FC2ブログ

ヴァーチヤル デスティネーション 再び

 “ネットは広大な海だわ”といったのは、ご存じ人形遣いと融合した草薙素子ですが、そうしますとそこに浮遊するというか、海を織り成すサイトとはいったい何でしょうね。

 サイトがリアルにおける活動と連関した所期の目的を達成するには、広大な海中に「デスティネーション」を確立しなければなりませんが、もちろん、バーチャルはバーチャルに止まっていては目的を達成することが出来ません。

 広大なネットの海のただ中に構築する《ヴァーチャルアイランド》とリアルの《劣化著しいデスティネーション》の活性化の取組を連動させるには何をどうしたらよいのか。
都市経営のツールとしてWebの活用を模索する都市はこのような課題に直面しているのでありまして、もちろん、サイトを単なる広告媒体とみなしている都市にとっては、起き得ない経営課題です。
サイトへのアクセス量をどう確保するか、といったテクニックをウリにするIT業者の問題意識とも隔絶しています。

 経済活力の向上、あるいはより深刻には「経済活力の再定義」という普遍的な問題に直面する都市が展開すべきWeb戦略は如何にあるべきか? 

 という課題を意識している関係各方面に当社が提案するのが表題の「ヴァーチャルデスティネーション」です。

 ネットの広大な海の真ん中に強力なデスティネーションを構築することで、リアルへのアクセスに直結させようとするなら、もちろんこれはリアルの強力なデスティネーションの確立が前提になります。
リアルの問題をWeb上で解決することはできません。
リアルの問題をバーチャルで解決しようとしてはならない。

 「経済活力の向上」を課題としている地域・都市・中心市街地が、Web上にITスキルを駆使して楼閣を築けば即リアルのデスティネーションが改革改善されるというのは、一知半解的妄想ですから、サイト運営はたちまち頓挫します。「ネットは広大な海」と見るのは結構ですが、近寄ってみるとそれは「広大なジャンクの堆積」かもしれません。

 リアルの問題解決にかまけながら、あるいはその解決手段としての役割を期待しながら、「情報化社会への対応」を掲げて「ホームページ作成事業」に取り組んだ組織の多くが作り出しているのが《広大な海》ですね。

 ジャンクからリアルの問題解決の武器としてのヴァーチャルの活用へ。
地域ポータルサイトに期待される戦略的機能とは何か、「百年に一度の大暴風」を乗り超えていかなければならない都市はWebに何を期待すべきか?
都市経営上の戦略としてのWebはどう構築すべきか?

 という問題がありまして、まあ「これからはITだ」と信じている人にはわからない問題かも知れませんね。
ヴァーチャルデスティネーションは、【経済活力の向上」を課題とする興味のある人は【都市経営】で改めて考察しますのでどうぞ。

 ネットは広大な海、というレトリックに従えば、ヴァーチャルデスティネーションのイメージ

 大海にぽっかり浮かんでいる与論島が、バーチャルデスティネーションのレトリックです。
遠くから見ると、写真のとおりですが、子細に見ていけば、いろいろと有益なレトリックが得られます。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ