FC2ブログ

木下さんのブログから

 木下さんのブログ、【経営からの地域再生・都市再生】
今日の記事で:
『売上向上とは何か?活性化事業と売上との関係』

 商店街・商業集積の活性化とは、結局、そこに所属している個々の店舗の売り上げが増進されることであり、そのためにはそれぞれの店舗の経営努力が不可欠である、と強調されています。
場合によっては業種・業態的なレベルでの転換も必要だとも。

 当サイト常連の皆さんにとってはごく当たり前のことですが、この「当たり前」のことが当サイト以外で主張されるというのは、これまであまり例のない・画期的なことでありまして。
皆さんもおそらくはじめての経験ではないかと思いますが、如何でしょうか。
こういうごくごく当たり前のことがなぜか無視されたまま取り組まれてきたのがこれまでの活性化、これでは目的が達成できないのも無理はありません。
(ということを関係各方面と共有しなければならない。)

  ブログを読んであらためて確認したのは、中心市街地活性化についてその実現を真剣に目指すなら、中核的な取り組みは商店街・商業機能活性化であり、実現したかったら「個店の現状~将来」「自助努力の組織化」という課題を直視しなければならない、ということであり、個店の繁昌再生、自助努力の組織化という課題について、
①中心市街地活性化の取り組みのキモであること
②取り組みの方向と方法
を提唱できない専門家、TMO(特に専従タウンマネージャー)は、「役に立たない」と申しあげて過言で無いということでした。
彼らは期待されている役割以外の仕事に従事しているのです。

 ご承知のとおり、当社提供の「商人塾」では、繁盛店づくり~自助努力の組織化~推進体制の再編成という当面する諸課題の解決に一挙的に取り組む画期的な企画です。
もちろん他に類似企画はありません。

 上記諸課題への取り組みが確かに必要だと思われたら、採用を検討されることをお奨めします。
大勢が動き出してから、というような「模様眺め」では決定的に遅れをとってしまいます。
商店街の劣化スパイラルは大勢の如何に関わらず着実に進展していきます。

中心市街地活性化の論理と戦略

 なにやらめんどくさそうなタイトルですが。

「中心市街地活性化の論理」とは、
“国が示している「法」~「基本的な方針」を基本とする枠組みで中心市街地活性化に取り組む場合に必要な、「中心市街地活性化の取り組みで何を実現するのか?”、目標を明らかにすること。
 中心市街地を取り巻く内外環境において、活性化を実現するためには、何をどう実現していかなければならないか?
決定するためには、関係の理論を装備しておくことが前提になります。

おなじく「戦略」とは、
“「中心市街地活性化」に取り組むことで「実現したいこと」を実現していくためのシナリオ”のこと。
中心市街地の現状及び関係各方面の力量など、現在ありのままを直視し、そこから「実現したいこと」を実現するためにたどっていく道筋を決定することが大切です。
道筋抜きで事業を繰り返しても、どこに向かって進んでいるのか分かりません。

 中心市街活性化の目的・目標とそれを実現するために歩んで行く道筋、この二つがきちんと整っていてはじめて中心市街地活性化への取り組みがスタートします。
逆に言えば、この二つが掲げられていない取り組みは、本当の意味ではまだ中心市街地活性化の取り組みをスタートさせているとは言えないかも知れません。

 そもそも「基本計画」はこの「論理と戦略」に基づいて作られていないと、それこそ「糸の切れたたこ」のようなもの、事業は進んでもどこに向かって何を実現しようとするのか、誰にも分からない、ということになってしまいます。

 基本計画~実践に先行的に取り組んでいる各地の事例が軒並み停滞・挫折しているのは、「論理と戦略」を装備していないからです。

 TMOは、中心市街地活性化の推進を直接の任務とする唯一の機関ですが、その任務は「論理と戦略」抜きでは果たすことが出来ません。早速に装備するとともに、関係各方面にも「論理と戦略」を普及徹底させなければならない。
特に、劣化スパイラスに陥っている中心市街地立地の商業者に対しては、「自助努力の方向及び方法」として提案するとともに、その実践を強力に支援しなければならない。

 情況的にこういう段階を迎えているわけですが、さて、本当にこういう状況に直面しているのだ、ということを関係各方面、とりわけTMO、なかでもタウンマネージャーさんが認識されているかどうか。
ということが大きな問題でありまして、果たしてそういう状況を理解している関係者がどれくらいあるのか、なんとも判断できませんが、とりあえず「論理と戦略を装備する」というニーズに応えるための作業を行います。

【都市経営・入門編】
 この作業は、もし、当社が取り組みを支援するならば、そのスタート時点で真っ先に協働で取り組む仕事です。
「商人塾」ではオリエンテーションを含めると10時間くらいは掛けて取り組むテーマです。

※※AIGの救済
 米国政府は、AIGの救済に乗り出しました。
株は見殺し・保険は救済ということでしょうか。
なにやら、昨日の引用記事に示されたシナリオの一環と読めないこともないですね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ