FC2ブログ

中心市街地活性化、もう無理かもですね

 タイトルのとおり。
旧市街地の整備改善・活性化法~新中心市街地活性化法にもとづて作成された中心市街地活性化基本計画にもとづいて、TMOや活性化協議会を編成、各般各種の事業を体系的・総合的に推進することで《面としての活性化》を実現する、という取り組みはもはや中心市街地を活性化する、という所期の目的を達成することは不可能ではないか?

 最近、このような疑問が生じるようになりまして、それというのも当社が提案している「活性化への道」は、基本計画~実践の行き詰まり、という状況から生まれる新しい事態、すなわち、活性化実現の可能性の有無にかかわらず、

一度決めた計画・事業は何が何でもやり遂げる、見直しや批判は一切許容しない、
という事業推進主体の態度についての対応が措置されておりません。
当社が《ヒステリシス効果」の一種であると指摘している、問題発生以来の経緯から生じた新しい問題です。

 これに対する有効な手立ては、目下のところ、それぞれの都市毎に取り組み、解決する以外にありません。
直面している人にはよくお分かりのとおり、これは大変難しい問題、都市によっては、場合によっては、法のスキームによる活性化の実現は難しい、ということになる可能性を否定できません。

 もちろん、突破する方法はありますが、まずは、このまま漫然と取り組むならば、計画の進展・事業の進捗具合にかかわらず、活性化はできない、ということをしっかり確認しなならない、言い換えれば、覚悟を固めなければいけない。

 多くの都市、とりわけ認定基本計画を持っている都市にとってことは重大ですが、重大だということさえ理解できない、という現状があるのだ、ということから目をそらすことはできません。

 元はといえば、中心市街地活性化という課題を根拠もなく
あまりにも軽く見た関係各方面の判断にあるわけですが、これを是正することが難しい。

 結論から言えば、そういう都市はこの際、思い切って中心市街地活性化全体の取り組みと商業・商店街活性化の取り組みを区分することが必要かも知れません。
こちら側の取り組みは、徹底して受益者=商業者の責任において取り組んでいく、したがってその取り組みの内容は《繁盛再生》に絞られることになります。

 直面する状況において、既存個店の繁盛を再生することを通じて商業立地としての中心市街地・商店街の可能性を実証する、という取り組みが喫緊の課題になっています。

 繁盛再生にハード事業の必要はありません。
当該立地で成立することが見込まれる業容の実現に取り組むだけ、その方向と方法は「商人塾」として提案しています。
基本計画所載の事業の成果に商店街活性化を期待することは不可能になっています。
このまま事態の進展を見守るのか、力の及ぶ限りで最善の方法をとるのか、思案のしどころです。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ