FC2ブログ

その気になる・なってもらう

 商店街活性化。シャッターの内側を「今どきのショッピングの場に変身させる」という仕事が必須ですが、もちろんこれは経営者及びスタッフがその気になって取り組まないと実現で来ません。
こればっかりは、いくら補助金をつぎ込んでも、いくら効果的な集客イベントを企画しても、実現出来ることではありません。

 商店主が「その気になる」ことがなければ個店の活性化は実現できず、従って「買い物の場」としての商店街が活性化することはありません。ご承知のとおり。
 これまでの商店街活性化は、“シャッターの内側については店主の裁量、外からは口出しできない”ということを「口実」に「その気になってもらう」という大事な業務をきれ~いにサボってきました。
 「繁盛店づくり」にその気になっていないお店の周囲をどんなに整備しても肝心の「買い物の場」は従来のまま。
いくら事業を繰り返してもショッピング目的のお客が増えないのはあったり前です。

 中心市街地・商店街活性化が課題となっており、それを担う立場にある人は、個店の経営者たちが自店の繁盛再生と言う取り組みに「その気になる」ことがない限り、活性化は実現できない、ということをキモに銘じなければならない。

 キモに銘じたら、「その気なってもらう」にはどういうことを仕掛けていくべきか、自分のアタマで考えてみなければならない。
店主は「廃業する」といえばそれで一件択着ですが、「活性化」の方はそうはいきません。公式に「断念」という意志決定が行われない限り、少なくとも計画期間中は事業を展開しなければならず、とうするとえ営業継続を断念、店じまいしたあとの「活用」という問題が上乗せされることになる・・・。

 商業者がその気になる、商業者にその気になってもらう、という仕事は、TMOなど活性化に取り組む組織にとって喫緊の課題です。なんの事業がどんなにうまく完成しても、「売場」が準備されていなければ事業の成果が「経済活力の向上」に結実することはありません。

 と言うことで。
「商業者にその気になってもらう」、その気になって繁盛店づくりにと取り組む、という至極当たり前のことを実現するためにはどうしたらよいのか?

 今現在、タウンマネージャーが解決すべき問題、ウデの見せ所はまさにここでありまして、この課題に上手に取り組み、商業者をその気にさせることが出来るかどうか。

 皆さんの存在価値はまさに商業者のやる気を喚起できるかどうか、ということに掛かっています。
あまり理解している人はいらっしゃらないようですが。

商人塾などで「やる気」を満タンにしている皆さんには、そのやる気を隣近所に伝搬させる、という仕事があります。
あなたのお店が日々変わっていくのを観察している隣近所では「やる気」発動の条件が整いつつあります。

「背中の一押し」は次期商人塾へのお誘い、です。
次期商人塾、成果の上がらなかった一期生もあることですし、なるべく間をあけずに取り組むことが秘訣です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ