FC2ブログ

立地としての可能性の実証

(承前)

 中心市街地の活性化に向けて、関係各方面の取り組みを組織するためには、中心市街地・商店街の商業立地としての可能性・現実性を実証することが必要です。

 何しろ、
①日本全国
②規模も立地特性も多様な
③ほとんどの中心市街地・商店街が
④軒並み空洞化している
という状況において、当該中心市街地の各商店街をはじめとする商業集積群を活性化しようというわけですから、

第一に、活性化実現の方向と方法(広域商圏における存在価値とそれを実現する方法)を明らかにすること
これは当然、同じく広域商圏をターゲットにする郊外型・大型SCとの「棲み分け」という課題を解決しなければならない。

第二に、活性化実現の方向と方法が「達成可能」であることを実証しなければならない。
実証するのは、目指す「方向と方法」について
①既存の商業者が
②その現有能力で取り組めば
③達成できる
ということです。

 「実証」段階ですから、巨額の投資伴ったり、やり直しの出来ない内容では困ります。
従って、立地の可能性の実証は
①お金を掛けずに
②現有能力で取り組める
③やり直しが出来る範囲
で行わなければならない。
早い話、当社が提唱している「繁盛店づくり」の方法で繁盛店を作ることが「中心市街地・商店街立地の可能性」を実証する取り組みになるわけです。

 考えてみるまでもなく、これまでの中心市街地活性化の取り組みにおいて、このような「可能性の実証」という作業はほとんど行われておりません。常にぶっつけ本番であり、それも“この事業に取り組めば○○が実現し、その結果商店街は活性化される”といった一発・一過性の事業がほとんどだったと思います。
その結果、なにが実証されたか?

 現在までに実証されているのは“こういう取り組みか方では中心市街地・商店街の活性化は不可能だ”ということです。
「こういう取り組み方」とは、
①商店街活性化とは何がどうなることか、定義しないまま、
②いわゆる「活性化を実現する事業」に一発・一過で取り組み、
③結果については反省しない
という取り組みですね。

 中心市街地活性化の最大の武器は、これまでの「失敗経験」ですが、これを今後のとり組みに活かすためには、「批判的総括」が不可欠です。

 批判すべき第一は、「活性化のための事業」なるものに、論理的なチェックを行わず、実効性も確かめないまま、風評に基づいて取り組んでしまった、ということではないでしょうか。
○○市が新たに××事業に取り組んだらしい、という噂を聞いてさっそく我が中心市街地に××事業を導入する。導入に際して○○市における取り組みの結果についての批判的検討などは一切行わない、という安易さ加減について。
もちろん、導入し取り組んだ結果についての反省も行われない、という取り組みのあり方全体を反省しなければならない。

 この反省に基づいて取り組むのが「実証事業」ということになります。
中心市街地・商店街が、取り組み方によっては「商業立地」としての可能性を十二分に持っていることを、実践を通じて証明していくこと。
 これが成功しない限り、既存及び新規参入を期待する商業者が「その気になって」中心市街地活性化の隊列に加わることはありません。少なくとも算盤勘定の出来る人なら当然のことではないでしょうか。

 基本計画所載の各種事業の本格的・全面的な展開に先立って、当該基本計画による取り組みが中心市街地の活性化を目指計画して脱尾であることを実証しなければならない。
その実証は、既存商業者の有志による自助努力によって行われる以外にないわけですが、これはもちろん、有志を募ってその自助努力に依存すれば実現できるというものではありません。


実証の道は、
①商店街の環境条件は現状通り 
②実証事業に取り組む商業者の力量も現有の通り
③お金はかけず
④最短時間で達成せよ
という条件のもとで挑戦することになります。
 先駆的・実験的な取り組みですから一年も二年も掛けるわけにいきません。

 いかがでしょうか。
整備改善活性化法時代、イベントに取り組んでもマンションが完売しても、活性化への道は閉ざされたままでした。
新スキームにおける取り組みは当時とどこがどう変わったのか?
「活性化を実現していく方向と方法」があらためられない限り、新しい事業メニューや手法を採用しても結果は決まっています。
従来の結果が繰り返されるだけ、ですね。

 かくてはならじ。
ホンキで活性化を実現しようと考えるなら(考えない人はいないと思いますが)、なにはさておき、まずは「活性化の可能性」を実証しなければならない。
 この課題の所在を指摘しているのは当サイトだけ、従って、取り組みの方法を提案しているのも当社だけです。

「商人塾のお奨め」

 中心市街地の活性化、可能性について確信が持てないと勝負が出来ません。
これまで確信無しであれこれ試行してきたわけですが、もはやこれまでのような「活性化とは活性化事業に取り組むことである」というレベルの取り組みは許されません。
一日も早く“この方向で事業に取り組んでいけば間違いなく活性化できる”という確信の持てる「方向と方法」を」獲得しなければならないわけですが、

 いつ・どこで・どうやって「方向と方法」を手に入れますか? それとも
これからも・従来どおり・成果の挙がらない方向と方法を継続するつもりですか?

 イベント、マンション建設などが活性化への道だと主張する人たちは、
①イベントの結果、繁盛店が生まれた
②マンションを建てた結果、繁盛店が生まれた
ことを報告し、他のみんなも「やれば出来る」ことを実証しないと、活性化を実現することは出来ません。
人は増えたが、空洞化は止まらなかった、ということでは「無効の実証」になってしまいかねません。

 御地の中心市街地、悠長な取り組みが許されるほど甘い情況ではないのではないかと思われますが・・・。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ