FC2ブログ

熊本県阿蘇市一の宮商店街

 商人塾で話題になっている街、昨日行ってきました。
阿蘇神社の門前町、伝統的に家庭用に使われている湧水を「まちづくり」に活用して成功している事例として有名です。
ホームページ
水基巡り

通りの情景:
個店の業容、残念ながら詳細は構築中になっています。

取り組み以来、阿蘇神社参詣者の通りへの回遊が増え他のだそうです。三々五々、街を回遊している人は引きも切りません。

 取り組みの主体は、仲町繁栄会という任意組織だそうで、もちろん、中心市街地活性化基本計画もありません。
「神社の参詣者に街を楽しんでもらう」ことを目指して,「回遊機能」を整備しました。
商店街の回遊機能と言えば、なんと言っても「業種揃え・店揃え」ですが、従来的商店街からの脱皮を漸進的に実現しています。
一見、豊後高田の「昭和の町」を連想されるかも知れませんが、中味が違います。というか志が違います。

最近ではこういう事業に取り組んでおられるようです。
「商店街コンシェルジェ」でしょうか。

 「業容」という視点で見ますと、「売り上げ(したがって買い物客の満足度合い)」的には課題があります。
“「ショッピング」という回遊目的を堪能させる店づくり”という基本機能の整備が必要です。
どういう環境に立地していようとも商店街の機能は「ショッピング」であり、結局のところショッピングは個々のお店のシャッターの内側で行われます。
シャッターの内側が遠路はるばる来訪するショッピング予備軍の“お眼鏡にかなう”品揃え・サービス・環境の三位一体が実現していないと、取り組みに期待している目的は達成できません。

 うらやましいことに、この商店街では「まちづくり」について協議・取り組む体制が作られており、実際に機能しています。
惜しむらくは「三位一体」の実現を目指す、という方向がまだ決定されていないのではないか、ということ。

 詳細はあらためて、「商店街・起死回生」で。
商人塾では次回の講義でとりあげます。

商店街活性化の方向と方法

○大型店が進出した・・・対応策を講じなければならない
○RSCが登場した・・・対応策を講じなければならない
といいつつ、効果的な対策を講じられないまま、
「これまでのような商店街単位での取り組みでは活性化は出来ない」と言われ、「面」としての取り組みが計画されることになったのが「中心市街地活性化法」以降の取り組みです。

 中心市街地トータルでの活性化の実現を目指して、様々の事業が計画され、取り組まれましたが、他の面はともかく、こと商店街の活性化に関する限り、ほとんど成功したという報告がありません。

 この間も商店街の空洞化は着実に進展しています。

 この状況に既存の商店街組織はまったく対応することが出来ません。ご承知のとおり。
やがて商店街を担うことになる若手・後継者の焦燥は察するに余りがあります。
皆さんが悩んでいる間も空洞化は否応なく進展しています。

 なぜこのような情況が起こっているのか?
どうすれば現状から脱却し、「活性化への道」を歩むことが出来るのか?

 という問題があるわけです。
ちなみに、この問題に一定の答えを見いださない限り、“出来ることから始める”などという方法は採用できません。
「出来ること」から始めるといっても、何をどう始めるのか、どこを向かって取り組みを蓄積していくのか、というあたりが決まっていないからです。
※どこに向かうべきか、方向が定まっていない取り組みは、活性化ではなく「活性化ごっこ」ですからね。

 この方向と方法を都市全体の関係各方面の総力を結集して作成、合意形成したのが「中心市街地活性化基本計画」ですね。

 言うまでもなく、「中心市街地活性化基本計画」には、商業活性化の目標として、中心市街地所在の商店街群をはじめとする商業集積・施設群が実現する新しい「商業集積像」がかげられているはずです。
その全体目標を分担する形で各商店街、商業施設の役割も定められているはずです。
さらに、それら新しい役割を担うために必要な機能の整備・転換・拡充の方法も定められているはずです。

 個別商店街は、基本計画に定められた「役割分担」及び「実現の方法」を踏まえて、みずから(TMOなどと協力して)「行動計画」を作成し、実践に取り組んでいきます。

 認定基本計画を持っている中心市街地において、商店街の皆さん(個店及び組織)が、“何にどう取り組むべきか分からない”というのは極めておかしなことでありまして、“基本計画が果たすべき機能を果たしていない”わけですね。

 商業者の中には、このエントリーを読んで“基本計画というのはそういうことを決めてあるのか”とはじめて知った人もいるかも知れません。
商業者に内容を知らさなくても(というか商業者と合意を確立しなくても)、『基本計画』を作ることが出来るし、基本計画の目的を達成することができる、という理解のもとに基本計画が作られているとしたらとんでもないことですが、
さて。

 当エントリーを読まれた商店街の皆さん、皆さんは皆さんの「中心市街地活性化基本計画」が皆さんの商店街の活性化とどのように関係しており、その中で商店街にどのような役割が設定されており、役割を実現するために取り組む事業としてどういう事業が計画されているか分かっていますか?

 また、計画されている事業は、きちんとこなしていけば間違いなく商店街の活性化を実現していけると自信が持てる内容になっていますか?

 ということで、この時期、活性化を目指さなければならない中心商店街で“何に取り組んだらよいか分からない”ということがあるとすれば、それは、基本計画の作成プロセス~内容~運用に重大な問題があることを意味しています。
早急に基本計画をめぐる問題情況を理解しなければならない。

 ちなみに、基本計画所載の「目的・目標」と「事業及び措置」をもって中心市街地・商業の活性化を実現していくという「方向と方法」については、
①作成:中心市街地活性化基本計画作成委員会
②合意:中心市街地活性化協議会
によって決定・合意されています。
もちろん、両組織には商店街代表もたくさん参加しているはずです。

 ということで、商店街関係者のブログなどをみますと、“方針を決めなくては”とか、“行動を計画しなくちゃ”なとと書かれてあったりしますが、何をおっしゃる、そんなことはとっくに基本計画に書かれていますよ、何を言ってるんですか、ということですね。

 しかし、個別具体の商店街においては「活性化の方向と方法」について、何も提案はされておらず、基本計画の作成段階における街の協議も、合意形成段階及び認定以後においても商店街への説明はほとんど行われていない、わがまちの活性化について基本計画はどのようなことを決められているか、「誰も知らない」というのが実態です。

そりゃあ、「補助金でアーケードを改修するらしい」くらいのことは知っていますよ。しかし、アーケード改修の上位計画、すなわち、わが商店街は「商業集積」としてこれからどういう方向に向かって、どういう方法を駆使して進んで行くのか、ということについては基本計画は沈黙しています。

 まだ基本計画を読んでいない人で、「まさか」と思った人は、さっそく基本計画を入手してしっかり読んでみられることが必要です。
対策を考えるにはまず実態を把握しなくては。

 ということで。
○百貨店が撤退した!・・・何とかしなくちゃ、そうだ、行動計画を立てよう
などとというのは、これまで商店街でン十年にわたって言われてきたパターンまんまでありまして、各商店街の上空には“○○だ!、何とかしなくちゃ!”という言葉が積乱雲のように積み重なっています。
そのうち集中豪雨となって街を押し流すかも、かもです。

 ということで。
商店街活性化の方向と方法、本来なら基本計画で決定し、活性化協議会で合意しておくべきことですが、影も形もありません。ここからの再スタートですが、そこに誰も合意していない「基本計画」が覆い被さってくる、というややこしい事態が起こる可能性もあるわけで、まあ、大変といえば大変、面白いと言えば面白い情況が続きます。

 もちろん、面白いといえるのは当事者たる商店街の皆さんであり、全体の取り組みを支援するサイドとしてはとてもそういう余裕はありません。
まして、「三(四)者体制」が未だ形成されていないという場合、一歩間違えば千尋の谷へ真っ逆様、ということもあり得ます。

商店街組織の現状と課題

 ブログ quolaid.com:

過去記事ですが、もちろん、今現在も商店街の問題情況は変わりません。というか、空洞化が一層進展している以上、情況は一段と厳しくなっていることは言うまでもありません。

情況はますます厳しく、街の劣化はさらに進んでいくにも関わらず、それに立ち向かうべき商店街組織の劣化も一様に進んで行くのでありまして、これはもう、普通に考えていたのではにっちもさっちも行きません。
古今東西・前代未聞の取り組みと割り切って、面白がって取り組まないとやってらんない、という気分になること間違いなし。

この問題を乗り越えるか、それとも全国一律、中心市街地・消滅への道をたどるのか、という帰路に立っているわけですが、こういうシチュエーションに直面する機会はなかなかありません。
まして、「活性化への道」といいうシナリオを持ち、現にその応用をもって自店の「繁昌への道」を切り開いているわけですからね。
多勢に無勢、万一失敗しても「個店不沈の法」はきっちり修得済みですから、失うものは何もない?

ということで、当エントリー、何のことやら、曖昧模糊としておりますが、分かる人には分かるわけで、もちろんエールのつもりです。

プランナーは今何処?

 基本計画、無事?認定が終わればプランナーさんはお役ご免、その実績を引っさげて次の中心市街地へと向かいます。

 他方、都市の方はどうでしょうか。
曲折を経てみごと勝ち取った「認定」ですが、さて、中心市街地活性化の取り組み、これを契機に何がどう進展していくのか、と考えてみますと・・・・。

 基本的に従来の計画と異なることは何もないわけでありまして、特に認定を手ぐすね引いて待っている人も無かったわけで、まあ、認定取れました、あ、そう良かったですね、というところでしょうか。
何が良かったのか分かりませんが。

 これからいよいよまちづくり会社の出番ですが、これは基本計画でオーソライズされているわけでもありませんし、会社を含む組織機能図が設計されているわけでもありません。
適当にイベントのお世話や、ガイドブックを作ったりと、従来同様の立ち居振る舞いなんでしょうね、きっと。

 それでも設立に際しては[中心市街地活性化の真打ち・司令塔]と言った惹句が飛び交ったわけですから、期待はしていないが、責任は追及する、というポジションの人たちもいるようです。

 なかでもタウンマーネジャーさんは大変でありまして、何しろ、マネージャーさん以外は全員素人、というところに落下傘降下した玄人というポジションですから、推して知るべし、徐々にプレッシャーが高まってきます。

 何かにつけて、マネージャーはどうしている、何をやっている、という声が挙がることは間違いありません。
うまく対処しないと、声への対応に翻弄されて本来業務がおろそかになっていまいかねません。

 基本計画を取り出してもマネージャーさんの仕事の足しになるようなことは一行も書かれておりません。
こんなはずじゃなかった、とあわててプランナーのほうを眺めても後の祭り、です。

 これから計画を作る予定の皆さんは、このあたり、くれぐれもご用心、です。
当サイト、『都市経営・入門編』の過去ログあたりに参考記事を収納していますので、このエントリーが身につまされる人はご参考にどうぞ。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ