FC2ブログ

成功事例と失敗事例

 不幸な家庭の条件は様々だが幸福な家庭はワンパターンに見える
と喝破した小説家がいたように記憶しますが誰でしたかしら。

中心市街地の場合(笑。
成功した事例は、それぞれ固有の条件をいろいろ持っており、失敗した事例はたった一つ共通する原因を持っている。

このところ、「成功事例」と評され「ハード先行主義者」や「所有・利用分離主義者」を勢いづけている感のある「成功事例・丸亀商店街」ですが、もちろん、手放しで成功事例と評価することができるかどうか、目下takeoは判断保留です。
というか、街区としてはともかく、中心市街地活性化としては、さて、どうでしょうか。
隣接商店街への「波及効果」が案じられるところです。

成功事例と手放しで評価する皆さんは、「丸亀に続け」と言うことでしょうが、もちろん、続きたかったらその取り組みをきちんと分析してからにしていただきたい。
ちょっと考えただけで次のような課題をクリアしなければ「成功」には至りません。
①ハード事業の結果が「吸引力の強化」となるようなデスティネーション強化策が立てられた上でのハード事業であること
②事業に先行又は平行して街区内外の各個店が「デスティネーション」を分担する内容で「業容の転換」に取り組むこと
③言わずもがなではありますが、必要な資金を確保していること、はもちろんですね。

 ということで、こういう課題をクリアするためには、それぞれ街の実状に基礎を置いた取り組みが先行しなければならない。
ローマは一日でならず、ハード事業はそれのみでは成功いたしません。

ということで、「成功事例」特にハード系の事業の場合、はじめから終わりまで「建設一本槍」で成功にこぎ着けた、と早とちりするととんでもないことになります。

「成功事例」には他からはなかなか伺うことの出来ない、様々な条件に恵まれていたり、自ら創り出していたりするわけです。

一方、「失敗事例」のほうはどうでしょうか?

 失敗事例が失敗した原因は、すっきりはっきりしておりまして、後先考えずに事業に取り組んだ、ということですね。ほとんどの「失敗事例」がまさに・この・たった一つの理由で失敗への道をたどっています。失敗に至る道は簡単でありまして、たった一つ「後先考えずに事業に飛びつくこと」、これをやれば事業は必ず失敗しますからね。

 失敗した事業にはすべて共通する特徴があり、それは「後先考えずに着手した」ということ。ハードでもソフトでも、共同でも個別でもみんな一緒です。
「失敗」を自覚している事業経験を持っている人は、ちょっと考えてみていただきたい。
あなた方は、その事業に取り組むにあたって「後先のことをしっかり考えていただろうか」と。

 ということで、これ以上失敗経験を増やしたくなかったら、取り組む事業を決めるに先立って、「後先」をよく考えておくことです。

①この事業の上位目的は何か?
②この事業に取り組めば本当に上位目的を達成することができるか?
③上位目的を達成するために、この事業と平行して何を実現しなければならないか?
などを考えておくことは当たり前。さらに、
④この事業を成功させる条件は何か、我々はその条件を持っているか、あるいは作ることが出来るか?
ということも当然チェックしなければならないし、
⑤そもそも、設定している「上位目的」は商店街活性化(=繁盛店が軒を連ねる街並みの再構築)に直結しているか?
ということは特に十分吟味しておかなければならない。

 当たり前のことばかりですね。

 失敗事例の場合、事業着手に先立て当然クリアしておかなければならないこれらの「当たり前」のことが、きれいさっぱり、みごとに省略されています。
自分の「失敗事例」を振り返ってみれば、思い半ばを過ぎる、ということではないでしょうか。

 丸亀を成功事例と評価すれば、うちも成功したい、丸亀に続きたい、ということになります。
丸亀は、所有と利用を分離している、と聞いたとたん、“所有と利用を分離すれば丸亀になれる”と早合点して、補助制度などを研究し、「分離」についての合意を形成しやすいモデルを作って合意を形成する・・・。
この間、上記各項の課題への取り組みは一切なし。

 こういう成り行きで「失敗事例」は失敗しているわけでありまして、このパターンをきっちり認識しておかないと、取り組む事業は変わっても失敗パターンはいつまでも継続することになるわけです。
失敗した後で、こんなはずじゃなかった、と思いながら“やっていなかったら事態はもっと悪くなったはず”と弁解するのは常套パターンですが、典型的な引かれ者の小唄、「廉恥」という言葉を知っていれば、絶対できない弁解ですね。

 ということで、成功事例に学ぶと失敗事例を増やすことになる、というよく見かけられるメカニズムを分析してみました。
なにがしか、お役に立てば幸いです。
というか、事業の選択にあたってはくぐれも「後先」をよ~くお考えになるように。
老婆心ながら、念のため。

商人塾 自助努力の組織化

 劣化スパイラルに陥っている商店街を活性化するには、
①既存個店の自助努力の組織化 と
②空地空店舗の体系的な活用
が必要なことは、当サイトの常識ですね。

 この二つにどう取り組んでいくか?
TMOを中心とする実動体制がまず方向と方法を確立しなければならないのがこの問題です。
従来、各個店がそれぞれの力量・視点に基づいてバラバラに取り組んできた自助努力ですが、今後は基本計画に基づいて方向を共有することで「相乗効果」を発揮する。
街を一個の商業集積に見立てて機能を再構築する、というからには既存個店の自助努力が目指す方向を集約することは当然の課題です。

 と、書いたりしゃべったりするのは簡単ですが、実践はどうするのか?
どうすればこれまで各個に取り組んできた自助努力=営業努力を一定の方向に組織することが出来るのか?
そういう方法があるとは想像も出来ない人が多いと思います。

 ところが。
案ずるより産むが易し、ではありませんが、当社提供の商人塾(あくまでもクオルエイド流であること!)を採用すれば、たちまち「自助努力の組織化」へのスタートを切ることが出来ます。
実際に、現在既に自店の活性化・繁盛店づくりに取り組みながら、平行してその組織化に取り組むという事業を展開している中心市街地があります。
 個店レベルの自助努力を組織化するためには、当然、店づくり~街づくりの方向と方法を共有することが必要であり、そのためにはまず理論を共有することが必要です。
ご承知のとおり、当社が提供する商人塾では、必要な理論を体系的に修得していただきます。
http://www.quolaid.com/seminar/syouninjuku05.htm

 商人塾の特徴は、理論修得と平行して繁盛店づくり=業容三点セットの漸進的改革に取り組むこと。
理論を学ぶかたわら、実際に体を動かして自店の繁昌づくりを実践します。
理論と実践に同時並行で取り組む、これが商人塾の特徴です。
商人塾に参加する皆さんは、繁盛店づくりを実践するとともに、その実践のなかで「方向と方法」を共有する仲間が出来ます。
「組織化」の第一歩です。

 参照いただいたように、商人塾では個店レベルの取り組みだけではなく、その延長上で商店街ぐるみの繁昌実現、中心市街地全体の商業街区としての活性化を実現していく方向と方法についても」修得していただきます。
 商人塾参加者は、自店の繁昌を実現することで「理論の有効性」を実証しながらその取り組みを街全体・中心市街地全体へ波及拡大していくという役割を果たします。この取り組みが自店の将来にわたる成長の基本条件であることが理解されているからです。

 商人塾が二期、三期と継続実施される間に、まちには繁盛店へと生まれ変わる店舗が増え、空地空店舗を利用した新規参入も増えてきます。「街を一個のショッピングモールと見立ててマネジメントしていく」ために必要な基礎的条件が作られていきます。

 そこで皆さんにご質問。
 上で簡単に述べたような取り組みを抜きにして、繁盛店を創り出すとか、街を活性化するとか、一個のショッピングモールに見立ててマネジメントしていくとか、つまり、TMOによるタウンマネジメントを実施する、ということが出来るものでしょうか?

 いうのは簡単ですが、
実際に体を動かし、店舗のあり方を変えていくのは誰か?
変えるための理論・技術はどこで入手するのか?
取り組みをどう波及伝搬させていくのか?
といった数々の問題に「解」を準備することなく語られる「タウンマネジメント」はウソ偽りではないでしょうか?
 ウソ偽りを基礎に組み立てられる事業で「活性化」を実現することが果たして可能でしょうか?

 ということで、商人塾の実践はそのまま「自助努力の組織化」を実現することに直結しています。既に、進む方向と方法について確信を持った取り組みがスタートしているわけですが、あなたの街では「自助努力の組織化」、どういう回路・段取りで実現するつもりですか?

大海波瀾 クジラ一匹?

豊後水道沖合に国籍不明の潜水艦が出没した件
情報がグダグダで話にならず、次のとおり指摘しました。
『誰に仕掛ける情報戦か?」
http://quolaid.blog13.fc2.com/blog-entry-621.html

報道される内容は理解を超えており、まあ、情報戦のつもりかも知れないが、それにしては誰に向かって仕掛けているのか分からない。

続報です。本日の東京新聞(共同)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008092001000848.html
高知県・足摺岬沖の豊後水道周辺で国籍不明の潜水艦が領海侵犯したとされる問題で、防衛省・自衛隊はクジラを潜水艦と見誤った公算が大きいとの見方を固めた。複数の関係者が20日、明らかにした。ただクジラと断定できる「証拠」もなく、結論は迷宮入りになりそうだ。

 防衛省の14日午後の発表では、同日午前6時56分、海上自衛隊のイージス艦「あたご」が豊後水道周辺の領海内で「潜望鏡らしきもの」を視認。音波を出して反響音で船舶などを探知するアクティブソナーで、約30分後「潜水艦の可能性が高い」と判断したという。スクリュー音など音の特徴を示す「音紋」は取れなかった。

 関係者によれば、具体的には、ブリッジの外にいた砲術長が約1キロ先に潜望鏡らしきものを目視で発見。約10秒間見た後、そばにいた艦長に伝え、艦長は水面下に消えかかった潜望鏡らしきものとその影響で波打つ水面を確認した。

 「あたご」は「潜望鏡らしきもの」の方向へかじを切り、アクティブソナーから何度も音波を発信したが、何らかの動くものを探知したのは2回。いずれも領海外からの反響音で、特に最初は、潜水艦の速度では想定できないほど現場から遠い地点からの反応だったという。
********* 引用END *************

 ということで。
なんと「情報戦」は防衛省内部のひとり相撲だったというお粗末ですが、国民的にはこの収拾案を信じてよろしいのでしょうかね?

 “中国っぽい”などという観測が出て中国から抗議を受けたあとですし・・・。

 国の内外に長期にわたって深刻な影響を及ぼす大事件ですが、本件、報道したのは「共同」経由で大手は日経、東京のみ。(サイトで見る限り朝日、読売、毎日は報道せず)
“<総裁選”ですか、そうですか。

 イージス艦の行動、警戒活動、海上自衛隊のビヘイビア、本省の情報処理、報告、トップの判断とシステムが全体的に「不適切」であることがあらわになったわけですからね。(今回も、というべきか)
素人的には、わが国の〈防衛構想〉全体の実効性に?が付く大問題だと思いますが。
対応としては「見直すべきは見直す」ということで一件落着、得意の“うやむや裡の終息”ということになり、中国に借りができたり嗤われたり、機能分析の格好の手がかりを与えたり・・・。
これでは「イージス艦は張り子の虎」とか言われそうですがそれでいいんでしょうかねぇ。

 前の記事の訂正をば。
潜水鑑相互のせめぎ合いで、それぞれ音紋登録は当然、個別艦の艦長のプロフィールまで掌握済み、というのは米ソ冷戦時代の原潜同士のことでした。
 まあ、わが国の防衛環境からすれば(さらに最近頻発する潜水艦事案からみて)対潜水艦対策は焦眉の課題、その程度の情報蓄積は当然行われていると思いますが。
というか、そうでないと大変ですよね。
真相?は「対応策」を見守ればある程度見えてきます。

 いずれにせよ列島劣化のスパイラルは、防衛部門、公海界隈にまで及んでいるようで、反転向上は“隗より始めよ”それぞれの持ち場からスタートする以外にありません。

 我々にとっての課題はもちろん、中心市街地の劣化スパイラルを押しとどめ、「活性化への道」への軌道転換を実現すること、ですね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ