功事例の指導者」として振る舞うのかも知れませんね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ