FC2ブログ

主義主張なきコンサルタントってアリ?

 風雲急を告げる今日、環境激変・利害相克する中心市街地活性化という問題領域を事業機会に選択しているコンサルタント、アドバイザー、タウンマネージャーなど、まあ、肩書きはともかく当該アリーナに支援者として参加しようとするくらいの人士であれば、当然のことながら主義主張というものを持っているはずでありまして、新自由主義とか市場原理主義とか一時期猖獗を極めたイデオロギーを資本主義の原理原則だなどと理解して振り回しているようではせっかくこれまで蓄積してきたであろう知識・情報も使い回して見事活性化実現のお役に立つことはできません。

 市場原理主義などというおバカなイデオロギーを信奉しながら中心市街地活性化を支援することができる、と考えている人は「身の程知らず」でありまして、現場から立ち去るかイデオロギーを変えるか、即刻の選択を迫られているのが自覚できないわけですね。

 市場原理主義とは、伝統的に市場すなわち経済的取引によって慣習的に作られている制度を恣意的に合理化し、自然成長的に形成されてきた経済市場ばかりではなく、従来、市場とは異なる制度で運営されていた領域に敷衍させようとするものです。
社会福祉とか、教育とか。

 takeoは筋金入りのアンチですから、市場原理主義の悪口ならいくらでも尽きることはありませんがW,いずれ暇を見て【理論創発】あたりで議論したいと思います。

 ということで、本論に戻りまして。
中心市街地活性化という問題領域は優れて主義主張・利害得失が錯綜するところ、人畜無害の没思想的第三者を装いつつ、所期の任務が全うできるものかどうか、というあたりについても時には考えてみることが必要ではないでしょうか。

 もちろん、これはコンサルタントに限った問題ではありませんで、中心市街地活性化の実現、その【方向と方法】をめぐる論議をまとめていくには、提案する【方向と方法】がしかるべき主義主張に裏打ちされていることが不可欠です。

 世の中には、わかっている人はきちんとやっているが、わかろうとしない人にはどうしても理解できない、必要を説かれても必要性すら理解できない、というような問題がありまして、さしあたり中心市街地と主義主張との関係などはその一例です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ