一から出直す中心市街地活性化

 中心市街地活性化を推進する三者、行政、商工会議所(商工会)、商業者の連携は、既に合意が得られている個別ハード事業等の進展を除けば、ほとんど無いに等しい。
進展中の事業をその一環とすべき、中心市街地活性化の方向、目標、方法などについては、合意どころか誰からもどこからも提案さえ行われていない、というのが多くの都市の実状であり、そのことが三者協働の形骸化をもたらしています。

 その原因はどこにあるのか。
中心市街地活性化という課題の形骸化こそがその原因です。
形骸化は何故、いつ起こったのか?

昨日は、「初心に帰って中心市街地活性化に取り組む」趣旨の研究会が開催されました。産業・建設両部長さんをはじめ、関係部課の担当者7名という組織横断的な参加者で、意気込みのほどが伺われます。

 忌憚のない意見交換が行われ、
①中心市街地活性化の主役は商業者である
②商業者の自助努力の組織化が急務だ
ということで、
③まずは商人塾の取り組みを早急に検討する
ことになりました。

 繰り返しになりますが、
多くの都市の中心市街地において三者(行政・商工会議所・商業者)の連携がうまく行っていない原因は、「中心市街地の商業が目指すべき方向と方法」が共有されていない、というところにあります。共有されるどころか提案さえされていない、というのがほとんどの都市の実状です。

 この情況からどこに向けてどう突破していくのか?

 研究会が開催されたのはこのような問題意識があったからです。
教義の中から
①商人塾を開催する
②自分の商売の繁盛再生に意欲的な商業者を糾合する
③塾の活動を中心に繁盛を実現する
④「中心市街地の可能性」を実証して取り組みを拡大する
⑤平行して大型店跡地の戦略的な活用に取り組んでいく
というシナリオの素案が浮上しました。

 特筆すべきは、当該都市で課題になっている大型店跡地の活用について、全体の取り組みを推進するための「牽引車」にする、という構想です。もちろん、ここに新たな集客施設を作って商店街にお客を流す、という意味ではなく、利用計画を提案し、これを活用するために必要な商店街・個店の努力の方向を提案し奮起を促す、というものです。

 商人塾の開催と跡地利用の進展、この二つを「車の両輪」的に平行して進めることが、中心市街地活性化の中核的な取り組みになります。
押し迫ってからのスタートですが、これから年末・年初の取り組み如何が次年度の、ひいては将来の取り組みを左右します。

 来年は新たに商人塾的取り組みをスタートさせる都市が増えるような気がしています。
当社が知っているだけでも既に四個所(都市・商店街)あります。

10年後、街をになっているのは誰か?

 商店街を除く関係各方面には人事異動というものがありまして、考えてみるまでもなく、10年後も同じように中心市街地・商店街の活性化に携わっている人はほとんどありません。
もっともまちづくり会社に移籍して骨を埋める覚悟の人は別ですが。

 他方、商店街の皆さんは、10年後も若い人は20年、30年後も同じく商店街で個店の繁盛・街の活性化に取り組んでいるはずです。
とするなら、話は簡単でありまして。

①中心市街地活性化の先行きについて誰が一番リスクを背負っているか?
といえば、商店街の皆さんです。成功しても失敗してもモロにその結果をかぶります。

さて、それでは、
②商業者は活性化の方向と方法について合意しているか?
自分たちが「為すべきこと」が分かっているか?
どうでしょうか?
中心市街地活性化の「方向と方法」がきちんと定められ、差それに基づいてシナリオが画かれ、商店街を構成している商業・サービス業者一人一人にまで「方向と方法・シナリオ」が説明され、特に「自分たちが取り組むべき仕事」について合意が作られているでしょうか?

さらに、
③個店の繁盛と街の活性化はどう結合されているか?
厳しい景況に直面している個店個店の自助努力と街全体の活性化は、どのように結び合わされているのか?
その前に、劣化スパイラルに陥っている個店経営者の技術・能力の再構築をどう確保するか?

というあたりについては、関係各方面としっかり話し合い、きっちり「商業者の立場」と「課題」について共通の認識を持つことが必要です。
しっかりした意見を持たないならいざ知らず、活性化の方向と方法について明確なビジョンを持ち、さらにそれを実践して成果を挙げている皆さんの意見を尊重しないという姿勢は許されるものではありません。

 関係各方面の担当者さんは、それぞれ組織を代表しているように見えますが、その言動の多くは個人的な見解であることも多いと思います。
組織横断的な取り組みにおいては、所属する組織の意見かそれとも個人の意見なのか、場合によってはきちんとしてもらうことも必要かもしれません。

 ともかく、10年後にはおそらく街に姿を見せなくなるかも知れない人たちに引っ張り回されるのは止めなければならない。
意見を持っていないならともかく、意見も実績もきっちり持っているわけですから。

 ということで、中心市街地活性化、とりわけ商店街の活性化については、商業者が責任を持って取り組んでいくことを覚悟し、宣明しなければならない。

「商店街活性化はわれわれ商業者が、自助努力&相互扶助を中核に責任を持って取り組んでいく、関係各方面はそれぞれ組織の目的を踏まえて支援をしていただきたい。」
ということですね。

参照:TETSUさんが【都市経営入門編】にエントリーしてくれた高松市丸亀商店街の覚悟のほどが参考になります。

 ということで、活性化協議会などで「合意」を作るというのは如何でしょうか。TMOなどのポジションもあらためて定義しなおすことになります。

続きは:

事例視察・商人塾

 中心市街地活性化関連では「成功事例を視察する」という事業が取り組まれます。最近の行き先はなんと言っても「所有と利用の分離」の成功事例・高松市丸亀商店街でしょうね。
 視察した人の感想がブログなどに掲載されています。
今をときめく「所有と利用の分離」については、理論編、実践編とも「目からウロコが落ちた!」という感想が多いようです。

 takeo@あまのじゃく は、日頃から「目のウロコ」というものはそんなに簡単に落ちるものだろうか?という疑問を抱いているのでありまして。
劣化スパイラルに陥っている人が、一見あるいは一聴してたちまち「目からウロコが落ちた」とどうして理解できたのだろうか、ということでありまして、ウロコが落ちた、というのはもしかして別のウロコがくっついただけ、こちらのウロコの方が表面が明るかっただけではないか、と茶々を入れてみたくなるのであります(笑

 その点、商人塾の視察ではまったく異なる反応が起きるようです。

 「お金を掛けず、出来ることから4ヶ月取り組んだ結果はご覧のとおり、売り上げは予想以上に伸びている」という説明に対して、
「確かに店はきれいで、元気があることは認めるが、売り上げがそんなに上がるなんて信じられない」。

 「ここまで進めてくるのに特に苦労はなかった」という説明に対しては
「そんなはずはない」果ては「何か隠していませんか?」(笑
などなど。
とても「目からウロコが落ちる」様子はありません。

かたや、講演を聴いただけで「目からウロコ」。
こちらは、お店の実態を自分の目で確認し、説明を受け、質疑を繰り返しても「信じられない」。
面白いですね。

 ちなみに商人塾が目指す「繁盛」とは、「従来の営業努力の延長では想定できない客数・客単価のアップによる売り上げの増加」です。
一昨日聞いたお店のイベント期間中の業績は、客数昨対比105%、売り上げ108%ということでした。客数&客単価の両方ともアップしています。
商人塾受講後の月別昨対比では、伸びているところは110~140も伸びている。

 他方、苦戦しているところもありまして、これは業種に関係なく「仮説~試行」がまだ身に付いていないお店です。
これからの取り組みで必ず変身できると思います。
何しろ身近に「成功事例」がたくさんあり、それぞれ「何でも聞いて」と待っています。

所有と利用の分離

 ご承知のとおり、中心商店街再生研究会が提唱する商店街活性化策の最新版です。

提唱されているのは
①会社が土地を借り上げる
②建物を建てる
③テナントを募集する
④テナントの出し入れをもってマネジメントする
というビジネスです。

 会社=デヴェロッパーと置き換えると一目瞭然、これは郊外型SCの開設手法をまんま中心市街地で応用しようとするものですね。
デヴェロッパーの手法なら話は簡単、それが成立可能な前提条件まで全部分かっています。それらを踏まえて、この手法が中心市街地活性化策として妥当であるかどうかを検討しなければならない。
あれこれと賃貸借手続きを工夫するのはそれから先のことでしょう。中には「地代を顕在化させない」といった手法にしびれてやってみたくなる人がいるかも知れません。

 おっとどっこい、です。
郊外型SC的ビジネスが成立する条件は、だんだん細ってきておりまして、まず、テナントの争奪、借り手市場が続くことは明らかであり、つまり、SCはテナント候補企業群から選択されるポジションにあるということですね。
SCは「元気のあるテナント」を希望しますが、テナント側も「元気のあるSC」を選んで出店しようとする。一般的に、物件を既に構えているSCよりも、これから出店先を決定できるテナントの方が優位にある。
 テナントの出し入れもデヴェロッパーだけの特権というわけではなく、元気の無くなったSCからはテナントの方から出ていってしまう、ということもあるかも知れません。

 先日、イオン主宰のSCから三越が撤退を表明して話題になりましたが、劣化スパイラルに陥った、と判断すれば核店舗でさえもSCから撤退してしまう。

 そういうSCに「待ってました」と後継テナントが決まるわけもありませんから、「空洞化」が始まります。既に全国各地のSCで、テナントが入らないスペースをベニヤで囲うというパターンが続出していることは日頃見聞されているとおり、なにやら中心商店街空洞化のプロローグを見せられているような趣です。

 ということで。
「所有と利用の分離」が郊外型SCの手法の模倣だとすれば、その行き先もまた郊外型SCのそれに引き写しとなるのではないか?
空洞化からの脱出として大々的に取り組まれる「所有と利用の分離」ですが、劣化スパイラルに陥っている郊外型SCの二の舞になる可能性はけして低くはありません。
万一「二の舞」を舞うようなことになれば、その結果の悲惨は説明するまでもないと思います。

 問題は、「所有と利用の分離」に成功するかどうかではなく、その手法を用いて開設される商業集積が将来にわたって存続可能な条件を持っているか否か、ということでありまして、この重大な機能を「テナントの入れ換え」で済ませよう、済ますことが出来る、と考えているとしたらとんでもないことです。

 問題は「所有と利用の分離」よりもはるか手前、そもそもこれからの中心市街地に成立可能な商業集積とはどのような性格のものか、ということについてしっかり考えておかなければならない、という極々当たり前のことでありまして。
 そういう当たり前のことが検討された形跡が見えないのであります。

 どうも、施策を考える皆さんは未だに「大型商業施設コンプレックス」が抜けていないらしい。
 大型商業集積の外見と建設手法を学び、それを中心市街地に応用する、というのは、アーケード、カラー舗装、ポイントカード等々、これまでずうっと大型店の経営ノウハウを模倣してきた「活性化策」の延長上にあることが明らかであり、とするならばその命運もまた、それらの手法の命運をたどることになるのかも知れません。

 知ってか知らずか、百貨店の退出後の再利用に「待ってました」とばかりに「分離手法」で大型開発を計画する都市が多くなりそうな気配ですが、前後左右をよ~く考えてからにされることをお奨めします。

 それにしても。
いつまで経っても「はじめにハコありき」という思考から脱却出来ないようでは、商店街も中心市街地も、果ては都市そのものも将来はほとんど期待できません。

 所有と利用を分離して、ハコを新設する、という話の前に、中心市街地でどういう商売をしようというのか、どういう商売が成り立つのか、ということをしっかり突き詰めるのが先決ですが、肝心のそういう立場にいる人が「情報の必要」に思い至らず「たこつぼ」に入っていては・・・。

 ということで、中心市街地活性化話はたちまち首長さんの施政方針に直結します。

※当ブログの記事は、サイト「中心市街地活性化への道」中、【Daily Flash】から2,3日遅れて転記するものが多くなっています。
早く読みたい方は:サイトへどうぞ

丸亀商店街・事例研究

 サイト・クオールエイド【都市経営・入門編】コーナーに、
『セミナー雑感・丸亀商店街の事例』というタイトルでTETSUさんから貴重なエントリーをいただいています。
先ごろ行われたシンポジウムにおける丸亀商店街理事長さんの講義を聴かれた感想とのことです。
「所有と利用の分離」のモデル的成功事例と見なされることが多いプロジェクトですが、その実態について当事者から直接聞く機会はそう多くはないと思います。「所有と利用の分離」に関心のある方にはぜひご一読いただきたい記事です。

 記事では大きく二つのことが取り上げられています。
一つは、このプロジェクトが所期の目的を達成することができた、その条件について、自助努力中心、合意形成の条件などが列挙され、成功に敬意が表されています。

もう一つは、上位目的である「中心市街地の商業集積群の一体的な活性化」に果たす役割について。
果たして、丸亀商店街一番街の竣工が、「法」の趣旨を体した中心市街地活性化の王道としてふさわしいものかどうか。
TETSUさんは疑問を表明しています。

 詳しくはぜひ、本編を精読してください。
このスレッドは、たぶん、本邦随一の丸亀商店街のケーススタディであると同時に「所有と利用の分離」という手法の批判的検討になるはずです。

この記事をめぐる議論を歓迎します。
ROM各位、この機会にぜひ腰を上げてください。

レジにお客が並ぶファッション

 先週末、淳久堂に出掛けたついでにアルコットのバナナリパブリック、ギャップから向かいのZARAまで見てきました。
見たといってもレジの並び具合だけですが。
 昨日は、地元武雄市のユニクロを見ました。

 レジに行列が出来ていたのは、ZARAとユニクロ。
未見のH&Mも外の情景から見てレジ前の行列はハンパではないはずです。
他方、百貨店、ファッションビルはどうでしょうか。

 当サイトが今日の消費購買ニーズを人並み~ラグジュアリィの二極分化で考えていることが皆さん既に周知のところですが、この仮説を踏まえてファッション小売業界の今後を推測すると、
1.ラグジュアリィ路線で説明可能なZARA、ユニクロは「繁盛」するのが当然であり、それはこれから(年末~年始)も拡大する。
2.百貨店、ファッションビルはこれからさらにきびしくなる。
ということになるのでありまして、あたるも八卦、年末・年始の景況にご注目いただきたい。

1.について
 当社の予測は、不景気で消費が低価格志向になるだろう、というレベルではありませんからね。もちろん、東京ではZARA、武雄ではユニクロ、ということでもありません。見ては来ませんでしたが、新宿のユニクロも武雄同様、行列が出来ていたはず。

2について
 周知ブランドを集めている百貨店、元気のいいブランドを集めているファッションビル(以下「百貨店等」)いずれも次のような理由でお客が減っていきます。

その1 ラグジュアリィを業容三点セットで明確に表現している店舗にお客を取られる

その2 低価格訴求のお店にお客を取られる

その3 買い控え

 以上、三つの理由でそれぞれ確実にお客が離反していきますと、その総計は業績そのものを危うくすることになるはずです。
全方位的にお客を剥がされるわけですから、百貨店・ファッションビルは劣化スパイラル真っ逆さまです。

 百貨店、ファッションビルとも、この時期、消費購買ニーズを吸引するデスティネーションを構築し直すことが出来ません。それを可能にする理論を持っていませんからね。

参 考:

○消費購買行動がシビアになるということは:
1.不要不急の買い物はしない
2.必要な買い物は購買目的を基準にしっかり吟味して
ということです。この購買行動を成立させているのが家庭の「もの余り」という情景。

○百貨店的消費購買の特徴は
1.買い物に行っても気に入ったものが無ければ買うのを止める
2.どうしても必要な場合はディスカウントを利用する
ということになっていきますからね。

 ユニクロ的購買行動の特徴は「まとめ(コーディネート)買い」です。
まとめ買いは、単品ピックアップと並ぶラグジュアリィ消費の特徴であり、「必需・低価格志向」消費ではありませんからね。

 さて。
このような情況において、宣伝広告無し、価格訴求無し、で繁盛(来店客数・販売額の現在進行形での向上)を実現しているのが商人塾的ラグジュアリィ志向のお店です。

 甲府市の商人塾では四ヶ月弱にわたる「お金を掛けない業容転換」の取り組みで、徐々に業績が向上し、10月段階で昨同月対比で5~40%という実績を挙げている店が続出しています。
販売促進的活動を一切行わずに、ですよ!

 不景気になるとお客が増える、客単価が挙がる、というのがラグジュアリィショップの特徴ですが、今のところ、このロジックを心の底から確信できるのは
1.商人塾を受講し、
2.実践に励んだ 
3.その結果、業績がアップした
という人に限られるかも知れません。
 そういう人のお店は、来店客数、客単価の双方がアップしており、もちろん、店内滞留時間も大幅に延長しています。
お店の込み具合にあらためて“うちの店って一度にこんなにお客が入れたんだ!”とビックリした人もいます。

 折からスタートしている「年末商戦」の明暗は既に決まっているわけです。

 ということで。
世界同時不況という現状は、専門店の場合、ラグジュアリィ志向の程度を測る試金石、不況が進むにつれて業績がアップしていく、というのが当社的専門店的業容のお店の特徴です。思うほど売り上げが伸びていないお店は「仮説~試行」のやり直し、ですね。

 お金を掛けずに(勉強会の費用はもちろん必要ですが)、三ヶ月間頑張れば、業容転換の方向が定着し、売り上げがアップ・明るい明日が見えてきます。
それをお約束しているのが商人塾。

 この時期の活性化対策、これくらいドラスチックでないと役に立たない、ということもありまして、それとも従来的手法でどうにかなるとまだ思っていますか?

中心市街地活性化・今さら人には聞けないが・・・

 当社には洗いざらい質問することが出来ます。

 都市の関係各方面の関係者を集めての勉強会、これまで幾度もレクチュアしてきましたが、ものに出来た都市は限られています。
特に、基本計画~行動計画(実施計画にあらず)~商業者の実働というスキームの構築にこぎ着けた例は、これまでのところ、ほとんどありません。

 問題は、三つありまして、
一つは、既定路線の転換が出来ないこと
 当社が招聘されるのは計画づくりがある程度進んでから、というケースが多いのですが、もちろんコンサルタントが投入されており、もちろん調査やホッジキス業務が進行しています。これを「無かったこと」には出来ない、ということで当社のレクチュアの方を「無かったこと」にする(笑

もう一つは「縦割り行政」
 計画作成部局は、「認定」にこぎ着けることが最終目的。
実効性や実現性などは知ったこっちゃない、ともかく、何が何でも認定を受けたい、という一念です。
どうしてそんなに認定を受けたいかといえば、答えは唯一。
認定を受ければ計画部門はお役ご免、中心市街地活性化というこれからスタートする取り組みに「おさらば」が出来るらしい。
中には、認定と往時に作成部課が解散した、とい話もありまして、まあ、こういう体制で「中心市街地活性化基本計画」を作成し、「活性化協議会」を立ち上げ、実務を推進していこう、とどんな計画を作ってもうまく行くはずがありません。
何故ならば。

最後に。
 認定が終わると、計画作成段階では「お客さん」的処遇だった商業振興部門に計画が下しおかれるわけですが、もちろん、基本計画を行動計画にぶれいくダウンする、という役割などは理解しないまま、「準備の出来た事業から取り組んでいく」という消化試合の終盤担当の投手みたい。

 もちろんこのほかにも。
○推進体制の問題
○まちづくり会社の問題
○商店街の問題
と方面毎に解決の目処が立たない問題―しかもそれらが問題だということが認識されていない―が山積しています・・・。
 けして珍しい事例ではありません。

 ということで、縁あって当社のレクチュアを受ける機会を得られた都市は、上記のような「前車の轍」に落ち込むことをキッパリ拒否して、当社提案の「中心市街地活性化への道」を存分に、力一杯検討していただきたいと思います。

商店街ってほんとに活性化出来るのか?
大型SCのオープンが迫っているが、ほんとに大丈夫か?
とてもうちの商業者が「繁盛努力」をするとは思えないのだが・・。
認定を受けても、自己負担を準備できないから認定は諦めた。つまり活性化に使える資金がないのだが、それでもOKか?
などをはじめ、今さら他人には聞けないような疑問がたくさんあるはずです。
そういう疑問を解きほぐすことなく、言葉の上だけで「公約だ」といっても実効ある取り組みはゼッタイに作れません。

 ということで、レクチュア待ちの皆さんはお楽しみに。
点から線へ、線から面へ展開していく活性化への道、「よし、やってみよう」と決心できるまで、しつこく吟味してください。
視察が必要な時は、ほやほやの事例を紹介いたします(笑

一店逸品的現状と対策

 当サイト常連の皆さんにとっては答えは自明のところですが、中には「浮き世の付き合い」とやらで心ならずも「一店逸品運動」に継続取り組んでいる人もあるようです。
なかには、その機能と限界を承知しながら、つまり、「繁盛再生」には無力であることを百も承知のうえで取り組んでいる人もいます。
あなたは別途繁盛店づくりに精を出している上で取り組んでいる「販促」ですからいいかも知れませんが、他の参加者はどうでしょうか。
一店逸品に取り組む年月、集積全体の趨勢はどうなっていますか?

 この度、あろうことか、当社的商人塾と一店逸品に同時並行で取り組むという離れ業にトライした事例があります。
両方の事業に参加した人が何人もいます。

 一店逸品といえばご承知のとおり、当サイトではその主張を分析検討して、「話にならない」と一刀両断してきた「まやかし」ですが、
その実態を直接見聞する機会を得たのははじめてです。
「やらないよりやった方がいい」といういつもの内容空疎な orzレトリックのもと、取り組まれる一店逸品、果たしてその成果や如何に。

 ということで、理論的なレベルの批判はこれまでに済ませていますので、今回は「実務はどう進められているか」というレベルをえぐってみましょう。

 エントリーのタイトルについて一言。
「一店逸品的情況」とは
、“個店の繁盛・商店街の活性化を目的に取り組むと称するこの事業の実態を暴く(笑”こと。
「対策」とは、
“一店逸品からの脱却の道”
を意味します。

 あらかじめ結論を申しあげておきますと。
一店逸品は、「個店の繁盛・商店街の活性化」という目的にとっては百害あって一利無し、「やるよりやらない方がよっぽどまし」な事業です。
一店逸品実践者がもしいらっしゃったら、ぜひ、反論してください。

 当サイトこれまでに行ってきた「一店逸品」批判:
元祖・一店逸品を論評する

一店逸品・起死回生


続・一店逸品

一店逸品、私はこう思う

一店一品から業容再構築へ

 これでも納得できない人は「サイト内検索」を掛ければもっと出てくるはずです。

意識改革より売場を変えよ

 当サイトが「意識改革」を毛嫌い(笑 していることはすでにご承知のとおりです。
 
 商業活性化関連の会議では長々と論議が続いた挙句、その結論が「意識改革が必要だ」ということだったりします。報告書、計画書のたぐいには商業者の意識改革の必要性とか、そのための施策などが書かれています。
噴飯です。

 改革しなければならない「意識」とはいったいぜんたい、どういう意識か。
どうすれば「改革」出来るのか。
その結果、何がどうなるのか?
といったことについての突っ込んだ検討(というか、イロハ的検討)は行われないまま、あたかも「意識改革」という定番の問題があって、かつ、その処方も確定しているかのように言及されているわけですが、その空虚なこと「回遊拠点の創出」などと同様、「阿吽語」の特徴です。
 
 商店街の役員から基本計画作成関係者、TMO関係者まで、無意識のうちに陥っているレトリック=行動ですが、時に商業者のうち「先進的・意欲的」と評価されている人たちも陥っていたりする・一度落ち込むとなかなか自力では脱出できない・あり地獄です。

 もちろん、「意識の改革」などという曖昧模糊とした「問題」に効果的な事業などありませんから、「意識の改革」派の取り組みが功を奏することはありません。
「意識の改革」が必要と感じられた情況はさらに悪化するばかり・・。

 わが商人塾では、開講からお披露目イベントまで一貫して「意識の改革」などを取り上げることはありません。
“意識を変えるより店を変えよう”というのが塾の合い言葉、「意識改革」目的のセミナーなどに参加する暇があったら“ショーウインドのテープ痕でも剥がした方がよっぽどまし”です。
これはレトリックではありませんからね。

 甲府市の中心市街地商人塾、「お披露目イベント」が修了して一昨日、全体の反省会、昨日、実行委員会の打ち上げが行われました。

 「おもてなしウイーク」とタイトルされたこの催し、講義・討論・臨店という三点セットの取り組みの成果がよく表現されたイベントになり、参加者(塾生各位、市役所の担当者さん、takeo)はそれぞれ大きな収穫を納めました。

 甲府市の商人塾は、「商人塾」の現段階としては、当社の「仮説」通りの成果を挙げています。
「お金を掛けず」取り組んだ「業容転換」の結果が「売り上げの向上(前年対比)」として現れており、7月~10月という短期間の「お金を掛けず・店内をいじるだけ」で昨対比10%~40%という驚異的な売り上げアップを実現したお店が輩出しています。
もちろん、この間、「販促活動』は一切行っておりません。「お披露目イベント」もチラシを打つとか「割引・抽選」などの販促活動は含みません。

 信じられない人、自分の目で確認したい人は、直接現地に赴き、しっかり検分してください。

※申込先:甲府市役所商工振興課 商業係
※視察は、商店街を巡回するだけは所期の成果を得ることはできません。必ず個々の店舗に入り、店主の話を直接聞くこと。そのためには最低4時間は必要です。
実践者の生の声を聞くことが出来ます。
最近視察に来た視察団からは「いいことばっかり話していませんか」という質問があったとか。

 さて、今日、商店街の情況はまさしく「ドッグズイヤー」でありまして、漫然と意識の改革やら施設の改革などに取り組んでいるとあっという間に一年が過ぎ去ってしまいます。今年がそうなりつつあるように来年もまた・・・・。

 意識の改革か、それともお店の業容転換か、という二者択一がありまして、もちろん、あなたが推進すべきは業容の転換、そのための一歩の踏み出しです。
その方向を提案し、方法を提供しているのが当社の商人塾。

 疑うものは、甲府市中心市街地商人塾の成果を見よ。

 ということで、「商店街コーナー」で甲府市商人塾の反省会の情況をレポートします。
なお、視察を検討される人は、事前に当社宛にその旨一報いただくと何かと便宜を図ります。
ふらっと行くのとでは大違いです。
利用してください。

 どういうわけか、当社への直接の連絡をためらう人が多いようです。当社が提供するサービスを利用したからといって、何らかの義務が生じるなどということはありません。
気軽に活用してください。

基本計画 商業理論の不備

 11日、新たに認定された基本計画が発表されましたが、それらの基本計画の「商業の活性化」についての計画をチェックしてみると、相も変わらず、「専門用語」らしきものがちりばめられた目的・目標不明の文章が記述されており、事業が羅列されているものが多い。

 前者の覆るは後車の戒め、とはよく言われることですが、子rふぇまで認定された諸都市における取り組みをどう見ているのか?
少なくとも新聞などで報道されている事例には、挫折・失敗と見なされてもおかしくない、基本的な構想というレベルで抜本的な見直しが必要な事態に追い込まれているものが少なくない。
虚心に情況を観察すれば分かることです。

 にもかかわらず、大勢は相変わらずこれまでに認定された計画の基本構想ぞ踏襲しています。
 これで本当に中心市街地の商業者に“この計画にみなさんの事業生命を賭けてくれ”といえるものかどうか、胸に手を当てて考えてみていただきたい。
もはや、「先行事例」に逃げ込むことは出来ません。

 基本計画の内容は、基本計画の作成にあたる「体制」に商業理論をはじめ計画作成に必要な理論・知識が装備されていなかったことを示しています。
大変なことでありまして、中心市街賃命運において先行事例の轍をたどってしまうのは不可避であるばかりでなく、さらに、都市経営上、重大な情況に陥っていることを示しています。

続きは:

主義主張なきコンサルタントってアリ?

 風雲急を告げる今日、環境激変・利害相克する中心市街地活性化という問題領域を事業機会に選択しているコンサルタント、アドバイザー、タウンマネージャーなど、まあ、肩書きはともかく当該アリーナに支援者として参加しようとするくらいの人士であれば、当然のことながら主義主張というものを持っているはずでありまして、新自由主義とか市場原理主義とか一時期猖獗を極めたイデオロギーを資本主義の原理原則だなどと理解して振り回しているようではせっかくこれまで蓄積してきたであろう知識・情報も使い回して見事活性化実現のお役に立つことはできません。

 市場原理主義などというおバカなイデオロギーを信奉しながら中心市街地活性化を支援することができる、と考えている人は「身の程知らず」でありまして、現場から立ち去るかイデオロギーを変えるか、即刻の選択を迫られているのが自覚できないわけですね。

 市場原理主義とは、伝統的に市場すなわち経済的取引によって慣習的に作られている制度を恣意的に合理化し、自然成長的に形成されてきた経済市場ばかりではなく、従来、市場とは異なる制度で運営されていた領域に敷衍させようとするものです。
社会福祉とか、教育とか。

 takeoは筋金入りのアンチですから、市場原理主義の悪口ならいくらでも尽きることはありませんがW,いずれ暇を見て【理論創発】あたりで議論したいと思います。

 ということで、本論に戻りまして。
中心市街地活性化という問題領域は優れて主義主張・利害得失が錯綜するところ、人畜無害の没思想的第三者を装いつつ、所期の任務が全うできるものかどうか、というあたりについても時には考えてみることが必要ではないでしょうか。

 もちろん、これはコンサルタントに限った問題ではありませんで、中心市街地活性化の実現、その【方向と方法】をめぐる論議をまとめていくには、提案する【方向と方法】がしかるべき主義主張に裏打ちされていることが不可欠です。

 世の中には、わかっている人はきちんとやっているが、わかろうとしない人にはどうしても理解できない、必要を説かれても必要性すら理解できない、というような問題がありまして、さしあたり中心市街地と主義主張との関係などはその一例です。

ユニーク・ポジションの課題

 何も意識的に狙ってのことではありませんが、ご承知のとおり、中心市街地活性化の支援を事業機会とするあまたの同業者があるなかで、当社は極めてユニークなポジションを占めています。

 端的に申しあげて。
①中心市街地・商業活性化の方向と方法
②推進体制の構築と運営 
③点から線、線から面へ、「ショッピングモール」への転換実務
④既存個店の業容転換による繁盛店づくり 理論と実践
④中心市街地の経営管理(計画~統制~評価)
という、中心市街地活性化の実現にとって必須である計画~実践の全段階について、理論及び実践を指導する技術をトータルに所有している「中心市街地支援業務者」は、極めて限られていると思います。
Web上の情報で見る限り、当社だけかも知れません。

 残念ながら、このような当社のポジションを理解する人は限られておりまして、関係者の中には、どうして当社を遠隔の佐賀県から招聘するのか、その趣旨が理解できない、という人も少なくないようです。
やれ、旅費が高く付く、とか、近場で間に合うだろう、とか、東京はどうだ、とか。

 いろいろ検討された結果として当社が選定されたのだ、ということが分からないらしい。
誰だって、近場で、経費が掛からず、調達できればそれに越したことはありません。事実、当社へのオファーでは“うちの近くにクオールエイドと同じようなポジションの業者はいないだろうか”と質問されることも間々ありまして、誰だって佐賀県から呼ぶより東京から呼んだ方が当たり障りがないことくらいは分かっています。

 にもかかわらず、はるばる招聘しなければならない、それだけの理由があるのだ、というところまで考えが及ばない関係者がいますと、あれこれ波風が立つようです。
事業の優先順位などの選定などと絡むとなおさらのことですね。

 当社との協働で画期的な成果が挙がると、従来的パターンの仕事に慣れ親しんでいる方面から横やりが入ることもあるようで、その時、遠隔で知名度が低い、という当社のポジションは「見直し」の格好の口実になるらしい。
業界におけるポジションのユニークさなどは、理解を超えているらしい。
お馬鹿な話ですが、これが現実ですからきちんと対応しなければならない。
 当社としては、さらに理論~実践両面にわたってスキルアップに邁進するとともに、当社の客観的なポジションのアピールにいっそう努めて参りたいと思います。

 当社のポジションについては、分かる人には分かるだろう、ということであまり訴求しておりませんが、こういう態度はどうも良くないようです。

 上記①~⑤の中心市街地・商業の活性化を推進していく上で不可欠の理論・スキルを持ち、実際に各地の取り組みを支援しているのは少なくともWeb上でチェックする限り当社だけである、ということについてしっかり広告宣伝することが喫緊の課題です。
マーケティングの要諦は“本物の自分を宣伝し続けよ”ですらね。

 新スキームにおける中心市街地活性化の取り組みの停滞は明白であり、一日も早く取り組みを修正しなければならないケースもあるようで、客観的には当社の「出番」が来ているのではないか、と思われるのですが、従来的取り組みパターンを無批判に踏襲して良しとする方面の抵抗をうち破っていくパワーが不足しており、このため、当社が提唱する「方向と方法」の採用を目指しておられる皆さんに思わぬご苦労を掛けることもあるようです。

 当社非力のため、知名度未だ低く、残念ながら市場性を確立するに至っていないことが大きな要因です。確立するには露出度を高めることが至上課題ですが、もちろん、そのためには知名度が必要、という堂々巡り状態にありまして、ここをどう突破していくか。

 当社としてはこれまでにもまして当サイトの充実に努めるとともに、リアルでの露出機会を拡大して参りたいと思っています。
趣旨に賛同していただく皆さんのご協力をお願いいたします。

 また、当社との協働については、「地元の合意が整ってから」というのが常識かも知れませんが、当社は上述のとおり“近所に適任者はいないか”といった問い合わせからスタートしておつきあいも少なくありません。
中心市街地活性化関連で「難問」に直面した場合は、お問い合わせ戴けば、あれこれと突破へのお手伝いが出来ると思います。
気軽に活用してください。

 当社の活用を検討中の皆さんにとって、当社の「知名度の低さ」は障碍になるかも知れません。
“何だ、そんなことならや~めた”といえる人はいいのですが、そうはいかないあなたは、当社の知名度アップにご協力くださるようお願いいたします。

 中心市街地の活性化、既存商業者の自助努力を組織し、点から線、線から面へ展開することが実現への道である、と考えるならばその「方向と方法」について理論的・実践的な提案を持っているのはこれまでのところ当社だけ、これは間違いありません。

 お互いに確固とした自信を持って進んで参りましょう。

推進体制の整備とSC対策の強化

 新たに基本計画の認定を得た中心市街地が直面している課題は、―基本計画の内容如何に関わらず― 活性化を推進していく体制を整備することと、適切なショッピングセンター対策を講じることの二つであることに異論はないと思います。
残念ながら、二つの重大課題こそが「基本計画作成の目的である」と位置づけている基本計画は少ないのですが・・・。
まずは何をしなければならないのか。
昨日の記事に引き続いて考えてみましょう。

 第一に取り組まれるべきは、基本計画の内容、特に「商業の活性化」に関する事業計画の商店街組織・商業者に対する周知徹底のための説明会の開催。
中心市街地の商業・商店街活性化の主体として位置づけられているかどうかは別として、既存商業者の事業がこの計画の実施から大きな影響を受けることは確実ですから、その内容を熟知し対応策を講じることは当然のこと、そのためにはまず、なにはさておき、基本計画を熟知してもらわなければならない。
既存個店の「シャッターの内側」の改革こそが商店街活性化の基本中の基本であると認識している場合は、なおさらです。基本計画と連動して個店の活性化~繁盛店づくりに邁進してもらうためには、基本計画を熟知し「その気に」なってもらうことが不可欠ですからね。

 ところが。
計画作成に先立って先行事例を調査された人はよくお分かりと思いますが、これまで基本計画の内容を関係各方面、とりわけ商業者に周知させるという課題に取り組んだ例はほとんどありません。都市によっては活性化協議会~まちづくり会社レベルでもその内容を理解している実務担当者は数えるくらいしかいない、という場合も珍しくありません。
そもそも、基本計画作成の基礎となっている、「法」、「基本的な方針」を読み解く能力の有無さえ気になるところ、その結果、なにがどうなるのか、ということについても先行事例が物語っているとおりです。

 第二番目の課題は、推進体制の再構築。
中心市街地活性化という課題の特徴は、
①中心市街地が劣化スパイラルに陥っていくのを防止し得なかった当事者が活性化の推進者であり、
②当事者は「活性化」実現の方向と方法についての理解と必要な技術を持っていない
ということです。(自覚している人は少なく、そのことがもんだい解決を困難にしている)

 推進体制の構築は、体制を担う具体的な個々人の「能力の転換」を伴いながら進めなければならない。このことを理解していないと、「推進体制」の要員が無自覚のうちに「推進」を阻む「抵抗勢力」となってしまいます。
洒落になりませんが、こういう事例もけして少なくありません。

 三番目に、ショッピングセンター対策。
基本計画に何がどう計画されていようとも、現実に中心商店街の個店は劣化スパイラルに陥っており、行き交うショッピング客もまばらです。この状態から一刻も早く抜け出すには、
①経営環境の現状において商店街で繁盛できることを実証し
②繁盛店づくりの取り組みを奨励し、実績を挙げ、
③取り組みを「点から線、線から面へ」と拡大していかなければならない。
新基本計画には「ショッピングモールに見立てて再構築」や「都心型商業の再生」など、立派な目標が掲げられていますが、実現していくプロセスはほとんど明らかにされていないはずです。
この問題にほっかぶりしたまま、基本計画所載の各種事業に取り組んでも、劣化スパイラルは深刻化するばかり。
これもまた先行事例が如実に示しているとおり。

第一~第三の課題にどう取り組んでいくのか。
当社が提案するのは、もちろん「商人塾」の開催です。
それも商業者のみならず関係各方面の実務担当者がこぞって参加するもの。
都市には中心市街地活性化の実務を推進するために必要な能力が不足しており、まずは能力の涵養・転換を目指すわけですが、これは計画されている事業の推進プロセスで実現していくことが不可欠です。
この困難な課題を担保するのが当社流商人塾ですね。

 格好の事例として鹿児島県与論町の取り組みを紹介します。
同町では、
①新スキームによる中心市街地の活性化を目指す
②目標は「中心商店街のショッピングモールに見立てた再構築」
③ただし、基本計画の認定は目指さない
という基本方針の下、100パーセント自力で作成した基本計画に基づく取り組みがスタートしています。
基本計画の作成と平行して取り組まれていた「第一期商人塾」がこのほど修了、引き続き「推進体制」の構築が課題となっており、先週末開催された活性化協議会においてtakeoが体制の支援に当たることが決定されました。
これには中小機構の「アドバイザー派遣事業」が活用されます。

 当社と協働で取り組まれる当面の作業は、
①商業者に対する基本計画の説明
②商人塾一期生の経営革新支援
③商店街組織の活性化
など。
これらに取り組みながら
④推進体制を構築する
ということになります。
与論町のケースは、活性化に取り組みたいが基本計画の認定はちょっと、という都市にとってまたとない事例ではないかと思います。

 新たに認定を受けられた都市の担当者の中には“認定を得た、これで補助金を確保できた”、あとは民間の仕事、と考えている人もあるようですがとんでもないことです。
誤った認識のトガメは、劣化スパイラルのいっそうの進展という形でたちまち現れますが、あいにく、そのことで責任者たる行政の実務担当者の生活には直接の影響はありません。
担当者はそのことを強く認識して悔いのない取り組みをしなければならないのですが、もちろん、“基本計画は補助金確保の手段”程度の認識をもっている人に期待できることではありません。

 中心市街地活性化、いつになったら「王道」が主流になっていくのでしょうか。

 ということで、実効ある取り組みを期待する人は、本日のタイトル、「推進体制の整備とSC対策の強化」こそが基本計画認定後の喫緊の課題である、という認識の共有を目指すことが急がれます。
当社、このところこの二つの課題をめぐって東奔西走していることは、既に報告しているところです。

youtube 甲府市 商人塾

 先週いっぱい取り組まれた「第一期商人塾修了御披露目イベント」がyoutubeにアップされています。

「セルフサービス」に対置している「コンシェルジェ・サービス」の一端が見えるかと思います。

コンシェルジェ・サービス:
1.専門店として
自店がターゲットにしている生活局面・シーンの「堪能」実現について、演出に必要な材料(商品・サービス)及び情報を提供する
2.商店街・商業集積の一員として
中心商店街、特に商人塾塾生のお店が提供しているコンシェルジェサービスの内容を熟知して、必要なお客に提供する

 甲府市中心市街地商人塾の修了イベントは、“ラグジュアリィモールが提供する「コンシェルジェサービス」”を試行する最初の取り組みです。
今週は「反省会」が開催されます。新しい貴重な収穫がたくさんあることと楽しみにしています。
結果については当コーナーで報告しますのでお楽しみに。

基本計画の認定

 11日付で新たに11都市の基本計画が認定されました。
“これで継続事業の資金の目処が立つ”とほっとしている向きもあるかと思いますが、かいま見える先行各都市の情況を考えると、もちろん、手放しで喜ぶわけにはいきません。
認定=補助金確保、後は明日の風任せ、というところは別として。
(そういう都市が多いような気もしますが・・・)

 思い出せば、“認定は得たものの、この計画だけで活性化出来るとはとても思えない”ということから「方向と方法」について学びたいというオファーを受けたことがあり、当社流を提案しましたが、その後どうなっていることやら・・・。

 認定が終わればあらためて「推進体制」の確認という作業が待っています。同時に、TMO・タウンマネージャーの「統制要員」としてのポジションの確立という大仕事が待っています。
第一に、商業者に対する基本計画の説明会をするの化しないのか。
個々の商業者は「基本計画的事業の受益者」であり、各種事業ヲ実施すれば、既存個店のシャッターの内側は「繁盛」に転じる、という自信があれば、説明会は不要です。

 自信がなければ説明を実施しなければならない。
基本計画は“この計画にあなたの事業の命運を賭けてくれ”ということですからね。活性化に個店の取り組みが必要だとすれば、単位商店街を対象にした説明会の開催は当然ですが、さて、これまでに認定を受けた基本計画中、個々の商業者とお「合意形成」を目指す「説明会」を開催したところが幾つあるでしょうか?

 このあたり、本当はタウンマネージャーさんの初仕事のはずですが・・。
この説明会を通じて「推進体制の確立」と「TMOによるヘゲモニーの確立」を実現しなければならない。
マネージャーたるもの、このくらいのことは百も招致のことと思いますが、行政、会議所などはそうとは限りません。そうすると、まずはそのあたりの説得からスタートしなければならない。
これは正直、大変ではないか。

 「経営=マネジメント」を教科書的に言えば、計画~統制~評価ですが、このうち、計画=行政、評価=活性化評議会という分担は既に決定しており、TMO=タウンマネージャーの仕事は、事業実施過程・計画期間の「統制」です。
各事業主体の取り組みが基本計画に示されている目標の達成に向けて一体的。相乗的に実施されるかどうか、その成否はタウンマネージャーの手腕に掛かっているわけです。

タウンマネージャーたるもの、TMOが実施主体となる事業の事務手続きや中心商店街全体の庶務係、イベント事務局ではありませんからね。
タウンマネジメントという機能を果たすには、それなりのオーソライズとそれに見合うパフォーマンスが必要ですが、その機会を作ることもタウンメージャーさんが作らないと誰も作ってくれません。

 認定2年目、1年目、これからスタートと三段階の取り組みが出そろうわけですが、どうもほとんどの計画が「第一号認定」が敷いたレールの上を走っているように思われてなりません。
このまま行けば、“計画した事業は竣工したが、その間も商店街の劣化スパイラルは止まるどころかいっそう加速している”という先行事例の仲間入りをしてしまうことになりかねません。

 先行事例の現状はどうなっているか?
本格的に取り組みをスタートする前に確認しておいたほうが良いかも知れません。

中心市街地活性化の新展開

 当社の関わり方が変わりつつある、という意味です。

 推進体制の活性化、郊外型ショッピングセンター対策の進め方など、個別の具体的な問題についての助言を求められるケースが多くなっています。
中心市街地活性化基本計画を作成するほどの識見・技術を兼備する都市なら既にしっかり取り組まれていてしかるべきことですが、認定を得た後であらためてこういう問題への対応を迫られているということは“浮世離れ”した基本計画が作られていたことを物語っているのではないか・・・・。

 それでも対抗策を講じなければならないと情況を直視されたことは大いに評価されます。
基本計画を作成、認定を受けたところでも具体的な対策はほとんど手つかずという都市は少なくないですからね。補助事業は着手できるが、だからといって郊外型ショッピングセンターと伍して中心市街地の商業機能が劣化スパイラルから脱出出来る方向と方法は見いだせないまま、基本計画に列挙した事業に展望もないまま「計画したことだから」と取り組まれている・・・。

 既に先行事例では劣化スパイラルの加速化が進行するという形で「挫折」が明らかになっているパターンですが、粛々と取り組まれているわけで、先行事例の失敗になぜ学べないのか、不思議です。
愚にも付かない「成功事例」にはたちまち追随するくせに・・・。

 直面する問題は中心市街地活性化の根幹に関わること、付け焼き刃ではどうにもなりません。
当社は①商人塾の開催、②行動計画の作成 という大きな事業へのあらためても取り組みを提案します。二つの事業を相乗的に活用して取り組みの全体を本格的な軌道に乗せようというシナリオです。
 
 実現するためには都市内関係各方面の合意が必要であり、合意形成のためにはあらためて「郊外型商業全盛時代の中心市街地活性化への道」について勉強会が必要だったりします。
いわば“一から出直す中心市街地活性化”ですが、その気さえあれば出直し~成果を得ることはそう難しいことではありません。時間も掛かりません。

 具体的な問題に直面したことを奇貨として、実効ある活性化への道を確立することができるかも知れません。
そういう意味でも、都市との新しいおつきあいが増えるのは楽しみです。 

ゆんぬ商人塾の修了式

 本日、修了式が行われました。

当社定番の商人塾に「経営革新塾・商業コース」として取り組まれたものです。
3時間×10回というボリューム及び講義+臨店指導というスタイルともに、一般的な「経営革新塾」とはまったく異なる企画ですが、商業者・商工会・役場三者共通の要望がかなえられて実現したものです。
商工会連合会を始め関係各方面のご理解に敬意を表します。

 中小商業者の経営革新といえば、第一に本業の業容革新であること、第二に顧客の生活から見て本業の業容をいっそう充実させる+アルファであること、が基本中の基本ですから、当社提供の商人塾は「経営革新塾」としてその趣旨にピッタリ合致しています。

 修了にあたっては、塾生の皆さんから取り組みの現段階における結果とこれからの抱負が発表されました。発表については毎回のレポートで手慣れたものですが、修了式とあってその中味の充実ぶりはまた格段でした。
取り組みばかりではなく、「横着心を払拭した」とか「初心に帰る」ということの意味がよく分かったとか・・・。一番はもちろん「プライドを取り戻した」ということですね。
 
 新しい方向としてももちろん本業の「業容革新」+本業のデスティネーションを強化するための新規事業の付加や、塾生同士のコラボレーションなど、楽しみな取り組みが継続実施されます。

 点(店)から線へ、線から面へ、という商人塾的中心市街地活性化の「合い言葉」が徐々に形になっていきます。

 修了以降の取組は、活性化協議会に対するアドバイザー邪険事業などを利用して、協議会~商店街~個店の取り組みを全面的に支援していく予定です。

企業会計の奇々怪々

金融恐慌で何百兆ドル?かが“溶けた”ということですが、はて、

①そのお金はいったい何処にあったのか?
もちろん帳簿に記帳されていたわけですが、
②相手科目は何だったか?
③そこに記帳されていた金額は何を意味していたのか?

というあたりを考えてみると、企業会計=複式簿記すなわち資本主義会計制度の奇怪さが浮かび上がってきます。
複式簿記は、大航海時代、冒険貿易の清算を目的に発明された「案件決済」の方法です。
これをゴーイングコンサーン、企業会計の「期間決済」に採用したわけですが、導入にあたっては様々の「お約束」が行われ、なかには企業の実態を誤認させるようなお約束もありました。
 おやくそくの「極」とも言うべきが「現在価値会計」。
株式の原人点での市場価格をもって企業「価値」とする虚構です。
これで一時は“日本でもっとも企業価値が高いのはホリエモン率いるライブドア”というランクが成立していたことは周知の事実です。
恐るべし、企業会計のお約束。

“溶けた数百兆”、溶ける前は何処にどういうカタチで存在していたのか?

 考えていくと「企業会計」のでたらめぶりがイヤでも理解されます。
もちろん、だからといってパニックが納まることはありませんが。

【理論創発】であらためて考えてみたいと思います。

this site vs others

 目下、新たに商人塾の取り組みが準備中です。

 商店街活性化関連でWebを巡回しますと、当社サイトとその他大勢のサイトの間に際だった差違があることにイヤでも気がつきます。

 当サイトでは商店街活性化の一大眼目を「既存個店群の繁盛再生」に定め、その方向及び方法を体系的かつ具体的に提唱し、さらに実践レベルのノウハウまで提案しているのに対して、他方ではこれにほとんどまったく言及されていない、ということです。
あたかも
①既存個店のシャッターの内側にはなんの問題もない
②問題があるのは、空地空店舗だけ
と考えられているようにさえ思われます。
このことはぜひ確認していただきたい。

 中心市街地・商店街活性化の取り組みにおいて、劣化スパイラルに陥っている既存個店群の活性化 ―繁盛再生― が課題として認識されていないのは何故か?
①個店レベルの支援は公共の施策としてなじまない とか
②シャッターの内側は店主の裁量による とか
③個店の活性化はシャッターの外側の施策の結果として実現する
などなど、勝手な「理屈」がつけられていますが、いずれにせよ、講じられている施策が個店の経営改善に届かないことは
明らかです。

 その結果、なにが起こっているか?
商店街活性化施策の進展にも関わらず、一方では確実に既存個店群の劣化が進み、廃業者が引きも切らないという情況ですね。
これは中心市街地・商店街活性化にとって大問題です。

 施策を講じている最中も空洞化が進展するのは何故か?
ということでありまして、由々しい事態ですが自覚されているのか、いないのか・・・・。

 あのですね。個店にとって業容不振は一大事ですが、それは営業している間のこと、武運つたなく廃業すればあとは関係ありません。

 他方、営業中の隣近所の店舗~商店街はそうはいきません。
空店舗が増えることはそれだけ「ショッピングゾーンとしての魅力」の衰退をなによりも雄弁に物語ります。
大枚を投じて取り組んでいる「空地空店舗の活用」もその一方で新たに空店舗が出現するようでは、せっかくの施策の有効性に?がついてしまうわけです。

 と言うことで、商店街活性化の取り組みにとって既存個店の繁盛を実現することはけして「個店の自己責任」で済まされる事ではありません。「自己責任」とレッテルを貼って放置した結果は、街の問題、中心市街地の問題として降りかかってきます。
そもそも「個店のことは個店の自己責任」とうそぶく関係者は、
①商店街立地の個店群は、現在の問題情況において、自己責任で活性化を実現できると思っているのか? あるいは、
②展開中の事業の成果の波及により個店群は活性化する、と思っているのか?
はっきりしているのは、いずれにせよ、「個店の活性化」については一切言及されることがない、ということ。

 あらためて確認したとおり、当サイトとその他大勢との間には、なかなか埋めがたいギャップがあるわけで、もちろんothersさんたちはギャップを放置していたのでは活性化より空洞化を促進することになるのはこれまでの経緯から明らかではないでしょうか・・・。

 新スキームのスタートを結節とするかのようにさらに深刻の度合いを増しつつある空洞化にどう対処するのか?
 他の事業がどう計画さているかを問わず、「個店群の活性化」実現に向けた取り組みを早急にスタートしないと、基本計画の5年間が終わってみたら、商店街は形骸だけ、後かたづけ、という新しい課題が生じていた、ということになりかねません。

 喫緊の課題である既存個店群の「繁盛への道」再建の取り組み、目下のところ、当社式「商人塾」が唯一・最善の方向&方法ですが、まだ着手をためらうのですか?
なぜ? どうして?

 折から政府は、商店街振興に新たな施策を講じるとか。
「イベントもOK」だそうで、“血湧き肉踊る”人士もあるかも知れません(笑

 が、しかし。
商業者の自助努力と商店街活性化を融合・推進する「プラットホーム」としての「商人塾」的取り組みが柱に据えられない限り、またしても砂上の楼閣に屋上屋を重ねることになります。
関係各位にはくれぐれもご賢察を賜りたく。

SC対策勉強会

 知る人ぞ知る、当社の得意業務の一つです。

 SCvs既存商店街という競合関係は、厳然としてありまして、オープン直後関係方面で実施される「影響調査」では1~2割の売り上げダウンが報告されます。
不思議なことに対応=影響調査まで、ということが多く、まあ、この程度の影響があることは特段調査しなくても分かること&分かってからといって何がどうなることでもない、ということも分かっています。

 この時期に売り上げが1~2割ダウンするというのは大変なことです。一年も経てばさらに落ち込むことは明白であり、やがて閉店に追い込まれるお店が続出することでしょう。

 何を為すべきか? 答えは明らかでありまして。
第一に“SCとは何ものか”ということをしっかり理解すること必要です。SC問題、長く論議されていますがその正体を理解している人は少なく、したがって有効な対策も講じられず、あれこれの対策に取り組んでいる間もひたすら「劣化スパイラル」に拍車が掛かるだけ、というのが実状です。

 この情況をどう突破していくか?

 そんなに難しいことではありません。
あらためて地元の生活を理解し、SCの業容を理解すれば、両者の関係がそれほど「ピッタリ」ではないことが容易に納得されます。
これが重要でありまして、SCが逆立ちしても対応できない消費生活ニーズがあることをしっかり理解し、そのニーズの受け皿となる店づくり・商店街づくりを実現していく、これ以外にSC対策はありません。

 もう一つ大事なことは、対策に
※※ お金を掛けない ※※
ということです。
逆に言えば、SC対策は「お金を使えばなんとかなる」というレベルの問題ではない、ということです。

 これから年末にかけて「SC対策」の勉強会に参加することになっていますが、
※SCは怖くない
※SC対策に特別の対策は要らない
ということにしっかり自信を持つことが「繁盛店づくり」につながります。
SC対策って究極、“自分が繁盛すること”ですからね。

 勉強会を予定されている皆さんはお楽しみに。
しっかり勉強していただくと、久しぶりに明るい新年を迎えることが出来るはずです。

劣化している商店街の販促活動

 売り上げが落ちた小売業は販売促進活動をしてはならない、とは島田陽介先生の名言です。

 売り上げが落ちるということは、お客が来ないこと。
お客が来なくなる理由といえば:
①お店の業容とお客のニーズにミスマッチが生じている
②お客から見てモアベターな買い物行き先が登場した
のいずれか。自分の店・自分たちの街の場合はどちらが原因で客数減が起こっているのか、しっかり見極めることが先決です。
というか、答えははっきりしておりまして。
①的業容になったところに②が登場した、それでお客はさっさと向こうに移っていった、ということでしょ。

 客数減の原因が①あるいは②、あるいはその複合、いずれの場合でも「販売促進」すなわちお客に来店を訴求すればお客が戻ってくる、というような問題ではありません。
「ミスマッチ」情況をしっかり把握して改革改善に努め、“これでOK、来店したお客はうちのファンになってくれる”と自信が生まれてはじめて「来店訴求=販売促進」に着手することになります。

 お客に愛想を尽かされた業容をいじることなく、来店訴求=販売促進をするのは、「来店する必要がない業容」をお客に再確認させるだけ。

 「理屈はそうだが、ともかく販促やっていないと不安で」とか、“活性化といえば販売促進」と反射するのが大方の商店街活性化関係者の常識となっています。
中には“何もしないよりした方がいい”と開き直る人もいます。
あのですね。マイナスになることをするよりも何もしない方がどれだけいいことか。
よく言われることですが、山道で迷った時、“何もしないより歩き回った方がいい”ですか?
劣化スパイラスルに陥っている多くの商店街、「何を為すべきか」まったく見当も付かない情況にあるわけで、山道でガスに巻かれている情況と同じです。いたずらに歩き回ると道に迷い、消耗するばかり・・・。

 最近流行の販売促進といえば「一店逸品」に加えて「百円商店街」だそうで、そういえば数年前北海道でそういう取り組みをしている商工会がありました。大型の空店舗を利用して野菜などが中心で結構お客に支持されているように見受けました。
 最近の取り組みは、商店街の各店舗が「百円均一」の商品を並べ、「百円商店街」を仮設して来街を訴求するものらしい。
業容の不具合を販促で切り抜けようとする無謀な試みの新手の登場ですね。
 
“黙っていたのではお客は来てくれない、お客が来てくれるだけでもいい”というのが百円商店街開設の弁ですが、「百円」に魅力を感じて来街・来店したお客にいったい何を期待するのでしょうか?

 “店も街もアンタに見捨てられた頃のまんまだけど、なんとか何か買ってくれない?・・・”
といっていることになりませんか?

 中には同情してくれるお客がいたりして“街はぬくもりがあって懐かしい、なんとか残しておいてもらいたい”などとコメントしたりしますが、いざお金を払って買い物をする段になればもちろん、お金を払うにふさわしいと評価するお店に直行します。
きれいごとで買い物は出来ません。続きません。

 これ、商店街活性化関係者ののファミリィにもぜ~んぶ共通する消費購買行動ですからね。商店街のリーダーを筆頭に関係者のファミリィは日頃商店街でショッピングを楽しんでいるかどうか・・。

 そこでご提案。
活性化関係者で「一店逸品」やら「百均商店街」に興味がある人は、本格スタートする前に自分たちの家族に“商店街でこういう企画をしようと思うが、お客として来てくれるかい?”と聞いてみられることをお奨めします。
 もちろん、来てもらうのはそれを契機に個店・商店街の得意客になってもらおう、ということですから、そのあたりの可能性についても「想像力」を発揮していただきたい。

 そうすると、一品やら百均やらの来街促進、販売促進が個店・商店街の活性化という目的に対して「百害あって一利もない」企画だということが理解されるのではないか。

 袋小路に入ってしまっている観のある商店街活性化、脱出するためには「理屈」を大事にすることが第一です。
これまでの「常識」やら「感じ」やらの言いなりになっていたのではこれまでどおり、無明の中をさまようばかり。

 「理屈で行く」と決めたら、理屈に徹しなければならない。

 商人塾でも時に“ああ、今までの常識を引きずっていた”と思い当たることがあります。
ましてこれまできちんと「商業経営」について勉強したことのない皆さんには「理屈で考える・これまでの常識にはすべて疑問符をつける」というのは、いうは易く、でありまして。
曲がり角毎に「逸品」やら「百均」やらの誘惑が待ちかまえています。脱出するには」一日も早く「商人塾」への取り組みをスタートさせることですが、「ほんとにそうだ」と実感できるのはたぶん商人塾の講義を半分くらい受けてから。

 ということで、まずは「騙されたつもり」でスタートを切ることになるのかも知れませんが、幸い、先行事例がありますからスタートにあたって所要の検討は出来ます。
「商店街活性化は理屈で行く」と決意したとたん、商人塾の門を叩くべき。一日のためらいはそれだけ活性化への道を難しくすることになります。

 ちなみに、商人塾の「お披露目イベント」について申しあげておきますと、「イベント」に先だって街に次のような〈情⇔景〉が生まれています。


 劣化した個店・商店街は、まず、なにはさておきこういう段階に到達することが先決。来街訴求の販促活動はその後です。
甲府中心市街商人塾の「お披露目イベント」、いよいよ本日スタートです。

孤立深まる商業者

 商人塾など、ビジョンを持った取り組みに参加しているごくわずかの人たちを除いて、全国の独立自営商業者の皆さんは、すべて孤立を余儀なくされています。

 バブル崩壊以降、あるいはそれよりも遙か以前から業績の長期低落傾向が続いており、好転する兆しはまったくありません。

 そうしたなかで十年一日、商店街活性化の取り組み・行事が催されており、商店街に世話になっている以上、おつきあいと思って参加していますが、なんのメリットも感じられません。
組合の会議も月に一度の例会が連綿と開かれていますが、参加者は固定しておりかつ議題も市役所・会議所・連合会からの上意下達だけ。

 間違っても「業績」についての話などは絶対に出てきません。
連合組織の重役をになっている理事長だけが元気なそぶりで、「何かあればおれが補助金を取ってくる」と、これもシーラカンス的思考態度が抜けません。

 『基本計画』も作られたようですが、関係があるのは委員会に参加した理事長だけ、決定後も組合員には説明さえ行われない。
不思議な話でありまして、商店街活性化を実現するための計画が商店街には説明さえ行われない・・・。
もちろん、商店街の空洞化は、目に見えるシャッターが降りている店舗の増減に関わらず、着実に進展しておりまして、何よりの証拠はショッピング目的の来街者の右肩下がり・・。
気のせいか、『基本計画』が決定した頃から一段と人の動きが少なくなったような気もしています。

 というなかで、頼みとするのは文字通り自助努力だけ、という悪戦苦闘が続いているのが全国各地の独立自営商業者の姿ではないでしょうか。
人は「希望」があればどんなに苦しくても頑張ることが出来ますが、なんの希望も可能性も感じられない、という情況で頑張り続けることは大変難しい。

 主流となっている取り組みに対して、「個店の業容改善を問題に出来ない取り組みはおかしい」と感じ、疑問を共有する仲間と「個店レベルの取り組み」を目指そうという試みも有ることでしょう。

 その志はまことに貴重ですが、では具体的に何にどう取り組むのか、ということになると皆目見当が付かないのではないか。
日々の努力の積み重ねが大事だということは分かるのですが、何をどう積み重ねて行くのか・・・。

 目標、ビジョンが無いと「知恵」が湧かず、工夫も出来ない・・・。

 ある程度目標なりビジョンのようなものがないと“積み重ねている”“目標に接近しつつある”という実感を持つことが出来ません。

 このままではダメだ、と自覚しているものの、主流路線への対案を見いだせず、日々悩んでいる商業者はけして少なくないと思います。
当サイト、まずは、そういう皆さんとの連帯を実現したいと願っています。

認定二年目の冬・課題

 新スキームによる基本計画の認定、第一号認定からアッという間に二年目の冬を迎えました。
それぞれの計画の進捗情況及び成果についてはあまり伝えられません。「情報会社会」が喧伝されて久しいものがありますが、全国ほとんどの都市経営に共通する重大課題についての情報が共有される仕組みが無いのは、スキームの欠陥ですね。先行事例にまずいところが発見されたら即刻修正するとともに全国へ情報を流す、ということがあってしかるべきだと思います。 

 ネット上で調査する限りでは、第一号認定両都市の情況は次のようにまとめることが出来るようです。

①計画された事業群は整斉と実施されている
②しかし、商店街など中心市街地の既存商業集積の空洞化は改善されるどころかさらに進展している
③想定外の情況に対して両都市とも「打つ手」が見いだせない

 この情況は、第二号認定以下の諸都市の中心市街地でも起きていることであり、あるいはこれから確実に起きることです。
何故そう言えるのでしょうか。

 当サイトでは、一号認定が公告されると同時にその検証に取り組み、“この計画では中心市街地の活性化は実現できない”ことを明らかにしています。

 どうしてそういうことが出来たのか?
答えは簡単でありまして、両基本計画は、スキーム読み解きの前提となる知識・理論を装備しないまま作成されていることが明白だったからです。

 「法」以下のスキームを体して計画を作るうえで重要なポジションを占めるのはいうまでもなく政府が定めた『基本的な方針』(平成18年9月8日閣議決定)、これを理解することはスキームの活用に不可欠の作業ですが、これを読み解いたうえで基本計画を作成するには“頭がいい”とか“法律が読める”だけでは決定的に不十分でありまして、

①商業理論・・現在機能しているすべての小売商業を説明しうるレベル
②計画論・・・計画立案に関する、陸上自衛隊の作戦単位レベルの計画作成能力
③組織論・・・営利企業及び非営利事業体の組織についての透徹した理解
などの装備は不可欠です。

 さらに現場の実状に鑑みれば、計画作成過程を通じて
④活性化協議会、TMOなど関係組織の理論修得についての施策を講じ、さらに
⑤タウンマネージャー要員の確保をはじめ推進体制要員の資質の錬磨向上に当たる
という課題も有りました。

 さらに、作成される基本計画ではなにはさておき
⑥既存商業者の経営技術の革新 という切実な課題への取り組みが周到に計画されなければならなかった

 実際の取り組みにおいては、①~⑤のすべてが準備されないまま、その必要性すら自覚されないまま仕事が進められ、計画ができあがり、現在に至っているわけで、もちろん、⑥についての施策は皆無でありまして、その結果たるや、一々確認するまでもなく“分かり切って”いるのです。

 一号認定を範とする計画で「活性化への道」を切開することは不可能だということは、認定当初において既に「論理的に」明白だったわけで、“認定さえ受かれば”事業を継続することが出来る、という「継続の原則」の一念で後に続いた『基本計画』を作っている都市にもまったく同じ情況が起こることは目に見えています。

 あらためて提言したいこと:

 既に認定を受けている都市は、「期中総括」の機会をとらえて計画の見なおしに取り組むべきであり、これから計画を作るところはあらためてこれまでの取り組みの現状についての情報を収集、きちんと評価して教訓を得ることが必要です。
前車の覆るは後車の戒め、ですからね。

 ということで、このエントリーに感じることがあった人は、あらためて『基本的な方針』を熟読玩味、とりわけ、第七章については「行間」に至るまでしっかり理解に努めていただきたい。
というか、上で述べたような前提知識を装備していないと本章を理解し、基本計画の「導き」とすることは出来ないのだ、ということをあらためてしっかり確認していただきたいと思います。

 ちなみに、基本計画の作成について上記①~⑤の条件をすべて備えているのは、当・クオールエイドだけではないか、というのがtakeoの見解です。
間違っていればいいのですが・・・。

 中心市街地活性化をめぐっての右往左往、当分続くわけですが、混迷から脱出したかったら、事業の進捗状況を問うことなく、迷わず当社の支援を確保することが第一条件ですね。

商人塾への「越境」参加

 活性化の実現に向けて何が必要か。商店街の声といえば、
①住む人・来る人を増やして欲しい
②公共施設を建てて欲しい
③不動産所有者が貸し渋って活性化が出来ない、なんとかして
④アーケードを外したいがお金が無い
⑤アーケードをつけたいがお金が無い
などなど、「おねだり」が多いように思われているわけですが、もちろん、こういうことを言っているのは一部の人たち、これまでどっぷりと補助制度に浸かってきた人たち、つまり肩書きを持っている人たちです。

 関係各方面とコミュニケーションを持っているのはおおむねこういう人たちでありまして、商店街の実態を知らないと、この人たちの認識が「商店街の課題」となり、この人たちの思いつきが「空洞化に悩む商業者の要望」になるわけですね。
すると自力思考のビヘイビアを持たない、職務遂行意欲旺盛な実務担当者さんは、これらの「要望」を当事者が切望している空洞化対策であり、だから有効な施策だ、と短絡、「支援策」として導入することになる。

 こういう事例は多そうですね。
商店街で肩書きが付いている人は、ほとんど勉強らしい勉強をしたことがありません。
が、門前の小僧習わぬ何とやら、二核ワンモールとかテナントミックスとか、いつかどこかで聞いた文言を「空気」のなかで駆使するのは上手でありまして、あそことここの空地を利用して核を建てたい、などと思いつき、発言します。正式の会議の席上だったりすると記録に残り、成り行きでは「基本計画」にホッジキスされ、場合によっては「目玉」になったりします。

 そもそも商店街を代表している「会長」とか「理事長」などという肩書きが商店街において占めている実質的なポジションはどういうものか、あらためて確認してみることが必要ではないか、と思われるケースは少なくありません。
実態を知っていると“おい、おい、あんたがそんな大見得気っていいの”大丈夫かい、と顔をのぞき込みたくなるかも知れません。

 今後もずうっと商店街立地で商売をして行かなければならない、していくんだ、という立場・決意の人はほとんど発言の機会は無いのでありまして、単位商店街の会合も有ったり無かったり、発言といえば「長老」方の“昔は良かった”だったり、合同イベントの賦課金の話だったり。

 ということで、向上心旺盛な商業者ほど昨今の商店街活動の実態に悶々としている人が多いのではないか、と思ったりします。
皆さんの中心市街地・商店街の実状はもちろんまったく分かりませんが、幾多の中心市街地のなかには上述類似の事例もあるかも知れません。無いかも知れません。

 最近の商人塾では、中心市街地で評判になり、隣接商店街からの参加希望が有ったりするようです。点から線へ、線から面へ、というのが商人塾の基本戦略、スタート年度の点の所在がある程度拡がることは次年度以降の取組を考えれば好都合、何よりも、シャッターの内側の取り組みで繁盛を実現する、という意気込みを持っていながら孤立を余儀なくされていた人が、協働の仲間に入ってくることは商人塾側にとっても心強い限り、喜んで受け入れられることが多いようです。

ヒステリシス効果

 問題は原因があって起こる、というのが常識ですがでは問題の原因を処理すれば問題は解決するかと言えばそうとも限りません。

 ヒステリシス効果は、「履歴効果」と訳され、{問題情況は原因とそれが発生してからこれまでの「履歴」によってもたらされたものであり、現時点で原因を処理しても「現状」の解決にはならない”という「効果」を意味しています。
もともと電磁事象関係の術語ですが、一般に「見立て」ることが出来ます。

 商店街をかくあらしめたもともとの犯人は誰だったか?
糾明し犯人を捕縛したからと言って「活性化」に近づくことはありません。
「顧客離れ」はもはや“誰が犯人か”と探し当てたからと言ってどうなることでもありません。
誰が/何が・犯人だったにせよ、現状からの脱出=活性化を実現するには、「商業集積としての機能」を十分発揮出来る街のあり方を実現しなければならないわけで、それは「衰退の原因」がなんであったのかということとは直接関係のない取り組み、離れていった=他に買い物行き先を作っているお客をあらためてこっちに引きつける、ということに取り組まなければならない。

 どういう理由で衰退したにせよ、商業機能として活性化したかったら「新しい環境与件のもとで繁盛できる商店街」へと転換していくことが必要です。
「原因の除去」ではなく「条件の創造」ですね。

 人が減ったから人を増やす、とか、病院が出ていったから呼び戻すなどと言った話は、“ものごとは過去に遡って無かったことにできる”という幼稚な因果論に基づく発想です。

中心市街地活性化 推進体制の不備

1.推進体制は機能しているか

 商店街活性化、スキームは変われど取り組み体制のビヘイビアは全く変わらず。
成果は挙がらないわけですから、関係各方面間の相互不信は最高潮です。そんなことはない、というところは表面を取り繕っているだけ、というのが当社の見立てでありまして、取り繕っているところは、一皮むくと「怨嗟」がみなぎっていたりするかも知れません。
いないかも知れません。

 ともかく。
関係各方面に共通しているのは、「自分以外の関係セクションに問題がある」という認識を持っていること。
この点はみごとに共通しています。

 当社が見るところでは、他にも共通しているところがありまして。
関係各方面が一般に「専門」と見なされている領域について、識見・技術を持っていない、ということ。

○行 政=都市経営の中核としての経営管理(計画立案・組織化・統制・評価・・・)のノウハウが使いものにならない。

○商工会議所=経営改善普及技術の不備。何十年も取り組んできたわけですが、この時期にいたってもまだ、中小零細企業の経営改善を指導する「体制」が構築されていません。外部講師に頼る、というのはあり得ることですがサービスの内製化という課題が自覚されていない。

○商店街組織=十年一日、高度化事業と販促が仕事だという認識から脱却することが出来ない。個店レベルの劣化がどんどん進んでいるが手を拱いているだけ、為す術を知らない。

○TMO=作ってみただけ。従来は商店街組織が担っていた事業を肩変わりしただけ、わざわざTMOを立ち上げた根拠はなにか?
なのための組織か、ハッキリしません。TMOの要員さんたちも自分の任務を「中心市街地活性化推進の司令塔」という方向で定義しなければ、という問題意識もありません。

 ということで、新体制、一年目の総括の中心は「推進体制の不備」それも推進体制を構成する関係各方面の内部的状況にその遠因がある、というのが妥当な見立てのはず、見立てを誤る当然処方も間違いますからね。
この時期、関係各方面から選抜されて「推進体制」を担う巡り合わせとなった皆さんには、他では味わえない「組織での仕事」の醍醐味があるわけです。
どう楽しむべきか、楽しむためにはもちろんノウハウが必要ですが、OJT中心の組織でありながら、あいにく先輩方は教えてくれません。


2. タウンマネージャーの公募

 このところ増えているようですが、「タウンマネージャーを公募する」という手法は、直面している問題を理解していないために生じている「間違い」だと思います。「間違いだらけの公募」です。

 最大の間違いは、“「中心市街地活性化」の司令塔を任せられる人材を「公募」で確保できる”という安易さ加減ですね。
マネージャー公募が成功するには
①基本計画が、応募者が自分の能力と対比しつつ、実現性を検討できる水準で作られていること
②実際に「基本計画」を運用して中心市街地の活性化を実現できる、スキルを持った人材が「御地で働きたい」と応募してくること。
③推進体制はその人の指示で動ける熟度を持っていること。
というような条件が必要ですが、どれをとっても実現されていないと思います。
さらにいえば、そもそも“世間にはタウンマネージャーが勤まるような人材があふれていて「公募」を待っているのだろうか”という疑問もありますね。あなたはどう思いますか?

 『本計画』を一読すれば(読む人が読めば)、その実効性はたちまち分かることですが、さて、タウンマネージャーを公募で確保しようという程度ということがありまして、まあ、分かった上で応募する、というのなら見上げた自信ですが、主観的自信が客観的能力と一致するとは限りませんし、業界の状況から考えれば「状況を知らずに」応募する人が多いのではないか。

 採用すると、たちまち、「タウンマネージャーの育成」という新たな問題に直面するわけですが、誰がどう担当するのか?
「公募」する人たちはおそらくこういう問題があるとは思いも依らないことでしょう。
 
 問題処理を間違うと、
①「間違った」こと自体が新しい問題を発生させる、
②問題はますますややこしくなる、
③やがて手も足も出なくなる、
という「もんだい解決の不具合が膿む新たな問題情況」の「模範事例」になりそうです。

 おっと、これはURLで紹介した個別具体の都市のことではなく、「タウンマネージャーの公募」をやっている中心市街地に共通する一般論ですから誤解なさらないように。

 そもそも。
あなたの都市の『基本計画』って、公募したマネージャーをアタマにいただいて取り組めば実現できるレベルで計画されているわけ?
ということでありまして、そこまで熟度の高い基本計画なら地元の能力でやれそうな気がしますけど。
 地元の能力では取り組めない計画を作っておいて、後は「公募マネージャー」に下駄を預けるわけでしょうか。

 そんなことで活性化が実現できるくらいなら、既にタウンマネージャーを設置している都市から「成功事例」がどんどん報告があってしかるべき。全く無い、というあたりをどう考えるのか?

 ということで、どこが始めた「タウンマネージャーの公募」か知りませんが、アッという間に伝染しそうな今日この頃です。

 ちなみに、タウンマネージャーは地元の人材を育成して、というのが当社のお奨めです。「育成」は商人塾で四者もろともに。

3.商店街組織

 本来、基本計画の「推進体制の整備」には「商店街組織の活性化」という一項が掲げられていなければならないのですが、どういうわけか、課題として自覚されている基本計画は見あたりません。

 「認定」を得ることが唯一の目的であり、そのためには認定第一号の計画を模倣すればよいというスタンスですから、当然といえば当然です。
当然でないのは、基本計画の趣旨、「法」の趣旨に照らしたとき。

 まあ、そのことについては別に考えるとして、ここではコーナーの趣旨から「商店街組織」の活性化について考えます。

 商店街組織のお仕事といえば、
①共同大売り出し
②スタンプ事業
③共同施設の管理
と決まっておりまして、プラス時と場合によっては「高度化事業」などの共同事業にも取り組みます。最近ではほとんど①~③の取り組みに限定されているようです。

 商店街の組織ですから、“商店街を一個の商業集積と見立てて、「買い物の場」としての機能を整備充実させる”という役割を負っている組織だと誤解されることがあります。
組合では“とんでもない、そんな組織じゃありませんよ”と弁解されますが、商店街に存在する唯一の組織ですから、そういうあり方を期待されるのは当然といえば当然です。
 中心市街地活性化基本計画作成委員会や中心市街地活性化協議会などに委員として組織の代表を送り出しているわけですから。

 しかし、実際には商業者の、商業者による、商業者のための、商店街運営組織というにはあまりにもかけ離れた現状です。

とりあえず、ご参照をば。
『佐賀県下の商店街振興組合の現状と課題』
2002年の調査ですから、現在ではさらに劣化が進んでいるはずです。

 基本計画が出来上がって、さあ、これから5年間真っ黒になって取り組むぞ、と言う人はただの一人もいないわけで、第一、「商業者は何を為すべきか」を明らかにしているくだりは一行もない、というのが掛け値なしの基本計画の相場ですから、ムリもありませんね。

 TMOもまちづくり会社も、誰を相手に何をすればよいのか、推進のキモである「商業集積としての充実・テナントミックスの推進」について、商店街・商業者は寝耳の水、生まれて初めて聞くわけですから、「方向と方法」についての知識、推進する能力などはまったく顕在化していません。
TMOは、こと商店街相手の仕事については、イベントの協働くらいが関の山、その他はTMO所掌と指定されている事業を消化していくだけです。
つまり商店街との関係は、TMO事業への強力を依頼することくらい。

 というわけで二度にわたって作られた基本計画、商店街が直面している問題への処方としてはカスリもしていません。
もともと「シャッターの内側」については問題に出来ないことを前提に作られている商店街組織、商店街を直撃する前代未聞の環境変化の前に立ちすくむばかり・・・・。

以下の考察&提案は:【商店街起死回生】

仮説~試行の中心市街地活性化

 中心市街地、商業街区の活性化、当社が提唱する「方向と方法」をあらためて簡単に紹介すれば、

1.方 向
 郊外型SCをはじめ既存集積と棲み分け「ラグジュアリィニーズ」に対応するショッピングモールを構築する

2.方 法
 点から線、線から面への展開
 商人塾事業を中核に据えた漸進的構築

3.シナリオ
①商人塾による繁盛店創出
②中心市街地の商業立地としての可能性を実証
③商人塾の取り組みを拡大
④空地空店舗を利用したテナントミックスの拡充
※所要の事業については、この流れに伴走して実施する

 ということです。

 もとより、この全体の取り組みが当社的仮説に基づく試行であることはいうまでもありません。
ただし、①の成功により②が達成されれば、そのこと自体によって③以降の取り組みに弾みがつきます。
この取り組みは、先に行くほど試行が容易になり、かつ、成功の可能性が高くなります。
問題は第一期の商人塾の取り組みの意義をきちんと理解し、「成功体制」を作ることが出来るかどうか。
関係各方面の一致協力が望まれるところです。

 甲府市中心市街地商人塾では、第一期商人塾が修了
①繁盛店の創出
②可能性の実証
という段階を仮説通りにクリアし、目下、
③取り組み拡大
に向けて、単位商店街ごとに個店を歴訪して
ア.商人塾の取り組み情況と成果の報告
イ.次期商人塾への参加の呼びかけ
が行われています。各単位商店街から商人塾に参加した人が受け持ち、時にtakeoも参加します。

 巡回先は、当然、第一期商人塾に参加しなかったお店ばかりです。
 第一期商人塾の開始にあたっては、二度にわたるオリエンテーションの開催、各店への募集チラシの配付で参加者を募っています。
それぞれ検討の結果、不参加と決めた人たちですが、感触は非常によろしい。中には、“いますぐ始めることは出来ないのか”“来年早々にはじめて欲しい”と言った声も聞かれます。
総じて反応は極めて積極的で、次回の商人塾では参加者の倍増も実現出来そうです。

 当社は、“商店街は「先行きの展望がないと結集できない、危機感による結集は難しい”と言ってきましたが、この仮説もどうやら有効性が確認されました。
漸進的方法は、後になるほど加速していきます。「時間がない」などと言う人がいますが、心配ご無用です。

 甲府市の商人塾、もちろん、シナリオ全体の成功事例がない情況での取り組み、まずは「繁盛店への業容転換」に取り組むなかで「商業集積としての再構築」が視野に入ってきました。

 中心市街地活性化、ご承知のとおり「成功への道」が確立されているわけではありません。すべての都市の取り組みが「仮説~試行」として取り組まれているわけですが、このことを自覚している都市は少ないようです。

 さて、皆さんの基本計画~実践は
①どのような「仮説」に基づいて計画されており
②試行の現段階はどのような結果をもたらしていますか?
③仮説が想定している通りの成果が挙がっているでしょうか?

 認定から一年有余、未だに先が見えないようでは基本計画が依拠している「仮説」に問題があるのではないか、ということも検討してみなくてはならない。
という次期に差し掛かっているのではないでしょうか。

 甲府市商人塾では視察を受け入れているようです。
「仮説~試行」について検証したい人は、一度視察されることをお奨めします。 

航空幕僚長言説の危うさ

 メディアでは“個人的な発言なら許されるが”、立場として許される発言ではない、という批判が多いようですが、何を言ってるんだか。

 問題は、こういう粗雑な歴史認識を持ち、かつ、それを公開するという言動の持ち主が航空自衛隊の幕僚長という制服NO2のポジションに上り詰めていくのを許したというか、途中で淘汰できなかった組織の欠陥にあります。

  さらに、このクラスの人事は官邸で行われ、防衛族の介入も当然のことでしょうから、自民党防衛族の間では制服組のこのようなは言説は掣肘されるよりもむしろ評価されているのではないか、ということが懸念されます。

 「悪いのは我が国を戦争に引き込んだ引き込んだ向こうであり、こっちはむしろ被害者だ」というお粗末きわまりない認識をしゃあしゃあと公開する態度、プロとしてこういう総括で果たしてよいものでしょうか。
国家間のおつきあいで「悪いのは向こう、こっちは騙されただけ」というのが成り立つものかどうか。
向こうが悪い、騙された、と言うたびにその裏には「騙された・仕掛けを見抜けなかった日本」「そのあげく負けてしまった日本」という認識があるわけで、こういう認識をたぶん「自虐史観」と言うんでしょうね。

 この人の発言の当否は別として、こういう歴史認識をもっていたとしても仮にも軍事のプロであれば「次はけして騙されないぞ」という覚悟と工夫があるべき、そうすればこういう発言は出来なかったと思うのですが・・・。
なんですか自衛隊においてさえ廉恥というコトバは死語になったのでしょうか・・・。
なにやら銭湯談義を聞かされている気分です。
本人の「論文

日本国、今は誰からも騙されていないのでしょうね?
これからずうっと騙されないためにこの人は在任期間を通じてどんな施策を講じていたんでしょうね。

 ということで、この程度の言説をする人がトップに上り詰めていける組織・自衛隊の危うさを感じずにはおられません。それをチェックするというよりたぶん推し進めたであろう、いわゆる国防族の非・専門性やら、政府のチェックの甘さやらも。

 さらに、最近続出するシビリアン各省庁の不祥事などと考え合わせれば、陸大閥の軍部官僚とシビリアンの協働で推進された大東亜戦争必敗への道にまで思いがめぐることになります。

 わが国の官僚制度は見直しの時期を迎えていると良く言われますが、なるほどと思わされるニュースが続きます。

商人塾・商店街の巡回

 商人塾の講義が修了、次期開催に向けて単位商店街を巡回、ヒアリングをしています。
町内から商人塾に参加した人と一緒に全店舗を訪問、塾の趣旨説明や個店、商店街などについての意見交換です。時に即席でアドバイスなども。

 ほとんどのお店が次期開催に関心があるようです。
中には、“年度が変わったらさっそく開いて欲しい”という人も。

 商人塾は、
①初年度:有志による取り組みで実績を挙げ、
②次年度以降、商店街~中心市街地全体へ波及していく
という基本シナリオを持っています。
その成功を左右するのが初年度取り組みです。

 初年度の取り組み、隔週2講義ずつ開催するという集中した取り組みで、理論通りの成果を挙げる店が続出しました。
折しも先月は毎日新聞で取り組みとその成果が詳しく報道されています。
商店街の皆さんは、参加者のお店が毎日のように変わっていくのを見ているところへの新聞報道で“そうだったのか”と思っているところで「趣旨説明」を受けたことになります。
有り難い報道でした。

 個店訪問は、各他に商店街の組織活動が活性化していく一ページになるかも知れません。
塾参加者がリーダーシップを発揮する新しい動きが始まる可能性が見えてきました。ものにするまでは苦労があるかも知れませんが、“自店をモデルにした商店街活性化の取り組み”=皆さんからは「仲間の店での実証付き」ということでいよいよ第二幕のスタートです。

 自助努力の組織化による中心市街地・商店街の活性化。
店から線への拡大がスタートするわけですが、これは全国の都市・商店街でいまだかって試みられたことのない画期的な取り組みです。

 皆さんも如何ですか。
先行事例が成功したら真似しよう、というのは通用しません。
例え先行事例の試みが停滞しても、やり抜かなければならない仕事であり、一日も早く着手すればそれだけ成功する可能性が高くなります。

お披露目イベント

 昨日は、甲府市中心市街地商人塾のお披露目イベントの打ち合わせに参加しました。
3ヶ月集中実施という「荒行」をクリアしての取り組み、“脳に汗をかく”という合い言葉のもとに各店ごとに企画されたおもてなしが最終確認されました。
 なんと、参加店を紹介するリーフレットを12の参加店ごとにそれぞれのアイデアで作成する、という企画もありまして、昨日はできあがったそれぞれのリーレットを名詞交換よろしく授受する一幕もありました。
各店のリーフレットでは、それぞれの参加者からみた参加各店が簡潔に紹介されていますが、地図のデザイン、紹介文はそれぞれオリジナルです。
案内リーフレット作りになぜそんなに手間暇を掛けるのか? ということは、なかなか分からないと思います。
11月10日~16日の実施に合わせて視察をされるみなさんは是非「キモ」のところを探知してください。

 さて、話は変わりまして。
セルフ・サービスに対置される専門店のサービスはご存じのとおり、「クラークサービス」と言うことになっています。
当社では最近これを「コンシェルジェ・サービス」と呼ぶことにしました。というか通常は単に「サービス」ですが、その内容は「コンシェルジェ的」ということです。
「コンシェルジェ的」とはどういうことか?

 もちろん、ちょっと前に流行った「商店街案内人」とは月とすっぽんほどに異なる内容です。
コンシェルジェサービスとお披露目イベント・各店ごとに作成したリーフレットの関連については、いずれ参加者有志により掲示板で発表していただきたいと思いますがいかがでしょうか。

 イベントとは“起こることが期待されている出来事”のこと、リーフレットの配布で日増しに高くなるお得意さんたちのイベントへの期待にしっかり応えられるできばえにしてください。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ