FC2ブログ

孤立深まる商業者

 商人塾など、ビジョンを持った取り組みに参加しているごくわずかの人たちを除いて、全国の独立自営商業者の皆さんは、すべて孤立を余儀なくされています。

 バブル崩壊以降、あるいはそれよりも遙か以前から業績の長期低落傾向が続いており、好転する兆しはまったくありません。

 そうしたなかで十年一日、商店街活性化の取り組み・行事が催されており、商店街に世話になっている以上、おつきあいと思って参加していますが、なんのメリットも感じられません。
組合の会議も月に一度の例会が連綿と開かれていますが、参加者は固定しておりかつ議題も市役所・会議所・連合会からの上意下達だけ。

 間違っても「業績」についての話などは絶対に出てきません。
連合組織の重役をになっている理事長だけが元気なそぶりで、「何かあればおれが補助金を取ってくる」と、これもシーラカンス的思考態度が抜けません。

 『基本計画』も作られたようですが、関係があるのは委員会に参加した理事長だけ、決定後も組合員には説明さえ行われない。
不思議な話でありまして、商店街活性化を実現するための計画が商店街には説明さえ行われない・・・。
もちろん、商店街の空洞化は、目に見えるシャッターが降りている店舗の増減に関わらず、着実に進展しておりまして、何よりの証拠はショッピング目的の来街者の右肩下がり・・。
気のせいか、『基本計画』が決定した頃から一段と人の動きが少なくなったような気もしています。

 というなかで、頼みとするのは文字通り自助努力だけ、という悪戦苦闘が続いているのが全国各地の独立自営商業者の姿ではないでしょうか。
人は「希望」があればどんなに苦しくても頑張ることが出来ますが、なんの希望も可能性も感じられない、という情況で頑張り続けることは大変難しい。

 主流となっている取り組みに対して、「個店の業容改善を問題に出来ない取り組みはおかしい」と感じ、疑問を共有する仲間と「個店レベルの取り組み」を目指そうという試みも有ることでしょう。

 その志はまことに貴重ですが、では具体的に何にどう取り組むのか、ということになると皆目見当が付かないのではないか。
日々の努力の積み重ねが大事だということは分かるのですが、何をどう積み重ねて行くのか・・・。

 目標、ビジョンが無いと「知恵」が湧かず、工夫も出来ない・・・。

 ある程度目標なりビジョンのようなものがないと“積み重ねている”“目標に接近しつつある”という実感を持つことが出来ません。

 このままではダメだ、と自覚しているものの、主流路線への対案を見いだせず、日々悩んでいる商業者はけして少なくないと思います。
当サイト、まずは、そういう皆さんとの連帯を実現したいと願っています。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ