FC2ブログ

何をどう売るか

 中心市街地活性化の根幹的課題は言うまでもなくそこに立地する商業集積の活性化、すなわちミクロ、マクロの環境変化を踏まえた「商業機能としての再構築」であることについて、当サイトにおいでいただいている各位は一片の疑念もなく理解されていることと思います。
万一、未だに上記について疑義を抱いている人は是非、当サイトが提唱しているところと格闘していただきたいと思います。
格闘していただくほど内容が評価されるかどうかは分かりませんが、とにもかくにも、「中心市街地活性化」に取り組むにあたって必要と思われる諸々について、一貫、論理的に整合性があり、かつ取り組み可能であり、かつ、達成可能な方向及び方法としてWeb上で提起しているのは当サイトだけです。

 当社が提案しているのは端的に言って、中心商店街を活性化したかったら、「何をどう売るのか」を決め、そのあり方を商業者の自助努力として実現していくことがメインの課題である、ということと、実際にそれを実現していく技術を自修していく方法としての「商人塾」への取り組みです。

 商人塾は、
① 今すぐ業績の好転を必要とする商業者が取り組むことで業績の好転を実現する
② ①を通じて中心市街地の商業立地としての可能性を実証する
③ 取り組みを普及する
④ 既存商業者の取り組み、空地空店舗等の活用を実現する
という取り組みのスタートであり、中核となる取り組みです。

 よほどこれまで準備が進んでいるところを除いて、この取り組みが一定の成果を挙げないと他の事業への食指は動かないと思いますがいかがでしょうか。
基本計画にどのような計画が立てられていようとも、それらの事業に先立ち、もしくはそれと並行して「商人塾」的・自助努力の組織化による「何をどう売るか」すなわち商業集積としての機能の再構築を目指す取り組みが無い限り、商業集積としての再構築は実現することが出来ません。
これまで全国で取り組まれてきた事例を振り返れば思い半ばを過ぎるというものです。

 昨日報じられるところでは、三越百貨店が一挙6店舗の撤退を決定したとのことです。
当サイトで時々展開している百貨店論になれておられるみなさん二は特に驚きは無かったと思いますが、百貨店や大型施設の設置を核にした活性化のシナリオを考えていたみなさんには、抜本的な戦略転換を迫るニュースではないでしょうか。

 問題は三越のみならず、百貨店のみならず、中心市街地所在の大型商業集積に共通しています。
地方都市からの三越の撤退は何を意味するのか?
解明出来た人だけが「大型集積主体の活性化」を提唱することが出来ます。もちろん、商業者を納得させる「合意形成」という難問をクリアしなければなりませんが・・・。

 局面は様変わり、もはや、「有利な支援策」で商業者を誘導するという手法は使えなくなっています。
中心市街地活性化、その気を醸成していくためには、「何をどう売るのか」という課題があることを明らかにし、具体的に「何をどう売るのか」その内容をしっかり提言していかなければならない。
これが行政・TMOが直面している課題ですが、余り理解され手降りません。
藻谷さんも「何を売るか」が課題だと述べておられました。
是非、何をどう売るべきか、具体的な方向を提案していただきたいものです。
「ショッピングモール」とはいったい、“なにを・どう売る”ことで存在意義を実証する商業施設なのでしょうか。

 繁昌する=存在意義を実証することですからね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ