FC2ブログ

商店街の合意形成とは

 ありがちな話としては「合意形成の方法」が大事だ、ということで、「合意形成の進め方」といった講習会が開かれたりします。
「民主的なまちづくり」が大好きな都市計画系の専門家さんの得意分野です。

 この人たちの常識は、
①様々な意見はすべて「等価」として取り扱う
②話し合いのなかで「合意」を作っていく
ということですが、一見なにやら「王道」のようにも見受けられますが、これはトンデモですから、商店街活性化にかかわる皆さんはくれぐれもこういうキレイごとに引っかからないように。

 商店街活性化を実現する「方向と方法」は、“関係者が一堂に会して忌憚なく意見を述べ合い、上手にまとめれば」出てくるものではありません。
この時期、「商店街活性化」を実現したかったら、クリアしなければならない課題が色々ありまして、その多くは「関係者の協議」が行われれば万事解決されるというような代物ではありません。
この点、くれぐれも誤解の無いように。

古い記事ですが:
「技術と民主主義」をチェックいただきたい。

「民主的なまちづくり派」の専門家さんたちは、合意形成の内容を決めるのは皆さんの仕事、ということにして自分はもっぱら書記役に徹するわけですが、おい、おい、そんなことで委託料を頂戴出来るんですかということでありまして、この時期、中心商店街という商業集積の機能を活性化する、という問題について「解」を出すことと、その「解」を共有する、関係者の課題としての取り組みを合意する、ということは本来レベルの違う話です。

中心商店街を活性化する・したい、といったとたん、
①消費購買行動の現状をどう理解するか
②郊外型商業特にRSCとの関係をどう想定するか
③既存商業者にどのような役割を振り向けるか、それをどう実現していくか
などなど、ゼッタイ避けては通れない問題がありまして、もちろん、こういう問題は「みんなで話し合ってまとめていく」ことで適切な「解」にたどり着けるものではありません。

 「合意形成の作り方」などを提案している人は、おそらく、中心市街地活性化にはこういう難問が山積しているのだ、ということに思いが及んでいないわけです。
上記の問題をちょっとでも考えたことがあるなら、「解」は話し合えば出て来る、などと言った小学校のホームルームのような発想はあり得ないはずです。

 ということで、当サイトが提案する「中心市街地活性化への道」の採用を目指す場合、あるべき合意形成とは“「中心市街地活性化への道」を活性化の方向と方法として採用する”ということの合意でありまして、したがって、合意とは「採用に向けての提案・説得」ですね。

 もちろん、他にも「活性化への道」を提案する人がいることも十分予想されますから、その時はそれぞれの「言説」の間で論議が交わされ、“どちらの「道」を選択すべきか”が検討されます。
この検討ではそれぞれの「言説」を導き出した「理論」の優劣を競うことになります。
「商人塾的活性化への道」が理論をバックに提案されていることの意味はここにもあるわけです。

 合意形成とは、時に提案及び説得であり、時に議論であり、ということで、“仲良く話し合った結果は正しい”わけではない以上、合意形成=土俵づくりは、真剣勝負として闘われなければならない。
何しろ、お互い、自分の商売の将来を賭けるわけですから。

頑張れ! TMO!

 世間を騒がせる各界・各方面の不祥事の数々、もはや我が国では「廉恥」は死語となり果てています。

廉恥(れんち):正直で欲が無く恥を知っていること
などと辞書にはありますが、「こんなことをしたらお天道様に顔向けが出来ない」というのが廉恥=恥を知る、ですね。

ちなみに
「破廉恥」(はれんち):恥を恥とも思わないこと 恥知らず
「恥」:世間に対し面目、名誉を失うこと
    恥ずべき事柄を恥と感じる人間らしさ
だそうです。

さて。
webを巡回しますと、TMOがサイトを立ち上げ、「まちづくりの取り組み」がレポートされています。
タウンマネージャーさんがブログを発行したりしています。
正直、不思議に思うのは、あんたの商店街の現状って
“『基本計画』を作り、協議会を立ち上げ、TMOを中心に取り組んでいる”
などと喧伝出来る情況なんですか?ということですね。

 取り組みの結果、街はこう変わった、活性化の緒についた、と世間に言いふらせるような・自慢できるような情況はどこにも生まれていないわけで、まあ、関係者以外の人が見れば百人が百人、恥ずかしくて関係しているとはゼッタイ言いたくない、というレベルのはずですが、関係者は「活性化事業」の取り組みの状況とその結果が商店街に何をもたらしているか、web上にみずから晒しているわけですね。

 一部マネージャーさんのブログたるや、何を目的に誰を対象に公開しているのかさっぱり分からない、職責上、商業者をはじめ都市の関係各方面を鼓舞するという目的以外にブログを公開する目的は無かろうに、と思われますが、なにやら、個人の日記のつもりのような、それならもっと面白いのがたくさんあるようなw

 ということで、そもそも基本計画の作成動機も従来から取り組んでいる補助事業を継続するといったところを目的にしており、特段、上位目標など実現したいことはなかったんじゃないか、と疑われるわけでありまして、それを受けて作られているTMOに何を期待するのか、といえばそれまでのことですが、それにしても情況を客観的に見れば、現状をWeb上で宣伝することはすなわち恥をさらすこと、「おやめになったら」というご忠告です。

 “中心市街地は都市の顔”」でありまして、都市の顔を集めると国の顔になるのかどうかは分かりませんが、わが国が陥っている「破廉恥スパイラル」の一翼を担っていることは間違いありません。

 ということで、中心市街地活性化の進展状況についてサイトで広告宣伝中の皆さん、宣伝するに値する商店街の回復情況、宣伝に値する取り組み情況と胸を張ることが出来ますか?

 イエ、当社は各地のサイト、取り組みの現状と課題を把握するという作業の資料として珍重していますけど・・・。

 わが国にこれほどまでに〈破廉恥〉がはびこるようになったのはご承知のとおり、「新自由主義」こと市場原理主義こと「資本原理主義」が跋扈するようになってから。
今や資本主義的市場経済は、「貨幣の増殖」を目的とする資本(資本至上主義)に乗っ取られておりまして、貨幣の増殖こそ経済活動の目的、売れるものなら何でも売る、売れないものは売れるように粉飾して売る、というのが常態化しています。
このモラルハザードに対して危機感が一切無いというのが当今の「経済界リーダー」さんたちの現状だということも確認しておかなければならない。
「新自由主義」については:理論創発で考察中です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ